サポート » インストール » 4.0への更新が失敗し、Fatal error が表示される

  • 解決済 YUKO ONOE

    (@yuko-onoe)


    “3.9への更新が失敗し、Fatal error が表示される”の投稿の方と全く同じなのですが、
    お名前.comの今日サーバを使用していまして、解決方法として、時間をおいて再度インストールする…記載されていました。
    これは、共用サーバーのコントロールパネルで再インストールする…という理解でよいのでしょうか?
    また、共用サーバの方はまだ、3.9.1-ja-jetpack のインストール表示でした。
    ★初心者なものですみません。

12件の返信を表示中 - 1 - 12件目 (全12件中)
  • モデレーター gatespace

    (@gatespace)

    http://ja.forums.wordpress.org/topic/138821?replies=6

    上記のスレッドもご覧ください。

    「時間をおいて再度インストールする」というのは有効な手段ではありません。

    http://wpdocs.sourceforge.jp/WordPress_%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89/%E8%A9%B3%E7%B4%B0
    このページの「アップグレード作業の流れ」で手動でアップデートしてください。

    それでも分からなければどこの手順までやって分からないのかを書いてください。

    ちゃんと他のフォーラムを見ていなくてすみません。
    助かります!ご丁寧にありがとうございます。
    時間をとってゆっくりみてみます。
    (仕事の合間でするので時間がかかるかと思いますが)またご報告します。

    gatespace 世話役 さま

    お世話になっています。
    仕事の合間にダウンロードしまして、お教えいただいた資料(HP)を参考に、手動でなんとかできました!
    最初長年使っているFFFTPで一括ダウンロードしたのですが、完全にダウンロードできず…ひとつひとつダウンロード…溜息状態だったのですが、FileZillaのFTPソフトに切り替えて感動の一括ダウンロード…!
    次には、プラグインをいったんオフにするのに疲れ果てたんですが…
    なんとか手動インストールでき、一安心です。
    この度は、ご親切にありがとうございました!

    すみません!あと1点よいでしょうか?
    手動アップしたあと、ワードプレスのダッシュボードに
    WordPress の自動更新に失敗しました。再度、更新を行ってみてください。という表示がでています。
    これはこのままにしておいたら良いのでしょうか?(すでに4.0に更新していますものね…)
    裏で更新しているのか…動きも悪いようです。
    何度もすみません。

    こんにちは、

    WordPress のアップグレード/詳細 の 手順9は実行済みですか?

    WordPress has been updated! Before we send you on your way, we have to update your database to the newest version.
    または、
    WordPress が更新されました。ご利用いただく前に、データベースを最新バージョンに更新する必要があります。

    が、管理パネルに表示されていませんか?

    テーマの、functions.phpに

    <?php
    global $wp_db_version;
    var_dump( $wp_db_version );
    var_dump(  get_option('db_version') );
    ?>

    を記述し、データベースのバージョンを表示してみて、両方とも、29630になっているかどうかを確認してみてください。

    お世話になっています。
    下記のような表示がでています。

    WordPress の自動更新に失敗しました。再度、更新を行ってみてください。

    テーマの、functions.phpに
    <?php
    global $wp_db_version;
    var_dump( $wp_db_version );
    var_dump( get_option(‘db_version’) );
    ?>
    と記載してくださっていますが、

    functions.phpのどこでもいいのでしょうか?
    初心者ですみません。

    下記のどこかでしょうか?

    <?php
    }

    add_action( ‘cyberchimps_site_info’, ‘cyberchimps_add_site_info’ );

    function cyberchimps_parallax_script_setup() {

    wp_enqueue_script( ‘theme-js’, get_template_directory_uri() . ‘/inc/js/theme.min.js’, array( ‘jquery’ ) );
    }

    add_action( ‘wp_enqueue_scripts’, ‘cyberchimps_parallax_script_setup’ );

    function cyberchimps_instantiate_class() {
    CyberChimpsParallax::instance();
    }
    add_action( ‘after_setup_theme’, ‘cyberchimps_instantiate_class’ );

    if ( !function_exists( ‘cyberchimps_comment’ ) ) :

    // Template for comments and pingbacks.
    // Used as a callback by wp_list_comments() for displaying the comments.
    function cyberchimps_comment( $comment, $args, $depth ) {
    $GLOBALS[‘comment’] = $comment;
    switch ( $comment->comment_type ) :
    case ‘pingback’ :
    case ‘trackback’ :
    ?>

    <?php
    global $wp_db_version;
    var_dump( $wp_db_version );
    var_dump( get_option('db_version') );
    ?><?php
    /**
     * Title: Function
     *
     * Description: Defines theme specific functions including actions and filters.
     *
     * Please do not edit this file. This file is part of the Cyber Chimps Framework and all modifications
     * should be made in a child theme.
     *
     * @category Cyber Chimps Framework
     * @package  Framework
     * @since    1.0
     * @author   CyberChimps
     * @license  http://www.opensource.org/licenses/gpl-license.php GPL v2.0 (or later)
     * @link     http://www.cyberchimps.com/
     */

    を参考にしてください

    お手数ですが、
    コードを記述する時は、逆クウォートを行頭に記述し改行してから、コードを貼り付け、
    コードの最終行を改行してから、次の行頭に逆クウォートを書いてください。

    nobita さま

    お世話になっています。
    無知なもので申し訳ありません。

    上記を参考にしてみました。

    すると、
    int(29630) string(5) “29630”  という風に表示されていました。

    お手数をおかけしました

    まずは、追加したコードを削除していただけますようお願いします

    無知なもので申し訳ありません。

    私も、無知です。なので、私の言っていることが「本当にそうなの」という、疑いを持ちながら、評価してくださいね。

    コードの意味について、

    var_dump( $wp_db_version )

    この値は、wp-includes/version.php (新しいバージョンのファイルに記述された)データベースのバージョンです

    var_dump( get_option('db_version') );

    この値は、データベースに保存された データベースのバージョンです。

    この事から、推定すると 最初の自動アップデートでデータベースは、更新されていると考えられます。ただし、失敗しているので、アップデートが失敗したと記録されているために、アップデートに失敗しましたというメッセージが表示され続けているのではないかと思います。

    では、なぜ失敗したデータベースのレコードがそのままになっているのかを想像すると、

    @gatespaceさんが示された 「WordPress のアップグレード/詳細」の

    手順 9: WordPress データベース・アップグレードプログラムを実行

    が未実行なのではないか?という疑問が生じるのですが、この作業は行われていますでしょうか?

    nobita さま
    お世話になっています。
    いろいろとお教え下さってありがとうございます。

    手順9は飛ばしてしまった可能性があります。
    (すみません!)

    良くわかっていないもので…
    お名前コムのコントロールパネルで MySQL でバックアップをとる…?と勝手に思っていたように思います。
    バックアップとメニューになかったので、新たにMySQLを作成して、バックアップしたつもりでいたのだと思います。

    手順9 ↓
    手動でアップグレードスクリプトを実行したい場合:
    WordPressがルートディレクトリにインストールされている場合: http://example.com/wp-admin/upgrade.php
    WordPressがblogという名前のサブディレクトリにインストールされている場合(例): http://example.com/blog/wp-admin/upgrade.php

    PCにダウンロードした wordpress-4.0-ja
    wordpress/wp-admin/includes/に
    upgrade.php というファイルがありましたが、
    これをFTPで同じ場所にアップするのでしょうか?

    Codexの説明では、

    http://あなたのWordpress/wp-admin/upgrade.php

    にアクセスして更新してください。という事になっていますが、

    おそらく、

    No Update Required

    Your WordPress database is already up-to-date!

    というメッセージが出るだけになりそうでした。

    メッセージは、次の自動アップデートがあると、消えると思います

    気にならなければ、そのままでも問題はないと思います。

    気になって仕方がないようであれば、

    テーマの、functions.phpに、以下のコードを記述すると消えると思います。
    ( テストできないので、その点ご了承ください )

    位置は、前回と同様です。

    <?php
     delete_site_option( 'auto_core_update_failed' );
    ?>

    参考まで、簡易的にテストしたコード

    $value = array('critical' => '','attempted' => 29630 );
    add_site_option(  'auto_core_update_failed' , $value );//メッセージ表示再現
    delete_site_option(  'auto_core_update_failed' );//メッセージ削除

    nobita さま

    お世話になっています。
    お忙しいのご親切にすみません!
    では、このまま自動アップデートがでるまで様子をみることにします。

    いろいろといい勉強になりました。

    本当にご親切にありがとうございました!

12件の返信を表示中 - 1 - 12件目 (全12件中)
  • トピック「4.0への更新が失敗し、Fatal error が表示される」には新たに返信することはできません。