サポート » インストール » 4.1 アップグレードに伴う既知の問題とその解決方法

  • モデレーター gatespace

    (@gatespace)


    この情報は、英語フォーラムの「READ THIS FIRST – WordPress 4.1 Master List」を訳したものです。更新されている場合もありますので、原文も参照してください。

    ————————————

    Dinah がリリースされました。 アップグレード後に問題に遭遇しましたか?

    慌てないで

    このスレッドは4.1で見つかったプラグインやテーマにした既知の問題について説明します。すべてに目を通した上で、更新される予定ですのでまた後ほどチェックしてみてください。

    落ち着いて、我慢強く、礼儀正しい行動をしてください。フォーラムボランティアの方々が手を貸そうと努力してくれるはずですが、質問を投稿する皆さんにもご協力頂く必要があります。すべてのフォーラムルールが適用されます。

    フォーラム投稿がすぐに表示されない場合は、少々お待ちください。通常よりもたくさんの質問が投稿されているため、誤ってスパムとしてマークされてしまう可能性が高くなっています。複数の投稿を行うとさらに時間がかかってしまいますので、投稿は一度だけにしてください。匿名として表示されてしまった場合、後ほど修正しますのでしばらく待ってみてください。

    • 件名や本文に適切な文字(英語の場合は大文字や小文字)を使用してください。適切に人間的に(人がよめるように)強調された文章は、私達も読みやすいです。
    • 詳しい説明を含む件名をつけてください(「ひどいバージョンです、早く助けて下さい」よりも、「4.1へのアップグレード後、パーマリンクがすべて動作しなくなりました」 の方が効果的です)。
    • 問題を分かりやすく説明してください。今見えている画面を詳しく描写する、エラーメッセージをペーストする、スクリーンショットにリンクするなど必要に応じて最適な方法を考えてみてください。フロントエンドの問題の場合、サイトへのリンクを貼るのも参考になる場合があります。
    • サイトがダウンしてしまうのは嫌なものですが、同じ内容を何度もフォーラムに投稿するのは控えましょう。
    • 新規トピックを作成しましょう。他の人がすでに投稿したトピックと同じ問題が発生していると思われる場合、その人と同じバージョンの WordPress を使っていて、同じホスティングサービスの物理的に同じサーバーにファイルがあり、完全に同じプラグイン・テーマ・設定を使っているわけではない限り、そのスレッドへコメントせずに自分のトピックを立てたほうがよいでしょう。
    • 問題が解決したら、「解決済み」にマークしましょう。フォーラムボランティアが何度もトピックを確認する必要がなくなります。
    • お忘れなく、あなたは一人ではありません!

    また、WordPress のデザインの方向性が気に入らない場合は不満を訴えるトピックをフォーラムへたくさん投稿すべきではありません。すでに誰かが似たような話をしている場合はそこにコメントするか、開発プロセスにもっと早めに参加することをご検討ください(例えば、SVN 経由のベータテストなど)。ここにあるのは何ヶ月間もの作業とテストの積み重ねです。何かが完全に壊れているのではない限り、変更される可能性は低いでしょう。

    投稿する前に以下をお読みください。

    この投稿スレッドすべて、およびドキュメンテーションの WordPress 4.1 新機能リスト に目を通してください。 – http://wpdocs.sourceforge.jp/Version_4.1

    インストール済みのサイトの「WordPress について」のページ( http://example.com/wp-admin/about.php など)で、何が変更されたかをチェックしてください。

    また、以下をまずお試しください。

    • ブラウザ上でのトラブルシューティング。ブラウザで JavaScript の問題や衝突を発見できます。この記事(英語)が診断の手助けになるでしょう。ビジュアルエディターの問題の特定にも役立つはずです。
    • キャッシュ系プラグインを無効化し、サーバー・ブラウザキャッシュをすべて削除する。
    • すべてのプラグインを無効化し、問題が解決するかどうかチェックする。もし解決した場合はプラグインを1つずつ有効化し、どれが問題なのかをつきとめる。管理画面に入れない場合は、FTP または phpMyAdmin 経由でプラグインフォルダをリセットしてみる(詳しくはCodex参照)。無効化されているように見えるプラグインが問題を引き起こしている場合もある。また、mu-plugins フォルダのプラグインもフォルダ名の変更など(mu-plugins-old)によって無効化すること。
    • テーマを Twenty Fifteen に変えてみて、テーマ関係の問題を排除してみる。管理画面に入れない場合は、FTP で他のテーマファイルを移動・削除してみること。twentyfifteen フォルダのみしかない場合、このテーマが自動的に使われる。
    • 手動アップグレードを試す。どうしてもうまくいかない場合は、バージョン3.9のZIPファイルを入手し、インストールし直す。wp-admin および wp-includes フォルダをサーバーから削除する必要がある場合もある。手動アップグレードについて詳しくはドキュメンテーションを参照。
4件の返信を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • モデレーター gatespace

    (@gatespace)

    コアの変更

    • 新しいデフォルトテーマ Twenty Fifteen
    • 集中執筆モードの更新
    モデレーター gatespace

    (@gatespace)

    バグではありません

    「集中執筆モード」が見つからない

    新規投稿あるいは投稿の編集画面の「表示オプション」で「最大行表示エディターと集中執筆モード機能を有効化します。」にチェックを入れない限り、「集中執筆モード」ボタンは表示されません。

    ダッシュボードのレイアウトがおかしい

    キャッシュを削除してください。もしサーバーのキャッシュあるいはプラグインで「Memcached / APC」を使用している場合、それらのキャッシュも削除してください。これらは残りやすい。

    モデレーター gatespace

    (@gatespace)

    既知の問題

    • PowerPress – メディアの要素で関連するcssが読み込まれない問題。最新版にアップグレードしてください
    • Theme Fusion のユーザー:Fusion builderには様々な問題があります。これらを解決するには Theme Fusion からあなたのテーマをアップグレードしてください。
    モデレーター gatespace

    (@gatespace)

    報告済みのエラー

    • WP Multibyte Patch – 本バージョンには投稿リンク挿入機能に関連する wplink.js の重要なコンパチビリティ修正が含まれています。管理画面から WordPress 4.1 へのアップデートを行った場合は、必ず WP Multibyte Patch 2.2 へのアップデートもあわせて行ってください。 – http://eastcoder.com/2014/12/wp-multibyte-patch-2-2/
    • 502エラーあるいは一般設定の半分が見つからない場合、お使いのサーバーの libssh が古い場合があります。これはfilesystemでssh接続するために使います。一般設定の画面において、4.1ではfilesystem を使って利用可能な言語を表示する部分のチェックをします。これは自動インストール・アップデートで現在利用されています。
4件の返信を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • トピック「4.1 アップグレードに伴う既知の問題とその解決方法」には新たに返信することはできません。