サポート » 使い方全般 » Amazon JSのショートコードを削除するために必要なWP-CLIコマンドを教えてください

  • 解決済 echizenya

    (@echizenya)


    【質問の主旨】
    記事中にあるAmazon JSのショートコードを削除するために必要なWP-CLIコマンドを教えてください。

    【質問の補足】

    1.
    今回の質問は先日投稿した、「Amazon JSのショートコードを削除するためのSQL文を教えてください」の関連質問です。正規表現による置換をするためのクエリ文をMySQLでは作成できなかったので、次にWP-CLIで試してみました。

    2.
    自分が考えたWP-CLIは以下の2つで、ヘルプが必要なページのサーバーのroot権限で実行しました。

    # wp search-replace '[amazonjs asin=”\w{10}″ locale=”JP” title=”(.+)”]' '' --path=/var/www/DOUCMETROOT/ --regex --regex-flags='i' --dry-run
    Success: 495 replacements to be made.
    # wp search-replace '\[amazonjs asin=”\w{10}″ locale=”JP” title=”(.+)”\]' '' --path=/var/www/DOUCMETROOT/ --regex --regex-flags='i' --dry-run
    Success: 2 replacements to be made.

    ですが、https://e-yota4.com/?p=1 を確認すると、Amazon JSのショートコードが残っています。

    3.
    使用したWP-CLIのバージョンは以下の通りです。

    # wp --version
    WP-CLI 2.1.0

    以上、ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。

    • このトピックは2 ヶ月、 3 週間前に  echizenya さんが編集しました。理由: 脱字があったため

    ヘルプの必要なページ: [リンクを見るにはログイン]

2件の返信を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • こんにちは

    –dry-run オプションが付いているとレポートを表示するだけでデータベースへの変更は保存されません。

    また、正規表現の [ と ] はエスケープ(\[ と \])する必要があるので、2行目のコマンドになるかと思います。

    @ishitaka さん。
    いつもコメントありがとうございます。

    –dry-run オプションが付いているとレポートを表示するだけでデータベースへの変更は保存されません。

    –dry-runオプションを外して、下記のコマンドを実行すると、記事にあったAmazon JSのショートコードが削除できました。

    # wp search-replace '\[amazonjs asin=”\w{10}(″|”) locale=”JP” title=”(.+)”\]' '' --path=/var/www/DOCUMENTROOT/ --regex --regex-flags='i'

    Amazon JSのショートコードをよく観察すると、\w{10}の後に(″|”)が必要であることが分かりましたので、質問で記述したコマンドから若干変更をしています。

    今後ともどうぞよろしくお願いします。

2件の返信を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。