サポート » 使い方全般 » AWS+CloudFlareのWordPressをhttps化できない

  • 解決済 PressKKK

    (@presskkk)


    ここで相談すべき内容ではないのかもしれないのですが、
    現在AWS+CloudFlare上でWordpressを運用しています。

    httpで運用してきたのですが、httpsでの運用に切り替えたくなったので
    Certificate ManagerでSSLの証明書を発行して
    ELBにその証明書を紐付け、現在運用中のインスタンスを組み込んだまでは
    できたのですが、ヘルスチェックで引っかかり、そのまま進めることができません。

    このような場合どこをまずチェックしたら良いのでしょうか?
    もしご存知のかたがいらっしゃいましたら、ご教授いただければ幸いです。

    なお、R53、CloudFrontでの運用及びSSLをCloudFlare上のもので
    使うというのは考えておりません。(CDNを変更する可能性が今後あるので)

2件の返信を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • こんにちは

    回答がつかないようですので・・・
    私はELBでロードバランサーを運用したこともないですし、CDNも使ったことがないですが・・・

    インスタンスへのヘルスチェックはHTTPでしょうか、それともHTTPSでしょうか。
    HTTPSでヘルスチェックしている場合には当然ながらインスタンス側もHTTPSにできている必要がありそうです。
    HTTPだとブラウザのプロトコルと齟齬が生じておかしくなるので、下記リンク先のような設定が必要かもしれません。
    しかし、これはちょっとヘルスチェックとは関係がないかもしれませんが・・・

    あと、

    CloudFrontでの運用及びSSLをCloudFlare上のもので
    使うというのは考えておりません。

    ということですが、CDNはCDNでHTTPSにできている必要があるのではないでしょうか?
    ブラウザが直接アクセスするのはCDNですし。
    上記がそういう意味ではなく、CNDのSSLをロードバランサーに入れるつもりはない、といった意味であればすいません。

    あまり役に立たない感じですいません。
    AWSについて質問できるところで聞かれた方が良さそうですね・・・

    スレッド開始 PressKKK

    (@presskkk)

    回答ありがとうございます。
    こちらですが、その後自己解決できました。

    CDNのSSLをロードバランサーに入れるつもりがない、が
    おそらく僕の言いたかったことです。

    説明がわかりづらくすみません。

2件の返信を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • トピック「AWS+CloudFlareのWordPressをhttps化できない」には新たに返信することはできません。