サポート » プラグイン » Custom Field Suite リッチエディタの自動整形を防ぎたい

  • 解決済 reiko8

    (@reiko8)


    いつもありがとうございます。

    Custom Field Suiteで設定したカスタムフィールドに、テキストを入れると勝手に<p>タグが挿入されてしまってHTMLが表示されなくなってしまいます。

    (プラグイン、テーマ、WordPress 本体を最新バージョンに更新済みです。)
    テーマはsparklingです。

    色々検索して、下記ページを参考に、function.phpに追加しましたが、やはり上手く行きませんでした。
    https://qiita.com/jyokyoku/items/c560b0d1eacc1df61620

    function override_mce_options( $init_array ) {
        global $allowedposttags;
    
        $init_array['valid_elements']          = '*[*]';
        $init_array['extended_valid_elements'] = '*[*]';
        $init_array['valid_children']          = '+a[' . implode( '|', array_keys( $allowedposttags ) ) . ']';
        $init_array['indent']                  = true;
        $init_array['wpautop']                 = false;
        $init_array['force_p_newlines']        = false;
    
        return $init_array;
    }
    
    add_filter( 'tiny_mce_before_init', 'override_mce_options' );

    アドバイスがあればお願いいたします。

    • このトピックはreiko8が3年、 1ヶ月前に変更しました。
10件の返信を表示中 - 1 - 10件目 (全10件中)
  • こんにちは

    私はそのプラグインを使ったことは無いですが、参考されたサイトの、それではなく、
    remove_filter( 'the_content', 'wpautop' );
    の方を使ってはどうでしょうか。

    トピック投稿者 reiko8

    (@reiko8)

    返信をいただき、ありがとうございます。
    こちらも使ってみたのですが、やはり上手く行きませんでした。

    Honda

    (@rocketmartue)

    Custom Field Suite のリッチエディタは、ビジュアルエディタのみでテキストエディタに切り替えができないので、ブロックエディタ―を使用していると、HTMLのタグは使用できません。
    対応策としては、
    Classic Editor プラグインをインストールして、有効化。
    「設定」>「投稿設定」で、
    「すべてのユーザーのデフォルトエディター」を「ブロックエディター」
    「ユーザーにエディターの切り替えを許可します。」を「はい」にして設定を保存。
    これで投稿の一覧画面から、ブロックエディタ―で編集するか旧エディタ―で編集するかが選べるようになりますので、旧エディタ―で編集。
    そうすると、リッチエディタのツールバーに<>(ソースコード)ボタンが表示されます。
    ソースコードボタンをクリックすると、ポップアップウインドウが開きますので、そこにHTMLコードを記入してOKボタンをクリックしてください。これでHTMLコードがほぞんされます。(ビジュアルエディターなので、画面上にHTMLコードは表示されません。)

    トピック投稿者 reiko8

    (@reiko8)

    ありがとうございます。
    新しい方法が??と思ってやってみましたが、
    そもそもクラシックエディターで編集していまして、
    旧エディタは表示されないようです。

    <>このマークが出るのは、こちらでの表示でしょうか?

    https://gyazo.com/f2e20f42ca0181680c4de3df6ef2b78f

    Honda

    (@rocketmartue)

    キャプチャー動画に表示されているツールバーが、こちらの環境でブロックエディタ―の編集画面に表示されているものと同じですね。
    そもそもクラシックエディターで編集されているということですが、WordPress のバージョンは5.2.2でしょうか?
    最新バージョンに更新済みということですが、ご利用されているサーバーのPHPのバージョンによっては、最新バージョンに更新できない場合もありますので、WordPress、テーマ、プラグインのそれぞれのバージョンを記入してください。
    Custom Field Suite の他に使用しているプラグインがあれば、それも記入してください。
    その他問題解決のためのチェックリストの「投稿に記載する内容」を参考に、必要な情報を記載することで問題解決がスムーズになります。

    トピック投稿者 reiko8

    (@reiko8)

    ありがとうございます。

    WordPressのバージョン:5.2.2–ja
    テーマ:Sparklingバージョン: 2.4.5
    プラグイン:AddQuicktag、Classic Editor、Coming Soon Page & Maintenance Mode by SeedProd、
    Custom Field Suite、Duplicate Post、FE Advanced Search

    こちらになります。

    Honda

    (@rocketmartue)

    そもそもの話になりますが、Custom Field Suite のリッチエディタは、ビジュアルモードしかなく通常では HTML コードの記入ができません。
    @reiko8さんのリッチエディタに表示されているツールバーは、ビジュアルモードのツールバーなのですが、上に書いた方法は、旧エディタ―に切り替えた際に Custom Field Suite のツールバーがテキストモードのものに変わるというプラグインのバグを利用したものです。
    AddQuicktag を使用すると、このバグが解消されるので、上記の方法は使えなくなります。

    トピック投稿者 reiko8

    (@reiko8)

    わあ、ありがとうございます。
    もうふて寝するところでしたが、明日試してみます。

    Honda

    (@rocketmartue)

    ちなみに、AddQuicktag を無効化しただけではツールバーはそのままなので、WP-Optimize プラグインで「期限切れの transient オプションを削除」と「データベーステーブルの最適化」を実行する必要があります。
    上にも書いた通りプラグインのバグを利用した対応方法なので、できれば HTMLコードの記入が必要なカスタムフィールドの場合は、Smart Custom Fields か、Advanced Custom Field の使用をおすすめします。

    トピック投稿者 reiko8

    (@reiko8)

    ありがとうございます。
    確かに、バグを利用して上手くいったとしても
    何らかのアップデートでおかしくなる可能性がありますね。

    ようやくプラグインを変える覚悟ができました。

    お付き合いいただき、ありがとうございました。

10件の返信を表示中 - 1 - 10件目 (全10件中)
  • トピック「Custom Field Suite リッチエディタの自動整形を防ぎたい」には新たに返信することはできません。