サポート » テーマ » TwentyElevenの商用利用について

7件の返信を表示中 - 1 - 7件目 (全7件中)
  • yasi2network

    (@yasi2network)

    twentytenでした。すみません。訂正します。

    CG

    (@du-bist-der-lenz)

    “商用利用”の解釈でしょうが、自身の商用サイトでの使用は制限を受けないでしょう。「TwentyTen」テーマを販売してはいけません。名前だけを変更して配布しても、使用している画像、アイコン、フォント、外部ライブラリのコードも含まれるので、複製であることを指摘を受ける時が来ることは目に見えています。TwentyTenをベースに改変したテーマということを伏せて、自身の商用サイト以外に適用した場合、その先、そのテーマを第三者が再配布や改変して配布した場合、最初に頒布した時の責任になるようです。TwentyTenテーマはGPLなので、それを使ったサイトもGPLとみなされるということでしょう。そして、TwentyTenをベースに改変したテーマは、チャイルドテーマとしてTwentyTenに敬意を払うことが、プロとして守るべき当然の条件だということを意識したいところです。巡り巡って、いずれ我が身に何が降りかかるかの覚悟の前に。

    munyagu

    (@munyagu)

    こんにちは

    TwentyTenはGPLライセンスですので、自由に改変することも出来ますし、自由に販売することもできます。

    GPL特有の約束事はありますのでそれは守る必要があります。

    https://www.ipa.go.jp/files/000028332.html

    規約自体を読んでも結局何をしたらいいのか分かりにくいかもしれませんが、GPLで検索すれば
    「再配布時には著作権表示を残す」や「GPLライセンスを使用した場合、その制作物もGPLライセンスで配布する必要がある」などの情報が見つかると思います。

    munyagu

    (@munyagu)

    ひとつリンクを貼り忘れていました。

    GNUプロジェクトの理念の中で(https://www.gnu.org/philosophy/selling.html)
    「自由ソフトウェアを再配布する人々に、お金を望むだけ、あるいはできるだけ課すことを推奨しています。

    と書かれています。
    また、上記リンク先では配布にあたっての注意事項にも少しだけ触れられています。

    yasi2network

    (@yasi2network)

    つまり著作権表示などをすれば広告掲載しても大丈夫なのですか?これは他のテーマにも通用しますか?

    Mirucon

    (@mirucon)

    テーマによってライセンスは異なってくるのでそれぞれのテーマのライセンスを確認してください。GPLにはコピーレフトという概念があり、すべての WordPress を使った作品には GPL を適応させないといけないのですが、それの適応範囲はあくまで PHP ファイルのみとなっています。
    ですので、テーマの PHP ファイルはすべて GPL ライセンスが適応されていますので、@munyagu さんがおっしゃる通り、著作権表示 と ライセンスの継承 をすれば使用できます。ただしこれは CSS, JS などの他のファイルには必ずしも当てはまらないことに注意してください。

    ただし、WordPress.org のテーマディレクトリに配布されているテーマはすべてのファイルを GPL にすることを条件に配布されていますので、PHP, CSS, JS 等のすべてのファイルで GPL ライセンスが適応されることになります。ですからもちろんそれを推奨している側である WordPress.org の作ったテーマである Twenty 系列は GPL ライセンスが適応されます。

    yasi2network

    (@yasi2network)

    なるほど。ありがとうございます。助かりました!

7件の返信を表示中 - 1 - 7件目 (全7件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。