サポート » インストール » WordPressのデータベースの復元について

  • WordPressのデータベース復元について
    エックスサーバーにてWordPressを自動インストールして復元予定です。

    この場合、元のデータベースのバックアップ時に
    “wp_options”はエクスポートに含める方が良いのでしょうか??

4件の返信を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • モデレーター のむらけい (Kei Nomura)

    (@mypacecreator)

    データベース構造 – WordPress Codex 日本語版

    によると

    管理 > 設定で設定されたオプション設定情報を格納(オプション設定リファレンス参照)。プラグインの設定情報が格納されることも多い。

    なので、含める方が良いです。
    というか、含めないといろいろ問題が出ると思うので必ず含めてください。

    トピック投稿者 momomint

    (@momomint)

    解答ありがとうございます。

    エックスサーバーでワードプレスを自動インストールすると、
    データベースも作成されます。

    その中には ”wp_options”テーブルも 新しく作成されます。
    “wp_options”には WordPressの設定に関わる情報が保存されているようなので、

    エクスポートした”wp_otpions”で
    新しく作成された”wp_options”を上書きしてしまっても 良いのでしょうか??

    モデレーター のむらけい (Kei Nomura)

    (@mypacecreator)

    エクスポート元の環境とインポート先の環境が大きく異なる場合は調整が必要ですが基本は上書きで問題ないです。
    (といっても結局はケースバイケースなのですが、今回は同じサーバ、同じURLでのリカバリと勝手に認識してます)

    私の場合は自動インストールで勝手に作られたデータベースにインポートするときは、いったんテーブルを手動で全部削除して空っぽにしてからやります。いらないデータが残ってもいやなので。

    もとの環境とインポート先でURLが同じならよいですが、異なる場合はツールとか作ってインポート後に調整します。

    トピック投稿者 momomint

    (@momomint)

    ありがとうございました。

4件の返信を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • トピック「WordPressのデータベースの復元について」には新たに返信することはできません。