サポート » プラグイン » WP-chgFontSizeのキャッシュ機能

  • WP-chgFontSize をキャッシュがきくように(他のページに移動しても文字サイズが変更されない)ように、サイドバーへの追加で回避するのではなく、WP-chgFontSize のスクリプト類で、変更できないでしょうか?

    参照ページ
    http://www.esora-create.net/

5件の返信を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • スレッド開始 esora

    (@esora)

    metaタグなどで調整してみましたが、やはり上手くいきません。
    wp-chgfontsize.js か wp-chgfontsize.php で
    キャッシュの記述の変更が必要なようです。
    良い解決方法があれば、いつでもいいので、教えて下さい。
    それまでは、別のプラグインを利用します。

    (参照ページから WP-chgFontSize  の機能は表示されないようにしました)

    ちゃんと調べていないので違うかもしれませんが、もともとこのプラグインはサイドバーに入れることを前提に作られていませんか?
    吐き出すJavaScriptのコードではCookieを利用しているようにも見えるのですが、ちゃんとCookieを食べさせることができていればページの遷移で元に戻ることはないと思います。
    また、2.9系に対応(バージョンアップされている?)していますか?

    スレッド開始 esora

    (@esora)

    >もともとこのプラグインはサイドバーに入れることを前提

    確かにその通りです。なので、修正して、サイドバーだけじゃなくてもキャッシュ反映できるように、次のページに移動しても変更しても、前のページのフォント変化を引き継ぐことができないかなと思っています。

    >また、2.9系に対応(バージョンアップされている?)していますか?

    対応してません。ただ、修正できないかなと思っています。
    対応はしていませんが、サイドバーでは、一定のエリアcontentsなどの
    フォント変更、もともと仕様である動作はしていると思います。
    ただ、それを、サイドバーに入れなくても使うために変更できないかどうか、
    それをやった方がいれば教えて欲しいと思っている所です。

    esoraさん、初めまして。

    以前同じ問題(文字設定が引き継がれない問題)で悩んで、一旦放置していましたが、この記事を読んでもう一度試したら上手く行ってしまいました。
    ちなみに、WPはver.2.7.1、WP-chgFontSizeはver.1.6です。

    また、サイドバー以外への設置方法は
    <?php chgfontsize_display_options(); ?>
    を任意の場所に挿入でOKでした。
    見た目の調整は、FirefoxのFirebug等で、pluginが生成するHTMLコードを確認の上、CSSで調整する事でいかようにでもなります。あとは、付属のボタン画像を変えるとか。ちなみに、自分は、footer.phpに、上記コードをdivで囲んで配置して、画面上部に絶対配置しています。HTMLの頭に余計なコードをなるべく入れたくなかったので。

    一つ気になるのは、オプション画面の “DIV Base Element”の項目が、id、classを区別せずに名前だけで判定されるところ。ここは、チョット気持ち悪いなぁとは思っています。

    こんにちわ。

    すでに解決されていると思いますが、解決法を書き込んでおきます。

    このプラグインは管理画面からウィジェットに配置しても、header.phpに配置しても同じ動きをしますが、対象となるセレクタの後に挿入しなければ、Cookieが正しく読み出せていても適用できないようです。
    footer.phpに入れて、absoluteでヘッダーに表示させて解決しました。

5件の返信を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • トピック「WP-chgFontSizeのキャッシュ機能」には新たに返信することはできません。