サポート » プラグイン » XML Sitemap 除外ページの設定方法

  • 解決済 rqcmt

    (@rqcmt)


    Google XML Sitemapsで除外ページを設定したいです。

    「以下の投稿または固定ページを含めないという項目」があり、カンマ区切りの ID 一覧というのを指定するようです。

    例えば、固定ページID=10と投稿ページID=5という指定をする場合、指定欄に10,5と指定するようですが、これでは投稿ページID=5は含まれませんが、固定ページID=10は除外されません。

    どのように指定すればよいのでしょうか?

5件の返信を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • モデレーター gatespace

    (@gatespace)

    保存後サイトマップの再構築をし、当該ページが除外されているかどうか、
    xmlファイル上で確認しましたか?

    gatespaceさんどうもです。

    確認しました。
    投稿ページは除外されていますが、固定ページは除外されませんでした。
    この指定方法で除外されるはずなのでしょうか?

    モデレーター gatespace

    (@gatespace)

    このプラグインですよね?(一応著名なプラグインでもダウンロードURLは記載してください)
    http://wordpress.org/extend/plugins/google-sitemap-generator/

    バージョン 3.2.8で確認しました。
    ローカルではありますが、こちらで
    ・有効化後、一度サイトマップ作成(デフォルト設定のママ)
    ・除外したい固定ページ(ID = 2)と、投稿(ID = 473)を、「投稿 (個別記事) を含めない:」に「473, 2」と入力、設定を保存後、手動でサイトマップを再構築
    という状況で、問題無く動作していることを確認しました。

    Google XML Sitemapsの設定情報は、データベースのwp_optionsに「sm_options」というoption_nameで保存されています。
    「option_value」の中身がシリアライズされているので、ちょっと探すのが大変ですが、
    s:12:"sm_b_exclude";a:2:{i:473;i:2;}
    という言うように「sm_b_exclude」の値が配列(a:数字:{中身})で保存されているか確認してください。

    加えて「問題解決のためのチェックリスト」に書いてるトラブルシューティングも試してください。

    gatespaceさんありがとうございます。

    このプラグインで間違いありません。
    わたしがやった指定方法で問題ないのですね。

    ご指摘いただきました内容を確認してみます。
    また、ご報告します。

    プラグインを削除、最低限のものにして、再インストール。
    その後、何度か再構築すると希望のとおり、動作しました。結局、プラグインをもとの状態に戻しても問題はないので、正確な理由は分からずじまいですが、とりあえず解決しました。

    お手数をお掛けして申し訳ありませんでした。
    ありがとうございました。

5件の返信を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • トピック「XML Sitemap 除外ページの設定方法」には新たに返信することはできません。