フォーラムへの返信

15件の返信を表示中 - 31 - 45件目 (全53件中)
  • 現在のコードをindex.phpに入れて目的を果たせているならwordpressは関係なくそれで良い
    のではないかと思うのですが、具体的にどうしたいのかが解らないまま出しゃばってスミマセン。
    ページ表示の度にrssフィード取りにいくことになるので効率が悪く表示速度低下の原因になるので
    RSSフィードの各記事(商品情報)をwordpressの「記事」として自動的に取り込みたいということで
    あれば、feedwordpressプラグインを使用するという手があります。
    feedwordpressであれば画像のURLだけでなく画像ファイルそのものを取り込むということも
    可能です。(もちろんURLだけというのも可能)

    現状でもRSSは正しく出力されています。
    そのアンテナサイト側が対応しているフィード形式の問題でしょうか。
    Wordpress自体は何れの形式も出力しますが、現状の貴サイトでは1種類のURLしかHTMLヘッダに表示されていないので1種類しか対応していないように見えます。(相手がWordpressのことを知っていれば別ですが)
    各フィード形式のURLをアンテナサイトに知らせてみる、またはHTMLヘッダに書くなどするのは如何でしょうか。

    下を参考にして下さい。
    http://wpdocs.osdn.jp/WordPress_フィード配信

    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: 画像が勝手に入れ替わります

    プラグインを全部無効にしても発生しますか?
    .htaccessはどうなっていますか?
    それ以外はサイトリンク貼って貰った方がわかるかもしれません。

    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: 踏み台サーバーのあるWordPressを更新

    更新そのものでエラーになるというのは未だに当たったことがないのですが、Wordpress,プラグインを更新したら挙動が変わってしまったとか何かでエラーが出るようになったというのは時々当たるので
    「本番サイトの更新は検証用サイトでしっかり試してから」というのは重要だと個人的には思っています。
    趣味サイトならそれほど気にしなくても良いのかもしれません。
    ある程度の規模になるとSSHで入ってDB弄る時間が増えるかと。

    普通は記事の中に直接adsenseの広告コードを貼ったりしないですよ。たぶん。
    それやると記事を幾つか連続表示するとadsenseの同時表示数制限を超えますし、記事が増えた時に広告管理が大変になります。
    テンプレートを弄りたくないということであれば記事中の場所指定は厳密には出来ませんが、記事中に広告が入るようなadsense用プラグインがあるのでそういうのを利用しては如何でしょうか。
    どうしても自動整形が嫌ということであればPS Disable Auto Formattingプラグインがもしかしたら効くかもしれません。(Javascriptを記事中に貼ったことがないので確認はしていません)

    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: 踏み台サーバーのあるWordPressを更新

    企業などで使用する承認検証管理付き踏み台サーバを経由しなければならないいうのであれば手続きが面倒なのでかなりメゲますが自由ログイン可能な踏み台なら全然問題にならないと思います。私も普段から踏み台経由でやってますが苦にはなっていません。
    SSHとFTPがあれば全然問題無いです。
    ご指摘のとおり更新が多いのでwordpress本体を弄るとかプラグインを多用するのであれば検証用サイトが別途必要です。検証用の他に自由に遊べるサーバ(サイト)が手元に欲しいところです。
    通常の運用なら8,9割方はウェブの管理画面からなんとかなるのではないでしょうか。

    memory_limitにどれくらいの値を指定しているのかとか、
    その指定した値が確かに反映されていることを確認したのかとかの情報は欲しいところです。

    一度にあれもこれもは混乱の元なのでゆっくり一つづつ解決した方がよろしいかと。

    search regexプラグインは最新版のwordpressでも使えます。
    Source欄でPost contentを選択すると投稿と固定ページが対象となります。
    Search patternにhttp://を入力しReplace patternにhttps://もしくは//を入力します。
    Regexにはチェックしません。またはチェックする場合はSearch patternは正規表現で書かないといけないので/http:\/\//のようにします。
    searchボタンを押すと検索合致したsearch patternがハイライト表示されるので間違って検出されていないか確認します。(重要)
    問題なければreplace&saveボタンを押して書き換え保存です。searchボタンを押すだけなら書き換えは発生しないので検索結果を確認してから書き換えという手順を確実に踏めばsearch regexは怖いものではありません。

    WordPressの話題から外れますが現状のSSLの設定が危険なものになっているのでそのままでの運用はお勧め出来ません。自分で弄れない部分であればシステムの管理者さんに直して貰って下さい。

    フォーラム: テーマ
    返信が含まれるトピック: Twenty Fourteenでの検索結果 表示順番変更について

    検索プラグインなどを使っておらずTwenty Fourteenの標準機能にある検索機能を使った場合の
    検索結果一覧の表示はsearch.phpが担当しています。
    ただし、検索結果一覧の中の各記事の表示はcontent.phpの担当です。
    なので、content.phpを変更することになるかと思いますが、content.phpは検索結果にとどまらずTwenty Fourteenの記事表示に大きく影響するテンプレートファイルなので注意が必要です。

    タイトル表示が下の部分

    if ( is_single() ) :
    				the_title( '<h1 class="entry-title">', '</h1>' );
    			else :
    				the_title( '<h1 class="entry-title"><a href="' . esc_url( get_permalink() ) . '" rel="bookmark">', '</a></h1>' );

    日付表示はその下の<div class=”entry-meta”>の中、twentyfourteen_posted_on();です。
    日付+タイトルであればtwentyfourteen_posted_on()の後にthe_title()がくるようにすれば良いでしょうが
    どのように表示したいのか具体的なことは解らないのでこの程度でご勘弁を。

    また、twentyfourteen_posted_on()を使ってしまうと日付以外に作者なども入ってしまいます。 twentyfourteen_posted_on()を使うのであればtemplate-tags.phpを触る必要もあるかもしれません。twentyfourteen_posted_on()を使わない方が簡単かもしれません。

    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: “,’4′,’date’,’DESC’,0,’Y.m.d(D)’); ?>と表記

    <!– から –> までがHTMLでコメントとして扱われます。

    フォーラム: テーマ
    返信が含まれるトピック: Graphyバージョン: 1.1.5:投稿記事の行間について

    最近のブラウザは標準でデバッグ機能を持っていたり便利になっています。
    例えばFirefoxなら目的箇所をマウスで選択して右クリックで「要素を調査」を選択すれば右下にその場所にはどういうCSSルールが使われているか表示されます。
    Graphyで記事本文部分を選択して要素を見ると.entry-content , .entry-summaryでline-heightが指定されているのが判ります。

    style.cssから以下を探します。

    @media screen and (min-width: 780px) {
    /* Base */
    	.entry-content , .entry-summary {
    		font-size: 17px;
    		line-height: 28px;
    	}

    5行目の28pxを希望の値に変更します。

    ウィジェットのタイトル変更はウィジェット部に適用されるだけなので関係ありません。
    カテゴリーの表示を作っているのはarchive.phpです。以下の部分を探します。最初の方です。

    <header class="page-header">
    	<h1 class="page-title">
    		<?php
    			if ( is_category() ) :
    				single_cat_title( __( 'Category: ', 'graphy' ) );

    5行目をsingle_cat_title( __( ”, ‘graphy’ ) );にすればカテゴリ名だけが表示され、
    // single_cat_title( __( ‘Category: ‘, ‘graphy’ ) );にすればカテゴリ名すら表示されません。

    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: 記事中の画像を消す方法

    既に解決しているようですがオマケで。
    cssで「画像を表示させない」ではなく記事中のimgタグを除去してしまうものです。
    微微たるものとはいえ表示しないタグの文字列を表示の度に無駄に転送するのも何ですし。

    1. Search Regexプラグインをインストール
    2. 管理画面のツールからSearch Regexを選択
    3. SourceはPost content(初期値)、Search patternに /<img (.*?)>/ を入力、Replace patternは空。Regexにチェック
    4. Searchを実行して検索結果を確認しimgタグだけに赤色ハイライトが入ることを確認する
    5. 4の結果に問題がなければReplace&Saveを実行

    1万タグ程度ならそんなに時間はかかりません。あまりに置換対象が膨大だとphp.iniの設定変更が必要かも。

    フォーラム: プラグイン
    返信が含まれるトピック: feedwordpressでCatchable fatal error

    gblsmさん
    ありがとうございました。バッチリです。
    phpで日本語とかUTF-8の扱いに慣れていないので全然問題無いように見えてました。

    if (strlen($excerpt) > 255) :
    		$excerpt = substr($excerpt,0,252).'...';
    	endif;

    私の場合はですが、この3行自体要らないかも。

    フォーラム: プラグイン
    返信が含まれるトピック: feedwordpressでCatchable fatal error

    モデレータの方
    書き込み先を間違えて申し訳ありませんでした。トピックの移動ありがとうございました。

    gblsmさん
    他所の方のfeedを挙げるのは憚られましたので自前のコンテンツからエラーになるfeedを作ってみました。
    http://denwa.biz/feed/gatolabo.php

    宜しくお願いします。

    フォーラム: プラグイン
    返信が含まれるトピック: feedwordpressでCatchable fatal error

    他のプラグインは無効にして試しています。
    日本語でも問題の発生しないfeedもあるのですがエラーになるfeedもある状態です。
    あるfeedについて1つも取り込めないときもあれば幾つか取り込んでエラーになるときもある。
    だだし、そのfeedが更新されるまではエラーの発生の仕方は同じ。
    日本語feedでも問題なく取り込めることもあります。
    また、英語のfeedではエラーなりません。
    なのでfeed内の文字の影響かなと思いました。
    既に書きましたがWordpress4.1.1以下ならエラーになりません。
    feedの構文には問題が無いです。

15件の返信を表示中 - 31 - 45件目 (全53件中)