フォーラムへの返信

15件の返信を表示中 - 391 - 405件目 (全436件中)
  • フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: ログインできない

    通常WordPressの管理画面のテキストエリアにPHPのコードは使えません。それを可能にするプラグインもありますが、お勧めしません。
    安心安全確実なのはコードを書いた任意のファイルをショートコードとして使えるようにし、テーマのウィジェットでショートコードが使えるようにして管理画面の外観→ウィジェットのテキストでそのショートコードを書いて表示させる方法です。
    これだとリスクゼロですし余計なプラグインも増えません。
    ちなみにお書きになったコードは任意の投稿タイプの投稿を、タイトルと投稿日とサムネイル付きで5件表示するという内容です。

    こんな感じでどうですか?
    投稿タイプ event の カスタムフィールド event-complete-time が過去の日付になるとカスタムフィールド event-complete の値を normal から complete に書き換えるようcronにセットします。
    強制的に日付を変更するかWP Crontrol等でチェックしてください。

    function event_complete_schedule( $post_id ) {
    	$post_type = get_post_type () === 'event';
    	$event_complete_time = get_post_meta ( $post_id , 'event-complete-time' , true );
    
    	if ( $post_type && $event_complete_time != '' && date_i18n( 'Y-m-d' ) < $event_complete_time ) {
    		$time_stamp = strtotime ( $event_complete_time . 'JST' ) ;
    		wp_schedule_single_event( $time_stamp , 'event_complete_action' , array( $post_id ));
    	}
    }
    add_action( 'save_post' , 'event_complete_schedule' );
    function set_event_complete( $post_id ) {
    	update_metadata ( 'post' , $post_id , 'event-complete' , 'complete' );
    }
    add_action( 'event_complete_action' , 'set_event_complete' );
    • この返信は7年、 1ヶ月前にmanboが編集しました。
    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: MW WP Formのメルマガ配信

    MW WP Formのプラグインを利用して、フォームからメルマガの募集を行なっています。
    その一覧からメールマガジンを配信したいのですが、何か良いプラグイン等はございますか?

    読解力が無いからなのか、お書きになっている内容のイメージが全く掴めません。もう少し詳細に書いていただけますか?

    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: Parse errorの対処方法について

    WordPress Related Postsプラグインを旧バージョンに上書きで戻すかFTP等で削除してみてください。
    https://downloads.wordpress.org/plugin/wordpress-23-related-posts-plugin.3.6.3.zip

    WordPress Related Postsの最新版3.6.4はPHP5.4以上しか対応していないそうですがPHPのバージョンはいくつですか?

    『他』あたるのかどうか分かりませんがレスが無いので思った事を書かせていただきます。
    畑違いな事を書いてるようでしたらすみません。

    管理画面、ツール、インポートに表示されるプラグインが2~3年更新されていません。
    他のブログから簡単に移行できる仕組みとして設けているのだと思いますが、初めてWordPressにプラグインの説明を見たら腐った食べ物を口に入れるような気持ちになるのではないでしょうか。
    また、各プラグインのレビューやサポートページを見ると動かない等の書き込みが見受けられます。
    全て作成者はwordpressdotorgとなっているので、せめてコア更新時に動作チェックして最新版のWordPressで使えるような形にしておくのが望ましく思います。また、出来ないのなら排除してしまった方が良いのではないかと思います。
    インポートの画面の説明はもっともらしいことが書いてありますが、いざ使ってみたら動かないではみっともないですよね。
    是非ネタにして頂いて作成者: wordpressdotorgに投げて頂けたらと思います。

    ちなみに当該ページの翻訳が『別のシステムの投稿やコメントこのサイトにインポートできます。』となっており一字足りないようです。

    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: CMSの使い方について

    WordPressの管理画面に固定ページという項目があると思いますが、それを使用してトップページとその他のページを作成すれば既存のホームぺージは不要になります。
    ブログは管理画面にある投稿を使います。
    ただ、現状のWordPressのアドレスがhttp://www.presen-cobo.com/wp-blog/になっていると思いますが、それをhttp://www.presen-cobo.comに変更しないといけません。
    管理画面の一般設定で変更可能ですが、以下のページの内容を一読していただいた上で行ってください。
    https://wpdocs.osdn.jp/Giving_WordPress_Its_Own_Directory

    どうやってCMS機能を使うかの使い方が分かりません

    答える側としても幅が広すぎて限界があります。
    ですので、WordPressでの基本的なサイト構築方法はネットや書籍でいくらでも情報を得られますので、それらをご覧になった上で不明点があれば投げ掛けて頂いた方が良いかと思います。

    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: 投稿ページの送りリンク(/page/2)がエラー

    色々試したがページ送りの404エラーが直らない
    情報が少なすぎますね。
    それだけではまともな回答は得られないと思いますよ。

    フォーラム: プラグイン
    返信が含まれるトピック: custom field suite でループを書く方法

    こういう事ですか?

    <?php
    $loop = CFS()->get( 'gallery' );
    foreach ( $loop as $row ) {
    echo '<h3>' .$row['gallery_title']. '</h3>';
    echo '<div class="gallery">' .$row['gallery_image']. '</div>';
    }
    • この返信は7年、 1ヶ月前にmanboが編集しました。

    やはりwp-cronが正常に動いてないようですね。
    もしテーマに何か手を加えているなら一度、デフォルトのテーマに変更して、当該プラグインとWP Crontrol以外を全停止してバックアップ可能か試してください。
    WP-Cron EventsのページでバックアッププラグインのフックをRun Nowで実行すれば試験できます。
    それとwp-confug.phpにwp-cronを無効にするような記述が無いか確認してください。
    あと、Basic認証やアクセス制限などのセキュリティ面を強化させるような設定を行ってればそこも見直しが必要かもしれません。

    ログはそのプラグインの設定画面で見れます。
    次回実行の日時が動いていて繰り返される設定になってることで自動起動するわけですが、変わってない上繰り返しなしでは当然自動バックアップできません。
    他にcronに登録されたスケージュールがあると思いますが、それらは正常に動いてそうですか?

    プラグインのログを確認してください。
    また、wp-cronが動作しているか確認してください。
    wp-cronのスケジュールはWP Crontrolプラグインで簡単に確認できます。

    updraft_backup
    updraft_backup_database
    この2つの有無とスケジュール

    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: テーマの形が崩れる

    さくらインターネットですか?
    ネットで検索すれば沢山情報があります。

    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: 最大何名までユーザー登録できますか?

    (テストして打ち込んでたら遅くなって内容が重複してますが、そのまま投稿してしまいます)

    ローカル環境ですが試しに20,000ユーザーを登録したらデータベース量が約7MB増加しましたが、フロントエンド、バックエンド共にレスポンスが悪くなったようには感じませんでした。
    それならばと100,000ユーザー登録したら25MB程度データベース量が増え、バックエンドで新規投稿時にそこそこもたつき発生、フロントエンドは少し遅くなったかな?と微妙なラインでしたそれ程気になりませんでした。

    ユーザー数の上限の有無は分かりかねますが100,000でも登録可能ですしとりあえずは動いていますが、どこまで耐えられるかはお使いのサーバー次第だと思うので、非力なサーバーでなければ大丈夫かと思いますが、十分テストをされた方が良いと思います。
    仮にお使いのサーバーが共有サーバーでプランが複数あるなら、しばらく運用して支障が出てくるようなら上位プランに変更するとか、他社にを乗り換えるとかなど検討しても良いのかもしれません。

    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: 検索結果がwordpress以外のページ

    ちょっと考えてみました。
    と、言うか実際に自分で書いた事を試したんですが駄目でした(汗)

    まず、画像を検索対象にすると見せたくもない画像も対象になってしまい、
    画像に無駄にカテゴリでも設けて制御しないといけないので駄目でした。
    画像を検索するにはSearch Everythingを使用しますが、上記理由からカスタムフィールドのみ検索対象にした場合、画像にカスタムフィールドを含んでいても検索結果に表示されません。
    また、このプラグインを使った場合、管理画面の投稿やメディア一覧でページ送りせずに指定ページを表示させようとするとデータベースエラーが出るので全くお勧めできません。
    このような理由からAdvanced Custom Fieldsを使う理由も一切無くなりました。

    で、もう少し真剣に考えてみたらもっと簡単な方法がありました。
    まず、アイキャッチ画像とカスタムフィールドが使えるカスタム投稿タイプを一つ作ります。
    そのカスタム投稿タイプの投稿タイトルや本文にWordPress外のページの情報を入力してアイキャッチ画像を設定し、カスタムフィールドの名前をurl、値をWordPress外のページのURLで登録します。

    テーマがTwenty Fourteenならcontent.php<div class="entry-meta">より上を以下のようにしてみてください。

    
    <?php
    /**
     * The default template for displaying content
     *
     * Used for both single and index/archive/search.
     *
     * @package WordPress
     * @subpackage Twenty_Fourteen
     * @since Twenty Fourteen 1.0
     */
    ?>
    <?php if ( 'カスタム投稿タイプ名' == get_post_type()):
    	$image_id = get_post_thumbnail_id();
    	$image = wp_get_attachment_image($image_id, 'large');
    	echo '<a class="has-post-thumbnail post-thumbnail" href="'.get_post_meta($post->ID , 'url' ,true).'" aria-hidden="true">'.$image.'</a>';
    ?>
    <?php else: ?>
    <article id="post-<?php the_ID(); ?>" <?php post_class(); ?>>
    	<?php twentyfourteen_post_thumbnail(); ?>
    <?php endif; ?>
    	<header class="entry-header">
    		<?php if ( in_array( 'category', get_object_taxonomies( get_post_type() ) ) && twentyfourteen_categorized_blog() ) : ?>
    		<div class="entry-meta">
    			<span class="cat-links"><?php echo get_the_category_list( _x( ', ', 'Used between list items, there is a space after the comma.', 'twentyfourteen' ) ); ?></span>
    		</div>
    		<?php
    			endif;
    
    			if ( 'カスタム投稿タイプ名' == get_post_type() ) :
    				the_title( '<h1 class="entry-title"><a href="'. get_post_meta($post->ID , 'url' ,true). '" rel="bookmark">', '</a></h1>' );
    			else :
    				the_title( '<h1 class="entry-title"><a href="' . esc_url( get_permalink() ) . '" rel="bookmark">', '</a></h1>' );
    			endif;
    		?>
    
    		<div class="entry-meta">
    

    カスタム投稿タイプ名や画像サイズは適宜変更してください。
    これでWordPressの検索に外のページのリンクも表示できます。

    リダイレクトさせればテーマを編集しなくて良いですが、自分がやるならと考えたらあまりカッコよくないため却下しました。
    これなら余計なプラグインも不要なので無駄な負荷もかかりません。

    カスタム投稿タイプは意図して表示させようとしない限り、サイト上には出てきませんが、検索エンジンのクローラーが巡回してインデックスしてしまうかもしれないので
    single-カスタム投稿タイプ名.phpの名前でテンプレートを作成して中身を

    
    <?php
    	$field = get_post_meta( $post->ID, 'url' , true );
    	if ( $field ) wp_redirect( esc_url( $field) , 301 );
    ?>
    

    こんな感じにしておけば、そのカスタム投稿タイプのページにアクセスされてもWordPress外のページにリダイレクトします。

    ここまで書いてふと思いました。
    最終的にリダイレクトさせるならcontent.phpの編集いらんがな… って…
    いやいや、最後のはクローラー対策なので自分ならこの方法でやります。

    • この返信は7年、 1ヶ月前にmanboが編集しました。
15件の返信を表示中 - 391 - 405件目 (全436件中)