フォーラムへの返信

5件の返信を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • フォーラム: プラグイン
    返信が含まれるトピック: カスタムフィールドプラグインの切り替え
    トピック投稿者 rykiel727

    (@rykiel727)

    ご返信ありがとうございます。

    Ultra beginner様に教えていただいた3つのプラグインを使って、
    エクスポート・インポートして試してみたいと思います。

    Takuro Hishikawa様
    ご教示いただいた方法で表示部分は出来るのですが、
    管理画面のカスタムフィールドが、設定されているにもかかわらず、
    サムネイルが表示されず、空の見た目になっていましたので、
    変換ができればとご質問させていただいておりました。

    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: filter_whereで今月の記事のみ表示したい

    WordPressが3.7以降であれば、filterよりQueryに含んだほうが、分かりよい気がします。

    date_query というパラメータがありますので、参照してみてください。
    http://codex.wordpress.org/Class_Reference/WP_Query#Date_Parameters

    <?php
    	//当月の記事取得
    	$today = getdate();
    	$args = array(
    		'date_query' => array(
    			array(
    				'year' => $today["year"],
    				'month' => $today["mon"]
    			)
    		);
    	);
    	$query = new WP_Query( $args );
    ?>

    before / after で指定すれば、取得したい期間を絞り込むことも出来ると思います。

    <?php
    	//期間指定
    	$args = array(
    		'date_query' => array(
    			array(
    				'after'     => array(
    					'year'  => 2015,
    					'month' => 1,
    					'day'   => 1
    				),
    				'before'    => array(
    					'year'  => 2015,
    					'month' => 1,
    					'day'   => 31
    				),
    				'inclusive' => true
    			)
    		)
    	);
    	$query = new WP_Query( $args );
    ?>

    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: アカウントのアクティベーションの期間について
    トピック投稿者 rykiel727

    (@rykiel727)

    日数については、2日ということで、自己解決しました。

    /wp-includes/ms-functions.php
    488〜508行目

    // Has someone already signed up for this username?
    $signup = $wpdb->get_row( $wpdb->prepare("SELECT * FROM $wpdb->signups WHERE user_login = %s", $user_name) );
    if ( $signup != null ) {
    	$registered_at =  mysql2date('U', $signup->registered);
    	$now = current_time( 'timestamp', true );
    	$diff = $now - $registered_at;
    	// If registered more than two days ago, cancel registration and let this signup go through.
    	if ( $diff > 2 * DAY_IN_SECONDS )
    		$wpdb->delete( $wpdb->signups, array( 'user_login' => $user_name ) );
    	else
    		$errors->add('user_name', __('That username is currently reserved but may be available in a couple of days.'));
    }
    
    $signup = $wpdb->get_row( $wpdb->prepare("SELECT * FROM $wpdb->signups WHERE user_email = %s", $user_email) );
    if ( $signup != null ) {
    	$diff = current_time( 'timestamp', true ) - mysql2date('U', $signup->registered);
    	// If registered more than two days ago, cancel registration and let this signup go through.
    	if ( $diff > 2 * DAY_IN_SECONDS )
    		$wpdb->delete( $wpdb->signups, array( 'user_email' => $user_email ) );
    	else
    		$errors->add('user_email', __('That email address has already been used. Please check your inbox for an activation email. It will become available in a couple of days if you do nothing.'));
    }
    フォーラム: プラグイン
    返信が含まれるトピック: phpThumbを使わないサムネイル生成について
    トピック投稿者 rykiel727

    (@rykiel727)

    ご返信ありがとうございます。

    「サムネイルを実寸法にトリミングする」のチェックを外せば、
    この機能を見落としておりました。
    設定を変更した所、切り取りされずそのままのサムネイルが作成できました。

    管理画面にある3サイズ以外を追加出来るとは知りませんでした。
    これだと現在の設定を変える必要がないのがいいですね。
    下記を参考にさせて頂きました。
    http://ja.forums.wordpress.org/topic/3877

    WP標準のサムネイル機能で、画像サイズからmagin調整で出力できるようにテンプレートを変更してみようと思います。
    アドバイスありがとうございました。

    フォーラム: プラグイン
    返信が含まれるトピック: phpThumbを使わないサムネイル生成について
    トピック投稿者 rykiel727

    (@rykiel727)

    ご返信遅くなり、申し訳ございません。

    ご回答頂いた内容でもありだとは思うのですが、
    標準のサムネイル生成機能ですと指定したサイズより大きい場合、
    縦か横のどちらかが、切り取りされてしまいました。
    標準のものを使って、切り取りされずサムネイル作成することは可能なのでしょうか?
    それであれば、サイズ取得のmarginでの調整も出来るのですが。

    オリジナルの画像は、かなり大きい場合もある為、そのままでは実用的ではないです。

    通常WP構築する際、一覧リストのサムネイル生成等は、標準機能でするのが一般的なのでしょうか?

5件の返信を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)