フォーラムへの返信

15件の返信を表示中 - 31 - 45件目 (全129件中)
  • フォーラム: バグ報告と提案
    返信が含まれるトピック: 記事内の全ブロックをコピペした時の不具合

    @pokego0528さん

    こんにちは。

    こちらの問題は開発チームの方で把握されており、既に修正されているようです。
    英語ですが、もし興味がありましたら読んでみて下さい。
    https://github.com/WordPress/gutenberg/issues/34177

    おそらく、12月にリリースされるWordPress5.9で修正されるのではないかと思います。

    @itiyama さん

    テーマ自体をカテゴリーによって切り替える事は出来る事は出来ますが、おそらくWordPress本体に手を加えなければならないのでお勧めしません。

    どの程度見栄えを変えたいかによりますが、以下2パターンが考えられます。

    【スタイルを調整したい】

    カテゴリーページでは、bodyタグにcategory-{slug}category-{id}というクラス名がつきます。
    CSSで調整出来る範囲であれば、こちらの方が手軽です。

    例えば、「news」というスラッグのカテゴリーだけ、各記事のタイトルを大きくしたいという場合は、以下のようなCSSで対応出来ます。

    
    body.category-news .entry-title a {
        font-size: 3rem;
    }
    

    【レイアウト自体を調整したい】

    この場合は、URLを記載された通り別のテンプレートを読み込ませる必要があります。
    手順だけお伝えしますと、以下のようになります。

    ・子テーマを作成、適用する
    ・親テーマのarchive.phpを子テーマにコピーし、category-{slug}.phpまたはcategory-{id}.phpというファイル名にする
    ・コピーしたファイル内のコードを変更する

    @itaruさん

    はじめまして。
    最新バージョンの3.10にて、DropBoxの再認証が必要になった場合に発生するようです。
    https://wordpress.org/support/topic/version-3-10-upgrade-critical-error/

    プラグインを再インストールし、再度Dropboxの認証を行ってみてはいかがでしょうか。

    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: update_post_meta で 配列の更新について

    @dive_keiさん

    はじめまして。

    update_post_meta の第4引数は、「更新したいカスタムフィールドの元の値」です。
    https://wpdocs.osdn.jp/%E9%96%A2%E6%95%B0%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9/update_post_meta

    保存された値が配列だった場合の挙動は調べきれませんでしたが、配列内の第4引数と一致する値を一括で更新するのは、おそらく仕様だと思います。

    ただしご質問内容を見る限り、カスタムフィールドの値の定義を見直した方が良いのではないかと思われます。

    注文内容によって個別にカウントアップするという事なので、それぞれの値は「何の商品が今までにいくつ注文されたか」を意味しているのだと思いますが、いかがでしょうか。

    どのような事を実現したいかをもう少し詳しく教えていただければ、適切な設計をご提案する事が可能です。

    @kaz6201 さん
    始めまして。

    おそらく、フィルターフックとして wp_new_user_notification_email を使われているかと思います。
    該当箇所のコードを見てみた所、以前はハッシュ化されていないパスワードを $plaintext_pass という変数で取得出来たようですが、4.3.1から利用出来なくなりました。
    https://github.com/WordPress/WordPress/blob/5.8-branch/wp-includes/pluggable.php#L2009

    また、$user->user_pass で取得されるのもハッシュ化されたパスワードだと思います。

    なので、送信メールに平文のパスワードを載せる事は難しいと思われます。

    ちなみに、Transients APIを使って、ユーザー登録時に入力されたパスワードをキャッシュで保持、メール送信時に呼び出すという方法はありますが、ハッシュ化されていないパスワードがDBに保存される事になりますので、セキュリティ的にお勧め出来ません。
    (代わりにセッションなどを使えば、もう少しセキュアなやり方があるかもしれません)

    フォーラム: プラグイン
    返信が含まれるトピック: ACFフィールドを別ページに表示する方法

    @mikujin さん

    こんにちは。

    スラッグ名で会員を分ける方法のアドバイスを頂きましたが、会員レベルは変動するので、スラッグ名には使えそうにありません。
    会員を識別するトリガーは、各会員ページ(固定ページ)のACFで設定しているlankだけという条件下でTOPページに反映できればベストなのですが・・・

    そうすると、一度全ての固定ページを取得した上で、人力でフィルタリング・グルーピングする必要があると思います。

    固定ページ一覧を取得するget_pagesという関数があるので、一度リファレンスを参考にしてみて下さい。

    具体的なコードも、まずはご自身で書いてみる事をおすすめします。

    フォーラム: プラグイン
    返信が含まれるトピック: ACFフィールドを別ページに表示する方法

    @mikujin さん

    こんにちは。
    カスタム投稿を使えず、動的に増減する固定ページとなると、ちょっと力技が必要です。

    考え方としては、

    • 固定ページのスラッグの命名規則を、「page_{ランク}_{連番}」のように決める
      page_gold_0page_silver_2
    • 連番は、必ず抜けが無いようにする
    • トップページでは、大き目の回数を指定したループ文を使い、グループ別に固定ページ全件を取得する
    • ループ内で固定ページが無ければ、以後の連番の固定ページは無いものとしてそこで処理を終了する

    です。

    コード例は以下です。

    <div class="box-gold">
      <h2>ゴールドランク</h2>
      <?php
      for ( $i = 0; $i < 999; $i++ ) { // 全件取得出来るように大きめの回数を指定
        // ゴールドランクに属する固定ページを取得
        $page = get_page_by_path( 'page_gold_' . $i );
    
        // ページが無ければ、以後の固定ページは無いものとして処理を修了
        if ( ! $page ) break;
    
        $page_id = $page->ID;
    
        the_field( 'name', $page_id );
        the_field( 'hobby', $page_id );
        the_field( 'birthday', $page_id );
      }
      ?>
    </div>
    
    <div class="box-silver">
      <h2>シルバーランク</h2>
      <?php
      for ( $i = 0; $i < 999; $i++ ) { // 全件取得出来るように大きめの回数を指定
        // シルバーランクに属する固定ページを取得
        $page = get_page_by_path( 'page_silver_' . $i );
    
        // ページが無ければ、以後の固定ページは無いものとして処理を修了
        if ( ! $page ) break;
    
        $page_id = $page->ID;
    
        the_field( 'name', $page_id );
        the_field( 'hobby', $page_id );
        the_field( 'birthday', $page_id );
      }
      ?>
    </div>

    別の方法として、固定ページにカテゴリーを設定する事も出来るようです。
    試した事はありませんが、WP_Querytax_query等を使えば、固定ページでもカテゴリー(ランク別)にページを取得出来るかもしれません。

    フォーラム: テーマ
    返信が含まれるトピック: 文字下の下線を消したい

    @an83022 さん

    こんにちは。
    そのプラグインは使った事がありませんが、以下CSSで対応出来ると思います。

    #npcatch li a{
        text-decoration:none;
    }
    
    #npcatch li a:hover{
        text-decoration:underline;
    }

    またこのようなケースの場合、ブラウザのデベロッパーツールを使用して、該当箇所のCSSセレクタ名と適用されているスタイルを確認して上書きする、というのが基本です。

    今後のために、「Chrome CSSセレクタ」などのキーワードで調べてみて、どのように上書きすればよいかを調べてみる事をお勧めします。

    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: アカウント認証APIが存在するのか知りたい

    @mtbybaba さん

    こんにちは。
    補足となりますが、自社システムとWordPressサイトが同ドメイン(またはサブドメイン)に乗っているのであれば、認証状態の判別にクッキーではなくセッションを使う方法もあると思います。

    ただ、私もそこまで専門知識があるわけではないので、一度詳しく検討してみていただければと思います。

    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: アカウント認証APIが存在するのか知りたい

    @mtbybabaさん

    はじめまして。
    自社システムへのログイン状況によって、WordPress側で表示するページを切り替えたい、という事でしょうか。

    それであれば、WordPressのAPIは関係なく、自社システム側の話になるのではないかと思います。

    一例として、以下のような構成になるのではないかと思います。

    1. 自社システムのログイン/非ログイン情報を、ブラウザのクッキーにトークン文字列等で保持するようにする
    2. 自社システム側に、トークンをもとにログイン状況を判断・返却するAPIを用意する
    3. WordPressで作成したページ内のコンテンツをクリックした時に、WordPress側から、クッキートークンをもとに自社システム側のAPIを叩く。
    4. レスポンスが「非ログイン」であれば、現在表示中のWordPressページのURLをパラメータに含めた上で、自社システムのログインページにリダイレクトさせる
    5. 自社システムでログイン認証時、ブラウザのクッキーにトークン文字列を保存する
    6. WordPress側からパラメータとして渡ってきた、WordPressのページURLにリダイレクトさせる

    セキュリティも関連してくるため、十分に調査・設計された方がよいかなと思います。

    フォーラム: テーマ
    返信が含まれるトピック: 文字下の下線を消したい

    @an83022 さん

    はじめまして。
    以下のCSSを追加してみてはどうでしょうか。

    .entry-content .wp-block-button__link {
        text-decoration: none;
    }
    .entry-content .wp-block-button__link:hover {
        text-decoration: underline;
    }
    フォーラム: プラグイン
    返信が含まれるトピック: ACFフィールドを別ページに表示する方法

    仕様の確認ですが、

    • 各会員を固定ページとして管理し、各固定ページにACFを使って会員情報を付与している
    • 会員数は都度増減する
    • TOPページでは、会員ランクでグルーピングした上で全会員を表示したい

    であっていますでしょうか。

    それですと、そもそも会員を固定ページで管理する事自体がスマートではないように思います。

    代わりの一例としては以下です。

    • 会員をカスタム投稿として管理する
    • 会員カスタム投稿に、会員ランク(rank)をタクソノミーとして紐づける
    • その他タクソノミーで管理できない固有の情報(hobby / birthday)については、ACFで情報を付与する
    • TOPページではWP_Queryを使い、tax_queryでrank毎に会員一覧を取得、ループして表示
    • ループの中で、ACFの情報を出力する

    以上のヒントをもとに、一度全体の設計を再考されてみてはいかがでしょうか。

    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: サイト内検索でキーワードが未入力の場合

    @poncyanさん

    はじめまして。

    通常のテーマであれば、検索キーワードが未入力の場合でも固定ページはヒットするはずです。
    まずは、以下を確認してみていただけないでしょうか。

    1. お使いのテーマは何でしょうか。もしくは自作テーマでしょうか。
    2. 検索結果に影響を与えるようなプラグインは使用されていないでしょうか。一度、プラグインを全て無効にしてみて下さい。
    3. コード内のquery_posts~は、検索結果を全件表示するために挿入されているかと思いますが、一度この一文を削除して改善がないかお試し下さい。

    ちなみに、query_postsは公式に非推奨となっています。

    代わりに、pre_get_postsアクションフック内でis_searchで分岐して表示件数をコントロール出来ますので、よろしければ調べてみて下さい。

    フォーラム: プラグイン
    返信が含まれるトピック: ACFフィールドを別ページに表示する方法

    @mikujinさん

    こんにちは。
    詳しい要件は分かりませんが、「TOPページに、任意の固定ページが持つACFの情報を出力したい」という事でしょうか。

    そうすると、「TOPページ側で、どの固定ページの情報を取得するかを指定するためのフィールドを用意する」
    というやり方になるかと思います。

    具体的には以下のようなやり方です。

    • カスタムフィールドグループ作成:「ルール」は、「ページ=トップページ」等
    • 「投稿オブジェクト」フィールドを複数追加:page_1, page_2など。「投稿タイプ」は「固定ページ」、「返り値のフォーマット」は「投稿ID」
    • トップページの記事編集画面で、作成したカスタムフィールドのプルダウンから、情報を表示させたい固定ページを選んでおく
    • トップページに、以下のようなコードを記述(未検証です)
    <?php
    // TOPページで指定出来る固定ページの数を5つとした場合(page_1 ~ page_5)
    for ( $i = 1 ; $i <= 5; $i++ ) {
      // 指定した固定ページのIDを取得
      $page_id = get_field( 'page_' . $i );
    
      // ページを指定していない場合はなにもしない
      if ( ! $page_id ) continue;
    
      // 各固定ページで指定したカスタムフィールドを取得する
      $page_meta = get_field( 'page_info', $page_id );
    
      if ( $page_meta ) {
        // ここで固定ページの情報を使って何かする
        // echoで画面出力、または後で出力する用に配列に格納、等
      }
    }
    フォーラム: 使い方全般
    返信が含まれるトピック: テーブルの表示が崩れてしまう

    @canashin1さん

    はじめまして。
    私も同様に症状は確認出来ませんでしたが、非常に稀ですが過去に似た症状に遭遇した事があります。
    その時は、セル内の画像にmax-height:none;を当てる事でなぜか解決しました。

    @canashin1さんのサイトの場合だと、以下のようなCSSになると思います。

    @media only screen and (max-width: 599px)
    .post .scroll-box table td img {
      max-height: none;
    }

    効果があるか分かりませんが、一度お試しいただければと思います。

15件の返信を表示中 - 31 - 45件目 (全129件中)