State of the Word 2023 の総括

以下は WordPress.org 公式ブログの記事「State of the Word 2023 Recap」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


12月11日、WordPress の共同創設者マット・マレンウェグは、毎年恒例の State of the Word 基調講演を行うため、スペインの美しい都市、マドリードを訪れました。このイベントが米国外で開催されたのは初めてのことでした。ユネスコの世界遺産にも登録されている象徴的な建築物である Palacio Neptuno に200人近くの貢献者、開発者、エクステンダー、プロジェクトに近い方たちが集まり、マットの話を聞きました。また、多くの視聴者がオンラインから参加しました。

エグゼクティブ・ディレクターからの挨拶

イベントの冒頭で、WordPress プロジェクトのエグゼクティブ・ディレクターである ジョセフ・ヘイデン・チョムポシー は、コミュニティのハートや精神が未来への希望をかき立てるものであり、オープンウェブの自由をすべての人に保証するものであると語りました。彼女は最後にマットをステージに招き、このような価値観と特徴が、過去20年間と同じように、次の20年間もプロジェクトを前進させるという確信を述べました。

Josepha Haden Chomphosy, Executive Director of the WordPress project, speaking at a podium

2023年を振り返って

ステージに登壇したマットは、このイベントが初の国際的な “State of the Word” であることについての興奮を共有しました。また、過去の WordCamp の功績を引用しつつ、主催者であるスペイン WordPress コミュニティを称えました。そこから、マットは今年の注目すべき瞬間についての振り返りに直ちに移り、プロジェクトの20周年記念の祝賀、ソフトウェアの進化、そして今年、コミュニティがどれだけ一体となったかを振り返りました。WordCamp の数が70回に倍増し、33か国で開催されたことも話しました。

私達は常に学びと改善を目指しています。
Meetup をより良くする方法についてご意見をお待ちしています。

マットは続けて、いくつかのリソースの紹介を行いました。WordPress.org: まったく新しいイベントページ、デザイン一新したショーケース、新しい WordPress Remembers メモリアルページ、 そしてオープン教育賞を受賞した Openverse。ユーザーがブラウザで直接 WordPress を試すことができるツールである WordPress プレイグラウンドや、Twenty Twenty-F​​our デフォルトテーマのデモも共有しました。

Matías Ventura, Lead Architect of Gutenberg, speaking on stage at State of the Word

共同編集、その他の機能

マットは Gutenberg プロジェクトの4つのフェーズを振り返り、フェーズ3のコラボレーション (共同編集) に着手したことを述べた後、Gutenberg のリードアーキテクトであるマティアス・ヴェンチュラにマイクを渡しました。

マティアスは、スペイン語での簡単なあいさつの後、今年ソフトウェアがどれだけ進歩したかを述べました。サイトエディターが優れた執筆環境であると同時に素晴らしいデザインツールになることを目指し、脚注ブロックの改善や集中執筆モードの使いやすさにも言及しました。

共同作業やワークフローのスケジュールはまだ未定ではありますが、マティアスはエディターのプロトタイプを公開し、セッションをまたいだリアルタイムの編集を可能にする同期エンジンの確立など、共同編集の最も興味深い側面の一部を紹介しました。彼はGutenberg プラグインでプロトタイプをテストし、GitHub でフィードバックを共有するよう貢献者に呼びかけました。

そこからマティアスは、ワークフローのための強力なツールとしてのパターンの強調とその継続的な進化、カスタムフィールドにブロックを接続する機能など、他のワクワクするような開発について強調しました。彼はパフォーマンスの改善について熱く語り、エディターを少なくとも2倍速くするための作業が進行中であることを述べました。フロントエンドのパフォーマンスについては、Interactivity API のデモで、WordPress の標準的なブロックや機能を使って、トランジションや検索、その他のインタラクションをどのように瞬時に行うことができるかを紹介しました。

最後に、管理画面のデザインがサイトエディターからどのようなヒントを得て変更されるのか、そして最終的にユーザー独自のニーズに基づいて WordPress 管理画面のエクスペリエンスを形成できるようになることについて説明しました。

WordPress co-founder Matt Mullenweg speaking at a podium

AI とデータの解放

マットがステージに戻り、「AI を深く学ぶ」ようにという過去のアドバイスを強化しながら、WordPress の未来について話を広げました。彼は、現在利用できる豊富な AI ツールで何が達成できるのか、コントリビューターがすでに自然言語処理や WordPress Playground を使ってどのように実験し、作成や構築をしているのか、未来が楽しみになる例を共有しました。

最後にマットは、2024年のプロジェクト「Data Liberation (データ開放)」にさらに焦点を当てることを紹介しました。他のプラットフォームから WordPress へのインポートを可能な限り摩擦のないものにする、という目標です。彼は、デジタル障壁を解き放つ動機の一部として、コンテンツ管理システムがユーザーを囲い込む傾向にあることを語りました。Data Liberation イニシアチブでは、WordPress からのワンクリック移行とエクスポートフォーマットに取り組む予定です。単なるツールにとどまらず、Data Liberation はシームレスな貢献を可能にするというプロジェクトの理念を反映しています。マットは、Data Liberation の新しい GitHub リポジトリや、今後予定されている Making WordPress Slack のチャンネルを紹介しながら、興味のある人は誰でも活動に参加してほしいと協力者を勧誘しました。

追記: Data Liberation プロジェクトチャンネル #data-liberation が公開されました。

質疑応答

プレゼンテーションの後、マットは、ホセ・ラモン・パドロン (モンチョ) の司会による対話型の質疑応答セッションで、ライブストリームと会場の聴衆からの質問に答えました。

ライブセッションでのその他の質問については、フォローアップ記事でお答えします。また、来年のWordCamp アジア (台湾・台北)、WordCamp ヨーロッパ (イタリア・トリノ)、WordCamp US (アメリカ・オレゴン州ポートランド) の予定をカレンダーに追加するのをお忘れなく !

このイベントと投稿に協力してくださった @laurlittle@eidolonnight@nilovelez@fepr@cbringmann その他多くの方々に感謝します。