開発者ドキュメント

新しいエディターは WordPress 従来の機能と同様、非常にフレキシブルです。カスタムブロックの作成、エディターの外観の変更、特別なプラグインの追加、等々が可能です。

ブロックの作成

エディターの大きな要素はブロックであり、主な拡張 API はブロック API です。ブロック API を使用することでユーザーは自分の静的ブロックや、サーバー側でレンダリングされる動的ブロックを作成できます。またブロックは、より構造化したコンテンツのため Post Meta にデータを保存できます。

ブロックの作成について学習するには、まずブロックチュートリアル から始めると良いでしょう。

ブロックの拡張

フィルターを使用すると既存のブロックの振る舞いを変更したり、完全に削除することもできます。

詳細は ブロックフィルター セクションを参照してください。

エディター UI の拡張

エディター UI の拡張は registerPlugin API で可能です。すべてのプラグインの UI 要素を1箇所で定義できます。

詳細については プラグイン および 投稿の編集 セクションを参照してください。

エディターのいくつかの部分はフィルタリングできます。詳細については エディターフィルター ページを参照してください。

メタボックス

PHP メタボックスからブロックやサイドバープラグインへのポーティングは強く奨励されます。詳細については メタボックスチュートリアル を参照してください。

新しいエディターがどのように既存のメタボックスをサポートするかについては、こちらの文書 を参照してください。

テーマサポート

ブロックにはデフォルトでスタイルが提供され、カスタマイズなしでもテーマ内で適切に表示されます。テーマはこのスタイルを追加したり上書きしたり、あるいはデフォルトのままにしておくことができます。

テーマ内でのオプトインサポートが必要な高度なブロック機能があります。テーマサポート を参照してください。

オートコンプリート

ブロック内のオートコンプリートは拡張したり、上書きできます。詳細については オートコンプリート フィルターを参照してください。

ブロックのパースとシリアライゼーション

エディター内のテキストは、post_content への保存とエディターでの表示との間でいくつかの異なるステージを経由します。ブロック自体はメモリー内に存在するデータ構造のため、データベース内の保存形式との間でパースやシリアライゼーションが必要です。

パーサーのカスタマイズは高度なトピックになります。詳細については パーサーの拡張 セクションを参照してください。

最終更新日: