ブロック開発の基本原理

このセクションではブロック開発に最も関連性の高い概念について紹介します。

このセクションでは以下を学びます。

  1. ブロックのファイル構造 – ブロックで利用可能な各ファイルタイプの目的、各ファイル間の関係、ブロックの出力における役割。
  2. block.json – block.json メタデータを使用したブロックの定義方法と、このファイルに関連するいくつかのプロパティ (例: attributes や supports)。
  3. ブロックの登録 – サーバーとクライアントの両方でブロックを登録する方法。
  4. ブロックラッパー – ブロックのマークアップラッパーに適切な属性を設定する方法。
  5. エディター内のブロック – ブロックエディターに読み込まれる React コンポーネントとしてのブロックとその可能性。
  6. ブロックのマークアップ表現 – データベース、テーマテンプレート、パターンでのブロックの表現方法。
  7. ブロックの静的レンダリングと動的レンダリング – 動的に、または静的にブロックがフロントエンドへの出力を生成する方法
  8. ブロックエディタでの JavaScript – ブロックエディターで JavaScript を使用する方法。

原文

最終更新日: