テーマ

Topics

  • テーマの種類
    • クラシックテーマ
    • ブロックテーマ
    • フルサイト編集 (Full site editing, FSE)

(2022/5/2) 訳注: このセクションの多くが、Theme Developer Handbook に移動されました。便宜上、しばらく訳文を掲載しますが、最新の情報については、Theme Developer Handbook を参照してください。

ブロックエディターには、テーマデザイナーやテーマ開発者がエディターと対話するためのオプションが多数あります。これにはテーマで定義する、色設定やサイズコントロール等が含まれます。

テーマの種類

Top ↑

クラシックテーマ

ブロックエディターの用語として「クラシックテーマ」は、伝統的な .php ファイル形式でテンプレートを定義し、/block-templates または /templates フォルダ内に index.html 形式のテンプレートを持たないテーマを指します。クラシックテーマは、テーマサポート や theme.json ファイルを介して、ブロックエディタやブロックコンテンツに構成やスタイルオプションを提供する機能があります。ブロックテーマでないテーマでも theme.json ファイルの使用により得られる柔軟性の一部を利用できます。

Top ↑

ブロックテーマ

ブロックテーマは、少なくとも /block-templates または /templates フォルダに index.html 形式のテンプレートがあり、オプションで、ブロックコンテンツのマークアップ形式のテンプレートを提供するテーマです。多くのブロックテーマは theme.json ファイルを利用して、構成やスタイル設定を提供しますが、 theme.json はブロックテーマに必須ではありません。ブロックテーマの利点は、ヘッダー、フッター、サイドバーなど、サイト内のすべての領域をブロックエディタで編集できる点です。

Top ↑

フルサイト編集 (Full site editing, FSE)

テーマの種類に、「フルサイト編集」に特化したものはありません。WordPress 5.9以上では、Block テーマ、つまり /block-templates または /templates フォルダに index.html 形式のテンプレートを持つすべてのテーマで、フルサイト編集は有効です。

コンテンツ

原文

最終更新日: