従来のウィジェットエディターに戻す

新しいウィジェットブロックエディターを無効化する方法がいくつかあります。

remove_theme_support の使用

テーマは、remove_theme_support( 'widgets-block-editor' ) を呼び出して、ウィジェットブロックエディターを無効化できます。

たとえば、テーマは functions.php に次の PHP コードを挿入します。

function example_theme_support() {
    remove_theme_support( 'widgets-block-editor' );
}
add_action( 'after_setup_theme', 'example_theme_support' );

Classic Widgets プラグインの使用

エンドユーザーは、Classic Widgets プラグイン をインストールし、有効化することで、ウィジェットブロックエディターを無効化できます。

このプラグインをインストールすると、プラグインの無効、有効に応じて、ウィジェットブロックエディターの有効、無効も切り替わります。

フィルターの使用

use_widgets_block_editor フィルターは、ウィジェットブロックエディターの有効、無効を制御できます。

たとえば、サイト管理者は mu-plugin に次の PHP コードを挿入して、ウィジェットブロックエディターを無効化できます。

add_filter( 'use_widgets_block_editor', '__return_false' );

スキルのあるユーザーは独自の関数を作成できます。この例では、特定のユーザーのウィジェットブロックエディターを無効化します。

function example_use_widgets_block_editor( $use_widgets_block_editor ) {
    if ( 123 === get_current_user_id() ) {
        return false;
    }
    return $use_widgets_block_editor;
}
add_filter( 'use_widgets_block_editor', 'example_use_widgets_block_editor' );

原文

最終更新日: