ウィジェットブロックエディター概要

ウィジェットブロックエディター

新しいウィジェットエディターは、WordPress の新しい機能です。ウィジェットエリアをアップグレードし、ウィジェットと一緒にブロックを使用できます。使い慣れた WordPress ブロックエディタを使用した、新しいウィジェット管理体験を実現します。

新しいウィジェットエディターにアクセスするには「外観」 > 「ウィジェット」、または、「外観」 > 「カスタマイズ」 > 「ウィジェット」でウィジェットエリアを選択します。

スタンドアロンエディター、またはカスタマイザー経由でウィジェットブロックエディターを使用すると、サイトで有効なテーマに定義された ウィジェットエリア、または、サイドバー の任意の場所に、ブロックやウィジェットを挿入できます。

カスタマイザーウィジェットブロックエディター

また、新しいウィジェットエディターはカスタマイザーのウィジェットセクションも、新しいブロックベースエディターで置き換えます。

カスタマイザーウィジェットエディターにアクセスするには、「外観」 > 「カスタマイズ」 > 「ウィジェット」を選択し、ウィジェットエリアを選択します。

カスタマイザーの新しいウィジェットエディタでは、選択したウィジェットエリアにブロックやウィジェットを挿入するだけでなく、エディタの右側に表示される変更のライブプレビューや、スケジューリングや変更の共有など、カスタマイザー固有の機能も利用できます。

互換性

新しいウィジェットエディター以前にウィジェットエリアに追加されていたウィジェットは、「レガシーウィジェット」ブロックを介して、引き続き動作します。

「レガシーウィジェット」ブロックは、新しいブロックベースのウィジェットエディター内で、従来のウィジェットの編集や変更のプレビューを可能にする互換機能です。

プラグインで登録されたサードパーティ製ウィジェットは、「レガシーウィジェット」ブロックを介して追加、設定することで、ウィジェットエリアに挿入できます。

ウィジェットエディターは、ユーザーには見えない下層の「ブロック」ウィジェットを使用してブロックを保存します。このため、プラグインやテーマは通常通り動作し、データを失うことなくウィジェットブロックエディターを無効にできます。

テーマは、remove_theme_support( 'widgets-block-editor' ) を使用して、ウィジェットブロックエディターを無効化できます。

ユーザーは、Classic Widgetsプラグイン をインストールして、ウィジェットブロックエディターを無効化できます。

原文

最終更新日: