パッケージリファレンス

WordPress は開発用に JavaScript のパッケージとツールをエクスポーズします。

WordPress グローバルからのパッケージの使用

JavaScript パッケージは WordPress 内で登録済みスクリプトとして利用できます。wp グローバル変数を使用してアクセスします。

たとえばエディターモジュールから PlainText コンポーネントを使用する場合、スクリプトをエンキューする際に依存として wp-editor を指定します。

wp_enqueue_script(
    'my-custom-block',
    plugins_url( $block_path, __FILE__ ),
    array( 'wp-blocks', 'wp-editor', 'wp-element', 'wp-i18n' )
);

依存の定義後は、JavaScript コードの中からグローバル変数 wp を使用して以下のようにモジュールにアクセスできます。

const { PlainText } = wp.editor;

npm 経由のパッケージの使用

すべてのパッケージは npm で利用可能です。コード内にパッケージをバンドルできます。

同じ PlainText の例を使用すると、npm を使用して次のようにブロックエディターモジュールをインストールできます。

npm install @wordpress/block-editor --save

一度インストールすればコード内で次のようにコンポーネントにアクセスできます。

import { PlainText }  from '@wordpress/block-editor';

パッケージ一覧 (翻訳のあるもの)

完全なパッケージ一覧は原文およびその下のページを参照してください。

最終更新日: