@wordpress/e2e-tests

WordPress の End-To-End (E2E) テスト

注意: 現在進行中の プロジェクト により、E2E テストは Playwright に移行します。このパッケージは非推奨で、完全に Playwright に移行するまで、バグフィックスのみを受け付けます。

インストール

モジュールのインストール

npm install @wordpress/e2e-tests --save-dev

Top ↑

テストの実行

Gutenberg リポジトリでは、以下のコマンドを実行できます。

{
	"test-e2e": "wp-scripts test-e2e --config packages/e2e-tests/jest.config.js",
	"test-e2e:debug": "wp-scripts --inspect-brk test-e2e --config packages/e2e-tests/jest.config.js --puppeteer-devtools",
	"test-e2e:watch": "npm run test-e2e -- --watch"
}

Top ↑

すべての実行可能なテストを実行

npm run test-e2e

Top ↑

すべての実行可能なテストを実行し、変更を監視

npm run test-e2e:watch

Top ↑

特定のテストファイルを実行

npm run test-e2e -- packages/e2e-test/<path_to_test_file>
# または、変更を監視するには
npm run test-e2e:watch -- packages/e2e-test/<path_to_test_file>

Top ↑

デバッグ

e2e テストを Chrome ブラウザでデバッグできるようにします。

npm run test-e2e:debug

コマンドの実行後、chrome://inspect/#devices にアクセスし、パス /test-e2e.js の下にある inspect をクリックすると、テストがChromeでデバッグできるようになります。

Top ↑

vscode でのデバッグ

以下の設定を.vscode/launch.json に追加することで、Chrome ブラウザでのデバッグを、vscode のデバッガに置き換えられます。

{
	"type": "node",
	"request": "launch",
	"name": "Debug current e2e test",
	"program": "${workspaceFolder}/node_modules/@wordpress/scripts/bin/wp-scripts.js",
	"args": [
		"test-e2e",
		"--config=${workspaceFolder}/packages/e2e-tests/jest.config.js",
		"--verbose=true",
		"--runInBand",
		"--watch",
		"${file}"
	],
	"console": "integratedTerminal",
	"internalConsoleOptions": "neverOpen",
	"trace": "all"
}

これにより、エディタで現在開いている spec ファイルをターゲットにして、jest が実行されます。vscode デバッガーを使用して、Chrome DevTools のようにブレークポイントを追加したり、テストをチェックできます。

注意: このパッケージは Node.js 12.0.0 以降が必要です。古いバージョンと互換性はありません。

Top ↑

このパッケージへのコントリビュート

これは、Gutenberg プロジェクトの一部である、個別パッケージです。このプロジェクトは、monorepo として構成されています。複数の自己完結型ソフトウェアパッケージで構成されており、それぞれが特定の目的を持ちます。この monorepo のパッケージは npm で公開され、WordPress や他のソフトウェアプロジェクトで利用されています。

このパッケージや Gutenberg 全体へのコントリビュートの詳細については、プロジェクトのメインのコントリビューターガイドを参照ください。

Code is Poetry.

原文

最終更新日: