ダイバーシティースピーカートレーニング

ダイバーシティースピーカートレーニングとは? ダイバーシティースピーカートレーニングとは?

WordPress meetup や WordCamp で、女性や他の不特定多数のグループの人に話してもらうのに苦労したことはありませんか?

ダイバーシティースピーカートレーニング (#wpdiversity) は、そういった方のための実践的で効果的なレッスンプランを提供しています。

  • インポスター症候群を打破する
  • 登壇の内容作成に役立てる
  • 未来のスピーカーがタイトル、ピッチ、略歴、登壇のアウトラインを作成するのに役立つ
  • より良いスピーカーのヒントを議論する
  • 話す練習をさせる
  • 自信をつけるのに役立つ

2018年には、26カ国55の WordPress コミュニティをサポートし、アドバイスしました。新しいスピーカーは、米国、カナダ、ブラジル、南アフリカ、ベネズエラの12の異なる WordPress meetup グループでトレーニングを受けました。

“このワークショップを開催したすべてのコミュニティは、年間カンファレンスのスピーカー名簿に本当の変化を経験しました。”彼らのWordCampの多くは、10%の女性スピーカーがいたのが、1年も経たないうちに50%以上の女性スピーカーがいるようになりました。2017年にはシアトルでは60%、2018年にはバンクーバーでは63%の女性スピーカーが参加していました。”

(日本語注:ここからのページではダイバーシティースピーカートレーニングを行うためのドキュメントの日本語訳を公開します。これはWordCamp Osaka 2019 のコントリビューターデイを最初に WordSlack の #community-translate チャンネルで活動を行い、有志により翻訳されたものです。 )

この一年間にワークショップを行う WordPress グループの数を調査しています。実施する予定がある場合は、WordSlack の @nukaga もしくは @nao にメッセージを送ってください。

Top ↑

スピーカートレーニングワークショップ スピーカートレーニングワークショップ

WordPress Meetup で説明しましょう WordPress Meetup で説明しましょう

WordPress のイベントで話すことに興味がありますか? これは、WordPress Meetup や WordCamp など、WordPress イベントでの発言を考えている “Underrepresented group” (過小評価されたグループ) の人々向けのワークショップです。 このハンズオンセッションの目的は、過去にあなたが話すことを妨げていたものを見て、あなたの不安を乗り越える方法を探求し、WordPress 関連のトピックを作って話題にし、発言への自信を高め、安全な空間での会話を練習できるようにすることです。ワークショップの最後に、いくつかのトークのアイデア、1つのトピックの概要、タイトル、イベントへの応募方法、略歴、スピーチの練習の機会があります。

***人前で話す経験は必要ありません。このワークショップは、あらゆるレベルの経験を対象としています。

もしあなたが下記に該当するならこのワークショップはあなたのためのものです もしあなたが下記に該当するならこのワークショップはあなたのためのものです

  • 過小評価されたグループ(Underrepresented group)に属している
  • WordPress Meetup や WordCamp で登壇することを考えたが、トピックが思いつかなかった
  • 自分が話す価値があることを何も知らないと思っている

Top ↑

カバーする内容 カバーする内容

  • WordPressイベントで登壇する理由
  • スピーカー/スピーキングに関する思い込みを払拭
  • トピックを考え、選択する
  • Meetup または WordPress イベントでのスピーチ概要を書く
  • 人前での話す練習
  • 素晴らしいタイトルを考え出す
  • 略歴を書く
  • アウトラインを書く
  • 短い話をする練習

Top ↑

アクセシビリティ アクセシビリティ

  • 会場にはエレベーター・スロープ・ 等多目的トイレ(ジェンダーフリー)などがある。
  • 香水をつけないでください。 多くの人々がアレルギーまたは香りに敏感です。

最終更新日: