思い込みを無くす

思い込みを無くす(私たちが考えるスピーカー 対 実際の彼ら) 思い込みを無くす(私たちが考えるスピーカー 対 実際の彼ら)

特に技術イベントでは、みんなが公の場で話さない理由がありますが、その理由のほとんどは、私たちが払拭できる思い込みや私たちが対処できる懸念に基づいています。

ファシリテーター:次のスライド、「思い込み1」に進みます。

思い込み1:私は専門家じゃない! 思い込み1:私は専門家じゃない!

大丈夫です、専門家である必要はありません! 「専門家」の意味については、誰もが異なる考えを持っています。

誰もがすべてを知っているわけではなく、誰もが学ぶべきものがあります。選んだトピックについて、聴衆よりもっと知っているかもしれません。 自分が持っている知識のうち、聴衆が持っていないものを探してみましょう。

あなたがいつも WordPress でやっていることの中には、他の人がやっていないことがあります。その場合、彼らの目にはあなたが専門家に見えます。聴衆が同じトピックに関する知識を持っていたとしても、同じようにフレーミングすることはありません。何らかの学ぶべきことがあるでしょう。また、あるトピックについて少ししか知らないと感じることもあるかもしれませんが、それでも、喜んでその知識を学びたいと思う多くの聴衆よりはより知っているでしょう。

あなたはおそらく自分で思っているよりも専門家に近いでしょう。 私たちの多くは、偽者症候群に苦しんでいます。 これは、自分が詐欺師であると感じる心理現象であり、自分に知識やスキルは本当にないとあなたは思いますが、なんとか皆を騙そうとしても、すぐにわかるでしょう。 詐欺師症候群(インポスター症候群)は本当に一般的なことです。あなたは一人ではありません。

多様性のセクション -私たちの多くが詐欺師症候群を持つのは、自分たちのような人が専門家として紹介されるとは思わないからです。過大評価されている多数派に属さない多くの人々は、いわゆる”専門”の知識により高い壁を感じるのです。

多くのコミュニティがメンバーに、Meetup や WordCamp でどのような情報を学びたいかを尋ねたところ、ほとんどの人は初心者のトピックを求めています。このような事について何も知らない人がいて、もっと知りたいという人がいることを忘れないでください!もしもあなたがこれまで WordPress を使用したことがあれば、あなたは他の人が共有してもらいたいような知識を持っているのです。

あなたが常に専門家である分野は、あなた自身の経験です。どのように何かをやったのか、どのように何かを学んだのか、どのように障害を克服したのか、何かを作成したり問題を解決するために経たプロセスについて話をすれば―ケーススタディは素晴らしい講演になります。

こうした種類の講演はユニークであるため素晴らしいです。オンラインチュートリアルで誰もが見つけることができるのと同じ情報ではありません。これらのトピックは、誰もが「自分は専門家ではない」問題を克服するのに役立ちます。あなたは普通の経験を共有する普通の人であり、それは価値があるので、人々は自分の経験と専門知識を大切にするようになります。

聴衆がすでに知っている話をしているとしても、あなたは別の見方をしていて、彼らは何か新しいことを学ぶでしょう。

だから、あなたは(自分のことを)専門家のように感じないかもしれませんが、あなたはもう専門家なのです!あなたが自分のトピックに関心がある場合、そのトピックはこれから輝きだしていく、そしてそのことが大切なのです。

ファシリテーター:次のスライド、「思い込み2」に進みます。

Top ↑

思い込み2:私が答えられない質問をする人がいて、自分が愚か者みたいになってしまいます。 思い込み2:私が答えられない質問をする人がいて、自分が愚か者みたいになってしまいます。

はい、あなたが答えられない質問をする人がいるかもしれませんが、大丈夫です。あなたの聴衆は、誰もがすべてを知っているわけではないことを理解しており、あなたの力で考えるのは難しい場合があります。聴衆は同情的です。答えがわからない場合は、次のことができます。

  • 聴衆の誰かが答えられるかどうか尋ねることができます。
  • 答えを調べてからお答えすると言うことができます。ブログに答えを投稿すると伝えてください。そうすれば、あなたのウェブサイトにより多くの訪問者を獲得できます!
  • 時々、トピック外の質問をされます。その質問はトピック外であると気軽に伝えてください。後でその質問について話し合うことができます。
  • また、「わからない」と言っても構いません。答えを取り繕おうとする場合よりも、知らないことを認めた場合、人々はあなたを高く評価します。

後述するセクション5:「より良いスピーカーになる」での「難しい質問」セクションでこれらのすべてについて詳しく説明します。

ファシリテーター:次のスライド、「思い込み3」に進みます。

Top ↑

思い込み3:緊張しすぎて話せない! 思い込み3:緊張しすぎて話せない!

聴衆もそれを理解しています。結局のところ、ほとんどの人は話す勇気がありませんでした。

まずは、練習練習練習!ペット、家族、友人、鏡、少数の聴衆の前で練習すればするほど、あなたは緊張しなくなります。

しかし、まだ緊張している場合でも、大丈夫です!誰もが聴衆の前で緊張します。それは人間の一部です。視聴者はあなたの味方であることに留意してください。彼らはあなたが成功することを望んでいます。実際、あなたが緊張していると認めても構いません。人々は同情します。私も今緊張していますが、ここであなたの前で話していてまだ死んでいません!神経質になることについて最初に少し冗談を言うと(ちょうど私がしたように)、会場の神経質なエネルギーを払拭するのに役立ちます。

本当に緊張しているなら、大勢の人が集まるイベントで話を始めたくないかもしれません。小規模な Meetup から始めたり、鏡、ペット、友人、家族などの前で始めたりすることもできます。これについては、後の「より良いスピーカー」のセクションでも説明します。

ファシリテーター:次のスライド、「思い込み4」に進みます。

Top ↑

思い込み4:聴衆全員を完全に引きこめなければ失敗です。 思い込み4:聴衆全員を完全に引きこめなければ失敗です。

話しているときに、聴衆を見ると、誰もが退屈しているように見えることがあります。でも大丈夫です。

まず第一に、彼らのほとんどはおそらく見た目ほど退屈ではありません。通常、視聴者は自然な面持ちで座っているため、笑顔でうなずいたり、歓声を上げたりしていなければ、参加していないわけではありません。

電話・タブレット・ノートパソコン・別の電子機器を使用している場合、それはあなたを無視しているという意味ではありません。実際、彼らはあなたのすべての言葉を書き留めている、あるいはあなたの話を実況でツイートしているかもしれません。

Top ↑

思い込み5:後で質疑応答がある講演だけが私の知識を共有するのに使える方式です。 思い込み5:後で質疑応答がある講演だけが私の知識を共有するのに使える方式です。

いいえ、WordPress のイベントであなたの専門知識を共有する方法は他にもたくさんあります。グループディスカッションを進行したり、ワークショップを進行したり、パネルをまとめたりできます。一部のイベントでは、通常約10分間のライトニングトークがあります。早く話しても大丈夫で早く終わるので、もしも緊張しているならこれは素晴らしい方式です。

ファシリテーター:これは時間によって適宜行えるオプションです:ファシリテーター:次のスライド、「なぜまだ登壇したことがないのですか?」に進みます。

ファシリテーター:次のスライド、「ディスカッション」に進みます。

グループへの質問:あなたはどう思いますか?あなたが心配していることは何ですか? Meetup や WordCamp で話していないのはなぜですか?一度だけ話したことがあるのに、なぜ二度と話さないのですか?

Top ↑

なぜ話したいですか? なぜ話したいですか?

これらは人々が話したくない理由です。人々が話したい理由はどうでしょうか。もう1つのいろいろ議論になる質問がこちらです。「なぜ話したいのですか?」

ファシリテーター:次のスライド、「なぜ話したいですか?」に進みます。

こちらがいくつかのよくある理由です。

  1. あなたの分野の権威とみなされる
  2. 知識を他の人と共有する
  3. 自信をつける
  4. コミュニティに還元する
  5. 人に会うーコミュニティの一員になる
  6. 旅行する
  7. カンファレンスで学ぶ-話すことでより多くのことが学べる
  8. 楽しい!
  9. やりがいがあり、達成感を感じることができる
  10. キャリア構築
  11. 過小評価されている人々のロールモデルになる

多様性につながる項目 – 11. 過小評価されている人々のロールモデルになる
概略 – 11. あなたが自分を過小評価されている人々の側にいると思っているなら、ステージに立つことで、あなたのような人々のロールモデルになるのだと理解してください。

ファシリテーター:次のスライド、「トピックを見つける」に進みます。

最終更新日: