コントリビューターデイ

WordCamp でコントリビューターデイを開催したいそこのあなた、最高です !

グローバルコミュニティチームとしては、コントリビューターデイはすばらしいもので、もっと多くの WordCamp で開催されてほしいと願っています。このページでは、期待されること、計画すべきことの概要を書いていきます。

役割 役割

コントリビューターデイには基本的に2人のリードが必要です。ひとりはいろいろな手配をする人、もうひとりはコントリビューターチーム (後述) を結成し、当日の進行役をする人です。

イベントの計画は得意ではない人もいますので、コントリビューターデイ向けの各種手配 (会場、飲食、その他) と WordCamp 関連の手配を一緒にする方が楽にできます。

当日の企画に関して最も適するのは、地元のコミュニティの人で、以前に WordPress にコントリビュートしたことがある人です。コントリビュートの分野は問いません。下記にはさらに、各役割に必要なことと、コントリビュート分野のリードのやり方を説明しています。

Top ↑

コントリビューターデイの前に コントリビューターデイの前に

コントリビューターデイは無料であるべきです。誰もがコントリビューターデイから得るものがあるのも事実ですが、新しいコントリビューターが歓迎され、受け入れられていると感じることが重要です。お金を払ってもらうことで初心者の興味を削いでしまいますし、そもそも私たちは、WordPress のために1日を費やしてくださいと言っているわけですから。これはつまり、会場、ランチ (後述)、その他のコントリビューターデイの費用を WordCamp の予算に含めることを想定しておく必要があるということです。

コントリビューターデイは経験レベルに関わらず、すべての人たちためのものです。WordPress についてほとんど知らない人でも、サポートフォーラムで回答して貢献することができます。例外があるとしたら、開発者向け WordCamp のような、あるトピックにフォーカスした WordCamp かもしれません。参加者が開発についてある程度知っていることを想定した WordCamp では、同時開催するコントリビューターデイも開発者向けにしてもよさそうです。そういう場合でも、開発者以外の人が新たにコントリビュートするために参加することも計画しておいたほうがよいでしょう。すべての人たちが歓迎されるという点については、参加者を募るすべてのコミュニケーションにおいて必ず強調してください。

コントリビューターデイは WordCamp の前よりも後にやったほうが参加者が多くなります。WordCamp 中にしっかり宣伝して、WordPress への熱意を強めることができます。参加者が WordPress に対して最も意欲を感じているのは WordCamp の直後です。この意欲を活用して、コントリビューターデイへの参加を促しましょう。

コントリビューターデイについて、何度もブログ投稿をしましょう。WordCamp ブログは、コントリビューターデイについて知ってもらうためのとても良い場所です。最初の投稿を見ていない人はたくさんいます。2度目も、見られていないかも。開催4週間前に投稿し、それから3週間前にもまた投稿して、2週間前になったら参加登録できるようにしましょう。

WordCamp の参加チケットとは別に、コントリビューターデイ用の登録フォームを公開しましょう。WordCamp 本体とコントリビューターデイを一緒にしたチケットは、参加者が少なくなりがちです。フリーソフトウェアの世界では、有言不実行はよくあることです。コントリビューターデイにも同じことが言えます。2つ目の登録フォームに記入することで明示的により多くの労力を要求することになります。そうすることで、実際に参加してくれる人数の目安をもっとつけやすくなるでしょう。

もし会場的に可能なら、当日参加もOKにしてみましょう。当日来るだけでいいですよと伝えることで、来場者の数は増えます。前述の通り、WordCamp 中にも参加者を誘うのをお忘れなく。

参加者にラップトップパソコンやタブレットを持参するように伝えましょう。普通に考えたら持ってくるだろうとは思うのですが、コントリビューションにパソコンが必要になるということに気づかない人も少なくないのです。サイトやメールでの告知の際に、リマインドしてあげましょう。

Top ↑

コントリビューターデイ当日  コントリビューターデイ当日 

参加者数は登録者数よりも少なくなります。コントリビューターデイは無料だからです。これは、すべての無料またはチケットが安いイベントでは常にそうなります。

コントリビューターデイを午前10時より早く始めるのはやめましょう。WordCamp のアフターパーティの翌朝、参加者がコントリビューターデイに間に合うように起きてもらうのは、難しいです。11時をおすすめします。いや、12時に始めて無料ランチを1時にするのもありでしょう。

無料のランチを提供しましょう。 追加のコストがかかりますが、値打ちはあります。もちろん、予算の関係で無料ランチを提供できないこともありますが、もし可能なら、参加者獲得に役立ちます。よくあるのは、人数が分かりしだい注文できるピザなどの簡単なものです。サンドイッチやブリトーのように、工夫が感じられればさらによいですね。ランチを提供できなくても、おやつと飲み物は用意しておきたいものです。

無料のコーヒー、お水やソフトドリンクも提供しましょう。アメリカでは、スターバックスがホットコーヒーのカートンをそこそこの値段で販売しています。お水も大事です。安いペットボトルや、給水サーバーとカップなどがいいでしょう。

フォーカスする2つか3つのの分野を選びましょう。貢献方法はたくさんあります。とても大規模なコントリビューターデイを計画している場合を除き、貢献方法をいくつかに集中するのがいちばんです。標準の3つはコア、サポート、ドキュメンテーションです。当日参加できるリードと会場の状況によりますが、テーマレビュー、メタ、翻訳を含めることもできます。各チームには、コントリビューターデイでの貢献方法を説明するページがあります。 もしリードがその分野への貢献に慣れていなければ、それらのページにどんどん頼っていきましょう。

フォーカスする分野の内容を予告しましょう。各分野のリードが、チームに参加した場合どのようなことに取り組むことになるのかを示してあげましょう。

参加者がコントリビュートできる分野 参加者がコントリビュートできる分野

完全なリストは、 make.wordpress.org にありますが、ここでは、始め方などのリンクも含めてリストを掲載しておきます。各チームに、そのチームでのコントリビューションに詳しい人が必要です。グループごとにまったく異なったことが行われることになりますが、リードする人は、経験豊富なコントリビューターにも、新しいコントリビューターにも対応できるように、準備しておく必要があります。

[以下、準備中]

  • コア(Core) – 一般に、2つのグループができます。ひとつはすでにやったことがある人で、もう一方は初めてコアにコントリビューションする人たちです。2つのグループは別々に運用するのがうまくいきやすいやり方です。経験者には新しいコントリビューションに取り組んでもらったり、新しいコントリビューターにやり方を教えたりしてもらいましょう。リードが二人いることが望ましいでしょうが、WordCamp の参加者状況によりますね。新しいコントリビューターに対しては、たくさんのことを伝える必要があります。ほとんどのことは、コアコントリビューターハンドブック のサイドバーに書かれていますが、確実に伝えてほしいのは trac の使い方、よいチケットとはどんなものか、(必要なら) ローカル環境のセットアップ方法、そしてコーディングスタンダードなどの一般的なベストプラクティスです。
  • サポート(Support) – このチームでは、サポートフォーラムに取り組むことが多いでしょう。サポートチームは何をしているのかを説明し、フォーラム内の質問に答えることに集中してもらいます。よくある回答についての情報を伝え、WordPress.org アカウントのセットアップを手伝ってあげるのもお忘れなく。
  • ドキュメンテーション(Docs) – コントリビューターデイでは、一般的にテーマとプラグインハンドブックの編集や改善に取り組みます (訳注: 日本で翻訳や初心者用マニュアル作りをすることが多い) 。Codex や開発者ハブの改善に取り組みたい人もいるでしょう。ドキュメンテーションチームのリードに事前に話を通しておき、make/docs の編集者権限を持つ人がいる状態にしておきましょう (訳注: 日本では Codex 日本語版のアカウントを事前に作っておくなどが必要になる場合もある)。
  • テーマレビュー(Theme Review Team) – テーマレビューの方法を最初から最後まで示すことが重要です。同様に、テーマレビューチームの管理者やモデレーターに話を通しておき、その時間帯に新しいコントリビューターにチケットをアサインできる状態を確保しておきましょう。
  • モバイル(Mobile) – Mobile ハンドブック はだいたい最新の状態になっています。iOS や Android アプリへの貢献をする人たちは、そのプラットフォームについての知識を持っていることが前提になりますので、ハンドブックにしたがって貢献することは難しくないと思われます。
  • 翻訳(Polyglots) – WordPress のローカル版の文字列の翻訳をして貢献するのは、とてもよい始め方でしょう。ドキュメントにやり方が書いてあります。もし、あなたの言語で WordPress や関連プロジェクトの翻訳が100%に達していないのなら、事前にポリグロッツチームと話しておいて翻訳をスタートしておくのが良いでしょう。新しいロケールの申請方法はこちらです (訳注: 日本の場合はプラグイン・テーマ翻訳などをすることが多い。日本語以外の翻訳をするのももちろん OK)。
  • メタ(Meta) – メタチームへの参加にはほとんどの場合プログラミングの知識が必要です。VVV をベースにして作られた、WordPress メタ環境を使うことで、メタチームが管理しているオープンソースプロジェクトに貢献できます。環境には、wordcamp.org, global.wordpress.org (ロゼッタサイト), jobs.wordpress.net, developer.wordpress.org, apps.wordpress.org があります。
  • アクセシビリティ(Accessibility) – アクセシビリティ的目線を持ってテストやプログラミングの専門性をコアのチケットで活かすために、ほとんどの場合、アクセシビリティチームはコアチームと一緒にグループ化されています。
  • トレーニング –
  • コミュニティ – (スピーカーワークショップを含む)
  • デザイン –
  • マーケティング –
  • セキュリティ –
  • プラグインレビュー –
  • WordPress TV –

ヒント: この記事についてのクイズがあります。クイズや、そのナビゲーションについての質問がある場合はウェルカムページのクイズセクションをお読みください。

できる分野

原文: https://make.wordpress.org/community/handbook/meetup-organizer/event-formats/contributor-day/
翻訳 Github: https://github.com/jawordpressorg/community-handbook/blob/master/meetup-organizer/event-formats/contributor-day.md
更新日: 2019年7月16日