このテキストは WordPress コミュニティが運営する各種イベントにおいて守られるべきいくつかの原則について記述したものです。罰則のある厳格なルールではなくむしろ理念に近いものです。

ただし、現在これらの原則に準拠するイベントのみ WordBench での告知・宣伝が可能で、イベントに WordBench の名称を使うことが認められます。また、WordPress イベントカレンダーへ掲載できるイベントも、これらの原則に準拠するものに限られます。

WordCamp については、WordCamp 運営者向け情報をご覧ください。

目的について

特定の企業、団体や個人の利益を目的としたイベントであってはなりません。コミュニティ全体の利益が最優先に考えられるべきです。コミュニティの信頼できるメンバーがボランティアとして運営し、ボランティアとしてスピーカーになる、コミュニティ主体のイベント運営が求められます。

イベントの内容について

機会が平等にあり、友好的でオープンな雰囲気のイベントであるべきです。また WordPress の商標ライセンスを尊重し、それらの正しい理解を促すような内容が求められます。WordPress の派生物 (プラグイン、テーマなど) が扱われる場合は、それらに 100% GPL への適合が求められます。100% GPL に適合しないプラグインやテーマを配布または宣伝する人物をスピーカーにすることは認められません。

イベントの形態について

イベントの形態、規模、開催頻度などは特に問われません。状況に応じて運営者が自由に決めてください。ただし、誰でも参加しやすくなるように配慮してください。例えば学生の参加を考慮して参加費は低く抑えられるべきでしょう。

参加費について

必ずしも無料である必要はありません。ただし、会場費などの運営に直接必要になるコストを超えない範囲に抑えることが求められます。徴収した参加費からスピーカーや運営者への支払い (交通費などを含む) を行うことは認められません。

募集方法

募集の方法は特に問われません。外部のイベント管理サービスを利用することも可能です。ただし、WordBench の名称を用いるイベントの場合は、イベントの概要と申し込み方法について WordBench 上でも告知を行ってください。