WordPress への参加・貢献

私たちが愛する、WordPress プロジェクトへの協力に興味を持ってくださってありがとうございます。

WordPress には皆さんの参加が不可欠です。WordPress はオープンソースのユーザー主導のプロジェクトであり、開発の方針や機能の改善はあなたのようなユーザーの参加によって決定されていきます。どんなものであっても、ひとつひとつの貢献が大事だということを忘れないでください。WordPress を良くしていくためには、私たちみんなの力が必要なのです。

以下では、日本語圏のユーザーの方に向けた情報を説明しています。英語でできる貢献についてはこちらのページをご覧ください。


質問があれば、WordPress Slack へどうぞ

WordPress のコミュニティでは Slack チャットシステムを使っています。https://chat.wordpress.org (英語) に加え、日本語ユーザー向けの WordSlack も運用中です。下記に挙げた内容についての質問もお待ちしています。


日本語でできる WordPress への貢献

ドキュメンテーションチームのアイコン

ドキュメンテーション

Codex と呼ばれるドキュメンテーションサイトはユーザー達の手で作られています。文章の質を向上させたり、より広い範囲の内容をカバーするためにご協力ください。日本語版 Codex 編集アカウントの取得 »
また、一部文書の新システムへの移行プロジェクトも進行中です。

翻訳チームのアイコン

翻訳 (コア・プラグイン・テーマなどの日本語化)

プラグイン、テーマなどの翻訳の始め方はこちらでご覧いただけます

WordPress 日本語版パッケージ用の翻訳やテストを行うために、日本語版作成チームのメーリングリストにご参加いただくこともできます。

フォーラムチームのアイコン

WordPress 日本語サポートフォーラム

他のユーザーを助けることも重要な協力です。WordPress サポートフォーラム (英語版)日本語フォーラムでのサポートはすべて無償で提供されており、維持するには皆さんの参加が欠かせません。フォーラムアカウントはこちらから作成できます。

コミュニティチームのアイコン

WordPress 関連イベントの開催

WordCamp を地元で開催したり、WordPress Meetup でのローカルコミュニティのつながりを通して勉強会などを行うのも貢献のひとつです。他の技術・オープンソース系のイベントなどで WordPress を宣伝して認知度を高めるという協力方法もあります。

WordPress の開発

ソフトウェア開発者はもちろん、それ以外の方も WordPress の開発を手伝うことができます。英語での開発については「英語でできる WordPress への貢献」のコア・UI・アクセシビリティの項目をご覧ください。詳細 »

プラグイン・テーマの公式ディレクトリへの追加

成果物をオープンソースで公開することは、保守コストを下げると共に保守に関わる人たちを増やせるという大きなメリットがあります。また、ユーザーとのやりとりを通して効率的にスキルを上げることもできます。制作したプラグインやテーマを公式ディレクトリへ追加してみましょう。

WordPress へのリンク

WordPress を楽しんだり役に立つと思ってくれているなら、サイトからのリンクをお願いします。テキストリンク以外にも、WordPress ロゴファンの皆さんが作ってくれた画像などを使って wordpress.org または ja.wordpress.org へリンクしてください。

寄付、レビュー、フィードバック

開発者・翻訳者・テーマやプラグインの作者は、無料で WordPress ユーザーのために想像力や技術を使って時間を費やしてくれています。彼らに感謝の意をこめて可能かつ適切な範囲内で寄付をするのはとても良いことです。そうすることで、今後の開発やメンテナンス、サポートに対する意欲やリソースの確保につながるはずです。

また、彼らに有料で仕事をお願いしたり、公式ディレクトリで高評価のレビューを書いたり、テーマやプラグインをブログで紹介して宣伝に協力するのも良いでしょう。


上記の内容などをフライヤーにまとめた印刷用ファイルを公開しており、どなたでも自由にご利用いただけます。イベントなどで WordPress のオープンソース活動への理解や参加を呼びかけるためにぜひご利用ください。


このページは make.wordpress.org の翻訳と日本語での貢献についての有志によるアイデアで追加されました。こちらのページへの追加、変更についてアイデアがあれば、フォーラムの「WordPress への貢献と参加」トピックまたは WordSlack の #community チャンネルよりお気軽にご意見ください。

更新日: 2020年4月13日