Auto Amazon Links – Amazon アソシエイト アフィリエイト プラグイン

説明

最小限の労力で Amazon アソシエイトアフィリエイトリンクを表示する

まだ手動で商品を検索し、WordPress の投稿に Amazon のアフィリエイトリンクを貼り付けているのでしょうか?商品が古くなった場合はどうなりますか?このプラグインを使用すると、そのような心配をしたり、反復的な作業で苦労する必要はありません。あなたのサイトに合ったカテゴリを選ぶだけで、今日 Amazon から出てきたばかりのきちんとした商品のリンクが自動的に表示されます。

Auto Amazon Links は、アフィリエイターがアマゾンのアフィリエイトリンクを作成するための WordPress プラグインです。リンクには、Amazon アソシエイト ID タグが付与されます。すべての Amazon の地域がサポートされており、JavaScript が無効なブラウザでも動作します。ウィジェットとして挿入するか、ショートコードを配置するか、あるいは自動挿入などで、広告を表示させます。

特定の商品を検索したい場合は、無論、それもできます。HTML と CSS のコーディングが得意で、PHP について少し知っているなら、独自のテンプレートを作成することができます!つまり、レイアウトをデザインできます。

このプラグインであなたの投稿と一緒に Amazon アフィリエイトリンクを表示して、最小限の労力で紹介料を獲得してください。

投稿に特定の商品を表示する

単にご希望の特定商品を投稿に表示したい時も、心配ご無用です。投稿エディタに商品 URL を貼り付けるだけです。ショートコードは必要ありません。

Amazon アフィリエイトリンクの表示方法を見る

全ての Amazon アソシエイト地域のサポート

オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、オランダ、ポーランド、シンガポール、サウジアラビア、スペイン、スウェーデン、トルコ、アラブ首長国連邦、英国、米国が含まれます。カテゴリユニットタイプでは中国がサポートされています。

JavaScript なしで動作します

サイト訪問者の一部は、セキュリティ上の理由からブラウザで JavaScript をオフにし、Google AdSense を含むほとんどの広告は、そのようなユーザーには表示されません。しかし、これは違います!

投稿とフィードへの自動挿入

商品リンクを自動挿入で表示させたい場所をチェックするだけです。

  • 静的コンテンツ変換 – 商品リンクを静的にしたい場合、それは可能です。つまり、プラグインを無効にしても、変換されたコンテンツは残ります。
  • 詳細な表示基準 – 投稿 ID、分類、ページタイプ、投稿タイプによって、必要なページまたは不要なページ上の商品リンクを有効/無効にできます。

カスタマイズ可能なボタン

サイト訪問者は、通常のテキストハイパーリンクよりもボタンをクリックする可能性が高くなります。カスタムボタンを定義し、ユニット出力に挿入できます。

このプラグインを使用すると、UI を介してボタンを設計でき、独自のボタンをゼロから作成するのではなく、用意されたいくつかのデフォルトボタンを編集できます。

ジオターゲティング

サイト訪問者の IP アドレスから推定された地域のリンクに対応させる事ができます。それにより、別の国から来るサイト訪問者に対する紹介料を逃しません。

自動リンク変換

投稿やコメントの Amazon 商品へのハイパーリンクは、アソシエイトアフィリエイトリンクに変換できます。これは、サイト訪問者が Amazon のリンクを含むコンテンツを投稿できる場合に便利です。

Gutenberg ブロック

プラグインには、作成したユニットを選択できる Gutenberg ブロックがあり、ショートコードを入力するよりも少し時間を節約できます。

ウィジェット

ウィジェットをサイドバーに配置し、作成したユニットを選択します。商品リンクが目的の場所に表示されます。

  • ユニット別 – ウィジェットに表示するユニットを選択します。
  • コンテクスト検索 – これにより、ユニットを作成する必要はありません。現在表示されているページ内容に関連する商品を自動的に検索します。

ショートコードと PHP 関数

ショートコードを使用して特定の投稿やページに広告を挿入します。テーマテンプレートに挿入する場合は、プラグインが提供する PHP コードを使用して出力を生成します。

商品のフィルタリング

表示したくない特定の商品は、説明、タイトル、ASIN を指定し、ブラックリストとホワイトリストで除外できます。

RSS および JSON ユニットフィード

作成したユニットの商品 RSS/JSON フィードを購読することで、他のサイトからインポートできます。

RSS フィードの内容を表示できる ウェブサイトがある場合は、このプラグインで WordPress サイトをどこかに作成し、サイトからフィードを取得するだけです。アプリ開発者は、API クライアントをプログラミングせずにフィードの項目を表示するだけで済みます。

様々なユニットオプション

  • 画像サイズ – サムネイルのサイズを指定できます。クリーンな解像度で最大 500 ピクセルをサポートします。
  • ソート順 – 商品リンクをシャッフルして、訪問者にリフレッシュされた印象を与え退屈させません。
  • URLクローキング – リンク URL を難読化して、ブラウザの広告ブロックアドオンによってブロックされるのを防ぐことができます。
  • JavaScript で読み込む – JavaScript でユニットを表示するかどうかを決定します。
  • その他もろもろ。

出力のカスタマイズ

ユニットの出力をデザインできるアイテムフォーマットユニットオプションのほかに、カスタムテンプレートを作成することもできます。これにより、カスタマイズの自由度が得られ、より高度で詳細なデザインを実現できます。

ユニットタイプ

  • カテゴリ – サイトのトピックに一致するカテゴリを選択します。
  • 製品検索 – 製品検索によるユニットを作成します。
  • URL – 外部 Web ソースからのアイテムを一覧表示します。
  • PA-API 製品検索 – PA-API を使用して検索結果のユニットを作成します。
  • PA-API 単品検索 – 特定の商品を表示します。
  • PA-API カスタムペイロード – より複雑な PA-API クエリを用いたユニットを作成します。

対応言語

  • 英語
  • 日本語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • スペイン語

はじめてみよう

インストールセクションをご参照下さい。

ショートコードと関数のパラメータ

The plugin provides means to display Amazon product links by manually inserting a piece of code into your post or a theme file. For posts, it’s called shortcode. For theme files, you need to place a PHP function. Using these, you even don’t have to create a unit.

  • Shortcode:
    • [amazon_auto_links]
  • PHP Functions:
    • do_action( 'aal_action_output' );
    • apply_filters( 'aal_filter_output' );

They both takes the following arguments.

id – the unit ID

[amazon_auto_links id="123"]
<?php do_action( 'aal_action_output', array( 'id' => 123 ) ); ?>
<?php echo apply_filters( 'aal_filter_output', '', array( 'id' => 123 ) ); ?>

label – the label associated with the units

[amazon_auto_links label="WordPress"]
<?php do_action( 'aal_action_output', array( 'label' => 'WordPress' ) ); ?>
<?php echo apply_filters( 'aal_filter_output', '', array( 'label' => 'WordPress' ) ); ?>

asin – ASINs (product IDs) separated by commas (`,`).

[amazon_auto_links asin="B016ZNRC0Q, B00ZV9PXP2"]
<?php do_action( 'aal_action_output', array( 'asin' => 'B016ZNRC0Q, B00ZV9PXP2' ) ); ?>
<?php echo apply_filters( 'aal_filter_output', '', array( 'asin' => 'B016ZNRC0Q, B00ZV9PXP2' ) ); ?>

search – Search keywords separated by commas (`,`).

[amazon_auto_links search="WordPress"]
<?php do_action( 'aal_action_output', array( 'search' => 'WordPress' ) ); ?>
<?php echo apply_filters( 'aal_filter_output', '', array( 'search' => 'WordPress' ) ); ?>

検索引数を指定すると、以下の引数を使用できます。

  • SearchIndex – Filters search results by category. For accepted values, see the locale reference. For example, the US locale, e.g. [amazon_auto_links search="Oven" SearchIndex="Electronics"]
  • Sort/SortBy – (PA-API required) Sort order. Accepts the following values: AvgCustomerReviews, Featured, NewestArrivals, Price:HighToLow, Price:LowToHigh, Relevance. For the details of each value, see here. e.g. [amazon_auto_links search="WordPress" sort="AvgCustomerReviews"]
  • BrowseNode/BrowseNodeId – (要 PA-API) カテゴリ ID で検索結果をフィルタリングします。
  • Availability – (PA-API required) Filters search results to items with the specified product availability status. Accepts Available or IncludeOutOfStock. See details.
  • MerchantId/Merchant – (要 PA-API) 検索結果を指定された業者を含むアイテムにフィルター処理します。詳細は こちらを参照してください。
  • Condition– (要 PA-API) 検索結果を指定された製品条件でフィルター処理します。次の値を受け付けます。AnyNewCollectibleUsed又はRefurbished詳細を参照してください。
  • MaximumPrice/MaxPrice – (要 PA-API) 指定された価格を下回る価格の商品の検索結果をフィルター処理します。値は、ドット区切り無しで表記する必要があります。例えば、米国のマーケットプレースでは、$12.34 の場合1234 となります。
  • MinimumPrice/MinPrice – (要 PA-API) 指定された価格を超える商品の検索結果をフィルター処理します。値はドットの区切りなしで表記する必要があります。例えば、米国のマーケットプレースでは、$12.34 の場合1234 になります。
  • MinPercentageOff/MinSavingPercent – (要PA-API) 検索結果を、指定された割引率の商品にフィルター処理します。例えば [amazon_auto_links search="shoes" MinSavingPercent=20] 20 、これは20% オフを示します。
  • MinReviewsRating – (要 PA-API) 指定された値を超える顧客評価を含むアイテムに検索結果をフィルター処理します。2 ~ 5 の正の整数を受け入れます。例えば、評価が 4 を超える商品の場合、[amazon_auto_links search="shoes" MinReviewsRating=4] のように指定します。
  • CurrencyOfPreference – (要 PA-API) 優先通貨。渡せる値については、ロケールリファレンスをご参照ください。
  • LanguagesOfPreference – (要 PA-API) ISO 639 言語コードで指定されている優先言語。渡せる値については、ロケールリファレンスを参照してください

idasin、およびsearch引数を一緒に使用することはできません。

これらのショートコードの引数名は大文字と小文字を区別しないため、maxPriceMaxPrice でも許容されます。

任意で次の引数を設定できます。

  • country – (文字列) ストアサイトの地域。使用できる値は、CACNFRDEITJPUKESUSINBRMXAUTRAESGSE、及び NL です。
  • associate_id – (文字列)アフィリエイターの Amazon アソシエイトID。
  • count – (整数) 表示する項目の数を決定します。
  • image_size – (整数) 画像サイズ (ピクセル単位)。
  • title_length – タイトルの最大文字長 (整数)。制限なしの場合は -1 を設定します。デフォルト: -1
  • description_length – (整数) 記述の最大文字数。制限なしの場合は -1 を設定します。デフォルト:250
  • link_style – (整数) リンク スタイル。指定できる値は 1234、および 5 です。デフォルト: 1
    • 1 – http://www.amazon.[ドメインサフィックス]/[商品名]/dp/[asin]/ref=[…]?タグ=[アソシエイトID]
    • 2 – http://www.amazon.[domain-suffix]/exec/obidos/ASIN/[asin]/[associate-id]/ref=[…]
    • 3 – http://www.amazon.[domain-suffix]/gp/product/[asin]/?tag=[associate-id]&ref=[…]
    • 4 – http://www.amazon.[domain-suffix]/dp/ASIN/[asin]/ref=[…]?tag=[associate-id]
    • 5 – http://localhost/wp47?productlink=[asin]&locale=[…]&tag=[associate-id]
  • credit_link – (整数|ブール値) クレジットリンクを表示するかどうか。1/true は表示、0/false は非表示にします。
  • subimage_size – (整数) サブイメージのサイズ (ピクセル単位)。デフォルト:100
  • subimage_max_count – (整数) 表示するサブイメージの最大数。
  • customer_review_max_count – (整数) カスタマーレビューの最大数。
  • show_now_retrieving_message – (ブール値|整数) サブ要素を取得待ちの間、”現在取得中…”のメッセージを表示するかどうか。true/1 を指定すると表示、false/0 で非表示になります。
  • button_type – (整数) ボタンの種類。次の値を渡せます。デフォルト: 1
    • 0 – 商品ページへのリンク。
    • 1 – カートに追加します。
  • load_with_javascript – [3.6.0+] (ブール値|整数) JavaScript でユニットをロードするかどうか。/1 は、はい、/0は、いいえ。
  • product_title – [4.0.0+] (文字列) アンカー テキストの商品タイトルを変更するための代替テキスト。これは、asin 引数が設定されている場合にのみサポートされます。
  • show_errors – [4.1.0+] (整数) 出力エラーを表示するかどうか。デフォルト:2
    • 0: エラーを表示しない。
    • 1: エラーを表示します。
    • 2: HTML コメントにエラーを表示します。

これらの値は、ダッシュボード -> Auto Amazon Links -> 設定 -> デフォルトの設定ページから事前に定義できます。
これらの引数を省略すると、この設定ページで設定した値が使用されます。

ボタンを表示するショートコード

アイテムフォーマットユニットオプションの %button% タグを使用するとボタンを挿入できますが、ボタンはショートコード [aal_button ...] で独立して表示できます。

これは次のパラメーターが指定可能です。

  • asin – (必須、文字列) カンマ区切りのASIN。
  • type – (省略可、整数) 0: 商品ページへのリンク、1: カートに追加ボタン。デフォルト: 1
  • id – (省略可、整数) ボタン ID。ダッシュボード -> Auto Amazon Links -> ボタンの管理で作成したボタンを使用するには、ボタン ID を指定します。
  • 数量 – (オプション、整数) カートに追加する品目の数量。複数の ASIN を指定する場合は、値をコンマで区切ります。
  • country – (省略可、文字列) マーケットプレースの地域。設定しない場合、[デフォルト] タブで設定したデフォルト値が適用されます。
  • associate_id – (省略可、文字列) 関連付けタグ。設定しない場合、[デフォルト] 設定タブで設定したデフォルト値が適用されます。
  • access_key – (省略可、文字列) パブリック PA-API キー。設定しない場合、[アソシエイト] タブで設定した既定値が適用されます。
  • label – (省略可、文字列) ボタンのラベル。例えば、「今すぐ購入」。デフォルト: 今すぐ購入
  • offer_listing_id – (省略可、スカラー) Amazon が提供するオファーリスティング ID。

独自のテンプレートの作成

サンプルテンプレートリポジトリから zip ファイルをダウンロードします。プラグインとして実行され、いくつかのテンプレート例がテンプレートリスト画面にロードされていることを確認してください (ダッシュボード -> Auto Amazon Links ->テンプレート)。

リンクされたリポジトリの readme.md で説明されている手順に従って、変更を開始します。次が必要になります:
– ルートディレクトリ、amazon-auto-links-example-templates の名前を変更します
– テンプレートディレクトリ名、lightsliderminimmal を変更します
– メインプラグインファイル名、amazon-auto-links-example-templates.php の名前を変更します
– PHP の名前空間、AutoAmazonLinks\Templates\Example を変更します
– テンプレートディレクトリ内の screenshot.jpg を置き換えます
– テンプレートディレクトリ内の style.css のヘッダーコメントを置き換えます
style.css の CSS ルールを変更します

PA-API アクセスキーとシークレットキーの取得

より詳細な製品情報を表示するには、PA-API が必要です。API リクエストを実行するには、アクセスキーとシークレットキーのペアが必要です。

キーを取得するには、

  1. ご自身の地域の Amazon Associates にログインします。
  2. 上部のナビゲーションメニューから、[ツール] -> [Product Advertising API] へ移動します。
  3. まだ使用したことがない場合は、「参加」 ボタンを押します。その後、アクセスキーとシークレットが発行され表示されるはずです。

キーが有効かどうかは、スクラッチパッドで確認できます。

スクリーンショット

  • 投稿の下にリンクを埋め込む
  • ウィジェットのサンプル
  • 設定ページ(カテゴリの選択)
  • 設定ページ(カテゴリユニットの新規作成)
  • 設定ページ(テンプレートの選択)
  • 設定ページ(ボタン)
  • 設定ページ(ボタンの編集)

ブロック

このプラグインは1個のブロックを提供します。

  • Auto Amazon Links: Unit

インストール

インストール

Installing through the UI of WordPress

  1. ダッシュボード -> プラグイン -> 新規追加 に移動します。
  2. 検索バーに「Auto Amazon Links」と入力します。
  3. Auto Amazon Links がリストされるはずなので、今すぐインストールをクリックします。
  4. 有効化ボタンが表示されるので、それを押します。

Uploading the zip file

  1. amazon-auto-links.zipをダウンロードします。
  2. ダッシュボード -> プラグイン -> 新規追加 に移動します。
  3. プラグインのアップロードをクリックし、zipファイルをアップロードします。
  4. プラグインの有効化ボタンが表示されるので、それを押します。

Using FTP or Control Panel File Manager

  1. amazon-auto-links.zipのファイルをwp-contentディレクトリに抽出します。amazon-auto-linksという名称のプラグインディレクトリは、wp-contentの中に配置される必要があります。構造は次のようになります。
    • /wp-content/amazon-auto-links/amazon-auto-links.php
    • /wp-content/amazon-auto-links/readme.txt
    • 続く…

はじめてみよう

開始するには、Amazon アソシエイト ID を設定してユニットを作成し、表示します。

Setting up Amazon Associates ID

最初に、Amazon アソシエイト ID (タグ)を設定する必要があります。

  1. ダッシュボード -> Auto Amazon Links ->設定 ->アソシエイトに移動します。
  2. そこで、ロケールを選択し、Amazon アソシエイト ID (タグ)を入力します。その後、保存します。

Creating a Unit

製品リンクを表示するには、いくつかの方法があります。最初に表示する製品の種類を定義するユニットを作成する必要があります。次に、表示するユニットをプラグインに指示します。カテゴリユニットを作成して、一連の流れを把握することをお勧めします。

  1. ダッシュボード -> Auto Amazon Links ->カテゴリユニットの追加 に移動します。
  2. いくつかのオプションを尋ねられ、いくつかのカテゴリを選択できます。いくつかのカテゴリを選択して続行すると、カテゴリユニットが作成されます。
  3. ユニット編集画面に移動します。多くのオプションが表示されますが、デフォルトのままにすることができます。

Shortcode

  1. ダッシュボード -> Auto Amazon Links ->ユニットの管理に移動します。
  2. リストにある[amazon_auto_links id="nnn"]ショートコードをコピーします(nnn はユニット ID を示します)。
  3. あなたの投稿に貼り付けます。

Gutenberg ブロック

  1. ユニットを作成したら、WordPress のデフォルトの投稿エディタである Gutenberg エディタを開きます。
  2. ブロック検索バーに「Amazon」と入力し、「 Auto Amazon Links: ユニット」を見つけます。
  3. 選択すると、作成したユニットのリストが表示されます。その中の1つを選んで終わりです。

Auto-insert

自動挿入を使用すると、サイトの指定した領域にユニットを挿入できます。
1. ユニットを作成したら、ダッシュボード -> Auto Amazon Links -> 自動挿入の管理に移動します。
1. 新しい自動挿入を追加をクリックします。
1. ユニットを選択し、エリアフィールドの投稿/ページコンテンツにチェックを入れます。
1. 自動挿入を保存して作成します。サイトを確認し、投稿の下部に Amazon 商品リンクが表示されているかどうかを確認してください。

ウィジェット

プラグインには2つのウィジェット、 ユニットを選択できるAmazon Auto Links by Unitと、ページに表示されたコンテンツに関連するAmazon製品を表示するAmazon Auto Links - Contextual Productsがあります。

これらのウィジェットを使用するには、 Classic Widgets プラグインをインストールする必要があります。

  1. ユニットを作成したら、 ダッシュボード -> 外観 -> ウィジェットに移動します。
  2. 利用できるウィジェットから、Amazon Auto Links by Unitウィジェットをドラッグし、サイドバーの1つにドロップします。
  3. ユニットを選んで保存します。
  4. ユニットがサイドバーに表示されていることを確認します。

oEmbed

フォーマットされた Amazon 商品リンクを表示するには、投稿エディターに商品 URL を貼り付けるだけてできます。

  1. ダッシュボード -> Auto Amazon Links ->設定 -> 埋め込みに移動します。
  2. oEmbed オプションが有効になっていることを確認します。
  3. ダッシュボード ->投稿 -> 新規追加 に移動します。
  4. https://www.amazon.com/dp/1118987241といった Amazon 製品の URL を投稿エディタ上で貼り付けます。
  5. サムネイル付きのフォーマットされた製品リンクが表示されるはずです。

FAQ

このプラグインを使用するには Amazon アソシエイト ID が必要ですか?

はい。そうしないと収益は得られません。Amazon Associates にサインアップすることで入手できます。

Do I need API Keys?

For the category unit type, no, but for PA-API unit types, yes. You need to issue a pair of API keys on the Amazon Associates logged-in page.

そのためには、Amazon Product Advertising API のアカウントが必要です。キーは Amazon Web Services にログインすることで取得でき、アクセスキー ID (公開キー) とシークレットアクセスキー (秘密キー) を取得する必要があります。

More detailed instruction, please see Register for Product Advertising API.

プラグインは PA-API 5と互換性がありますか?

はい。このプラグインは PA-API (Amazon Product Advertising API) 5.0と互換性があります。PA-API 4 は 2019 年 10 月 31 日をもって利用できなくなりましたので、古い API の API キーをまだ使用している場合は、再発行する必要があります。

Amazon Associates Link Builder (AALB) から移行しています。このプラグインは AALB のショートコードで商品を表示できますか?

はい、 ダッシュボード -> Auto Amazon Links -> 設定 –> サード パーティ Amazon Associates Link Builder に移動して、オプション>有効にします。

そこでは、テンプレート変換オプションも設定する必要があります。ダッシュボード -> Auto Amazon Links -> テンプレートで目的の Auto Amazon Links テンプレートを有効にしてください。次に、サードパーティの画面をリロードします。そこには、変換オプションのアクティブなテンプレートが一覧表示されます。

ユニットとはどういう意味ですか?

ユニットは、Amazon 商品の表示方法を定義する一連のルールです。

Amazon 商品を表示するときは、ユニットを指定し、プラグインはそのユニットで定義されたルールに基づいて出力を生成します。

Pro バージョンにアップグレードする利点は何ですか?

Pro 版では、無制限の数のユニットを作成できます。また、ユニットあたりのカテゴリ数、ユニットあたりに表示するアイテムの数も無制限です。アップグレードをご検討ください。Auto Amazon Links Pro 2.0.6 以降では、リンクを複数の列に表示できるようになりました。

テーマにユニットを追加した後、空白の白いページが表示されます。何なのでしょう?どうしたらいいのでしょうか?

PHP に割り当てられたメモリ容量が制限に達した可能性があります。それを増やす1つの方法として、wp-config.php または functions.php に次のコードを追加します。
define( ‘WP_MEMORY_LIMIT’, ‘128M’ );
128M の箇所は、必要に応じて変更する必要があります。

商品リンクを複数の列に水平方向に表示したいのですが、可能ですか?

はい、Proで可能です!

実装してほしい機能があります。できますか?

ここから投稿してください。

いくつかのユニットを作成した後、サイト上のどこにでも Amazon の商品リンクが表示されてしまいます。特定のページに制限するにはどうすればよいですか?

ダッシュボード -> Auto Amazon Links -> 自動挿入の管理に移動します。不要な自動挿入項目をオフにします。それらの定義を編集し、ユニットを表示する場所を定義できます。

私の認証情報が許可されないようです。アクセスキーが正しいかどうかを確認するにはどうすればよいですか?

スクラッチパッドを試して、キーがそこでも機能するか確認してください。

中国のロケールはサポートされていますか?

カテゴリユニットタイプの場合は、サポートされています。しかし、検索およびコンテクストユニットタイプについては、PA-API 5がそれをサポートしていないため、サポートされていません。

このプラグインは Amazon Auto Links でしょうか?

はい、それはこのプラグインの以前の名前であり、現在は Auto Amazon Links です。

評価

2022年3月24日
Excellent remarkable the search modes, configuration and creation of category and product pages
2021年7月28日
We purchased the PRO version specifically for the Carousel Template. It never worked. We opened an incident and went through numerous rounds of troubleshooting and updates with the developer but to no avail. Very frustrating. Since it never worked on our site. And after working for a month to resolve, we ceased further activity and asked for a refund. We would have shaken hands and parted ways with no hard feelings. The developer refused. He said we couldn't prove a problem, saying it was likely another plug-in that was interfering with the carousel template display. This is the first time in over 10 years of operation with our WordPress.com hosted site that we have encountered this type of belligerence from a plug-in developer. Thus this is our first one-star review. Very surprising and disappointing. We have switched to using good old Ad Inserter, which works flawlessly in placing carousel-formated Amazon ads throughout the site.
56件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Auto Amazon Links – Amazon アソシエイト アフィリエイト プラグイン はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Auto Amazon Links – Amazon アソシエイト アフィリエイト プラグイン” は1ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Auto Amazon Links – Amazon アソシエイト アフィリエイト プラグイン” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

5.2.9 – 04/14/2022

  • Fixed a bug that Classic button setting fields were not displayed after saving the button settings.
  • Fixed a bug with the Classic button editing UI that the preview labels were not updated dynamically.
  • Fixed a bug that custom plugin temporary directory paths introduced in v5.2.8 were not applied to PA-API request counter log.

Old Log

古い変更履歴については、こちら をご参照ください。