Aurora Heatmap

説明

世界に光を与えるといわれる女神オーロラ。
その名を冠したAurora Heatmapは美しいヒートマップでユーザー行動を視覚化。
あなたのウェブサイトの活性化・最適化に光をもたらします。

サイト運営で一番大切なこと。
それは「ユーザーが満足しているのか」ということ。
コンテンツのどこを見てユーザーが動くか?
それが分かる最強のツールがヒートマップです。

  1. ユーザーを適切に誘導できているか?
  2. コンバージョン率
  3. 見込み客、読者の離脱
  4. Googleの評価

サイトの改善案が見えます。
あなたが行うのはプラグインをインストールして有効化するだけ。
面倒なアカウント登録作業などは一切必要ありません。
完全にプラグインだけで完結します。

無料版はPCとモバイルそれぞれのクリックヒートマップを確認できます。
無料でもPVや解析ページ数による制限は一切ありません。

スクリーンショット

  • クリックヒートマップの一覧タブ
  • 設定タブ
  • ヘルプ
  • プラグインの新規追加画面
  • クリックヒートマップのサンプル

インストール

  1. WordPress管理者にログインします。
  2. [プラグイン]タブをクリックします。
  3. [新規追加]をクリックして、「Aurora Heatmap」を検索します。
  4. [今すぐインストール]をクリックし、[プラグインを有効化]をクリックします。
  5. 分析が開始され、しばらくすると訪問者の行動を見ることができます。

FAQ

解析できるページ数やPVに制限はありますか?

一切、制限は設けていません。

精度設定はどちらを使うべきですか?

基本的には高精度をお使いください。
データの蓄積が少ない場合には標準モードでの確認をお試しください。

プラグインをインストール後、どのくらいでヒートマップが見られますか?

サイトへのアクセス数にもよりますが、数時間~2日ほどでデータが蓄積されてきます。

3日ほど経過しましたが、データがないようです。

アクセスが極端に少ないサイトではカウントが発生しない可能性があります。
サイトに流入があることを確認してください。
また、キャッシュ系のプラグインを使用している場合はページに解析のためのスクリプトが出力されていない可能性があるため、一度、キャッシュを削除ください。

自分でアクセスしてもカウントされません。

解析データの信頼性を確保するため、特定のアルゴリズムで取得するデータを選別しています。
また、管理者のアクセスは除外しています。

パーマリンクが変更になった場合、ヒートマップデータは引き継ぎますか?

現在の仕様では、ヒートマップのデータを URL と結びつけて保存しているため、パーマリンクや投稿のスラッグなどを変更して URL を変更した場合、別ページとして扱われます。

カウントバーとはなんですか?

縦軸のどの位置でいくつのデータがカウントされているかを示します。

貢献者と開発者

Aurora Heatmap はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Aurora Heatmap” は1ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Aurora Heatmap” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

1.2.0

  • パフォーマンス制御のため、設定に描画ポイントの数を追加しました。
  • 特定条件下でクリックヒートマップの描画が途中で途切れるのを修正しました。
  • モバイルでの一覧のユーザビリティ改善しました。

1.1.1

  • 一覧の並び順を調整

1.1.0

  • ページごとのリストからすべての種別のヒートマップを確認できるようインターフェイスを刷新しました。これにより、PC・モバイル別のタブは廃止となりました。
  • タイトル・URLでの検索機能を実装しました。
  • データベース容量を抑えるため、精度の設定で保存するデータを絞り込むようにしました。

1.0.3

  • 特定条件下での離脱・熟読ヒートマップを表示する際の 503 エラーを修正しました。

1.0.2

  • * JavaScript 結合時の副作用を修正しました。

JavaScript の結合を行う最適化プラグインとAUrora Heatmapの組み合わせにおいて、他のスクリプトに副作用を及ぼすケースがあることが分かりました。
この問題の対処を行いました。

1.0.1

  • * モバイルからもヒートマップが閲覧できるようにしました。
  • * 説明と凡例を一覧の上に追加しました。

1.0.0

  • 初回リリース