Bogo

説明

https://ideasilo.wordpress.com/bogo/

Bogo は WordPress のための素直な多言語化プラグインです。

WordPress はそれ自体にローカライズを行う機能を備えているので、ダッシュボードやテーマを英語以外の言語で使うことが標準で可能になっています。Bogo はこの機能を拡張することで、単一の WordPress インストール上で多言語ブログを簡単に構築できるようにします。

興味のある方に少し技術の詳細を説明しましょう。Bogo は一投稿につき一言語を割り当てるタイプの多言語化プラグインです。Bogo の設計は WordPress と親和性が高く、このカテゴリーの他のプラグインとは異なり、データベースに独自のテーブルを追加するようなことがありません。この設計が Bogo の高い信頼性と堅牢性、コンフリクトを発生させないといった利点を生み出しています。

初めての方への Bogo 使い方ガイド

  1. 言語パックをインストールする

    まず最初にサイトで使いたい言語の言語パックをインストールします。言語パック画面 (言語 > 言語パック) で言語パックの一覧とインストールが可能です。

  2. 管理画面の言語を選択する

    Bogo ではログインユーザーそれぞれの管理画面用言語が選べます。ツールバー上のメニューから、またはツールバーが隠れている場合はプロフィール画面 (ユーザー > あなたのプロフィール) のメニューから言語を選択します。

  3. 投稿や固定ページを翻訳する

    翻訳投稿の作成は元の投稿の編集画面にある言語ボックスで行います。Bogo が行うのは投稿のコピーを作ることだけです。そのコピー投稿を翻訳するのはあなたの役目です。

  4. 言語切り替えウィジェットを追加する

    サイトに言語切り替えがあるとビジターにとって便利です。ウィジェット画面 (外観 > ウィジェット) で Bogo が提供する言語切り替えウィジェットを試してみましょう。

    投稿の本文中に言語切り替えを設置したい場合は [bogo] ショートコードを使います。このショートコードをテーマのテンプレートファイルの中で使うこともできますが、その場合はテンプレートに次のコードを埋め込みます:

    <?php echo do_shortcode( '[bogo]' ); ?>
    

プライバシーについて

このプラグインは、デフォルト設定で使用する場合においては、以下に挙げる動作を行いません:

  • こっそりとユーザーを追跡する。
  • ユーザーの個人データをデータベースに書き出す。
  • 外部のサーバーにデータを送る。
  • クッキーを利用する。

スクリーンショット

  • ツールバーで管理画面の言語を選択します。
  • 言語ボックスで投稿の翻訳を管理します。
  • 言語パック画面で言語パックの一覧とインストールが可能です。

インストール

  1. bogo フォルダ全体を /wp-content/plugins/ ディレクトリにアップロードします。
  2. プラグイン画面 (プラグイン > インストール済みプラグイン)でプラグインを有効化する。

評価

2020年8月29日
Easy to use, not sure why the last guy wrote a bad review. I use Site Origin Page Builder and it works fine with Bogo.
2020年9月23日
Elementor is a great pagebuilder. It's very pity that this plugin seems not be compatible with Elementor. The language switcher is a static list version with no extra options. Maybe it's made only for standard WordPress websites without more layout extensions...? I miss really more modern layout possibilities.
2020年5月2日
dear team, thank you so much for making this plugin. since a long time, I am looking for a free yet powerful language switcher plugin for my WordPress site. I have tried so many plugins, either they are not powerful or they are very high in the budget. recently, I am researching about the developer of "contact form 7" plugin. I realised they have made one more plugin called "BOGO", and it is related to multi-language. I tried "BOGO" in my wp site and it was great. I really like that we can add language switcher block in the footer as a widget. my question is, can we add this language switcher block/button in the header menu or anywhere near the top of the website. so that visitor can know that this site is also available in another language.
36件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Bogo はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Bogo” は9ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Bogo” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

3.3.4

  • 修正済み: 投稿一覧画面に意図しないロケールが設定される問題。
  • set_screen_option_bogo_texts_per_page フィルターフックをサポート。
  • REST API: エンドポイント定義に permission_callback 引数を追加。

3.3.3

  • 修正済み: クラシックエディターのメタボックスにおいて、有効なオプションがない場合でも翻訳選択メニューが表示される問題。
  • 修正済み: リクエストで指定された lang 変数が管理画面では機能しない問題。
  • 修正済み: HTML ヘッダー内の要素に不正な言語属性が付加される問題。

3.3.2

  • ユーザーロケール: 非管理者のユーザー権限でログインした際に見られたいくつかの問題を修正。
  • ユーザーロケール: フロントサイドにおける場合も含め、ツールバー は常にログインユーザーのロケールで描画される。
  • ユーザー権限管理: 編集者権限のユーザーも テキストの翻訳 ページへのアクセスが可能に。ただし一部の翻訳テキストの編集にはより高いレベルの権限が要求される。
  • exclude_enus_if_inactive オプションをデフォルトで真とする。
  • 新しいフィルターフック: bogo_get_short_name

3.3.1

  • ブロックエディター: 翻訳投稿の作成中にスピナーアイコンを表示する。
  • ブロックエディター: ブロック内でテキストリンク作成やその他の操作を行う際に候補として提案される投稿を編集中の投稿と同じロケールに属するものに限定する。
  • ブロックエディター: 文字参照が投稿タイトル中に表示される問題を修正。

3.3

  • ブロックエディターをサポート。
  • bogo_available_languages()short_name オプションを追加。
  • _original_post 投稿メタデータの値に投稿 guid を使用。
  • 言語切り替えの HTML マークアップを改善。

3.2.1

  • bogo_parse_query() 内で一部の WP クエリーパラメターの値を再計算する。

3.2

  • 言語パックページに求められるデフォルトの権限として install_languages を使用。
  • target=”_blank” 指定のリンクに rel=”noopener noreferrer” とスクリーンリーダー用テキストを追加。
  • フィルターフックを追加: bogo_terms_translation
  • Bogo_Terms_Translation_List_Table クラスを導入。
  • Bogo_Language_Packs_List_Table クラスを導入。