このプラグインは WordPress の最新3回のメジャーリリースに対してテストされていません。もうメンテナンスやサポートがされていないかもしれず、最新バージョンの WordPress で使用した場合は互換性の問題が発生する可能性があります。

Cloudflare

説明

このプラグインがあなたにできること

Automatic Platform Optimization (APO)

Speed up your WordPress site by up to 300% with Cloudflare’s Automatic Platform Optimization (APO) plugin. APO allows Cloudflare to serve your entire WordPress site from our edge network of over 250+ data centers worldwide ensuring fast & reliable performance for your visitors no matter where they are.

Optimizing your WordPress site with multiple plugins can be overwhelming. Take your WordPress site’s performance to the next level by switching to a single plugin for CDN, intelligent caching, and other key WordPress optimizations with Cloudflare (APO). Visit our announcement blog to learn more about APO.

What makes APO different from other caching plugins?

The key differentiating factor between Cloudflare APO and other traditional page caching and CDN solutions is its ability to directly cache static HTML at Cloudflare’s edge. Every other plugin and CDN will cache your static assets (images, javascript, CSS), but none help you cache the actual content on your site (the HTML) using a massive edge network like Cloudflare’s.

APO intelligently caches your HTML pages and will automatically purge content from the cache that you update, so users will always see the latest content without compromising the performance of pages that haven’t been recently updated

What you get with Cloudflare APO

APO is a $5 add-on with Cloudflare’s free plan and comes with an unlimited amount of subdomains. With APO you also get to leverage many of the other benefits of Cloudflare such as Free DNS, Free Automated SSL Certificates, Free DDoS Mitigation, and more. APO is free for all paid plan users so if you have Cloudflare Pro or Business already you can just turn it on. You can compare all our plans here.

Protect your WordPress site with Cloudflare’s Web Application Firewall (WAF)

Cloudflare’s WAF is available on all our paid plans and comes with built-in rulesets, specifically tailored to mitigate WordPress threats and vulnerabilities. These security rules are regularly updated by our team of experts. At the flip of a switch, you’ll have your WAF up and running without any difficult adjustments to your site. With over 26 million internet properties under our protection, you can sleep easy knowing Cloudflare has your back.

その他の機能

  • Cloudflare のユニバーサル SSL が有効になっているときにリダイレクトループを防止するヘッダーの書き換え

  • cloudflare.com ダッシュボードに移動することなく、プラグイン自体から Cloudflare 設定を変更します。 キャッシュパージ、セキュリティレベル、Always Online、イメージ最適化の設定を変更できます

  • トータルビジター、保存された帯域幅、脅威などの分析を表示

  • HTTP2 / Server Push のサポート

スクリーンショット

インストール

前提条件

PHPのバージョンが7.2以上であることを確認してください。

Speed Up Your WordPress Site with Cloudflare APO

はじめてみよう

Setting up Cloudflare APO

If you’re currently utilizing Cloudflare’s free plan you can add APO to your plan for just $5/month. If you are on Cloudflare’s Pro Plan Cloudflare APO is already included in your subscription. We recommend you start with our APO developer documentation which includes all the information you need to get APO up and running.

How to check if APO is working
Using Uptrends you can verify if Cloudflare APO is working by checking to see if APO response headers are present. You can follow along in this video.

APO Support Resource can be found here

Get Started with Cloudflare SSL here

View our Cloudflare APO blog post here

FAQ

プラグインを使用するには Cloudflare アカウントが必要ですか ?

はい、プラグインをインストールして有効にすると、初めてのユーザーはメールアドレス (cloudflare.com のアカウントにログインするために使うもの) とユーザー API トークンまたは API キーを入力するよう求められます。 これは、プラグインが提供するすべての機能をサポートするために必要です。

Cloudflare の WordPress プラグインで [既定の設定を適用する] をクリックすると、どのような設定が適用されますか?

こちらに適用されている推奨設定を確認できます。

What do I do if Cloudflare does not detect the WordPress plugin for use with APO (Automatic Platform Optimization)

APO works best when the WordPress plugin is used. We do not recommend using APO without the plugin installed. If you face issues with Cloudflare detecting the plugin then follow these steps:
1. Go to Cloudflare WordPress plugin
2. Disable APO in the card
3. Enable APO in the card (will set proper settings for APO feature)
4. Clear any server cache used via other plugins (WP Rocket being an example)
5. Verify that your origin starts serving response header “cf-edge-cache: cache,platform=wordpress”

You can read more about APO with WordPress here

Varnish が有効になっている場合、プラグインは機能しますか?

はい、Varnish を有効にしている場合、Cloudflare は動作し、サイトをさらに高速化するのに役立ちます。

評価

2023年10月13日
I have installed this plugin and then I subscribed to the Cloudflare APO offer. This saved me a lot of money and energy because normally without cloudflare APO, i would have been forced to move my website from germany to the USA. So, now everything is working like a charm Javascript minification. I have only 1 JS file left for my entire wordpress installation. The cookies are still there and it returns the right ones. I don't know how they succeed in this black magic. this plugin is better than super cache for cloudflare because when you use super cache for cloudflare, cookies are stripped from http headers. Also, when you are logged in APO still caches it while super cache for cloudflare bypass it. You don't need to use cloudflare rules along with this plugin. If you activate APO, cloudflare applies all the settings for you. you don't need touch anything. so from what I understand, you must only use the features from cloudflare like minification and cache from cloudflare. Uninstall wp super cache or any other cache and uninstall autoptimize. Let cloudflare manage the minification and cache of your website.
2023年8月24日
Customers on our Free plans can only submit tickets for billing, account, and registrar issues.Cloudflare support If I paid for the ‘APO’, well, I’m not on the ‘Free plan’, do you agree? Honestly, I feel completely offended. I don’t recommend Cloudflare’s ‘APO’, you’re on your own.
2023年8月8日
This plugin is fine, it does the job. Those that give low ratings have no idea what they are doing and of course they break their websites.
2023年6月14日
I tried million times to use their guide on how to run APO on my subdomain but still doesn't work. I tried to reach them on the support system but they have leave me hanging without clue and solution.
171件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Cloudflare はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Cloudflare” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

4.12.7 – 2024-04-02

  • Upgrade cloudflare-plugin-frontend to v3.10.0 (#542)

4.12.6 – 2024-03-04

  • Upgrade cloudflare-plugin-frontend to v3.9.0 (#537)

4.12.5 – 2024-03-04

  • Upgrade cloudflare-plugin-frontend to v3.8.0 (#535)
  • Retrieve the WordPress domain only from the active zone (#532)

4.12.4 – 2024-01-19

  • Fix “creation of dynamic property is deprecated” notice

4.12.3 – 2024-01-04

  • Prevent usage of cloudflare_proxy action on /admin-ajax endpoint for non-Administrator users

4.12.2 – 2023-07-18

  • Revert the incorrect fix to Cloudflare Partners endpoint

4.12.1 – 2023-07-18

  • Fix Cloudflare Partners endpoint

4.12.0 – 2023-06-01

  • Updated plugin to be tested on WordPress 6.2

4.11.0 – 2022-07-27

  • Restrict access to sensitive files using .htaccess configuration.
  • Added cloudflare_use_cache hook to determine when to cache.
  • Allow arrays with url keys to be passed into cache purge requests.
  • Handle getZoneSettings not returning a key and throwing an unset array key error.

4.10.1 – 2022-06-06

  • Fix logic for ignoring cache purge operations.

4.10.0 – 2022-06-03

  • Ignore feed URLs in cache purge operations unless a cache override is in place.

4.9.1 – 2022-05-04

  • Handle empty URL arrays for purging.
  • Swap publicly_queryable for is_post_type_viewable when determining if the post is public.
  • Update always_use_https check to work with the API lacking a “value” for the key.
  • purgeCacheByRelevantURLs now accepts either an array or single ID

4.8.3 – 2022-03-22

  • When a zone has “Always Use HTTPS” enabled, only send HTTPS based URLs. HTTP URLs will never be hit and never present in the cache.

4.8.2 – 2022-03-18

  • ユーザーエージェントの正しいバージョンで4.8.1にタグを付け直します

4.8.1 – 2022-03-18

  • キャッシュパージ呼び出しのドメインチェックを緩めて、サブドメインを許可します

4.8.0 – 2022-03-15

  • Updated supported WordPress version to 5.9
  • Replace Guzzle with wp_remote_request for remote calls
  • Update cache purge logic to improve efficiency of what we send to the remote service

4.7.0 – 2021-10-28

  • Merge cloudflare-plugin-backend into Cloudflare-WordPress repository

4.6.0 – 2021-10-11

  • Make frontend use native await/async
  • Purge cache on mobile if APO Cache By Device Type

4.5.1 – 2021-06-03

  • Rewrite PHP 8 bootstrap files for symfony/polyfill to be PHP 7 compatible

4.5.0 – 2021-06-02

  • Document unintuitive transition_post_status WP hook behavior
  • Only purge public taxonomies while clearing any empty values from the list
  • Better handling of cases where wp_get_attachment_image_src is false and not a usable array
  • Support activation of IDN domains
  • Improve development experience by shipping a Docker Compose file with more tooling and documentation

4.4.0 – 2021-03-23

  • 「公開済み」状態に移行するとき、または「公開済み」状態から移行するときに投稿を削除します
  • Remove conditional logic for subdomain, allow to activate APO feature on the subdomain
  • Further work to autocorrect APO settings

4.3.0 – 2021-03-19

  • Sanitise sensitive HTTP header logs
  • Stop sending cfCRSFToken to remote API
  • 誤って構成された自動プラットフォーム最適化に関する警告を追加
  • Purge posts that go from public to private
  • Purge pagination for first 3 pages

4.2.2 – 2021-03-08

  • Fix warning for file_get_contents of composer.json

4.2.1 – 2021-03-05

  • Deprecate REST dashboard analytics

4.2.0 – 2021-03-02

  • Allow configuration of Cloudflare credentials via environment variables
  • コメントがモデレートされる前にキャッシュが削除されないようにする
  • Remove unnecessary symfony/yaml dependency

4.1.0 – 2021-02-11

  • ベンダーディレクトリから開発の依存関係を削除しました
  • プラグインの要件に一致するように CLOUDFLARE_MIN_PHP_VERSION を更新します

4.0.0 – 2021-02-09

  • PHP 5.6、7.0、および7.1のサポートを終了します

3.8.10 – 2021-01-29

  • Add Jacob to maintainers list

3.8.9 – 2021-01-14

  • 元に戻すページネーションのパージを追加

3.8.8 – 2021-01-13

  • ページネーションパージを追加

3.8.7 – 2020-12-07

  • Purge taxonomy feed URLs
  • Fix changing APO settings (cf, wordpress, plugin) when running on subdomain
  • ホスト名オーバーライドの設定を修正

3.8.6 – 2020-11-19

  • Add subdomain support for APO card

3.8.5 – 2020-10-15

  • 新しいコメントに自動パージキャッシュを追加

3.8.4 – 2020-10-13

  • Added composer’s type=wordpress-plugin for Bedrock users
  • Fixed typo in readme.txt
  • Fix modify header exception thrown during wp-cron
  1. Cloudflare Plugin= 3.8.3 – 2020-10-05 =
  • Fixed setting all APO values properly for correct dashboard rendering

3.8.2 – 2020-10-02

  • 壊れたバージョンを再リリースします。変更はありません

3.8.1 – 2020-10-02

  • Fixed typo in config.js(on) that resulted in warning #292
  • Check for array indicies are set before using #278

3.8.0 – 2020-10-01

  • Added APO support
  • 自動キャッシュ管理カードの名前を、更新時にコンテンツを自動パージするように変更しました

3.7.0 – 2020-09-25

  • Bump cloudflare-plugin-backend v2.3.0 and cloudflare-plugin-frontend v3.1.0 #283

3.6.0 – 2020-09-17

  • Bump cloudflare-plugin-backend #276

3.5.1 – 2020-07-02

一定

  • Fixed Cache Purges failing #266

3.5.0 – 2020-06-26

一定

  • Disable HTTP/2 Push on wp-admin pages #214
  • Fix PHP 7.4 notice #256

追加

  • Purge attachment URLs #208
  • Purge URLs on page/post update #206
  • Turn on IPv6 by default #229
  • Add constants for better control HTTP/2 Server Push #213
  • Allow custom actions for purge url and purge everything actions #212

3.4.1 – 2019-08-29

一定

  • 寄稿者のリストを更新しました。
  • Updated tested WordPress version to latest (5.2.2).

3.4.0 – 2019-08-29

追加

  • Added support for API Token authentication.

3.3.2 – 2017-12-12

一定

  • cf-ip-rewrite のバグ

追加

  • cloudflare_purge_by_urlという新しいフィルターを追加しました。ユーザーは自動的に消去されたURLをより詳細に制御できます。

3.3.1 – 2017-6-29

一定

  • $ _GETを使用することで潜在的なバグ。

3.3.0 – 2017-6-29

追加

  • 新しいスプラッシュ画面を追加しました
  • カスタム構成を可能にするuserConfig.jsファイルを追加しました。
  • 自動キャッシュパージのデバッグモードでログを追加しました。
  • 特大のサーバープッシュHTTPヘッダーのログを追加しました。

変更

  • 自動キャッシュパージは、URLではなくすべてで自動最適化をパージするようになりました。
  • IP の範囲を更新

一定

  • バグは、大文字が動作していないドメインです。
  • 自動キャッシュパージがフロントページをパージできなかったバグ。
  • IWP での作業に関連するバグ。
  • PHPがipv6-disableフラグでコンパイルされた場合、サイトをクラッシュさせるバグです。

3.2.1 – 2017-3-14

一定

  • 20以上のゾーンを持つアカウントが正しく表示されないバグ。

3.2.0 – 2017-3-1

追加

  • Cookie機能によるキャッシュをバイパスします。
  • HTTP / 2 Server Push機能(デフォルトでは無効)。

変更

  • プラグインのサイズを小さくしました。
  • 自動キャッシュ管理機能には、分類をパージすることが含まれます。
  • 自動キャッシュ管理機能は、HTTPとHTTPSの両方を使用するサイトをサポートします。

一定

  • プラグインから消える管理バー
  • スピナーが永久にロードされていたバグ。
  • バックエンドのエラーがフロントエンドに表示されていない場所のバグ。
  • IE11が正しく動作しなかった問題

3.1.1 – 2016-11-17

変更

  • 自動キャッシュパージの後ろにある管理バーを移動しました。

3.1.0 – 2016-11-17

追加

  • 投稿が公開、編集、削除されたときに自動的にキャッシュを削除する機能が追加されました。 (brandomeniconiとmike503のおかげで)
  • WordPress MUドメインマッピングプラグインを使用できるようになりました。(brandomeniconiに感謝します)

変更

  • UIをcloudflare.comダッシュボードのように変更しました。
  • プラグインの説明を変更しました。
  • HTMLキャッシングを使用しているユーザーのキャッシュ問題を回避するために、WordPress Admin BarとPost Linksを編集することはできません。

一定

  • ベンダーのフォルダーが動作しないバグを修正しました。
  • 静的ファイルがキャッシュされ、プラグインの更新に関する問題を引き起こしたバグを修正しました。
  • PHP Compatibility Checkerプラグインで問題が発生した、依存関係が修正されました。

3.0.6 – 2016-10-6

追加

  • 開発モードを切り替える機能が追加されました。

一定

  • アクティブなゾーンのドロップダウンが正常に動作しないバグを修正しました。

変更

  • プラグインのサイズを下げるためにリソースを圧縮します。
  • Cloudflare ロゴを更新。

3.0.5 – 2016-09-28

一定

  • リファクタリングされたフレキシブルSSL修正が設定ページのフックを読み込まないというバグを修正しました。

3.0.4 – 2016-09-27

追加

  • ユーザーが自動HTTPSリライトを切り替える機能(デフォルトで有効になっていて、混在したコンテンツのほとんどのエラーを解決します)。

一定

  • 低PHPバージョンのどこで構文エラーが発生するのかを修正しました。
  • 柔軟なSSLを使用している一部のユーザーがwp-adminにログインできない場所での問題を修正しました。
  • アクティブなゾーンセレクタがゾーンリスト全体にページを作成していないバグを修正しました。
  • 画像の最適化の設定が正しく表示されないという問題を修正しました。
  • ユニークビジターデータが正確に表示されないアナリティクスのバグを修正しました。

変更

  • プラグインサイズを小さくするために圧縮されたアセット。
  • フックローディングロジックをリファクタリングして、よりシンプルで読みやすいようにしました。

3.0.3 – 2016-09-21

一定

  • 一部のドメインが誤ってドメインセレクタドロップダウンに伝播される問題を修正しました。
  • Webアプリケーションファイアウォールが誤ってRFI攻撃ルールをトリガしていた問題を修正しました。
  • Pro以上のCloudflareプランでイメージの最適化が有効になっていない問題を修正しました。

3.0.2 – 2016-09-16

一定

  • 一部のWebサイトで520および502のエラーが発生したHTTP / 2 Server Pushが無効になっています。

3.0.1 – 2016-09-16

一定

  • クラウドフレアが520のエラーを引き起こしたヘッダーの上限を超えた固定HTTP / 2サーバープッシュ。
  • HTTP / 2 Server Pushの警告メッセージが修正されました。

3.0.0 – 2016-09-15

追加

  • WordPress特有の推奨設定のワンクリックアプリケーションを追加
  • Cloudflareキャッシュを削除する機能の追加
  • WordPressのキャッシュ管理と統合され、サイト外観の更新時にCloudflareキャッシュを自動的にクリアします。
  • クラウドフレア設定を変更する機能を追加(常にオンラインモード、攻撃中、イメージ最適化、セキュリティレベル、Webアプリケーションファイアウォール)
  • キャッシュされたリクエスト、使用された帯域幅、ユニークビジター、ブロックされた脅威を示すアナリティクスを追加
  • CloudflareのユニバーサルSSLが有効になっているときにリダイレクトループが発生しないようにヘッダーの書き換えを追加
  • HTTP/2 サーバープッシュサポートの追加
  • PHP 5.3以降のサポートを追加

削除済み

  • 削除されたHTTPSプロトコル書き換え
  • スパムコメントの投稿を削除しました
  • 開発モードのオン/オフを切り替える機能が削除されました

変更

  • 更新されたユーザーインターフェイス
  • WordPressオプションAPI に依存しているため、2.8+ではなくWordPress 3.4+をサポート開始