codoc

説明

WordPressへ有料記事の販売、サブスクリプション販売、投げ銭の仕組みをすぐに導入できます。

本プラグインは連携設定後、投稿画面において記事の販売をおこなうためのcodocのブロック※を提供します。
※ブロック形式(Gutenberg)の投稿エディタの他、クラッシックエディタ(TinyMCE)にも対応しております

販売の仕組みは簡単です。本文に挿入されたcodocブロックから下に配置したブロック(あるいは文章)はあなたの記事に課金(クレジットカード決済)をしたユーザーのみが閲覧できるというものです。逆に上に配置したブロックについては全てのユーザーが無料で閲覧できます。codocブロックは記事を購入するための商品情報の表示の他、記事を購入したユーザーの認証管理を行います。記事の価格やサブスクリプションの指定等、販売条件についてはブロック設定内で記事毎に指定します。

その他、売上管理や顧客管理等、コンテンツ販売に必要な機能は全てcodocのサイト上でご用意しております。記事の購入をした顧客が必要とする購入履歴やサブスクリプションの購読管理も同様にcodocのサイト上にございます。

スクリーンショット

ブロック

このプラグインは2個のブロックを提供します。

  • codoc
  • codoc

インストール

  1. 「プラグイン→新規追加」から、「codoc」でプラグインを検索

  2. codocプラグインをインストール&有効化

  3. 設定→codoc設定画面から、codoc アカウントがある場合は「ログインして認証」、ない場合は「登録して認証」を実行

  4. codoc のブログ連携機能に遷移、「認証する」を実行

  5. WordPressのcodoc設定画面に遷移、「@ で認証済」の表示を確認

上記の設定が完了後に記事投稿画面の「ブロック追加」で「codoc」と検索すればcodocブロックのご利用を開始※できます
※クラッシクエディタをご利用の場合は「codoc」の設定用ボタンが追加されます

FAQ

記事は無料分・有料分どこに保存されますか?

全ての記事内容が WordPress とcodoc 双方に保存されます。

公開ステータスはcodocに反映されますか?

反映されます。WordPress側で公開にした場合のみcodoc側で公開状態となります。(それ以外はcodocで非公開となります)

記事を削除した場合、codocの記事はどうなりますか?

非公開となります。

購入者・非購入者からどのように見えるか確認できますか?

購入者の見え方は記事に表示されている「既に購入済なのでログインする」から、ご自身のアカウントでcodocへログインして記事にもどった状態が同じものとなります。(購入ボタン等は消えて有料エリアの閲覧ができます) 非購入者の状態は上記ログインをおこなう前の状態(未ログイン状態)となります。ご自身以外のアカウントでログインするとログインボタンのみが表示されなくなります。

購入してないのに記事の有料エリアが見えてしまってるのですが

記事販売をおこなっているサイト内にて対象記事の書き手であるcodocクリエイターとしてログインしているためです。

クラッシックエディタ上でプラグインの利用はできますか?

可能です。連携設定が完了した後、codocロゴのボタンがエディタのツールバーに追加されます。同ボタンより、編集中の本文へcodocブロックの追加と価格等の記事設定がおこなえます。また利用に伴い、 TinyMCE Advanced プラグインのインストールと同プラグインの設定にて「keep paragraph tags in the Classic block and the Classic Editor」(段落タグの保持) を有効にすることを推奨させていただきます。

アイキャッチ画像を指定できますか?

WordPressの記事に指定されているアイキャッチ画像がcodoc側のアイキャッチ画像として利用されます。

CSSのカスタマイズはできますか?

codoc設定画面にてカスタマイズ用CSSパスを指定することで読み込むCSSを上書きできます。https://codoc.jp/css/paywall.css が元ファイルとなりますのでインポート等をおこない当該箇所のCSSを上書きください。尚、codoc側で出力されるHTMLについては予告なく変更することがございますためご注意ください。

codoc側に登録するパーマリンクを変更したいのですが

リンクはget_permalink()より取得されます。リバースプロキシ配下にWordPressを動作させている場合等、想定しているものと違う場合はcodoc設定画面の置換設定により変更可能です。

codocブロックが「このブロックには、想定されていないか無効なコンテンツが含まれています」と表示されます

ブロック内の右上の設定ボタンより「ブロックのリカバリーを施行」を実施してください。

javascript タグは動作しますか?

2020年4月22日より外部javascript読み込みをおこなうscriptタグが動作するように仕様変更されました。Gutenbergでのツイッターやインスタグラムの埋め込みブロック等がサポートされます。

記事本文の最後にボタンをつけたいのですが

codocタグより下に追加したブロックについては非表示化されるため、SNSシェアボタンや広告挿入等をおこないたい場合は記事投稿画面からおこなわずに設定→codocより、「codocタグの前後にHTMLを挿入」をご利用ください。

評価

このプラグインにはレビューがありません。

貢献者と開発者

codoc はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“codoc” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

0.9.9

  • 自由課金を追加

0.9.8

  • 設定画面のデザインを修正

  • ペイウォールでいいねやcodocについて、Powered Byの表示・非表示化を行えるように機能を追加

  • ペイウォールのボタン文言等を変更できるように機能を追加

0.9.7

  • 設定にテーマを追加

0.9.6

  • 有料パートで他のプラグインによるフィルターが実行されない状態で表示される問題を修正

  • サポートボタンの自動挿入オプションにサポートボタンの説明をカスタマイズする機能を追加

0.9.5

  • 記事画面でcodocタグを挿入しない場合に本文の末尾にサーポトボタンを自動挿入するオプションを追加

0.9.4

  • AMPで表示される場合は続きを読むためのリンクを表示し、本サイトへ移動するように修正

0.9.3

  • ユーザーコードとトークンを直接入力できない不具合を修正

0.9.2

  • Gutenberg 中のClassicエディタでcodocボタンを出さない

0.9.1

  • codocと連携できない不具合を修正

  • 認証解除できない不具合を修正

0.9

  • プログラムソースコードの整理

0.8.9

  • 設定画面へ codocタグの前後にHTMLを挿入 を追加

0.8.8

  • WordPress version 5 以下のバージョンでエラーになる問題を修正

  • テーマ THETHOR のLPテンプレートでcodocタグが動作しない問題を修正

  • codocタグを動作させるための cms.js スクリプトタグの属性位置を変更

0.8

  • Classic Editor (tinymce) 対応

  • 上記に伴うGutenberg ブロックフォーマットの変更

0.7

  • プラグイン一覧のcodocエリアに設定リンクを追加

0.6

  • プレビュー時に有料・無料表示境界線を表示

0.5

  • codoc側に登録するURLの置換機能

0.4

  • 細かな修正

0.3

  • codoc ブロック機能を追加

0.2

  • カスタマイズ用CSSパスの設定項目追加

0.1

  • 初版