Contact Form 7

説明

Contact Form 7 は複数のコンタクトフォームを管理できてその上フォームとメールの内容を簡単なマークアップで柔軟にカスタマイズしたりもできます。Ajax によるフォーム送信、CAPTCHA、Akismet スパムフィルタリング等々サポートしています。

ドキュメントとサポート

contactform7.com では使い方FAQ など、Contact Form 7 に関する詳細な情報を提供しています。もし FAQ やその他のドキュメンテーションにあなたの疑問の答えを見つけられなかったなら、そのときは WordPress.org のサポートフォーラムをチェックしましょう。既存のトピックを見ても問題解決できなかったなら、新しいトピックを作成してください。

Contact Form 7 はあなたの支援を必要としています

無償配布するプラグインの開発とサポートを継続することはとても困難なことであり、あなた方ユーザーからの助けなしには実現できません。もし Contact Form 7 を使って便利だと思われたなら、ぜひ少額の寄付をご検討ください。あなたの寄付がこのプラグインの継続的な開発とより良いユーザーサポートの提供を支えます。

プライバシーについて

このプラグインは、デフォルト設定で使用する場合においては、以下に挙げる動作を行いません:

  • こっそりとユーザーを追跡する。
  • ユーザーの個人データをデータベースに書き出す。
  • 外部のサーバーにデータを送る。
  • クッキーを利用する。

このプラグインの特定の機能を有効化している場合、コンタクトフォーム送信者の IP アドレスを含む個人データがサービス提供者に送信される可能性があります。サービス提供者のプライバシーポリシーをよく確認した上で利用してください。これに該当する機能は:

おすすめプラグイン

Contact Form 7 をお使いのみなさんにこれらのプラグインをおすすめします:

  • Flamingo by Takayuki Miyoshi – Flamingo を使えばコンタクトフォームから送信されたメッセージをデータベースに保存できます。
  • Bogo by Takayuki Miyoshi – Bogo は頭痛を起こさずに使えるとても素直な多言語化プラグインです。

翻訳

translate.wordpress.org にて Contact Form 7 の翻訳が可能です。

スクリーンショット

  • screenshot-1.png

インストール

  1. contact-form-7 フォルダ全体を /wp-content/plugins/ ディレクトリにアップロードします。
  2. プラグイン 画面 (プラグイン > インストール済みプラグイン) でプラグインを有効化する。

WordPress 管理画面に お問い合わせ メニューが現れるでしょう。

基本的な使い方はプラグインのホームページを参照。

FAQ

Contact Form 7 について問題や疑問を抱えていますか? これらのサポート窓口を適切にご利用ください。

  1. 使い方
  2. FAQ
  3. サポートフォーラム

サポート

評価

2020年6月2日
Hi, Contact form 7 is a very flexible plugin, by using this we can create a variety of forms. thank you contact form 7 teams.
2020年5月29日
This plugin is the best for create and manage contact form.
2020年5月27日
Nice plugin. Free one with almost 0 support from very unmotivated owner. I would never buy any paid plugin owned by this company since support is probably similar.
1,762件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Contact Form 7 はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Contact Form 7” は60ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Contact Form 7” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

より詳しい情報は Releases を参照。

5.1.9

  • 特別なメールタグ: [_date][_time] のメールタグに WP タイムゾーンを反映する。
  • WPCF7_FormTag: get_date_option() の出力に WP タイムゾーンを反映する。
  • ユーザー入力検証: 真偽値 false に対する厳格な比較を行う。

5.1.8

  • reCAPTCHA: グローバルサイトキーが定義されている場合には v2 からアップグレードする際の警告を表示しない。
  • reCAPTCHA: フロントエンドの JavaScript コーディングを改良。
  • アクセシビリティ: 応答メッセージのマークアップを改良。
  • wpcf7_is_tel() 内の正規表現パターンを修正。
  • 修正済み: 文字数カウントがフォームの正常送信後にリセットされない問題。
  • 修正済み: wpcf7_special_mail_tags フィルターフックの第4変数が正しく設定されていなかった。

5.1.7

  • CSS: コード形式入力のための明示的な LTR 方向スタイルルールを追加。
  • アクセシビリティ: 警告文中では ERROR ではなく Error を使用。

5.1.6

  • CSS: 不必要かつ Twenty Twenty と衝突していたスタイルルールを削除。
  • REST API: 明示的にルート変数からコンタクトフォーム ID を取得。

5.1.5

  • 設定検証: unavailable_html_elements エラーのための新しいテスト項目。
  • 設定検証: attachments_overweight エラーのための新しいテスト項目。

5.1.4

  • reCAPTCHA: 定数 WPCF7_RECAPTCHA_SITEKEY と WPCF7_RECAPTCHA_SECRET を導入。
  • reCAPTCHA: フィルターフック wpcf7_recaptcha_sitekey と wpcf7_recaptcha_secret を導入。
  • wpcf7_form_response_output フィルターに $status パラメタを追加。
  • nonce の生成をフォーム送信者がログインユーザーである場合に限定して行う。
  • ユニットタグを返すパブリックメソッド WPCF7_ContactForm::unit_tag() を導入。
  • reCAPTCHA: 応答トークンが空の場合には異なるスパムログメッセージを表示する。
  • 承諾確認チェックボックス: acceptance フォームタグで label_first オプションをサポートする。

5.1.3

  • 「メール」タブパネル内のチェックボックスが選択解除できなくなるバグを修正。

5.1.2

  • Constant Contact: リスト選択機能を導入。
  • Constant Contact: その他の設定に constant_contact を追加。
  • reCAPTCHA: フィルターフック wpcf7_recaptcha_actions と wpcf7_recaptcha_threshold を導入。

5.1.1

  • reCAPTCHA: 中身のない応答トークンへの対処を変更。

5.1

  • Constant Contact インテグレーションモジュールを導入。
  • reCAPTCHA モジュールを更新し reCAPTCHA v3 に対応。
  • ダークモード用スタイルルールを追加。

5.0.5

  • WPCF7_FormTag クラスにおける get_data_option() と get_default_option() の間の不整合問題を修正。
  • unlink() 呼び出しに関係する PHP エラーを抑制。
  • wpcf7_is_file_path_in_content_dir() を導入し UPLOADS 定数指定時のケースに対応。

5.0.4

  • register_post_type() の関数呼び出しに際して capability_type 変数の値を明示的に指定する。これにより権限昇格の脆弱性が解消される。
  • ローカルファイル添付 – wp-content ディレクトリの外に置かれたファイルを絶対ファイルパスにより参照することを禁止する。
  • 設定検証 – 無効なファイル添付設定を検出するテスト項目を追加。
  • HTML5 の placeholder 属性をサポートしない旧式のブラウザーのための JavaScript フォールバック機能に見られたバグを修正。
  • 承諾確認チェックボックス – フォームタグに指定されていた do-not-store 特性を解除。

5.0.3

  • CSS: “disabled” 状態の送信ボタンに対し “not-allowed” カーソルスタイルを適用。
  • 承諾確認チェックボックス: 個人データ保護の観点からより好ましいオプションの使用を促すため、タグジェネレーターの UI を変更。
  • wpcf7_anonymize_ip_addr() 関数を導入。
  • 全タイプのフォームタグに consent_for:storage オプションを導入。

5.0.2

  • 「プライバシーについて」の項目を readme.txt ファイルに追加。
  • 「インフォメーション」メタボックスの内容を更新。
  • その方がより適切なケースでは get_locale() の代わりに get_user_locale() を使う。
  • 承諾確認チェックボックス: 送信完了後に送信ボタンの disabled ステータスをリセットする。

5.0.1

  • _n() の間違った使用を修正。
  • 設定検証: 「その他の設定」タブパネルにおける間違ったアラート件数表示を修正。
  • 設定検証: 「送信元」メールヘッダー項目における特別なメールタグ [_site_admin_email] の不適切な取り扱いを修正。
  • 承諾確認チェックボックス: 指定された class および id 属性が間違った HTML 要素に適用されていた。
  • 設定検証: Cc や Reply-To 等のメールボックスを値にとる追加メールヘッダーが指定されており、その値が空になる可能性のあるものだった場合、「不正なメールボックス構文が使用されている。」のエラーが返される。
  • 意図しないパラメタ値が渡されることを避けるため add_action() の第4パラメタまで明示的に指定する。
  • ディレクトリを削除する前にそのディレクトリが空であることを確認する。

5.0

  • その他の設定: on_sent_ok と on_submit が廃止された。
  • 新規追加されたその他の設定: skip_mail
  • Flamingo: 対応するコンタクトフォームのタイトル変更に連動して受信チャネルのタイトルが変更されるようになった。
  • DOM イベント: API からの応答オブジェクトの全体が event.detail.apiResponse プロパティを通してアクセス可能になった。
  • HTML メール: 言語関連属性を HTML ヘッダーに追加。
  • ファイルアップロード: アップロード項目に accept 属性を設定。
  • WPCF7_MailTag クラスを導入。
  • wpcf7_before_send_mail アクションフックを利用してメール送信を中断させることが可能になった。加えて、このアクションフックでカスタムのステータスとメッセージの指定が可能になった。
  • 承諾確認チェックボックス: フォームタグの内容部分で同意を求める条件文を指定することが可能になった。
  • 承諾確認チェックボックス: optional オプションをサポート。
  • 新規に追加された特別なメールタグ: [_site_title]、[_site_description]、[_site_url]、[_site_admin_email]、[_invalid_fields]、[_user_login]、[_user_email]、[_user_url]、[_user_first_name]、[_user_last_name]、[_user_nickname]、[_user_display_name]
  • 新規に追加されたフィルターフック: wpcf7_upload_file_name、wpcf7_autop_or_not、wpcf7_posted_data_{$type}、wpcf7_mail_tag_replaced_{$type}
  • 新規に追加されたフォームタグの特性: zero-controls-container と not-for-mail