External image replace

説明

記事内にある外部URL画像をダウンロードしてメディアライブラリに登録し、メディアライブラリの画像URLに一括で置き換えます。
他のブログからインポートしたあとなどに使うと便利です。

たとえば現在のURLのドメインがhttps://wiredpunch.comの場合は、以下のような結果になります。

<img src=”http://example.com/xxxx.jpg” >

<img src=”https://wiredpunch.com/wp-content/uploads/2018/01/xxxx.jpg” />

インストール

このプラグインはWordPressダッシュボードから直接インストールできます:

  1. プラグインメニューに移動し、新規追加をクリックします。
  2. 外部画像置き換えを検索します。
  3. 外部画像置き換えプラグインの横にある今すぐインストールをクリックします。
  4. プラグインを有効にします。

FAQ

インストール手順

このプラグインはWordPressダッシュボードから直接インストールできます:

  1. プラグインメニューに移動し、新規追加をクリックします。
  2. 外部画像置き換えを検索します。
  3. 外部画像置き換えプラグインの横にある今すぐインストールをクリックします。
  4. プラグインを有効にします。

評価

グッジョブ!

とても便利なプラグインです。
手作業での引っ越しにくらべたら、どれだけの労力と時間が節約できるか。。。

トラブルは見られません、どうもありがとうございました。

1件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

External image replace はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“External image replace” は1ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“External image replace” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

1.0.10

  • 2018-06-15
  • 既にsmartyを利用している環境におけるエラーを改善しました。

1.0.9

  • 2018年6月14日
  • 既にsmartyを利用している環境におけるエラーを改善しました。

1.0.8

  • 2018年6月14日
  • 既にsmartyを利用している環境におけるエラーを改善しました。

1.0.7

  • 2018年1月26日
  • 翻訳が正しく適用されていないエラーを修正しました。

1.0.6

  • 2018年1月26日
  • 翻訳が正しく適用されていないエラーを修正しました。

1.0.5

  • 2018年1月26日
  • 画像URLにパラメータが付属していると、ダウンロードに失敗するエラーが見つかったため、パラメータを除去してからダウンロードするように、処理を変更しました。

1.0.4

  • 2018年1月25日
  • 翻訳をGlotPressから読み込むように変更しました。

1.0.3

  • 2018年1月25日
  • 翻訳をGlotPressから読み込むように変更しました。

1.0.2

  • 2018年1月24日
  • ソースコードを整理しました。機能には変更ありません。

1.0.1

  • 2018年1月22日
  • 該当する画像が見つからないとき、除外ドメイン設定が非表示になってしまうエラーを修正しました。

1.0.0

  • 2018年1月22日
  • 最初のリリース