Flexible Spacer Block

説明

フレキシブルスペーサーブロックは、デバイスの画面幅(ブレイクポイント)に応じてスペーサーの高さを切り替えます。
このブロックは2つの可変ブレークポイントを持っており、スマートフォン用、タブレット用、デスクトップ用にそれぞれスペーサーの高さを調整することができます。
スペーサーの高さは個別に変更することも、一括で変更することもできます。
また、通常のスペースの代わりに「マイナススペース(ネガティブマージン)」を設定することも可能です。
このブロックは、コアのスペーサーブロックとの相互変換にも対応しています。

マイナススペースについて

マイナススペースは、スペーサーの上下にあるブロックの余白を狭くし、ブロックを重ねることも可能です。
意図しない重なりが起こった場合は、前面に表示したいブロックにfsb-style-show-frontという名前のCSSクラスを追加してください。
ブロックにCSSクラスを適用するには、WordPressのエディタでブロックをクリックし、右側のブロック設定の高度な設定にチェックを入れ、CSSクラスを入力します。

リソース

スクリーンショット用画像

ライセンス: CC0 Public Domain
ソース: https://pxhere.com/ja/photo/245

スクリーンショット

  • ブロックエディター
  • 設定ページ
  • マイナススペースの例
  • マイナススペースの例

インストール

  1. flexible-spacer-block フォルダ全体を /wp-content/plugins/ ディレクトリにアップロードします。
  2. WordPress のプラグインメニューからプラグインを有効化してください。

評価

2021年7月20日
I had a problem with the standard Spacer Block, wherein it breaks the format in mobile in our website. With Flexible Spacer, I can designate the size of the space per mobile device! Awesome, thank you for developing this plugin.
2021年1月28日
スペーサーだけに絞ったブロック、とてもありがたいです。 UIもわかりやすく、使いやすいと思います。 素晴らしい!!!
2021年1月28日
設定画面がとてもシンプルで使いやすいです。 ブレークポイントが1つの場合と、2つの場合両方考慮されているのがありがたいです。
3件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Flexible Spacer Block はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Flexible Spacer Block” は1ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Flexible Spacer Block” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

1.1.9

  • 整理: npmパッケージのアップデートと構文チェックの実行

1.1.8

  • 整理: npmパッケージのアップデート
  • 削除: バンドルされた言語ファイル

1.1.7

  • WordPress 5.8で動作確認
  • 整理: npmパッケージのアップデート

1.1.6

  • 修正: ビルドスクリプトエラー
  • 修正: README.mdのスクリーンショット

1.1.5

  • WordPress 5.7で動作確認
  • 整理: デプロイ手順のアップデート (github actions)
  • 整理: npmパッケージの更新と開発環境の整理

1.1.4

  • PHP 8 でテスト済み

1.1.3

  • 修正: アンインストール時にプラグインの設定値が削除されない問題

1.1.2

  • 修正: PHP 8でのアンインストールエラーに関する問題

1.1.1

  • 追加: マイナススペースに関する説明文

1.1.0

  • 追加: マイナススペースの設定

1.0.0

  • 初回リリース