Hide GTM code(Hide GTM code)

説明

「Hide GTM code」は非常にシンプルなSEO用プラグインです。
ログイン時にGTMコードが出力されないようにするため、自分のアクセスを計測したくない方や誤操作を防ぎたい方にもおすすめです。

  • テーマを自分でカスタマイズせずに GTM タグを埋め込むことができます。
  • 挿入位置を考慮しているため、SEOプラグインでGTMタグを挿入することによるページ表示速度の低下を防ぐことができます。
  • ログイン時に GTM コードが出力されないようにします。

その他

いくつかの注意点があります。

このプラグインは関数を使用して GTM コードまたは GSC HTML タグを埋め込むため、関数を呼び出さないテーマでは使用できません。

GTM コードを Web サイトに埋め込んだ後、GA4 を GTM に登録し、GSC も登録したい場合は、「GSC の所有権を確認する方法」で GTM を選択してください。 GA4 で所有権を確認しようとすると、エラーが発生して失敗します。

テーマによっては、一部のタグ (「a」タグなど) がテーマ固有の要素として body タグの直下に埋め込まれます。その場合、残念ながら「GSCの所有権を確認する方法」でGTMを選択すると失敗しますので、「HTMLタグ」に設定してください。 WebサイトにHTMLタグを設定するには「GSC設定」から設定してください。

設定後は必ずキャッシュをクリアしてください。

スクリーンショット

  • ダッシュボード画面のスクリーンショット
  • 「設定」画面
  • 「GSC設定」画面

インストール

  1. プラグイン検索フィールドに「Hide GTM code」と入力します。
  2. このプラグインを見つけたら、[今すぐインストール] をクリックしてインストールし、有効にします。

FAQ

記入するコードは「GTM」で始まるタグのみです。 JavaScript コードは必要ありません。

評価

このプラグインにはレビューがありません。

貢献者と開発者

Hide GTM code(Hide GTM code) はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Hide GTM code(Hide GTM code)” は1ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Hide GTM code(Hide GTM code)” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

1.0.6
ホームページ移転時にデータ移行を行わなかった場合、データ不足によるPHP警告が表示される問題を修正しました。

1.0.5
一部のテーマでは、テーマ固有の要素として body タグの直下に HTML タグが埋め込まれているため、「GSC の所有権を確認する方法」で GTM を選択すると失敗します。この問題を解決するために「HTMLコード設定画面」を追加しました。

1.0.4
WordPress 5.9から追加されたbody要素の直後にsvgを埋め込む仕様が優先されているため、GTMのnoscriptが検出されず、GTMを用いたGSCの所有権検証が再び失敗してしまいました。再度修正しました。
修正の詳細:
GTM noscript コードを svg よりも前に出力するように、コード出力の優先順位を再度修正しました (優先順位は「0」に設定)。

1.0.3
初めて入力を登録する際に画面に値が表示されない不具合を修正しました。 (データとして保存されているため、再度アクセスすると表示されました。データが消えたわけではありませんのでご安心ください。)

1.0.2
WordPress 5.9 から追加された body 要素の直後に svg を埋め込む仕様のため、GTM の noscript が判定されず、GTM を使用した GSC の所有権検証に失敗する不具合を修正しました。
修正の詳細:
svg の前に GTM noscript コードを出力するようにコード出力の優先順位を修正しました。

1.0.1
翻訳方法を変更

1.0.0
リリース