このプラグインは WordPress の最新3回のメジャーリリースに対してテストされていません。もうメンテナンスやサポートがされていないかもしれず、最新バージョンの WordPress で使用した場合は互換性の問題が発生する可能性があります。

HILFE AR

説明

あらゆる業種に対応した AR・VR を利用した自動発注を行えるプラグイン。Wordpress にて取り扱い商品を 3D 表示し、ユーザーが選択した複数の商品を指定の発送場所へ即注文が出来るプラグインです。他には、宿泊施設の予約や車両の予約など業種に合わせた機能を取りそろえたプラグインです。

AR・VR 自動発注機能:
取り扱う商品を3Dで表示させることで大きさやイメージを掴みやすくすることで購買意欲の向上を促進します。イメージを掴み即注文が行えるため便利なツールとなっています。

・3D データを登録する場合、10MG 以内のデータを直接取り込む。
・3D データが無い場合は、アプリ内の入れ物データに商品の表面画像を貼り付けデータ登録が行える機能。
(例えば弁当の3D データを作成する場合は、弁当の形状の入れ物データを AR 表示させ弁当の真上画像を結合しアプリ内に商品として登録します。画像は、予め必要な部分をトリミングしても良いしアプリ内でも編集が可能)
・登録された商品のデータであればユーザーの現在地に表示させる AR 機能となり、建物全体のデータを登録すると建物内に入ったイメージが掴める VR 機能として利用が出来ます。
・複数の商品をセット商品として VR 表示させ、複製することで自動的にカートへ反映され即注文が可能となります。
・注文された商品のステータスは、共有され注文済み => 発送済み => 発送 => 届け完了の順に反映される。

配車・部屋予約機能:
登録された車両位置をリアルタイムで確認し、ユーザーは車両を選択し依頼することが出来るようになっています。また、宿泊施設機能では、ユーザーが予約したい施設を選び空いている部屋をリアルタイムで解るため即部屋を予約することが出来るようになっており、車両と宿泊室を同時に予約が行えるようにもなっています。

・車両を登録し、車両の運転手に IOT 登録されたデバイスを持たせることでリアルタイムで依頼を受ける事ができます。
・ユーザーは、アプリ内にて現在地に近い車両を依頼出来、依頼した車両の現在地を把握し到着予定時刻を把握できます。
・施設を登録し、各部屋を登録する事で予約受付を即行えます。
・部屋の入口に IOT 登録されたデバイスを備え付ける事でリアルタイムで予約状況を空室 => 予約済み => 在室とステータス表示が行えます。
・ユーザーは、アプリ内にて車両と宿泊室を同時に予約することが出来ます。
・部屋の予約では、施設の管理者と予約したユーザーにパスワードが発行されデバイスと連携することで部屋への入室鍵としても利用が行えます。

以下は HILFE AR プラグインのポップアップ設定の説明ビデオです。

以下は HILFE AR プラグインのポップアップ設定の説明ビデオです。
https://www.youtube.com/watch?v=yXjRpgOqouw

WordPress 内から

  1. 「プラグイン → 新規追加」にアクセス
  2. 「HILFE AR」を検索
  3. プラグインのページから HILFE AR を有効にします。

手動

  1. hilfe フォルダを /wp-content/plugins/ ディレクトリにアップロードしてください
  2. WordPress の「プラグイン」メニューから HILFE AR プラグインを有効化してください
  3. 以下の「有効化後の手順」を参照。

スクリーンショット

  • ショートコードの管理
  • ショートコードの編集
  • ポップアップ管理
  • ショートコードとバナー
  • ポップアップガイド

FAQ

https://fswa-net.com/contact に多くの質問と回答があります。

評価

2件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

HILFE AR はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“HILFE AR” は13ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“HILFE AR” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

1.0.0

  • 最初のリリース