Hummingbird – 速度の最適化、キャッシュの有効化、 CSS の最小化、重要な JS の遅延。

説明

Hummingbird は、ファイル圧縮、CSS と JavaScript のスタイルとスクリプトの遅延、 CSS と JS の minify、Lazy Load の統合、および世界最高水準のキャッシュに関する細かい制御により、 Google PageSpeed Insights を高めるための新しい方法を追加して、ウェブサイトを高速化し、サイトパフォーマンスを最適化します

Hammingbird は、 WordPress の高速化を実現したスペシャリストがお届けします。 Smush
1億サイト以上で利用されている画像最適化ツールです。 Hummingbird とスマッシュによる完全なスピードアップを手に入れましょう。

PageSpeed Insights がこのような速度推奨を行っている場合、Hammingbird が役に立ちます。

  • テキスト圧縮を有効にする – gzip を使用して、サイトを高速化します。
  • 必要なオリジンへの事前接続 – Hammingbird を使用して、より早い接続を確立します。
  • キーリクエストのプリロード – オーダーに基づいてリソースの優先順位を決定します。
  • 膨大なネットワークペイロードを避ける – コメントの Lazy Load や小さな投稿の分割を検討する。
  • 効率的なキャッシュの使用 – Hummingbird Cash Suite は、あらゆるサイトをキャッシュするための効果的なブラウザキャッシュを提供します。
  • JavaScript の実行時間を修正 – より小さな JS ペイロードを配信し、 JS をプリロードし、JS を遅延させることができます。
  • Minify CSS – CSS から未使用のコードを取り除きます。
  • JavaScript の最小化 – JS ファイルのパースにかかる時間を短縮します。
  • レンダーブロックとなるリソースを排除 – 重要な CSS と JS をインラインに移動し、重要でない JS / CSS はすべて遅延させます。
  • 未使用の CSS を遅延する – フォールド上のコンテンツに使用されていない CSS の読み込みを遅延します。
  • Lazy Load の オフスクリーンの画像 (Smushfreeintegration)。

Hummingbird は、あなたのサイトをスキャンし、ワンクリックで WordPress を高速化するための修正を提供します。

Hummingbird の WordPress スピード最適化で、より速い読み込みページ、より高い検索順位 (SERP) と PageSpeed スコア、そしてより良い訪問者を得ることができます。あなたのサイトの速度を最適化することは容易ではありませんでした。

Hummingbird で利用できる機能は以下の通りです。

  • スキャンと修正 – あなたのサイトをスキャンして、何が速度を低下させているかを調べ、ワンクリックでパフォーマンスを改善して、重要な速度を改善することができます。
  • 世界最高水準のキャッシング – フルページ、グラビア、ブラウザキャッシュツールでページをより速く読み込むためのフルキャッシングスイートです。
  • パフォーマンスレポート – あなたのサイトを超高速で運用するためのプロのヒント。
  • アセット最適化 – Javascript 、CSS 、Google Font のファイルを配置、最小化、結合し最高のパフォーマンスを実現します。
  • ランキング向上 – Google PageSpeed Insights (SEOランキング要因) 、YSlow、Pingdom、GTmetrix のスコアを向上させます。
  • コンバージョン率の向上 – 訪問者を待たせることなく、より速いサイトがコンバージョン率を向上させます。
  • GZIP圧縮 – HTML、JavaScript、スタイルシート(CSS) の転送が超高速に。
  • Config – 好みのパフォーマンス設定を行い、 Config として保存し、他のサイトへ即座にアップロードできます。

Hummingbird のチュートリアルを体験してみましょう

WordPressを高速化するHummingbirdの機能

スキャンとワンクリックフィクス

Hummingbird は、 WordPress のスピード最適化プラグインです。サイトをスキャンし、サイトを遅くしているファイルを見つけ、サイトがトップスピードで実行するためのヒントや修正を提供します。

Hummingbird には、フルキャッシュスイート、スタイルとスクリプトのワンクリックによるミニファイ、パフォーマンスを素早く最適化するための CSS と JS の遅延といったワンクリックによる改善もあります。これ以上簡単なことがあるのだろうか!

世界最高水準のキャッシング

フルページキャッシュ、ブラウザキャッシュ、 Gravatar キャッシュなど、世界最高水準のキャッシュを手に入れることができます。

Hummingbird のキャッシュツールでサイトの読み込みをさらに高速化し、訪問者のブラウジングをより快適にします。フルページキャッシング、ブラウザキャッシング、グラビアキャッシングが含まれます。

データの最適化

サイトのヘッダーに追加するファイルが多いほど、読み込み速度が遅くなることをご存知でしょうか?ハミングバードでは、CSS 、JavaScript (CSSとJavascriptの遅延)、Google Fonts などのファイルの読み込み位置を簡単にカスタマイズして、ページ速度を向上させることができます。

Hummingbird のミニフィケーション機能で、ファイルの並べ替え、圧縮、再配置を素早く行えます。しかし、ミニフィケーションは強力なツールです (必要であれば、ワンクリックで変更内容をリセットすることができます)。

GZIP で高速データ転送

Hummingbird には GZIP の力があり、サイトの共有をより効率的にすることができます。

圧縮ファイルを送信すると、より速く、ホスティングのコストを節約することができます。また、セットアップの心配は無用で、ボタンをクリックして Hummingbird に指示を送れば、あとは処理します。

Cloudflare との連携機能を搭載

Hummingbird はあなたの Cloudflare ブラウザキャッシュや APO (Automatic Platform Optimizations) の設定も可能です ! Cloudflare API キーを追加するだけで、簡単に設定できます。

Smush 画像最適化に完全対応

Hummingbird の WordPress スピード最適化機能は、受賞歴のある姉妹プラグイン Smush image optimization で補完することができます。Smush は画像を圧縮し、あなたのサイトの読み込みを少なくします – したがって、より速いロード時間を与える。Hummingbird と Smush は完璧に統合されており、WordPress の高速化に最適なプラグインです。

適切なサイズの画像、レイジーロード、次世代 WebP 変換、画像フォーマットなど、圧縮、最適化 (オプティマイズ)、 PageSpeed パフォーマンスの修正。

Hummingbird config で時間短縮

Config を使えば、好みのハミングバードの Config 設定を保存し、数回のクリックで他のサイトに適用することができます。 Config は無制限に作成することができます。

より速いウェブサイトは上位にランクされ、より良いコンバージョンをもたらします。

ミリ秒ごとにカウントされます。訪問者は、ページの読み込み時間が2秒未満と予想される、これまでになく高速なWebサイトを期待しています。 訪問者がサイトでそれを 取得しない 場合、訪問者は 離れます。

ビジネスウェブサイトや e コマースストアを運営している場合、 ウェブサイトの読み込みが速くなければ売上を落とすことになる ということです。

Hummingbird は、あなたを助けるためにここにある; それはあなたのサイトが、無料で、超高速で実行することができます WordPress のパフォーマンス最適化プラグインの一種である

WordPress のパフォーマンスを最適化し、ページサイズを小さくする minification と GZIP、読み込みを速くするフルキャッシュ、 Cloudflare の APO / ブラウザキャッシュと統合する姉妹プラグインです。Smush image optimization.

Hummingbird は使いやすさを重視して作られており、 WordPress サイトを高速化するだけでなく、セットアップも素早く行えます。あなたのサイトをスキャンし、推奨される変更をワンクリックで実装することができ、ほんの数分で高速なサイトを手に入れることができます。

上記はすべて無料で、 WordPress を高速化することができます 超高速の WordPress サイトが必要な場合。 WPMU DEV メンバーシップを取得する必要があります。

Hammingbird プロは、自動スキャン、アップタイムモニタリング、ミニファイ圧縮の強化 (通常の2倍の最適化) 、 CDN ホストによるミニフィケーションなどの機能を備えており、さらにスマッシュプロ画像最適化、すべてのプレミアム WordPress プラグイン、24時間365日の WordPress サポートをご利用いただくことができます。

詳細はこちらをご覧ください。

Hummingbird の評判は ?

★★★★★

Hummingbird はとても使いやすい 。すでに改善しているので、スピードはあまり変わらないだろうと思っていました。私はスキャンを実行し、それは私に勧告を与え、私はそれらを適用するためにボタンを押し、それは私のサイトがさらに速くなった ! ” 。- カミロ さん

★★★★★

“Hummingbird はアップデートのたびに賢くなっています。今日は、WP Super Cache やWP Sweep のような巨大なキャッシュと最適化のプラグインを削除せざるを得ないほど良くなりました。なぜなら、ハミングバードにはこれらの機能がすべて含まれているからです。- swagatam1975

★★★★★

ハミングバードでGoogleのページスピードが32から84になった 上に、GTmetrixで私のサイトが50 % 速くなった!” – Nicolas

★★★★★

「ハミングバードを設定し、その機能を実行させたところ、サイトは実際に 高速 になりました。」

Hummingbird からのメッセージ

こんにちは ! WordPress を高速化するための信頼できるソリューション、 Hummingbird です。私は、 WordPress のプラグイン、サービス、サポートのスーパーヒーロー集団である WPMU DEV チームの一員です。他の無料プラグインはこちらです。

  • Smush – 画像の圧縮と最適化
  • Forminator – フォーム,クイズ,投票,アンケートビルダー
  • Hustle – ポップアップ,スライドイン,メールオプトイン

また、すべての Pro プラグインと24時間365日の WordPress サポートが必要な場合は、 WPMU DEV メンバーシップを取得してください。無料でお試しいただけます。 wpmudev.com

私のスーパーヒーローの友人は、最高の WordPress チュートリアルのためのソースである WPMU DEV Blog を運営しています。 WordPress の知識が必要な方は、ぜひチェックしてみてください。

Hummingbird をご覧いただきありがとうございます。あなたのサイトをこれまで以上に高速化するために、飛んでいくことを楽しみにしています。

楽しもう !、 The Hummingbird

当社について

WPMU DEV は、高品質の WordPress プラグイン、サービス、サポートを提供するプレミアムサプライヤーです。こちらからご参加ください。
https://wpmudev.com/

WordPressの最新情報は、インターネットナンバーワンのリソースから :
WPMU DEV Blog

もうひとつ。私たちが皆さんのために作るのが好きなのと同じくらい、皆さんも 無料提供 を楽しんでいただければと思います。

スクリーンショット

  • 最適化のヒントがないか、サイトをスキャンしてみましょう。
  • キャッシュツール一式を使用して、読み込み時間を高速化します。
  • アセット最適化では、CSS、JavaScript、HTML ファイルを組み合わせて再配置することができます。
  • 提案を参考に、サイトの改善やスピードアップを図りましょう。

FAQ

WP Rocket や W3 Total Cache のようなキャッシュをすでに持っている場合、 Hummingbird は必要でしょうか ?

そうです!! (笑 もちろん、私たちのキャッシュスイートは十分すぎるほどですが、すでに WP Rocket や W3 Total Cache を使用している場合、Hummingbird の特別な監視ツールを使用すれば、その価値は十分にあります。互換性を確保するために、どちらかのプラグインで重複する機能のみを有効にしてください。

Hummingbird は Cloudflare と連携していますか ?

はい! Hummingbird は Cloudflare の機能をフルに活用するために構築されています。 API をプラグインするだけで、すぐに始められます。

Hummingbird は WooCommerce と連動しますか ?

はい ! Hummingbird は WooCommerce や MarketPress のようなECプラグインと相性が良いです。最良の結果を得るためには、フルページキャッシュを設定する際、 WooCommerce の推奨キャッシュ設定に従います。Hummingbird は、カート、マイアカウント、チェックアウトページを除外し、コンテンツをダイナミックに維持します。

WordPress の動作が遅いのはなぜですか ?

WordPress が遅くなる理由には、様々な要因があります。 Hummingbird のスキャンとワンクリック修正機能は、あなたのサイトの遅さの原因を突き止め、ワンクリックで WordPress を高速化することができます。簡単です。

Hummingbird とHummingbird Pro はどう違うのですか ?

無料の Hummingbird プラグインは、 WordPress のスピード最適化機能の強力なプラグインです ! このプラグインを使用すると、 WordPress のスピードが向上します。あなたは、推奨される修正の私達のワンクリック実装を使用して、わずか数分であなたのページの速度の大きな改善を提供することができます。上記のレビューのいくつかはあなたが得ることができる結果を示しています。

Hammingbird Pro は WPMU DEV メンバーシップの一部として利用でき、自動スキャン、アップタイムモニタリング、強化されたミニファイ圧縮 (通常の2倍の最適化) 、CDN ホストによるミニファイが追加されます。これにより、サイトがさらに高速化されます。

また、会員になると、画像サイズ変更、遅延ロード、次世代の WebP 変換など、最高の画像最適化を実現する Smush Pro を含むすべてのプレミアム WordPress プラグインと、24時間365日の WordPress サポートが受けられます。 Hummingbird は無料のプラグインとしても優れていますが、 Hummingbird Pro はさらに優れています。 詳しくはこちらをご覧ください。

誰か助けて 資産最適化をオンにしたら、サイトが壊れた ! ?

データの最適化は、サイトを高速化する素晴らしい方法ですが、 CSS や JavaScript (.JS) ファイルの移動、結合、 minify の使用、再配置は、スタイルが乱れたり、機能が壊れたりする可能性もあります。何か問題が発生したらすぐに元に戻せるよう、少しずつ変更を加え、サイトをテストすることをおすすめします。また、パニックにならないようにしましょう。何か問題が発生しても、ボタンをクリックするだけでやり直せますから 🙂

評価

2022年9月30日
Liked the way you can parametrize. Does the job and has many options for the begginer and the advanced user. Also, great support in the free version
2022年9月29日
Hi, I'm not really an expert but a beginner. This plugin is easy to use and it really fullfilled my expectations. Thx
1,360件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Hummingbird – 速度の最適化、キャッシュの有効化、 CSS の最小化、重要な JS の遅延。 はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Hummingbird – 速度の最適化、キャッシュの有効化、 CSS の最小化、重要な JS の遅延。” は17ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Hummingbird – 速度の最適化、キャッシュの有効化、 CSS の最小化、重要な JS の遅延。” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

3.3.4 ( 2022-06-16 )

  • Enhance: Reports compatibility with Defender masking feature
  • Enhance: Cleanup on uninstall on network installs
  • Enhance: Page cache compatibility with Defender security headers
  • Fix: Usage tracking option on network installs
  • Fix: Setup module logic on plugin activation
  • Fix: Inline limits in asset optimization
  • Fix: Weekly performance report sometimes sent out twice
  • Fix: Settings link on Plugins page
  • Fix: Comment on-click lazy loading
  • Fix: Translation link URL
  • Fix: Tooltip showing by default on ‘Checking files’ asset optimization modal
  • Fix: Redis module not always being able to write to wp-config.php file
  • Fix: Skip onboarding wizard if a config has been applied
  • Fix: Rename “Basic” config to “Default”

3.3.3 ( 2022-05-12 )

  • New: Set the number of comments to preload in lazy loading module
  • Enhance: Clean up after uninstalling on multisite
  • Enhance: Remove duplicate ‘wphb_page_cache_cleared’ action in favour of ‘wphb_clear_cache_url’
  • Enhance: Sanitize input fields in Configs module
  • Enhance: Compatibility with Weglot plugin
  • Fix: PHP undefined array key warnings
  • Fix: Fatal error when clearing cache in certain conditions
  • Fix: Toggling Uptime from WPMU DEV hub
  • Fix: Clear cache button not white labeled
  • Fix: Onboarding setup wizard summary layout
  • Fix: Onboarding setup wizard tracking option on multisite
  • Fix: Smush upsell block logic
  • Fix: Tutorials on dashboard page cannot be hidden
  • Fix: Duplicate users in notifications modal
  • Fix: Errors when offloading ES6 modules with import statements to CDN
  • Fix: Clear cache button (admin bar) logic on network installs
  • Fix: Cloudflare zone selector not working
  • Fix: High contrast notice in comments lazy load module
  • Fix: Lazy loading WooCommerce reviews

3.3.2 ( 2022-03-14 )

  • XSSの脆弱性を修正しました。

3.3.1 ( 2022-02-24 )

  • オンボーディングセットアップウィザードをリリースしました。
  • WPMU DEV Hub のサポートを強化しました。
  • Redis との統合を有効にする際に、一意のソルトを追加するを強化しました。
  • 資産最適化モジュールの 「How does it work」 セクションを強化しました。
  • Cloudflare APO のステータスが正しく検出されない不具合を修正しました。
  • サブサイトの Integrations ページでアクションボタンが表示されない不具合を修正しました。
  • サブサイトでキャッシュを無効にすると、ページキャッシュがクリアされない問題を修正しました。
  • ダッシュボードページで ID 要素が重複している不具合を修正しました。
  • 無料版でダッシュボードのページから資産の最適化スキャンを自動で開始できないため修正しました。
  • ネットワークサブサイトからグローバルコンフィグを削除して修正しました。
  • name=’cloudflare-email’ を持つ無効なフォームコントロールがフォーカスされないエラーを修正しました。
  • Notifications モジュールの Documentation リンクを修正しました。
  • 修正:翻訳文字列
  • Select2 テキストエリア要素のスタイルを修正しました。

3.3.0 ( 2022-01-11 )

  • 新機能 : フォントの最適化がアセット自動最適化モードに含まれるようになった
  • 新機能 : 通知メールのデザイン
  • 新着 : プラグインアイコン
  • 強化 : エンハンスアセット最適化モジュールにインラインアセットのファイルサイズ制限を追加
  • 強化 : 資産最適化モジュールにおける資産の状態
  • エンハンスアセット最適化UIでの除外リストの更新
  • ページキャッシュにおけるページタイプの除外を強化しました
  • 強化 : PHP 8.1との互換性
  • ネットワークサブディレクトリのサブサイトのページキャッシュをクリアするとインストールされるようになりました。
  • サイト管理者用のページキャッシングモジュールが表示されない不具合を修正しました。
  • Cloudflare 統合のサブサイトでブラウザキャッシングモジュールが表示されない不具合を修正しました。
  • キャッシュパージ時のキャッシュファイルカウンターを修正しました。
  • ページキャッシュの統合が有効な場合、孤立したアセットで無限ループが発生する不具合を修正しました。
  • 背景に SVG 画像を使用した場合、アセット最適化でCSSが壊れる場合がある不具合を修正しました。
  • オートモードでのアセット最適化自動ファイル選択機能を修正しました。
  • サイトがサブフォルダーにインストールされている場合の Cloudflare の統合を修正しました。
  • 通知モジュールと翻訳の欠落を修正しました。
  • Varnish のキャッシュをパージする際に発生するエラーの修正をしました。
  • データベースレポートのスケジューリング時にフェイタルエラーが発生する不具合を修正しました。
  • WP Ultimo 2.x で致命的なエラーが発生する不具合を修正しました。

3.2.1 ( 2021-11-24 )

  • 修正 : WPMU DEV Hubとの同期の問題。

3.2.0 ( 2021-11-24 )

  • 新機能 : Notifications モジュールとダッシュボードウィジェット
  • 新着 : サブサイトのパフォーマンスレポート
  • 新着 : データベースクリーンアップレポート
  • 新着 : WP Ultimoプラグインによるページキャッシュの統合
  • 新機能 : ブラウザキャッシュのセットアップウィザード
  • 強化 : ブラウザキャッシュの設定の簡素化と改善
  • 強化 : マルチサイトでのアセット最適化のためにファイルの場所を変更できるようになりました。
  • 修正 : Hubと設定を同期する際に発生する PHP の警告を修正しました。
  • 修正 : フォントの最適化使用時の DOM におけるパース警告を修正しました。

3.1.4 ( 2021-11-04 )

  • 強化 : ホワイトラベルのサポート
  • 修正 : ダッシュボードページでの二重通知
  • 修正:翻訳文字列

3.1.3 ( 2021-11-01 )

  • 改善 : エンハンスマイナーなパフォーマンス改善

3.1.2 ( 2021-10-19 )

  • New : Uptimeレポートから平均レスポンスタイムを非表示にするオプション
  • 強化されました – データベースクリーンアップの下書き処理 – 下書きは完全に削除されるのではなく、ゴミ箱に移動されるようになりました。
  • 強化されました – アセット最適化処理 – 無限ループを防ぐため、バージョンにタイムスタンプを使用するアセットが追跡されなくなりました。
  • 孤立したデータエントリを削除するアセットの最適化を強化しました。
  • LiteSpeedサーバーブラウザキャッシュの説明を改善しました。
  • WPMU DEV ホスティング FastCGI との互換性を強化しました。
  • アセットのバージョンを変更しても、アセットの最適化の更新が行われない不具合を更新しました。
  • 修正 : メニュー更新時にページキャッシュがクリアされない問題を修正しました。
  • 修正 : スラッグが ‘mobile’ の場合、ページ/ポストでページキャッシュが機能しない。
  • 修正 : PHP の未定義オフセット警告の修正
  • 修正 : 隠された CPT がページキャッシュをクリアするようになりました。
  • 修正 : サブサイト管理者のためのコンフィグが機能しない。
  • 修正 : Smush を以前にインストールし削除した場合、ダッシュボードページで PHP の警告が表示される問題を修正。
  • 修正 : パフォーマンス最適化ガイドのリンク

3.1.1 ( 2021-09-07 )

  • 新機能 : ネットワークサブサイトの資産最適化設定のインポート/エクスポート
  • 強化 : ページキャッシュの警告とエラー
  • 強化 : PHP 8.1との互換性
  • 修正 : Asset Optimization モジュールにおける PHP の警告を修正しました。
  • 修正 : Gzip モジュールの[object Object]でエラーが発生する。
  • 修正 : ネットワーク上でプラグインを無効にした場合のページキャッシュの状態を修正しました。
  • 修正 : パフォーマンステストにおけるプリロードキー要求の監査。
  • 修正 : Firefoxでパフォーマンススキャンが開始されないことがある。
  • 修正 : Cloudflareとの統合により、サブサイト上のマッピングされたドメインが検出されないことがある。
  • Cloudflare のモーダルが正しく閉じないことがあった不具合を修正しました。
  • データ最適化ページでツールチップの重なりを修正しました。

3.1.0 ( 2021-07-20 )

  • 新着 : アセット最適化プリロードオプション
  • 新着 : 外部アセットに対するアセット最適化非同期オプション
  • 新着 : WP_REDIS_SALT 定義で Redis キャッシュに接頭辞を追加 (複数サイトのキャッシュを単一データベースに保存可能)
  • 新着情報 : 資産最適化 CDN のための DNS プリフェッチ
  • 新着情報 : パフォーマンステストにおける関連する監査のフィルタリング
  • 新着 : 新規 API トークンで Cloudflare に接続
  • 強化 : プリコネクトリソースに crossorigin 属性を設定できるようになりました。
  • 強化 : パフォーマンステストのスコア指標の重み付け(最新のLighthouseの変更に沿ったもの)
  • 強化 : 性能テストツールチップ
  • 強化 : WP_DEBUG と WP_DEBUG_LOG の両方が設定されているときのみ、ログがアクティブになるようにしました。
  • 強化 : 新規インストール時に Cloudflare APO のデバイスタイプ別キャッシュオプションの設定
  • 強化 : ホワイトラベルのサポート
  • 強化 : 他のプラグインからのコンフィグを処理する
  • 修正 : フォントを最適化しない場合、Googleフォントサーバーに事前接続しない。
  • 修正 : Cloudflare APO インテグレーションで購入リンクが壊れている。
  • 修正 : サブサイトでページキャッシュモジュールが常に表示されないことがある。
  • 修正 : Redisがホスト名で外部サーバーに接続できない問題
  • 修正 : 未定義のインデックス original_size に対する PHP 警告を修正しました。
  • 修正 : Dashboardからパフォーマンススキャンを実行する際に発生するPHPの警告を修正しました。
  • 修正 : PHP の警告 array_filter() は、パラメータ 1 が配列であることを期待する。
  • 修正 : ネットワークインストールにおけるページキャッシングモジュールのコンフィグによる設定の保存と適用を修正しました。

3.0.1 ( 2021-06-17 )

  • 新着情報 : コンフィグ
  • 新着 : Redis の除外グループを制御するための定義
  • 新着 : 様々なキャッシュをパージするための管理バーショートカットの追加を許可
  • 強化 : 管理バーキャッシュコントロールの設定を[設定]-[一般]ページに移動
  • 強化 : パフォーマンステストによる情報提供のための UI
  • 修正 : モバイルデバイスにおけるダッシュボードと Gzip 圧縮モジュールのレイアウトの問題
  • 修正 : ヘッダーファイルがない状態でページキャッシュを削除すると、白いページが表示されることがある問題を修正しました。
  • 修正 : サブサイトにおける資産最適化の空のデバッグリンク。
  • 修正 : ドキュメントへのリンク
  • 修正 : パフォーマンステストのボタンスタイルをスキップするようにしました。
  • 修正 : サブサイトでのパフォーマンス・テストをスキップするようにしました。

3.0.0 ( 2021-05-19 )

  • 新着情報 : パフォーマンスレポート (最新のLighthouse APIと同期)
  • 新着情報 : Cloudflare 自動プラットフォーム最適化(APO)統合
  • 新着情報 : サブサイトにおける Cloudflare の統合
  • 新着情報 : アセット最適化フォントのプリロード
  • 新着 : wphb_cache_* クッキーでページキャッシュのファイル名をカスタマイズできるようにした。
  • 新着 : プリコネクトオプション
  • 強化 : アセット最適化アセットアクションのツールチップ
  • 強化 : Redis との連携における UX
  • 強化 : 資産の最適化、ページキャッシュの互換性
  • 修正 : アセット最適化設定のリセット
  • 修正 : アセット最適化の UI の不一致。
  • 修正 : ネットワークサブサイトでキャッシュをクリアすることを通知するようにしました。
  • 修正 : レポート画面での要素スタイルの選択
  • 修正 : アドバンスドツールで、ネットワーク管理者の設定を上書きしてしまう問題を修正
  • 修正 : 記事編集中にページキャッシュのクリアに時間がかかりすぎる問題を修正
  • 修正 : Cloudflare のブラウザキャッシュ設定が Hub と同期しない。

旧バージョンの変更履歴 です。