Smash Balloon Social Photo Feed – Best Social Feed Plugin for WordPress

説明

Instagram アカウントからの投稿を、同じひとつのフィードまたは複数の異なるフィードで表示します。

機能

  • 新機能: Instagram oEmbeds を自動的に表示
  • 簡単なセットアップ
  • 複数の Instagramアカウント の写真を同じフィードまたは別々のフィードに表示
  • 完全にレスポンシブでモバイル対応 – レイアウトはあらゆる画面サイズとあらゆるコンテナ幅で見栄えがします
  • 完全にカスタマイズ可能 – 幅、高さ、写真の枚数、列数、画像のサイズ、背景色、画像の間隔などをカスタマイズ
  • 複数の Instagram フィード をサイト内の同じページまたは異なるページに表示
  • GDPR コンプライアンス – 一般的な GDPR (一般データ保護規則) の Cookie 同意プラグインの多くと自動的に統合され、ワンクリックで GDPR の設定ができます
  • ドラッグ & ドロップで使用できるカスタマイザーを使用して、Instagram のフィードごとに全面的にカスタマイズ
  • Instagram フィードからサムネイル、中サイズ、またはフルサイズの写真を表示
  • 「もっと読み込む」ボタンで、Instagram の写真を無限に表示
  • フィードの下部に Instagram をフォローボタンを追加
  • フィードの上部に美しいヘッダーを表示
  • Instagram の写真を時系列またはランダムな順に表示
  • 独自のカスタム CSS または JavaScript を入力して、さらに詳細にカスタマイズ
  • ブロックエディタで投稿やページにフィードを簡単に追加するための便利なブロック
  • Elementor および Divi ページビルダーとの連携。Instagram for Elementor は非常にシンプルです

メリット

  • ソーシャルエンゲージメントを向上
    あなたと Instagram フォロワーとのエンゲージメントを高めます。Instagram のコンテンツをサイトに直接表示して、Instagram フォロワーの数を増やしましょう。
  • 時間を節約 – サイトで写真を更新する時間がありませんか ? 写真を Instagram に投稿するだけでサイトに自動的に表示されるため、時間を節約して効率を向上できます。
  • コンテンツを思いどおりに表示
    Instagram のフィードを思いどおりにカスタマイズして、サイトに違和感なく溶け込ませることも、訪問者の目に飛び込んでくるよう目立たせることもできます。
  • サイトを新鮮に保つ
    Instagram の新しいコンテンツを自動的に直接プッシュすることで、サイトの見た目を新鮮に保ち、訪問者の関心を維持します。
  • セットアップがとても簡単 – インストールして30秒以内に Instagram の写真を表示できます ! 紛らわしい手順や Instagram の開発者アカウントは必要ありません。
  • サイト上のすべての Instagramo Embed に対応 – WordPress が Instagram oEmbeds のサポートを停止したことに伴い、プラグインがサイト上のすべての Instagram 埋め込みに対応しました。新旧問わず、機能を使い続けることができます。

プロ版

プラグインの無料バージョンを引き続き維持し、無料で迅速かつ効果的なサポートを提供できるように、プラグインの Pro バージョンも提供しています。Pro バージョンでは以下が可能です。
* ハッシュタグフィードを表示
* サイトのポップアップライトボックスで写真や動画を直接表示
* ユーザーフィードの投稿コメントを表示
* 各投稿のいいねとコメントの数を表示
* 投稿からカルーセルを作成
* フィードには「タイル状」または「ハイライト」レイアウトを使用可能
* 写真と動画のキャプションを表示
* ハッシュタグ / 単語に基づいて投稿をフィルタリング
* 特定の投稿を非表示 / 表示するための高度な承認システム
* 特定のユーザーによる投稿をブロック
* 「ショッピング可能」な Instagram フィードの作成など
* プロフィールのリンクなど、各投稿にカスタムリンクを追加
* すばやく作成できるテンプレートで簡単にフィードを作成

Pro バージョンの詳細をご覧いただくか、Pro バージョンのデモをお試しください

注目のクチコミ

シンプルで簡潔 – 優れたプラグインです。シンプルですが、肥大化していません。使い始めた当初は微細な問題がありましたが、サポートフォーラムに短いコメントを投稿したら翌日には修正され、新しいバージョンに更新されました。すばらしいサポートです !」- Josh Jones

すばらしいプラグイン。サポートもすばらしいです ! -このプラグインをサイドバーに追加して以来、間違いなく Instagram のフォロワーが増えていることに気づきました。調整をサポートしてくれて、ありがとうございます…見た目も機能も素晴らしいです !」 – BNOTP

フィードバックとサポート

私たちは、世界で一番カスタマイズでき、堅牢で、サポートの手厚い Instagram Feed プラグインの提供に専念しています。問題がある場合や、プラグインの改善についてフィードバックがある場合は、サポートフォーラムでチケットを開いてください。

写真をポップアップするライトボックスハッシュタグで投稿を表示、写真のキャプションを表示、動画サポートなどについては、Pro バージョンをご覧ください。
すっきりと美しく、カスタマイズできるレスポンシブな Instagramフ ィードをサイトに追加します。セットアップはとても簡単で、サイトの見た目や雰囲気に違和感なく溶け込むカスタマイズオプションがたくさんあります。

必要な理由

ソーシャルエンゲージメントを向上
あなたと Instagram フォロワーとのエンゲージメントを高めます。Instagram のコンテンツをサイトに直接表示して、Instagram フォロワーの数を増やしましょう。

時間を節約
サイトで写真を更新する時間がありませんか ? 写真を Instagram に投稿するだけでサイトに自動的に表示されるため、時間を節約して効率を向上できます。

コンテンツを思いどおりに表示
Instagram のフィードを思いどおりにカスタマイズして、サイトに違和感なく溶け込ませることも、訪問者の目に飛び込んでくるよう目立たせることもできます。

サイトを新鮮に保つ
Instagram の新しいコンテンツを自動的に直接プッシュすることで、サイトの見た目を新鮮に保ち、訪問者の関心を維持します。

コーディングは不要
Instagram Feed に用意された数多くのカスタマイズオプションを選択して、本当に独自の Instagram コンテンツフィードを作成できます。

セットアップがとても簡単
インストールして30秒以内に Instagram の写真を表示できます ! 紛らわしい手順や Instagram の開発者アカウントは必要ありません。

すばらしいカスタマーサポート
ヘルプが必要な場合や問題がある場合、またはただ質問がある場合もあるでしょう。 私たちはユーザーの皆様を愛し、最高のサポート体験を提供するよう努めています。Instagram API のエキスパートとして、優れたサービスと専門知識を提供いたします。サポートが必要な場合はお知らせいただければ、すぐにご連絡いたします。

その他のメリット

  • ご利用の Instagram アカウントから写真を表示します
  • 完全にレスポンシブでモバイル対応 – Instagram Feed のレイアウトは、あらゆる画面サイズとあらゆるコンテナ幅で見栄えがします
  • パワフルな Instagram Feed のショートコードにより、サイト内の同じページまたは異なるページに複数の Instagram フィードを表示
  • 複数の Instagram ユーザー ID の投稿を表示
  • 組み込みのカスタマイズオプションを使用して、Instagram のフィードごとに全面的にカスタマイズできます。
  • 「もっと読み込む」ボタンで、Instagram の写真を無限に表示
  • さらに、より多くの機能が常に追加されています !

完全にカスタマイズ可能

  • デフォルトでは、Instagram Feed はサイトのスタイルを適応しますが、お好みに合わせて完全にカスタマイズすることもできます !
  • 表示する Instagram の写真の枚数を設定
  • Instagram の写真を表示するカラム数と Instagram の写真のサイズを選択
  • ヘッダー、「もっと読み込む」、「フォローする」ボタンなど、Instagram Feed の特定の部分の表示または非表示を選択
  • Instagram Feed の幅、高さ、背景色をコントロール
  • Instagram の写真の間隔 / 余白を設定
  • Instagram の写真を時系列またはランダムな順に表示
  • 「もっと読み込む」ボタンと「フォローする」ボタンには、お好きなテキストと色を使用可能
  • 独自のカスタム CSS または JavaScript を入力して、さらに詳細にカスタマイズ
  • ショートコードのオプションを使用することで、まったく異なる方法で複数の Instagram フィードのスタイルを設定
  • さらに、より多くのカスタマイズオプションが常に追加されています !

What’s Next

If you like our WordPress Instagram plugin, then consider checking out our other projects:

OptinMonster – Get more email subscribers with the most popular conversion optimization plugin for WordPress.
WPForms – #1 drag & drop online form builder for WordPress (trusted by 5 million sites).
AIOSEO – The original WordPress SEO plugin to help you rank higher in search results (trusted by over 3 million sites).
MonsterInsights – See the stats that matter and grow your business with confidence. Best Google Analytics plugin for WordPress.
SeedProd – Create beautiful landing pages with our powerful drag & drop landing page builder.
WP Mail SMTP – Improve email deliverability for your contact form with the most popular SMTP plugin for WordPress.
WPCode – must have WordPress code snippet management plugin to help you future-proof website customization (trusted by 1.5 million sites).
Duplicator – popular WordPress backup and migration plugin used by over 1 million websites.
WP Simple Pay – #1 Stripe payments plugin for WordPress. Start accepting one-time or recurring payments without a shopping cart.
PushEngage – Connect with visitors after they leave your website with the leading web push notification plugin.
RafflePress – Best WordPress giveaway and contest plugin to grow traffic and social followers.
TrustPulse – Add real-time social proof notifications to boost your store conversions by up to 15%.
SearchWP – The most advanced custom WordPress search plugin to improve WordPress search quality.
AffiliateWP – #1 affiliate management plugin for WordPress. Add a referral program to your online store.
Easy Digital Downloads – The best WordPress eCommerce plugin to sell digital products (eBooks, software, music, and more).
WPCharitable – Top-rated WordPress donation and fundraising plugin for WordPress.

Visit WPBeginner to learn from our WordPress Tutorials and about the best WordPress plugins.

スクリーンショット

  • Instagram アカウントからのフィードを簡単に表示
  • Instagram フィードは完全にカスタマイズ可能でレスポンシブ
  • 複数のフィード形式を1つのフィードに統合
  • とてもすばやく簡単に開始できます。ボタンをクリックするだけで、Instagram アカウントに接続できます。
  • レイアウト、スタイル、色などをカスタマイズ
  • ショートコードをコピーしてサイトの任意のページ、投稿、ウィジェットに貼り付けるだけ。使いやすい Instagram Feed ブロックでブロックエディターを使用することもできます。

ブロック

このプラグインは1個のブロックを提供します。

  • Instagram Feed

インストール

  1. WordPress プラグインディレクトリを介して、またはファイルを Web サーバーの ( /wp-content/plugins/ ディレクトリ内) にアップロードすることにより、Instagram Feed プラグインをインストールします。
  2. WordPress の「プラグイン」メニューより Instagram Feed プラグインを有効化します。
  3. 「Instagram Feed」設定ページに移動して、Instagram アカウントに接続します。
  4. Use the shortcode [instagram-feed feed=1] in your page, post or widget to display your Instagram photos.
  5. ショートコードのオプションを使用して、複数の Instagram フィードを表示することができます。例: [instagram-feed num=6 cols=3]

Instagram Feed プラグインの設定方法の簡単な手順については、セットアップガイド を参照してください。

フィードを表示

ひとつの Instagram フィード

次のショートコードをコピーして、Instagram フィードを表示するページ、投稿、またはウィジェットに直接貼り付けます: [instagram-feed]

複数の Instagram フィード

複数の Instagram フィードを表示したい場合は、次のように直接ショートコードで異なる設定を設定できます: [instagram-feed num=9 cols=3]

複数のアカウントからのフィードを表示する場合は、「構成」タブで複数のアカウントを接続してから、ショートコードにユーザー名を追加します: [instagram-feed user="ANOTHER_USER_NAME"]

You can display as many different Instagram feeds as you like, on either the same page or on different pages, by just using the shortcode options and the assigned feed ID below. For example:
[instagram-feed feed=1]
[instagram-feed feed=2]
[instagram-feed feed=3]

ショートコードで利用できるすべてのオプションは、以下の表を参照してください:

Customization Options

  • 一般設定
  • width of feed – The width of your Instagram feed.
  • height of feed – The height of your Instagram feed.
  • background – Instagramフィードの背景色。任意の16進カラーコード-例: [instagram-feed background=#ffff00]
  • 写真オプション
  • sorting – Sort the Instagram posts by Newest to Oldest (none) or Random (random)
  • number of posts – The number of Instagram posts to display initially.
  • desktop columns – The number of columns in your Instagram feed when displayed on desktop devices
  • tablet columns – The number of columns in your Instagram feed when displayed on tablet devices
  • mobile columns – The number of columns in your Instagram feed when displayed on mobile or phone devices
  • image spacing – The spacing around your Instagram photos
  • ヘッダー設定
  • show header – Whether to show the Instagram feed Header.
  • show bio – Whether to show the account’s bio in the Instagram feed Header.
  • custom avatar – URL of a custom Avatar image for the header (use whatever image you want for your account).
  • header color – The color of the Instagram feed Header text.
  • 「さらに読み込む」ボタンのオプション
  • show load more button – Whether to show the ‘Load More’ button.
  • button color – The background color of the button. Any hex color code
  • button text color – The text color of the button.
  • button text – The text used for the button – Example: “Load More Photos”
  • ‘「Instagram をフォローする」ボタンのオプション
  • **show the follow button ** – Whether to show the ‘Follow on Instagram’ button.
  • follow color – The background color of the ‘Follow on Instagram’ button.
  • follow text color – The text color of the ‘Follow on Instagram’ button.
  • follow text – The text used for the ‘Follow on Instagram’ button – Example: “Follow me”

WordPressの無料プラグイン Instagram Feed の設定

1) Instagram Feed プラグインをインストールしたら、ダッシュボードメニューの Instagram Feed をクリックします

2) Follow the onboarding steps to connect an account and create your first feed.

3) Customize your feed with tons of settings and options to display it just how you would like.

4) Once you’ve customized your Instagram feed, copy the [instagram-feed feed=1] shortcode.

5) Paste it into any page, post or widget where you want the Instagram feed to appear. Alternatively, use our handy block to add it to a page.

6) You can use our handy Instagram Feed widget to display a feed in a sidebar or other widget area.

FAQ

自分のサイトまたは同じページに複数の Instagram フィードを表示できますか ?

はい。組み込みのフィード作成ツールを使用して、複数の Instagram フィードを表示することができます。例: [instagram-feed feed=2]

1つのフィードに複数の Instagram アカウントの写真を表示できますか ?

はい。複数のアカウントを接続して、フィード作成時にソースとして含めることができます。

プラグインは Instagram oEmbeds で動作しますか ?

Yes. In version 2.5, support was added to allow the plugin to power your Instagram oEmbeds as official support for these is no longer available in WordPress core. Just connect your account on the oEmbeds settings page inside the plugin and we’ll do the rest. No developer app or account required.

自分の Instagram アカウントをどうやって接続できますか ?

We’ve made it super easy. Just follow the steps outlined when onboarding and you will have a connected account with simple clicks.

Instagram フィードが表示されません。 なぜですか !?

これには、一般的な原因がいくつかあります。

  • アクセストークンが有効でない可能性があります。プラグインの設定ページにある青い Instagram ログインボタンをもう一度クリックし、表示された Instagram トークンをコピーして、プラグインのアクセストークンのフィールドに貼り付けます。
  • The plugin’s JavaScript file isn’t included in your page. This is most likely because your WordPress theme is missing the WordPress wp_footer function which is required for plugins to be able to add their JavaScript files to your page. You can fix this by opening your theme’s footer.php file and adding the following directly before the closing tag between two php tags: wp_footer();
  • サイトに JavaScript エラーが発生している可能性があります。これにより JavaScript の実行が妨げられています。プラグインは JavaScript を使用して Instagram の写真をページに読み込むため、動作するには JavaScript を実行する必要があります。プラグインをフィードにロードできるようにするには、サイトで発生している JavaScript エラーを削除する必要があります。

それでもフィードの表示に問題がある場合は、サポートフォーラムでチケットを開いてください。Instagramフィードを表示しようとしているページへのリンクと、可能な場合は Instagram アカウントへのリンクも記載してください。

自分のサイトでアクセストークンを使用することでセキュリティ上の問題はありますか?

いいえ。プラグインで使用されるアクセストークンは「読み取り専用」トークンです。つまり、Instagram アカウントを悪意を持って操作するために使用されることはありません。

フルサイズの写真を表示したり、Instagram の動画を自分のサイトで直接再生したりできますか ?

これは、Pro バージョンの機能です。Pro バージョンではポップアップライトボックスで写真を表示したり、動画をサポートしたり、キャプションを表示したり、ハッシュタグで写真を表示したりできます。

How do I embed my Instagram feed directly into a WordPress page template?

WordPress の do_shortcode 関数を使用して、Instagram フィードをテンプレートに直接埋め込むことができます: <?php echo do_shortcode('[instagram-feed]'); ?>.

フィードが機能しません – 表示されるのは読み込み中の記号だけです

Instagram の写真が読み込まれず、表示されるのが読み込み中の記号だけの場合は、一般的な原因がいくつかあります。

1)使用している Instagram アクセストークンに問題があります

「接続」ボタンを使ってアカウントに再接続すると、Instagram Feed 設定ページで Instagram アクセストークンを取得できます。

プラグイン内の接続ボタンがアクセストークンを更新できない場合があります。こちらを試していただくこともできます。

2)プラグインの JavaScript ファイルがページに含まれていません

WordPress テーマで、プラグインが JavaScript ファイルをページに追加するために必要な WordPress の wp_footer 関数がないことが原因である可能性があります。これを修正するには、テーマの footer.php ファイルを開き、終了タグの直前に次を追加します:

3)プラグインの JavaScript の実行を妨げている JavaScript エラーがサイトにあります

You can find out whether this is the case by right clicking on your page, selecting ‘Inspect Element’, and then clicking on the ‘Console’ tab, or by selecting the ‘JavaScript Console’ option from your browser’s Developer Tools.

サイトで JavaScript エラーが発生している場合は、原因となっている JavaScript ファイルが赤で表示されます。

4)表示しようとしているフィードに Instagram の投稿がありません

投稿が行われていない Instagram フィードを表示しようとしている場合は、読み込み記号が Instagram フィードに表示されるすべてであるか、何も表示されない可能性があります。Instagram の投稿を追加すると、Instagramフィードが正常に表示されます。

5) 使用しているショートコードが間違っています

使用している Instagram Feed ショートコードにエラーがあるか、必要な引数が足りない可能性があります。

Instagram フィードのカスタマイズに使用できるオプションには、どのようなオプションがありますか ?

フィードをカスタマイズするには、数多くのオプションを使用できます。以下のリストをご覧ください。
* 一般設定
* フィードの幅 – Instagram フィードの幅。
* フィードの高さ – Instagramフィードの高さ。
* 背景色 – Instagram フィードの背景色。任意の hex カラーコード。例: [instagram-feed background=#ffff00]
*
* 写真オプション
* ソート – Instagram 投稿を新しい順 (none) またはランダム (random) に並べ替えます。
* 投稿数 – 最初に表示する Instagram の投稿数。
*
* デスクトップカラム – デスクトップ端末で表示した場合の Instagram フィードのカラム数。
* タブレットカラム – タブレット端末で表示した場合の Instagram フィードのカラム数。
* モバイルカラム – モバイル端末や携帯で表示した場合の Instagram フィードのカラム数。
*
* 画像の間隔 – Instagram 写真の間隔
*
* ヘッダーのオプション
* ヘッダーを表示 – Instagram フィードのヘッダーを表示するかどうか。
* プロフィールを表示 – Instagram フィードのヘッダーでアカウントのプロフィールを表示するかどうか。
* カスタムアバター – ヘッダー用のカスタムのアバター画像の URL (アカウントで使用したい画像)。
*
* ヘッダーの色 – Instagram フィードのヘッダーのテキストの色。
*
* 「さらに読み込む」ボタンのオプション
* さらに読み込むボタンを表示 – 「さらに読み込む」ボタンを表示するかどうか。
* ボタンカラー – ボタンの背景色。任意の hex カラーコード
* ボタンのテキストの色 – ボタンのテキストの色。
* ボタンのテキスト – ボタンに使用するテキスト。例: 「写真をさらに読み込む」
*
* 「Instagram でフォロー」ボタンのオプション
* フォローボタンを表示 ** – 「Instagram でフォロー」ボタンを表示するかどうか。
* **フォローカラー
– 「Instagram でフォロー」ボタンの背景色。
* フォローテキストの色 – 「Instagram でフォロー」ボタンのテキストの色。
* フォローテキスト – 「Instagram でフォロー」ボタンで使用するテキスト。例: 「フォローする」

For more options, check out the Pro version.

Instagram Feed プラグインに関するその他の FAQ は、FAQ セクションをご覧ください。

評価

Bad

2024年2月19日 1 reply
It destroyed my page.
2024年2月10日
Whenever I need to display the Instagram feed in a WordPress site, I choose this plugin. It is not only easy to set up, but even in the free version you have enough features to have a nice feed. Do not expend more time looking for another Instagram feed plugin: This is the best!
4,150件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Smash Balloon Social Photo Feed – Best Social Feed Plugin for WordPress はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Smash Balloon Social Photo Feed – Best Social Feed Plugin for WordPress” は21ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Smash Balloon Social Photo Feed – Best Social Feed Plugin for WordPress” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

6.2.8

  • Fix: Menu items for our other plugins were not working when clicked.

6.2.7

  • Tweak: Improved and hardened our code base to improve reliability.

6.2.6

  • Fix: Resetting optimized images would also reset Instagram Feed settings.

6.2.5

  • Fix: Fixed a problem with our code that would remove admin footer text from other sources.
  • Fix: Fixed an issue causing the minified CSS file to not actually be minified.

6.2.4

  • Fix: Disabled translation for a string that would cause an error in some languages.

6.2.3

  • Fix: Fixed translation bugs that would cause PHP errors on certain settings pages.
  • Fix: Fixed a PHP error that would occur when the database record for translations was corrupted.

6.2.2

  • Translations: Fixed many translation issues and added translation files for German, French, Japanese, and many more.
  • Fix: Fixed an issue that would cause extra slashes to be added to text settings that contained single and double quotes.
  • Fix: Fixed an issue that would cause the customizer to not work the first time it was accessed.

6.2.1

  • Fix: Fixed a deprecation warning that would occur in PHP 8.2+.
  • Fix: Fixed a PHP error that would occur when using PHP 8.0+, legacy feeds, and a shortcode with no arguments.

6.2

  • New: Added an onboarding wizard for new users to easily get started with Instagram Feeds.

6.1.6

  • 修正: 信頼性向上のために、アカウント接続に関連するコードを変更しました。
  • 修正: 設定ページでツールを使用する際に、エクスポート可能なフィードは20フィードのみでした。
  • 修正: PHP8.2の使用時に、PHP エラー “creation of a dynamic property (動的プロパティの作成) “が発生する問題を修正しました。

6.1.5

  • 修正: 個人アカウントが新しいツイートを取得できず、コード100のエラーが表示される問題を修正しました。
  • 修正: Instagram の今後の変更に対応できるよう、ビジネスアカウントの API 呼び出しを更新しました。

6.1.4

  • 修正: 現在のテーマがウィジェットをサポートしていない場合、ウィジェットにフィードを追加するオプションを削除しました。
  • 新規: 当社の新しい Reviews Feed プラグインを簡単にインストールするためのメニュー項目を追加しました !

6.1.3

  • 修正: PHP の警告「strtotime() : Epoch doesn’t fit in a PHP integer (エポックが PHP の整数に収まりません)」を修正しました。
  • 修正: 接続済みの Instagram アカウントのプロフィールの更新時に、ヘッダーのプロフィールは更新されていませんでした。
  • 修正: いくつかのテキスト項目が翻訳できない問題を修正しました。

6.1.2

  • 修正: oEmbed ページから Facebook oEmbeds を有効化する際、Custom Facebook Feed プラグインが有効化されていると Instagram アイコンが表示されていました。
  • 修正: CSS の解析エラーを修正しました。

6.1.1

  • 修正: カスタマイザーを使用して、ヘッダーの「スクロール可能な領域の外側を表示」設定を有効化し、背景色を追加した場合、プレビューには実際のフィードと同じ結果が表示されませんでした。
  • 修正: 「高度な設定」タブで JavaScript の画像読み込みを無効化すると、カスタマイザーのプレビューが歪んで見えていました。
  • 修正: フィードをカスタマイズする際、端末のプレビューを切り替えると「さらに読み込む」ボタンが有効化されていました。
  • 修正: フィードの一括削除時に示される PHP の警告を修正しました。

6.1

  • 新規: フィードの「リール」投稿をフィルタリングできる機能を追加しました。フィードをカスタマイズしたり、モデレーション設定を使用したりする際に、Instagram の「リール」投稿の表示/非表示を選択できるようになりました。
  • 新規: 個人ソースにヘッダー画像とプロフィールテキストを追加しました。設定ページに移動し、歯車のアイコンをクリックして既存のソースに追加します。
  • 新規: Instagram の「リール」oEmbeds のサポートを追加しました。WordPress の埋め込みブロックを使って、ブログ投稿やページに高度な oEmbed リンクを作成できます。
  • 調整: Vue.js のコードは、管理エリアのカスタマイザーで使用するために、外部の CDN ではなくプラグインに付属のローカルファイルから読み込まれるようになりました。

6.0.8

  • 調整: 投稿に対して Instagram から画像が返されなかった場合に、不足している画像を取得するための回避策を追加しました。
  • 修正: カスタムカラーパレットを使用している場合、フォローボタンに割り当てられたカスタムカラーが適用されませんでした。
  • 修正: プラグインの強化を追加しました。
  • 修正: 状況によっては、旧バージョンの PHP と WordPress で致命的なエラーが発生することがありました。

6.0.7

  • 修正: 従来の「モバイルを無効化」設定サポートを削除しました。これは、ユーザーが2.xから更新を行う際に、フィードのカラムの変更が反映されないという混乱を引き起こしていたためです。
  • 修正: フィード CSS ファイルに存在しない画像ファイルへの、フィード CSS ファイル内の参照を削除しました。
  • 修正: アプリの権限問題に対処するための猶予期間が終了すると、すべてのソースが削除されていましたが、単一のソースのみが削除されるようになりました。
  • 修正: モバイル端末でカスタマイザーを使用する場合、フィードプレビューで投稿数が不正確になる問題を修正しました。

6.0.6

  • 調整: Smash Balloon Instagram アプリの認証を解除した後、サイトから Instagram データが完全に削除されるまでの猶予期間を設けることを通知する警告を追加しました。Instagram の要件に従いアプリの認証を解除すると、サイトの Instagram データは、合理的な期間内に削除する必要があります。新しい警告通知では、データの削除を望まない場合にアプリを再認証できる時間を確保するため、7日間の猶予期間を設けています。
  • 調整: アカウントを再接続すると、データベース内の元の接続が削除され、新しい接続が追加されるようになりました。これにより、Redis のようなキャッシュシステムにおける問題を防ぐことができます。
  • 修正: フィードの作成時や、フィードのソースの変更時に、最初の20個のソースしか利用できませんでした。
  • 修正: いくつかのエラーメッセージのリンクが不適切で、クリックすると「アクセスが拒否されました」エラーメッセージが表示されていました。

6.0.5

  • 調整: WordPressの cron が正常に動作しないか、予定より遅れて動作し、それによりバックグラウンドキャッシュが機能しない場合、プラグインはページの読み込み時にフィードを更新します。
  • 修正: Jetpack の “Master Bar” 機能により、カスタマイザーのサイドバーが部分的に非表示になっていました。
  • 修正: すべてのフィード用の “class” ショートコード設定のサポートを再び追加しました。
  • 修正: Font Awesome のアイコンをすべて削除し、Font Awesome CDN の CSS ファイルが組み込まれないようにしました。

6.0.4

  • 修正: フィードで最大10カラムを使用できる機能が再び追加されました。
  • 修正: アカウントにエラーが発生した際に表示される再接続リンクが、connect.smashballoon.com にリダイレクトされていませんでした。

6.0.3

  • 調整: 私たちの新しいサイトに合わせて、プラグイン全体のロゴを一新しました。
  • 調整: テーマの競合を防ぐため、フォローボタンと「もっと読み込む」ボタンのホバー状態の色の適用方法を変更しました。
  • 修正: WebToffee のプラグイン GDPR Cookie Consent を使用する際、JavaScript ファイルがページに追加されていませんでした。
  • 修正: ダッシュボードの通知を無視すると、ページが更新されるまで「新規フィードを追加」ボタンが機能しなくなることがありました。

6.0.2

  • 修正:「AJAX テーマの読み込み」設定を使用すると Instagram フィードの JavaScript ファイルがページから欠落し、その結果、空白の画像が表示される問題を修正しました。
  • 修正: カスタムデータベースのテーブルを最初に作成しようとしたときにエラーが発生した場合、そのテーブルを作成できる機能を追加しました。
  • 修正: 個人アカウントまたは基本アカウントに接続しようとした際にエラーが発生した場合、エラーメッセージが表示されない問題を修正しました。

6.0.1

  • 修正: カスタム HTML テンプレートは新しいフィードに適用されませんでした。
  • 修正: MySQL の特定のバージョンで、一部のカスタムテーブルが作成されませんでした。
  • 修正: ショートコードの設定 “showfollow=false “がレガシーフィードで機能していませんでした。
  • 修正: ショートコード設定の “showheader “と “showbio “がレガシーフィード以外に適用されていたため、カスタマイザーでこれらの設定を変更しようとした際に混乱を招いていました。
  • 修正: GDPR 機能が有効化されている場合、カスタマイザーで画像のサイズ変更が行われず、空白の画像が表示されていました。
  • 修正: PHP 警告 “Undefined array key tagged (タグ付けされた未定義の配列キー)” を修正しました。

6.0

  • 重要: サポート対象の WordPress の最小バージョンは3.5から4.1に引き上げられました。
  • 新規: 今まで最大の更新です ! Instagram フィードをより簡単に作成、管理、カスタマイズできるように、プラグイン設定を根本から再設計しました。
  • 新規: すべてのフィードが「すべてのフィード」ページの1か所にまとめて表示されるようになりました。ページには既存の (レガシー) フィードと、作成した新しいフィードのリストが表示されます。注: v2.8以前のバージョンから更新した場合は、プラグインでフィードが検索され、ここに一覧表示されるように、Web ページでフィードを表示することが必要な場合があります。
  • 新規: 面倒なショートコードオプションの代わりに、新しいフィードの個別のフィード設定を簡単に編集できます。
  • 新規: フィードの作成がより簡単になりました。「新規追加」をクリックし、フィードの種類を選択して、アカウントを接続すれば完了です !
  • 新規: フィードカスタマイザーが一新されました。フィードのカスタマイズを一から再設計され、設定が見つかりやすいように再編成されました。
  • 新規: ライブフィードプレビュー。フィードに加えた変更を、設定ページでリアルタイムに確認できるようになりました。デスクトップ、タブレット、モバイルのサイズで簡単にプレビューできます。
  • 新規: 配色オプション。個別の色設定を調整しなくても、フィード全体の色をこれまで以上に簡単に変更できるようになりました。配色を設定するだけで、フィード全体の色を容易に変更できます。
  • 新規: フィードのカラム数をデスクトップ、タブレット、モバイルすべてで変更できるようになりました。
  • 新規: フィード設定を簡単にインポートおよびエクスポートできるため、サイト間でフィードを容易に移動できます。

2.9.5

  • 修正: 個人アカウントを再接続した際の問題を修正しました。
  • 修正: ショートコードで showheader=”true” を使用した場合、設定ページで関連設定が無効化されている場合には機能しませんでした。
  • 修正: プラグインの強化を追加しました。

2.9.4

  • 調整: すべての Instagram データは WordPress データベースで暗号化されるようになりました。
  • 調整: 設定ページでアクセストークンを表示できなくなりました。
  • 調整: 24時間の最大キャッシュ時間を追加しました。
  • 調整: バックアップキャッシュに有効期限を追加しました。
  • 調整:Instagram または Facebook のアカウント内でアプリの認証を解除すると、サイト上のそのフィードのデータはすべて削除されます。

2.9.3.1

  • 修正: 画像サイズ変更テーブルのチェックで、フィードに空白の画像や最適化されていない画像が表示される問題を修正しました。

2.9.3

  • 修正: サイズ変更された画像テーブルをチェックする際に、MySQL クエリーが重複していた問題を修正しました。
  • 修正: WebToffee の GDPR Cookie Consent プラグインとの統合に関する問題を修正しました。
  • 修正: パフォーマンス向上のため、sbi_item 要素の max-height ルールを削除しました。
  • 調整: Instagram アカウント接続プロセスの信頼性を向上させました。

2.9.2

  • WordPress 5.8更新でテスト済みです。
  • 修正: PHP 8+ を使用して “About “ページにアクセスした際の PHP エラー “Uncaught Error: array_merge() does not accept unknown named parameters (キャッチされていないエラー: array_merge() が不明の名前付きパラメーターを受け付けない )”。
  • 修正: YouTube Feed プラグインの有効化をユーザーに促す際、YouTube Feeds Pro がインストールされ、有効化されていることを About ページが認識していませんでした。
  • 修正: Web Toffee との統合による GDPR Cookie Consent の問題を修正しました。

2.9.1

  • 修正: Web Toffee との統合による GDPR Cookie Consent のいくつかの問題を修正しました。
  • 調整: 一時的で対処できないエラーが通知をトリガーしないように、接続アカウントのエラー表示方法を変更しました。

2.9

  • 新規: IGTV 投稿のサポートを追加しました。IGTV 投稿を作成するときは、「プレビューを投稿」設定を有効にしておくと、IGTV 投稿がフィードに表示されます。IGTV 投稿は、接続済みの Instagram ビジネスプロフィールでのみ利用でき、このプラグインで個人の Instagram プロフィールを使用している場合は利用できません。
  • 修正: アクセストークンをリフレッシュするための HTTP リクエストがエラーになった際の、PHP エラーを修正しました。

2.8.2

  • 修正: アカウント接続時に “Rank Math SEO” プラグインとの競合を防ぐために、アクセストークンの取得方法を変更しました。
  • 修正: WordPress 5.7との互換性を確保するため jQuery メソッドを更新しました。

2.8.1

  • 修正: 状況によっては表示される PHP の警告 “array_diff(): Expected parameter 1 to be an array, string given (パラメータ1が配列であることが必要ですが、文字列が指定されている)” を修正しました。
  • 修正: プライマリアカウントが選択されていない場合に表示される PHP 警告 “Undefined index: accesstoken (インデックス未定義: アクセストークン)” を修正しました。
  • 修正: アカウントを削除または再接続しても、アカウントエラーが削除されない問題を修正しました。

2.8

  • 新規: サイト上の Instagram フィードの位置が記録され、簡単に管理できるように1ページに一覧表示されるようになりました。この機能が有効化されてしばらくたつと、プラグインの設定ページのフィードタイプ設定の横に「Feed Finder」リンクが表示され、サイト上のすべてのフィードとその位置を示すリストを確認することができます。
  • 新規: ローカルでサイズ変更された画像には、各投稿に150×150の解像度のバージョンが含まれるようになりました。
  • 調整: ローカルに保存された画質を80%に設定することで、視覚的な差異を目立たせずにフィードのパフォーマンスを向上させました。
  • 調整: 1つのフィードに複数のユーザーアカウントがある場合、投稿を日付順に並び変える方法を改善しました。
  • 修正: Instagram の非推奨で機能しない API の古いアカウントは、引き続き接続されている場合は無視されます。

2.7

  • 調整: 今回の更新では、フィード表示時のキャッシュの改善やデータベースクエリーの削減など、いくつかのパフォーマンス改善が行われました。
  • 調整: サイズ変更されたローカルイメージの作成と保存の制限は、全体数と作成速度に関して引き上げられました。
  • 調整: フィードエラーの処理と報告方法を改善しました。API リクエストの遅延はエラーが発生したフィードにのみ影響し、他のフィードには影響を与えません。
  • 調整: PHP で画像のサイズ変更を動的に無効化するフックを追加しました。
  • 修正: PHP 警告 “required parameter follows optional parameter” (必須パラメータがオプションパラメータの後に続く)。
  • 修正: GDPR 機能は正常に動作しているにもかかわらず、エラーが報告されることがありました。

2.6.2

  • 調整: 何らかの問題によって画像のサイズ変更機能が正常に動作しない場合、フィード内の空白画像を防ぐため、手動で有効化しない限り GDPR 設定は無効化されます。
  • 修正: 場合により、GDPR の設定で、画像のサイズ変更のエラーが誤って報告されていました。

2.6.1

  • 修正: ファイルの欠落に関係する PHP エラーを修正しました。

2.6

  • 新規: 人気のある GDPR Cookie 同意ソリューションとの連携が追加されました。dFactory の Cookie Notice、WebToffee の GDPR Cookie Consent、Cybot A/S の Cookiebot、Really Simple Plugins の omplianz、Borlabs の Borlabs Cookie が含まれます。詳しくは Instagram Feed の設定ページ、「カスタマイズ」タブの「GDPR」セクションをご覧ください。
  • 修正: 問題が解決してアカウントの再接続に成功しても、API エラー通知が WordPress ダッシュボードから削除されませんでした。
  • 修正: 個人アカウント接続時に HTTP エラーが発生する PHP エラーを修正しました。
  • 修正: oEmbeds は、WordPress の古いバージョンでは必ずしも機能しませんでした。
  • 修正: モバイルレイアウトが無効化されている場合、画像が小さいにも関わらず再生とカルーセルのアイコンが非常に大きく表示されていました。

2.5.4

  • 修正: oEmbeds のシステム情報にデバッグ情報を追加しました。
  • 修正: oEmbed のアクセストークンがまれに保存されていなかった問題の回避策を追加しました。
  • 修正: 「JS 画像読み込みの無効化」設定を使用し、画像のサイズ変更が無効化されている場合、カルーセル投稿に画像が表示されませんでした。

2.5.3

  • 修正: Instagram の API が予告なしに変更され、一部の動画投稿でサムネイル用の画像データが利用できないという問題が修正されました。
  • 修正: デバッグを容易にするため、プラグインの「システム情報」に oEmbed アカウント情報を追加しました。

2.5.2

  • 修正: Instagram の API 変更に伴って画像のサイズ変更機能が無効化されている場合、一部の画像が表示されない問題を修正しました。

2.5.1

  • 調整: footer.php テンプレートのマイナー更新。
  • 調整: プラグイン設定ページに改善された通知のサポートを追加しました。
  • 修正: アクセシビリティ向上のため、読み込みアイコンに aria-hidden=”true ” 属性を追加しました。

2.5

  • 新規: Instagram の oEmbeds のサポートを追加しました。Instagram の投稿へのリンクを共有すると、WordPress は自動的にそれを Instagram の埋め込み投稿 (“oEmbed”) に変換します。ただし、2020年10月24日に WordPress は Instagram oEmbeds のサポートを終了するため、既存または新規の埋め込みは機能しなくなります。でもご安心ください ! この更新は、Instagram の oEmbeds のサポートを追加するので、更新後は Instagram Feed プラグインによって oEmbeds は引き続き自動的に機能します。またこれは、今後投稿される新しい oEmbeds にも適用されます。
  • 新規: Instagram Feed 設定メニューから、当社の他の無料ソーシャルメディアプラグインをインストールできます。Facebook、YouTube、Twitter のプラグインを使用すれば、サイトにさらに多くのソーシャルコンテンツを追加し、閲覧者の関心を高め、フォロワーを増やすことができます。
  • 調整: 一部の広告ブロッカーがフィードを非表示にするのを防ぐため、CSS と JavaScript のファイル名を変更しました。この更新には、元の名前の元のファイルが引き続き含まれています。
  • 調整: バックグラウンドのキャッシュとローカル画像優先設定が、新規インストール時のデフォルト設定となりました。
  • 修正: スペイン語の翻訳ファイルを使用する際、引数が少なすぎるという PHP の警告を修正しました。

2.4.7

  • 重要: 最近の Instagram の変更により、非公開アカウントは60日ごとに手動でリフレッシュする必要があります。Instagram の非公開アカウントをご利用の場合は、アカウントを手動で再接続しなくてもすむように、公開アカウントにすることをご検討ください。
  • 新規: 非公開アカウントに対して、リフレッシュが必要になるまでの期間を伝える通知を追加しました。非公開アカウントのリフレッシュがすぐに必要な場合は、管理者通知とメール通知システムを使った通知も行われます。

2.4.6

  • 新規: PHP フック “sbi_clear_page_caches “を追加し、一般的なページキャッシュプラグインによって作成されたキャッシュをクリアする Instagram Feed のコードを動的に無効化できるようになりました。
  • 新規: ローカルに保存された画像のデフォルトの URL を変更できる PHP フック “sbi_resize_url” を追加しました。これは CDN を利用しているサイトで役に立ちます。
  • 調整: WordPress の古いバージョンで使用されている wp_json_encode 関数の回避策を追加しました。
  • 修正: WordPress バージョン5.5リリースに伴う互換性の更新。

2.4.5

  • 修正: アカウントは JavaScript を使用せずに接続できます。
  • 修正: アカウント接続時のデフォルトの URL を変更し、”Invalid Scope” 接続問題を防止しました。

2.4.4

  • 修正: 未定義の media_url インデックスに関する PHP 警告の回避策を追加しました。
  • Fix: Connecting a business account on a mobile device when more than 2 pages were returned was not possible.
  • 修正: アカウントの接続後も、接続されているアカウントがないという警告が引き続き表示されていました。
  • 修正: Instagram からリダイレクト方式で画像ファイルを取得する際の URL を変更し、不要なリダイレクトを防止するようにしました。

2.4.3

  • 修正: 一部のサイトにおいて、プラグイン改善のためのオプトイン通知が、管理 JavaScript ファイルがブラウザーにキャッシュされているために予期したように解除されませんでした。
  • 修正: WordPress のバージョンが 4.6 未満の場合、「私たちについて」ページのプラグインインストールを無効化しました。

2.4.2

  • 新規: プラグインの改善に役立てるため、使用状況追跡のオプトイン機能を追加しました。これにより当社は、使用されている機能や設定、またお客様にとって最も重要な機能を把握できます。デフォルトでは無効化されており、お客様がオプトインを明示的に選択した場合のみ有効化されます。オプトインした場合、プラグインはプラグイン設定とサイト環境に関する基本的な情報のレポートを、週1回バックグラウンドで送信します。個人情報や機密データ (メールアドレス、Instagram のアカウント情報、ライセンスキーなど) は収集されません。後から、使用状況追跡を有効化または無効化するには、以下の設定を使用します。「Instagram Feed」 > 「カスタマイズ」 > 「高度な設定」 > 「その他」 > 「利用状況追跡を有効化」。詳しくは こちら をご覧ください。
  • 調整: アップロードフォルダーからサイズ変更された画像 URL を使用する際に、HTTP プロトコルが一致することを確認するためのチェックを追加しました。
  • 調整: 「設定」ページでアカウントに接続したときに、アカウント接続エラーが発生した場合、より詳しい情報が表示されるようになりました。
  • 調整: ビジネスアカウントに接続した場合、同じユーザーのアカウントのうち、6月に期限切れとなる従来の Instagram API のアカウントはいずれも完全に削除されます。
  • 修正: 古いバージョンの WordPress を使用しているユーザーのために sanitize_textarea_field の回避策を追加しました。
  • 修正: 手動でのアカウントへの接続を妨げていた HTML エラーを修正しました。
  • 修正: アクセストークンとアカウント ID は、手動でアカウントへ接続を試みる前に、エラーを防ぐために検証され、フォーマット設定されます。

2.4.1

  • 調整: ユーザー名または ID が割り当てられていないユーザーフィードは、最初に接続したアカウントを自動的にフィードに使用します。
  • 調整: ページのソースにあるすべての外部 Instagram フィードリンクにrel=”nofollow “を追加しました。
  • 修正: APIエ ラー #2がエラーレポートで正しく表示されていませんでした。

2.4

  • 新規: 重大な問題に関するメールアラート。あなたのサイトの Instagram フィードに問題があり、まだ解決していない場合、メールでお知らせします。このお知らせは、問題が解決するまで週に1回送信されます。これらのメールは、「Instagram Feed」>「カスタマイズ」>「高度な設定」>「その他」 >「フィードの問題についてのメールレポート」で無効化できます。
  • 新規: 重大な問題に関する管理者への通知。フィードにエラーが発生した場合、管理者にはダッシュボードとサイトのフロントエンドに通知と問題を解決する方法についての手順が表示されます。フロントエンドの管理者通知は、「Instagram Feed」>「カスタマイズ」>「高度な設定」>「その他」 >「管理者エラー通知を無効化」で無効化できます。
  • 新規: WordPress の「サイトヘルス」統合を追加しました。フィードに重大なエラーが発生した場合、サイトヘルスのページにフラグが立つようになりました。
  • 新規: Smash Balloon や当社の他の製品について紹介する「私たちについて」のページを追加しました。ダッシュボードで「Instagram Feed」 ->「私たちについて」からアクセスできます。
  • 新規: Instagram Feed ウィジェットのサポートを追加しました。ウィジェットメニューで「Instagram Feed」というウィジェットを探して、ウィジェットエリアにフィードを追加できます。

2.3.1

  • 修正: Instagram API のバグによる個人アカウント接続エラーとヘッダー表示の問題の回避策を追加しました。更新後、Instagram Feed 設定ページの「設定」タブで「変更を保存」をクリックし、キャッシュをクリアしてください。

2.3

  • 新規: ブロックエディターで使用する「Instagram Feed」Gutenberg ブロックを追加し、投稿やページにフィードを簡単に追加できるようになりました。

2.2.2

  • WordPress 5.4の更新に対応しました。
  • 調整: すべての新しい文字列に対応するために言語ファイルを更新しました。

2.2.1

  • 重要: 新しい Instagram API への移行期限が3月2日から3月31日に延期されました。
  • 修正: Instagram への一部のリンクで、URL 末尾のバックスラッシュがなかったため、301リダイレクトが発生していました。
  • 修正: アカウントプロフィールまたはアカウント名、および MySQL テーブルの文字セットが UTF8mb4でない場合、更新されたアカウント情報の保存時に絵文字によるエラーが発生します。

2.2

  • 重要: 3月31日に Instagram は旧 API のサポートを終了し、接続された個人アカウントから作成されたフィードが中断されます。個人アカウントを使用している場合、Instagram Feed 設定ページでアカウントを再接続する必要があります。詳しくは、こちらをご覧ください。
  • 新規: 新しい Instagram Basic Display API のサポートを追加しました。
  • 新規: メインの Instagram フィード HTML の前後に HTML を表示するための PHP フック「sbi_before_feed」と「sbi_after_feed」を追加しました。
  • 新規: カスタムのヘッダーアバターとカスタムのヘッダープロフィールテキストを追加する設定を追加しました。これらを設定するには、「カスタマイズ」タブの「ヘッダー」エリアで設定するか、ショートコードで customavatar=”アバター URL” または custombio=”プロフィールテキスト” を使用してください。
  • 調整: サイトのフロントエンドに表示される警告やメッセージが、フィードのトップに表示されるようになりました。
  • 調整: 新しい API に個人アカウントとして接続した場合、欠落するデータに対応するためにヘッダーテンプレートを変更しました。
  • 調整: feed.php、header.php、item.php テ ンプレートを変更しました。
  • 調整: ヘッダーにマウスオーバーした場合にボックスシャドウと下枠線を追加しないように、一部のテーマに CSS を追加しました。
  • 調整: プラグインでページキャッシュをクリアする際、Litespeed キャッシュからページキャッシュをクリアするコードを追加しました。
  • 調整: 投稿数を0に設定しても、ヘッダーとフォローボタンは表示されます。
  • 修正: キャプションの最初の数文字に絵文字があると、投稿をさらに読み込む際にメイン投稿画像が絵文字に切り替わる場合がありました。
  • 修正: 「タグ付け済み」フィードのページ送りが、特定のアカウントで機能していませんでした。

2.1.5

  • 新規: アクセシビリティ向上のため、SVG に aria-label 属性を追加しました。
  • 調整: スクリーンリーダーのテキストと代替テキストを変更し、より適切に SEO に対応できるようにしました (item.phpテンプレートへの変更)。
  • 調整: カスタムの代替テキストとスクリーンリーダーのテキストを使用するための PHP フックを追加しました。
  • 修正: 画像解像度の設定オプションの「中」のサイズを306×306から320×320に変更しました。
  • 修正: テキストが右寄せの場合、スクリーンリーダーのテキストが表示されます。
  • 修正: 画像の解像度を自動以外に設定した場合、不正な解像度が使用されることがありました。

2.1.4

  • 調整: sb_instagram_js_options が定義されていない場合、初期設定のオブジェクトが設定されます。
  • 調整: 設定ページのフッターに、新しい無料の YouTube プラグインへのテキストリンクを追加しました。
  • 修正: ローカルの画像を利用可能な場合に、特定の状況でローカルの画像が使用されません。

2.1.3

  • 新規: 設定ページへのアクセスに必要な権限を変更するフィルター「sbi_settings_pages_capability」を追加しました。
  • 調整: バージョン2.0+ 用の言語ファイルを更新しました。
  • 調整: 投稿が見つからなかった場合のエラーメッセージと API リクエストの遅延を改善しました。
  • 調整: 「ローカル画像を優先」設定が使用されている場合、個人アカウントからの画像には640px の解像度の画像が作成されます。
  • 調整: フィード表示時に画像ファイルが見つからない場合のエラー回復を改善しました。
  • 調整: WordPress 5.3でより見やすくなるよう、ボタンと入力フィールドのスタイルを更新しました。
  • 修正: バージョン1.12に以前に接続されたアカウントは、ヘッダーも表示されない場合、フォローボタンが表示されませんでした。「設定」タブでアカウントを自動更新してください。
  • 修正: リサイズされた画像を取得する際の MySQL エラー。the-louie 氏に感謝いたします。
  • 修正: 新しいテーマ「Twenty Twenty」を使用している場合、「フォロー」ボタンの Instagram アイコンがブロックとして表示され、ボタンのテキストが改行されて表示されます。

2.1.2

  • New: Added setting “API request size” on the “Customize” tab to allow requesting of more posts than are in the feed. Setting this to a high number will prevent no posts being found if you often post IGTV posts and use a personal account.
  • 調整: 最適化ツールで縮尺変更された画像の配信に関する通知を避けるために、フィードの image 要素から width と height 属性を削除しました。

2.1.1

  • 新規: ショートコードを通して CSS ファイルをエンキューする機能を追加しました。この機能は、フィードを含むページ上だけで、サイトのフッターにファイルを読み込みます。「カスタマイズ」タブで有効化できます。
  • 調整: 「js 画像の読み込みを無効化」設定が有効化されている場合、リサイズされた画像をページのソースコードで使用できます。
  • 修正: ショートコードで showheader=false を使用してヘッダーを削除した場合、ページのソースにヘッダーの HTML が表示されていました。

2.1

  • 新規: テーマのデフォルトテンプレートを上書きする機能を追加しました。詳しくは、こちらの投稿をご覧ください。
  • 新規: フィード設定やフィード機能を変更する PHP フックをいくつか追加しました。
  • 修正: 「Load Initial Posts with AJAX」設定を使用すると、画像がブラウザーウィンドウに合わせてリサイズされないことがありました。
  • 修正: 翻訳用の言語ファイルを追加しました。
  • 修正: 画像解像度の設定を変更しても、画像サイズが変わりませんでした。
  • 修正: 接続アカウントがない場合、フォローボタンが表示されません。
  • 修正: 接続されたアカウントを削除すると、保存されたデータにエラーがある、あらゆる接続アカウントが削除されます。

2.0.2

  • 修正: ショートコードで showheader=false を使用してヘッダーを削除した場合、ページのソースにヘッダーの HTML が表示されていました。
  • 修正: 特定のテーマでフィードを「テキスト」ウィジェットに追加した場合にレイアウトの問題が発生しないように、CSS を追加しました。

2.0.1

  • 調整: 以前の CSS/JavaScript ファイルがキャッシュされる問題を避けるため、プラグイン更新時に主要なキャッシュプラグインのキャッシュを強制的にクリアするようにしました。
  • 調整: JavaScript と CSS ファイルの末尾にバージョン番号を追加し、エラーの原因となっているブラウザーキャッシュをクリアするようにしました。
  • 修正: カスタム HTML ウィジェットでショートコードを使用できるようにバックフィルターを追加しました。
  • 修正: 前回の更新で誤って削除された、ヘッダーにプロフィール情報を表示する設定とヘッダーのサイズを変更する設定を戻しました。
  • 修正: 特定の状況で表示される可能性のある PHP の通知を修正しました

2.0

  • MAJOR UPDATE
  • 新機: パフォーマンスと信頼性を重視して、プラグインを一から作り直しました。フィードは PHP を使ってサーバーから読み込まれるようになり、AJAX に依存する必要がなくなりました。
  • 新規: 画像のローカルコピーが自動的にサーバーに保存され、フィードで使用されるようになりました。この機能は、「カスタマイズ」タブの「高度な設定」セクションで無効化できます。「カスタマイズ」タブの「高度な設定」サブタブで「ローカル画像を優先」設定を使用すると、利用可能な場合にプラグインはローカル画像を使用し、Instagram CDN に依存する必要がなくなりました。
  • 新規: WordPress の「cron」機能を利用する新しい「バックグランドキャッシュ」オプションを使用すると、ページが読み込まれた時ではなく、バックグラウンドで Instagram の新しい投稿をチェックするようにプラグインを設定できるようになりました。「設定」タブの「新しい投稿を確認」設定で有効化できます。
  • 新規: Instagram のビジネスアカウントをお持ちの場合、新しい Instagram API に接続できるようになりました。接続した個人アカウントを引き続き使用でき、ビジネスアカウントを接続する必要はありません。

1.12.2

  • 修正: 個人アカウントを接続した場合の Instagram のエラーを修正しました。

1.12.1

  • 調整: 投稿の画像の読み込みに失敗した場合、プラグインは別の画像ソースから画像を読み込もうとします。

1.12

  • 修正: セキュリティ脆弱性の修正を含む修正を行いました。この問題を報告してくれた SecuPress の Julio Potier 氏に感謝します。
  • 修正: Instagram API のバグにより、一部の Instagram アカウントが接続できない問題を修正しました。Instagram アカウントとの接続に問題が発生した場合は、更新してからもう一度お試しください。
  • 修正: Instagram データで「%20」で表される引用符が JSON の解析エラーを引き起こしていました。
  • 調整: フィードのデータが admin-ajax.php 呼び出しの外にキャッシュされるようになりました。

1.11.3

  • 修正: 特定の状況で、エスケープした一重引用符が JSON パースエラーを引き起こします。
  • 修正: 管理エリアで翻訳可能コードエラーが発生し、一部のテキストが翻訳不可能な場合がありました。

1.11.2

  • 修正: Instagram API の変更により、新しいアカウントに接続できませんでした。アカウント接続のリモートリクエストはサーバー側で行われるようになりました。

1.11.1

  • 修正: 旧バージョンのプラグインで作成されたキャッシュからフィードが読み込まれません。
  • 修正: 配列の文字列の長さをカウントしようとする PHP の警告を修正しました。

1.11

  • 新規: 管理者以外のユーザーまたは権限グループが Instagram Feed 設定ページにアクセスできるようにするカスタマイズをサポートするため、「manage_instagram_feed_options」機能を追加しました。
  • 修正: target=”blank” を含むすべてのリンクに rel=”noopener” を追加しました。
  • 修正: SVG の xlmns 属性で使用される HTTPS を修正しました。
  • 修正: 管理エリアの文字列が翻訳可能になっていた問題を修正しました。
  • 修正: 潜在的なセキュリティの脆弱性を修正しました。この問題を報告してくれた Martin Verreault 氏に感謝します。

1.10.2

  • 今後の WordPress5.0「Gutenberg」アップデートでの互換性を確認
  • 修正: 一部のテーマで「さらに読み込む」と「フォロー」ボタンの書式に影響を与えていた問題を修正しました。
  • 修正: line-height が設定されていないために稀に発生するエラーメッセージの書式の問題を修正しました。
  • 修正: 管理画面 UI の微細な修正を行いました。
  • 調整: 今後の Instagram API の変更により廃止予定の一部の Pro 機能についての言及を削除しました。

1.10.1

  • 調整: 画像解像度の自動検出設定が、幅の広い画像でより最適に機能するようになりました。ブラウザーサイズを変更すると、必要に応じて自動的に画像解像度が上がるようになりました。
  • 修正: フィードの投稿がすべてキャッシュされている場合に、「さらに読み込む」ボタンが消えてしまう問題を修正しました。

1.10

  • 新規: フィードへの写真の読み込み方法を改善し、突然ではなく、少しずつ写真を表示するスムーズな移行を追加しました。
  • 新規: ヘッダーサイズが増え、小、中、大の3サイズから選べるようになりました。ヘッダーサイズは「カスタマイズ」タブで変更できます。
  • 修正: 画像のパディングにパーセントを使用すると、画像の高さが高くなりすぎていました。
  • 修正: Instagram API がホスティングサービスによってブロックされた場合の PHP 通知を削除しました。

1.9.1

  • 修正: Instagram 画像の「代替」テキストとしてキャプションが見つかりません。
  • 修正: システム情報が、接続された Instagram アカウントとユーザー ID を正しくフォーマットしていませんでした。
  • 修正: Instagram の最近の変更により、新しい Instagram アカウントに接続しようとすると、「許可されていないリダイレクト URL」エラーが発生します。
  • 修正: 画像のパディングにパーセントを使用すると、Instagram の画像の高さが高くなることがありました。

1.9

  • 新規: アカウント情報管理のインターフェースが改良され、アクセストークンの取得と複数の Instagram アカウントの接続がより簡単になりました。「設定」タブで、大きな青いボタンをクリックしてアカウントを接続するか、「手動でアカウントを接続」オプションを使用して、既存のアクセストークンを使用してアカウントを接続します。 アカウントが接続されると、関連ボタンを使用してメインの Instagram ユーザーフィードに追加するか、 user ショートコードオプション (例: user=smashballoon) を使用してサイト上の別の Instagram フィードに追加できます。
  • 調整: バックアップキャッシュのデータベースでの自動読み込みを無効化しました。
  • 修正: Instagram のログインフローで「許可されていない URL」エラーが発生することがあった問題を修正しました。

1.8.3

  • 修正: IE 11で SV Gアイコンが正しく表示されないことがありました。
  • 修正: 最近の API 変更に伴い、Instagram ユーザー ID 設定でユーザー名を使用するサポートを削除しました。アクセストークンに添付された Instagram ユーザー ID がデフォルトで使用されるようになりました。
  • 修正: アクセストークンの有効期限が切れると、バックアップフィードが使用されないことがありました。
  • 修正: Instagram のアクセストークンは、特定の状況で無効として誤って保存された可能性があります。

1.8.2

  • 調整: Instagram Feed の新規インストール時に「キャッシュエラー API 再確認」を初期設定で有効化する設定。
  • 修正: WP Rocket プラグインで作成されたページキャッシュは、Instagram Feed の設定が更新されたり、キャッシュが強制的にクリアされた場合にクリアされます。
  • 修正: ページキャッシュが使用されていない場合、フィードに「存在しないキャッシュを探しています」と表示される稀な問題を修正しました。

1.8.1

  • 修正: ページキャッシュが使用されていない場合、Instagram のフィードが「存在しないキャッシュを探しています」と表示される問題を修正しました。
  • Fix: Font method setting not working when “Are you using an AJAX theme?” setting is enabled

1.8

  • Important: Due to recent changes in the Instagram API it is no longer possible to display photos from other Instagram accounts which are not your own. You can only display the user feed of the account that is associated with your Access Token.
  • 新規: アクセストークンのショートコードおよび複数の Instagram アクセストークンのサポートを追加しました。複数の Instagram アカウントがある場合、それぞれの Instagram アカウントからのユーザーフィードを区切りフィードまたは同じフィードに表示するために、複数のアクセストークンを使用できるようになりました。これには、accesstoken ショートコード設定を使用するだけです。複数のユーザーフィードを表示する方法については、 こちらの FAQ をご覧ください。

1.7

  • 新規: Instagram API リクエスト数を制限するためにフィードのキャッシュ機能を追加しました。「設定」タブの「次の間隔で新しい投稿を確認」で、リフレッシュするまでのフィードデータのキャッシュ時間を設定できます。
  • 新規: すべてのフィードにバックアップキャッシュを追加しました。Instagram のフィードが表示できない場合、バックアップフィードが利用可能であれば、バックアップフィードが訪問者に表示されます。バックアップキャッシュは「カスタマイズ」 > 「その他」 > 「バックアップキャッシュを有効化」で無効化またはクリアできます。
  • 新規: アイコンが SVG として生成されるようになり、よりシャープな外観とセマンティックなマークアップが可能になりました。
  • 新規: Instagram のカルーセル投稿に、カルーセル投稿であることを示すアイコンを追加しました。
  • 調整: 「ランダムで投稿を並べ替え」機能を使用すると、Instagram のフィードに表示されている投稿だけでなく、最新の33件の投稿が含まれます。
  • 修正: instagram.com に戻るリンクは接頭辞「www」を使用します。

1.6.2

  • 修正: Instagram アカウントの投稿が少ない場合、最終更新後に「さらに読み込む」ボタンが表示されない稀な問題を修正しました。

1.6.1

  • 修正: Font Awesome 5.0 で Instagram のアイコンが丸で囲まれた疑問符として表示されていた問題を修正しました。
  • 修正: sbi_images 要素のインラインパディングスタイルで、「0」 または空白を設定すると承認エラーが発生する問題を修正しました。
  • 修正:Instagram API のバグにより、一部のフィードで予想よりも少ない投稿しか表示されない問題の回避策を追加しました。

1.6

  • 新規: 「さらに読み込む…」ボタンをクリックした後、新しい投稿を待つ際に読み込みアイコンが表示されます。
  • 新規: オランダ語 (nl_NL) 用の翻訳ファイルを追加しました。
  • 修正: 潜在的なセキュリティの脆弱性を修正しました。この問題を報告してくれた Magnus Stubman 氏に感謝します。

1.5.1

  • 新規: このプラグインは WPML プラグイン に対応するようになり、多言語サイトでフィードに複数の翻訳を使用できるようになりました。
  • 新規: 「さらに読み込む…」と「Instagram でフォロー」を翻訳し、デンマーク語 (da_DK)、フィンランド語 (fi_FL)、日本語 (ja_JP)、ノルウェー語 (nn_NO)、ポルトガル語 (pt_PT)、スウェーデン語 (sv_SE) の翻訳ファイルを追加しました。

1.5

  • 新規: Instagram のアクセストークンを取得するツールを改善しました。
  • 新規: フィードのヘッダーに、Instagram のプロフィールテキストを表示または非表示にするオプションを追加しました。
  • 新規: 「非公開」の Instagram アカウントの ID を含むフィードは、非公開データを無視し、Instagram アカウントの1つが非公開であることを示すメッセージをログイン中のサイト管理者に表示するようになりました。
  • 新規: まだ Instagram の投稿がないフィードでは、フィードを表示するには Instagram に投稿するよう通知するメッセージがログイン中の管理者に表示されます。
  • 新規: 「さらに読み込む…」と「Instagram でフォロー」を翻訳し、フランス語 (fr_FR)、ドイツ語 (de_DE)、英語 (en_EN)、スペイン語 (es_ES)、イタリア語 (it_IT)、ロシア語 (ru_RU) の翻訳ファイルを追加しました。
  • 調整: loader.png を含む、Instagram フィードで使用される複数の画像を最適化しました。
  • 調整: Font Awesome スタイルシートハンドルの名前を変更し、Custom Facebook Feed プラグインが有効な場合に一度だけ読み込まれるようにしました。
  • 修正: Font Awesome アイコンフォントを最新バージョンの4.7.0に更新しました。
  • 修正: Instagram フィードでボタンが使用されていない場合、「さらに読み込む」ボタンからパディングが削除されました。
  • Fix: フィード上のリンクの記述がすべて https 仕様になりました
  • Fix: ポストが1枚もされていない、user ID が間違っている、Instagram アクセストークン有効期限が切れている場合に起こっていた JavaScript エラーを修正

1.4.9

  • WordPress 4.8と互換性があります

1.4.8

  • 調整: WordPress.org の新しいレポ用にプラグインのリンクを更新しました。
  • 修正: 軽微なバグを修正しました。

1.4.7

  • 修正: セキュリティの脆弱性を修正しました。
  • WordPress 4.6の更新に対応しました。

1.4.6.2

  • 修正: プラグインの JavaScript ファイルから、Autoptimize など一部の最適化プラグインで問題を引き起こしていたコメントを削除しました。

1.4.6.1

  • 修正: Instagram の画像 URL について、一部のフィードで一貫性のない URL 参照になっていた問題を修正しました。

1.4.6

  • 重要: 最近の Instagram API の変更により、6月1日以降も Instagram Feed プラグインが機能するためには、プラグインの設定ページにある Instagram ボタンを使用して新しいアクセストークンを取得する必要があります。これは、すでに新しいトークンを取得している場合でも同様です。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

1.4.5

  • New: When you click on the name of a setting on the plugin’s Settings pages it now displays the shortcode option for that setting, making it easier to find the option that you need.
  • 新規: 必要に応じて Font Awesome アイコンフォントを無効化する設定を追加しました。この設定は、カスタマイズページの一番下にある「その他」タブにあります。
  • 調整: 新しいブランディングに合わせ、Instagram のアイコンを更新しました。
  • 調整: 使用中に問題がある場合に備え、Instagram のログインボタンの横にヘルプリンクを追加しました。
  • 修正: Font Awesome アイコンフォントを最新バージョンの4.6.3に更新しました。

1.4.4

1.4.3

  • 修正: 前回の更新で追加された重要なお知らせが、管理者のみに表示されるようになりました。

1.4.2

  • 新規: 6月1日から適用された Instagram の新しい API 変更に対応しました。
  • 新規: フィードの動画を含む Instagram 投稿に動画アイコンを追加しました。
  • 新規: デスクトップではフィードのピクセル幅を固定にし、モバイルでは100% 幅レスポンシブレイアウトに切り替える設定を追加しました。
  • 調整: Google PageSpeed スコアを向上させるために、画像に width と height の属性を追加しました。
  • 調整: 設定ページの UI を少し微調整しました。
  • 修正: CSS ファイルと JS ファイルを最小化しました。

1.3.11

  • 修正: いくつかのテーマで、Instagram の写真の高さが本来よりも短くなっていたバグを修正しました。
  • 修正: Instagram のフィードが初期設定で非表示 (タブ内など) になっている場合に、Instagram の写真の解像度が「サムネイル」に初期設定されていた問題を修正しました。

1.3.10

  • 修正: 特定のブラウザーで一部の Instagram の写真が非表示に設定されていた問題を修正しました。
  • 修正: 新しい正方形写真のトリミングは、幅150px 未満の画像を表示する Instagram のフィードに適用されなくなりました。このサイズの Instagram からの写真はすでに正方形にトリミングされているからです。
  • 修正: Internet Explorer 8で「addEventListener」関数がサポートされていないために発生する JavaScript エラーを修正しました。

1.3.9

  • 修正: Instagram のフィードがタブなどで非表示になっている場合、Instagram の写真が表示されない問題を修正しました。
  • 修正: Instagram 画像をトリミングする新しい機能が一部のサイトで実行されず、Instagram の画像が空白で表示される問題を修正しました。

1.3.8

  • 修正: Instagram の写真を縦長または横長でアップロードした場合、プラグインは正方形にトリミングされた写真を Instagram のフィードに表示します。

1.3.7

  • 修正: 書式の問題の原因となっていた写真キャプション (Instagram 写真の代替タグで使用) の二重引用符の問題を修正しました。

1.3.6

  • 修正: バージョン1.3.4で発生した、一部のテーマでテーマ設定が適用されない問題を修正しました。

1.3.5

  • 修正: 古いバージョンの jQuery では prop がサポートされていないため、前回の更新で導入された「prop」関数を「attr」関数に戻しました。
  • 修正: 一部のユーザーで Instagram の画像が表示されない原因となっていたため、画像読み込み機能を削除しました。

1.3.4

  • 修正: Instagram の写真により説明的な代替タグを追加するため、Instagram の写真のキャプションを使用しました。
  • 修正: Instagram の写真が、完全に読み込まれた後にのみ表示されるようになりました。
  • 修正: テーマがスタイルを上書きすることを防ぐため、一部の要素により厳格な CSS 実装を追加しました。
  • 修正: 一部のテーマにおける読み込み遅延の問題を防止するため、Instagram の画像に CSS の不透明度プロパティを追加しました。
  • 修正: WordPress デバッグまたはエラーレポートを無効化していたコード行を削除しました。必要な場合、このレポートはプラグインの「カスタマイズ」設定ページの一番下にある設定を使用して、再度無効化することができます。
  • 修正: Instagram Feed プラグインのコアコードに JavaScript の改良を加えました。

1.3.3

  • 修正: 複数の Instagram ユーザー ID からの Instagram 写真を表示する際に、「さらに読み込む」ボタンが表示されないことがある問題を修正しました。
  • Fix: Moved the initiating sbi_init function outside of the jQuery ready function so that it can be called externally if needed by AJAX powered themes/plugins

1.3.2

  • 新規: Instagram Feed のモバイルレイアウトを無効化するオプションを追加しました。
  • New: Added an setting which allows you to use the Instagram Feed plugin with an AJAX powered theme
  • 新規: Instagram の個別のフィードに CSS を追加できる「class」ショートコードオプション [instagram-feed class=feedOne] を追加しました。
  • 新規: トラブルシューティングに役立つシステム情報を含む、サポートタブを追加しました。
  • 新規: WordPress 管理者のみに表示されるフレンドリーなエラーメッセージを追加しました。
  • 新規: ユーザー名が ID の代わりに入力されるのを防ぐため、Instagram のユーザー ID フィールドに認証を追加しました。
  • 調整: トークンが誤ってコピー&ペーストされるのを防ぐため、Instagram アクセストークンのフィールドを少し広くしました。
  • 修正: IE8でフィードの写真が正しく読み込まれない JavaScript のバグを修正しました。

1.3.1

  • 修正: Instagram のアイコンが「Instagram でフォロー」ボタンや Instagram Feed のヘッダーに表示されない不具合を修正しました。
  • 修正: 特定のテーマにおいて、Instagram Feed のフォーマットに若干の問題を発生させていた CSS の問題を修正しました。

1.3

  • 新規: Instagram ID をカンマで区切るだけで、複数の Instagram ユーザー ID の Instagram 写真を表示できるようになりました。
  • 新規: Instagram のプロフィール写真、ユーザー名、プロフィールを含むオプションのヘッダーを Instagram のフィードに追加しました。このオプションは Instagram Feed カスタマイズページで有効化することができます。
  • 新規: Instagram フィードのサイズに基づいて正しい Instagram 画像の解像度を自動的に設定する、Instagram 画像解像度設定の「自動検出」オプションを Instagram Feed プラグインに追加しました。
  • 新規: Instagram フィードの下部に表示できるオプションの「Instagramでフォロー」ボタンを追加しました。このボタンは、Instagram Feed のカスタマイズページで有効化できます。
  • 新規: カスタムテキストを「さらに読み込む」ボタンに使用できるようになりました。
  • 新規: Instagram の写真が読み込み中であることを示すローダーアイコンを追加しました。
  • 新規: Instagram の各写真に固有 ID を追加し、CSS で個別にターゲティングできるようにしました。
  • 調整: Instagram の写真にカーソルを合わせた場合に、微妙なフェード効果が表示されるようになりました。
  • 調整: Instagram フィードのレスポンシブレイアウトの動作を改善しました。
  • 調整: Instagram Feed プラグインの設定ページ内のドキュメンテーションを改善しました。
  • 調整: ディレクトリセットアップの段階的な手順へのリンクをプラグインに追加しました。
  • 修正: フィードが他のウィジェットを正しくクリアしていなかった問題を修正しました。

1.2.3

  • 修正: 古いバージョンの jQuery を使用しているテーマとの互換性を高めるため、「on」関数を「click」関数に置き換えました。

1.2.2

  • 調整: Instagram Feed プラグインに初期化関数を追加しました。
  • 修正: 「次で写真を絞り込み」オプションが未定義になることがある稀な問題を修正しました。

1.2.1

  • 修正: Instagram の写真が読み込まれる前にカスタム JavaScript が実行されるマイナーな問題を修正しました。
  • 修正: 余計な PHP 通知を削除しました
  • 修正: 「data-options」属性の二重引用符を一重引用符に変更しました。

1.2

  • 新規: Instagram Feed プラグインに独自のカスタム CSS と JavaScript を追加できるカスタム CSS とカスタム JavaScript セクションを追加しました。
  • 新規: Instagram の写真をランダムな順番で表示するオプションを追加しました。
  • 新規: Instagram Feed プラグインの設定ページに新しいタブレイアウトを実装しました。
  • 新規: プラグインをアンインストールする際に、Instagram Feed の設定を保持するオプションを追加しました。
  • 新規: Instagram Feed プラグインの Pro バージョンを追加しました。Pro バージョンでは、Instagram の写真のハッシュタグでの表示、Instagram のキャプションの表示、Instagram の写真のポップアップライトボックスでの表示、Instagram のいいね ! の数やコメントの表示などができます。
  • 調整: 読み込む Instagram の写真がなくなると、「さらに読み込む」ボタンが自動的に非表示になるようになりました。
  • 調整: 「さらに読み込む」ボタンの上部に小さな隙間を追加しました。
  • 調整: Instagram Feed メニュー項目にアイコンを追加しました。

1.1.6

  • 修正: Instagram の写真が1列に表示されている場合に、最大幅が Instagram フィードにのみ適用されるようになりました。

1.1.5

  • 修正: ウィジェットで使用するショートコードをテーマで有効化していない場合に、ショートコードを有効化するコードを追加しました。

1.1.4

  • 修正: 特定のブラウザーにおけるInstagram アクセストークンと Instagram ユーザー ID の取得機能の不具合を修正しました。

1.1.3

  • 修正: Instagramの画像の最大幅に関する問題を修正しました。
  • 修正: Instagram Feed ショートコードのオプションテーブルの誤字を修正しました。

1.1.1

  • WordPress 4.0の更新に対応するための事前テストを行いました。
  • 修正: Instagram コンテンツの出力に関する稀な問題を修正しました。

1.1

  • 新規: Instagram 写真の初期表示の枚数を設定するオプションを追加しました。
  • 新規: 「さらに読み込む」ボタンの表示または非表示を設定するオプションを追加しました。
  • 新規: [instagram-feed] ショートコードを使ってフィードを表示する方法を説明する「ステップ3」を Instagram Feed 設定ページに追加しました。
  • 新規: 複数の Instagram フィードをカスタマイズする場合に役立つ、利用可能なすべての Instagram Feed ショートコードオプションの完全なリストを追加しました。

1.0.2

  • 修正: プラグインの Instagram Feed 設定ページで Instagram ログイン URL に関する問題を修正しました。

1.0.1

  • 修正: Firefox で Instagram Feed の「さらに読み込む」ボタンが空のブラウザーウィンドウを開く不具合を修正しました。

1.0

  • Instagram Feed プラグインを発表しました !