WordPress.org

Plugin Directory

Smash Balloon Social Photo Feed – Easy Social Feeds Plugin

Smash Balloon Social Photo Feed – Easy Social Feeds Plugin

説明

Instagram アカウントからの Instagram 投稿を、同じフィードまたは複数の異なるフィードに表示します。WordPress サイトに最適な Instagram ギャラリープラグインです。

機能

  • 新機能: Instagram oEmbeds を自動的に表示
  • 簡単なセットアップ
  • 複数の Instagramアカウント の写真を同じフィードまたは別々のフィードに表示
  • 完全にレスポンシブでモバイル対応 – レイアウトはあらゆる画面サイズとあらゆるコンテナ幅で見栄えがします
  • 完全にカスタマイズ可能 – 幅、高さ、写真の枚数、列数、画像のサイズ、背景色、画像の間隔などをカスタマイズ
  • 複数の Instagram フィード をサイト内の同じページまたは異なるページに表示
  • GDPR コンプライアンス – 一般的な GDPR (一般データ保護規則) の Cookie 同意プラグインの多くと自動的に統合され、ワンクリックで GDPR の設定ができます
  • ドラッグ & ドロップで使用できるカスタマイザーを使用して、Instagram のフィードごとに全面的にカスタマイズ
  • Instagram フィードからサムネイル、中サイズ、またはフルサイズの写真を表示
  • 「もっと読み込む」ボタンで、Instagram の写真を無限に表示
  • フィードの下部に Instagram をフォローボタンを追加
  • フィードの上部に美しいヘッダーを表示
  • Instagram の写真を時系列またはランダムな順に表示
  • 独自のカスタム CSS または JavaScript を入力して、さらに詳細にカスタマイズ
  • ブロックエディタで投稿やページにフィードを簡単に追加するための便利なブロック
  • Elementor および Divi ページビルダーとの連携。Instagram for Elementor は非常にシンプルです

メリット

  • ソーシャルエンゲージメントを向上
    あなたと Instagram フォロワーとのエンゲージメントを高めます。Instagram のコンテンツをサイトに直接表示して、Instagram フォロワーの数を増やしましょう。
  • 時間を節約 – サイトで写真を更新する時間がありませんか ? 写真を Instagram に投稿するだけでサイトに自動的に表示されるため、時間を節約して効率を向上できます。
  • コンテンツを思いどおりに表示
    Instagram のフィードを思いどおりにカスタマイズして、サイトに違和感なく溶け込ませることも、訪問者の目に飛び込んでくるよう目立たせることもできます。
  • サイトを新鮮に保つ
    Instagram の新しいコンテンツを自動的に直接プッシュすることで、サイトの見た目を新鮮に保ち、訪問者の関心を維持します。
  • セットアップがとても簡単 – インストールして30秒以内に Instagram の写真を表示できます ! 紛らわしい手順や Instagram の開発者アカウントは必要ありません。
  • サイト上のすべての Instagramo Embed に対応 – WordPress が Instagram oEmbeds のサポートを停止したことに伴い、プラグインがサイト上のすべての Instagram 埋め込みに対応しました。新旧問わず、機能を使い続けることができます。

プロ版

プラグインの無料バージョンを引き続き維持し、無料で迅速かつ効果的なサポートを提供できるように、プラグインのプロ版も提供しています。プロ版では以下が可能です。
* ハッシュタグフィードを表示
* サイトのポップアップライトボックスで写真や動画を直接表示
* ユーザーフィードの投稿コメントを表示
* 各投稿のいいねとコメントの数を表示
* 投稿からカルーセルを作成
* フィードには「タイル状」または「ハイライト」レイアウトを使用可能
* 写真と動画のキャプションを表示
* ハッシュタグ / 単語に基づいて投稿をフィルタリング
* 特定の投稿を非表示 / 表示するための高度な承認システム
* 特定のユーザーによる投稿をブロック
* 「ショッピング可能」な Instagram フィードの作成など
* プロフィールのリンクなど、各投稿にカスタムリンクを追加
* すばやく作成できるテンプレートで簡単にフィードを作成

プロ版の詳細をご覧いただくか、プロ版のデモをお試しください

注目のクチコミ

シンプルで簡潔 – 優れたプラグインです。シンプルですが、肥大化していません。使い始めた当初は微細な問題がありましたが、サポートフォーラムに短いコメントを投稿したら翌日には修正され、新しいバージョンに更新されました。すばらしいサポートです !」- Josh Jones

すばらしいプラグイン。サポートもすばらしいです ! -このプラグインをサイドバーに追加して以来、間違いなく Instagram のフォロワーが増えていることに気づきました。調整をサポートしてくれて、ありがとうございます…見た目も機能も素晴らしいです !」 – BNOTP

フィードバックとサポート

私たちは、世界で一番カスタマイズでき、堅牢で、サポートの手厚い Instagram Feed プラグインの提供に専念しています。問題がある場合や、プラグインの改善についてフィードバックがある場合は、サポートフォーラムでチケットを開いてください。

写真をポップアップするライトボックスハッシュタグで投稿を表示、写真のキャプションを表示、動画サポートなどについては、プロ版をご覧ください。
すっきりと美しく、カスタマイズできるレスポンシブな Instagramフ ィードをサイトに追加します。セットアップはとても簡単で、サイトの見た目や雰囲気に違和感なく溶け込むカスタマイズオプションがたくさんあります。

必要な理由

ソーシャルエンゲージメントを向上
あなたと Instagram フォロワーとのエンゲージメントを高めます。Instagram のコンテンツをサイトに直接表示して、Instagram フォロワーの数を増やしましょう。

時間を節約
サイトで写真を更新する時間がありませんか ? 写真を Instagram に投稿するだけでサイトに自動的に表示されるため、時間を節約して効率を向上できます。

コンテンツを思いどおりに表示
Instagram のフィードを思いどおりにカスタマイズして、サイトに違和感なく溶け込ませることも、訪問者の目に飛び込んでくるよう目立たせることもできます。

サイトを新鮮に保つ
Instagram の新しいコンテンツを自動的に直接プッシュすることで、サイトの見た目を新鮮に保ち、訪問者の関心を維持します。

コーディングは不要
Instagram Feed に用意された数多くのカスタマイズオプションを選択して、本当に独自の Instagram コンテンツフィードを作成できます。

セットアップがとても簡単
インストールして30秒以内に Instagram の写真を表示できます ! 紛らわしい手順や Instagram の開発者アカウントは必要ありません。

すばらしいカスタマーサポート
ヘルプが必要な場合や問題がある場合、またはただ質問がある場合もあるでしょう。 私たちはユーザーの皆様を愛し、最高のサポート体験を提供するよう努めています。Instagram API のエキスパートとして、優れたサービスと専門知識を提供いたします。サポートが必要な場合はお知らせいただければ、すぐにご連絡いたします。

その他のメリット

  • ご利用の Instagram アカウントから写真を表示します
  • 完全にレスポンシブでモバイル対応 – Instagram Feed のレイアウトは、あらゆる画面サイズとあらゆるコンテナ幅で見栄えがします
  • パワフルな Instagram Feed のショートコードにより、サイト内の同じページまたは異なるページに複数の Instagram フィードを表示
  • 複数の Instagram ユーザー ID の投稿を表示
  • 組み込みのカスタマイズオプションを使用して、Instagram のフィードごとに全面的にカスタマイズできます。
  • 「もっと読み込む」ボタンで、Instagram の写真を無限に表示
  • さらに、より多くの機能が常に追加されています !

完全にカスタマイズ可能

  • デフォルトでは、Instagram Feed はサイトのスタイルを適応しますが、お好みに合わせて完全にカスタマイズすることもできます !
  • 表示する Instagram の写真の枚数を設定
  • Instagram の写真を表示するカラム数と Instagram の写真のサイズを選択
  • ヘッダー、「もっと読み込む」、「フォローする」ボタンなど、Instagram Feed の特定の部分の表示または非表示を選択
  • Instagram Feed の幅、高さ、背景色をコントロール
  • Instagram の写真の間隔 / 余白を設定
  • Instagram の写真を時系列またはランダムな順に表示
  • 「もっと読み込む」ボタンと「フォローする」ボタンには、お好きなテキストと色を使用可能
  • 独自のカスタム CSS または JavaScript を入力して、さらに詳細にカスタマイズ
  • ショートコードのオプションを使用することで、まったく異なる方法で複数の Instagram フィードのスタイルを設定
  • さらに、より多くのカスタマイズオプションが常に追加されています !

次は何でしょう

もし WordPress の Instagram プラグインを気に入ってもらえたら、他のプロジェクトもチェックしてみてください:

OptinMonster – WordPress のプラグインで最も人気のあるコンバージョン最適化プラグインを使用して、さらに多くのメール購読者を獲得しましょう。
WPForms – #1 WordPress 用のドラッグ & ドロップオンラインフォームビルダー (500万サイトで信頼されています)。
AIOSEO – 検索結果での上位ランキングを支援するためのオリジナルの WordPress SEO プラグイン (300 万以上のサイトで信頼されています) 。
MonsterInsights – 重要な統計情報を確認し、自信を持ってビジネスを成長させましょう。WordPress 向けの最高の Google Analytics プラグインです。
SeedProd – 強力なドラッグ& ドロップ型ランディングページビルダーで美しいランディングページを作成しましょう。
WP Mail SMTP – WordPress の最も人気ある SMTP プラグインで、お問い合わせフォームのメール配信を向上させましょう。
WPCode – WordPress のコードスニペット管理プラグインは、サイトのカスタマイズを将来にわたってサポートするために必要不可欠です (150 万以上のサイトで信頼されています) 。
Duplicator – 100万以上のサイトで使われている WordPress のバックアップと移行ができる人気プラグイン。
WP Simple Pay – #1 WordPress 用の Stripe 支払いプラグイン。ショッピングカートなしで、1回払いや定期支払いの受け付けを始めます。
PushEngage – リーディング Web プッシュ通知のプラグインで、サイトを離れた後も訪問者とつながります。
RafflePress – トラフィックやソーシャルフォロワーを増やすための最高の WordPress のギブアウェイとコンテストのプラグイン。
TrustPulse – ストアのコンバージョンを最大15%向上させるために、リアルタイムのソーシャルプルーフ通知を追加します。
SearchWP – WordPres sの検索品質を向上させるための最も高度なカスタム WordPress 検索プラグイン。
AffiliateWP – #1 WordPress のアフィリエイト管理プラグイン。オンラインストアに紹介プログラムを追加します。
Easy Digital Downloads – デジタル製品(電子書籍、ソフトウェア、音楽など)を販売するための最高のWordPress eコマースプラグイン。
WPCharitable – WordPress で最高評価の寄付および資金調達プラグイン。

WPBeginner を参照して、WordPress のチュートリアル最高の WordPress プラグイン について学びましょう。

スクリーンショット

  • Instagram アカウントからのフィードを簡単に表示
  • Instagram フィードは完全にカスタマイズ可能でレスポンシブ
  • 複数のフィード形式を1つのフィードに統合
  • とてもすばやく簡単に開始できます。ボタンをクリックするだけで、Instagram アカウントに接続できます。
  • レイアウト、スタイル、色などをカスタマイズ
  • ショートコードをコピーしてサイトの任意のページ、投稿、ウィジェットに貼り付けるだけ。使いやすい Instagram Feed ブロックでブロックエディターを使用することもできます。

ブロック

このプラグインは1個のブロックを提供します。

  • Instagram Feed

インストール

  1. WordPress プラグインディレクトリを介して、またはファイルを Web サーバーの ( /wp-content/plugins/ ディレクトリ内) にアップロードすることにより、Instagram Feed プラグインをインストールします。
  2. WordPress の「プラグイン」メニューより Instagram Feed プラグインを有効化します。
  3. 「Instagram Feed」設定ページに移動して、Instagram アカウントに接続します。
  4. ショートコード [instagram-feed] を使用することで、ページや投稿、ウィジェットで Instagram の写真を表示します。
  5. ショートコードのオプションを使用して、複数の Instagram フィードを表示することができます。例: [instagram-feed num=6 cols=3]

Instagram Feed プラグインの設定方法の簡単な手順については、セットアップガイド を参照してください。

フィードを表示

個別のフィード

次のショートコードをコピーして、Instagram フィードを表示するページ、投稿、またはウィジェットに直接貼り付けます: [instagram-feed]

複数のフィード

複数の Instagram フィードを表示したい場合は、複数のフィードを作成し、次のようにフィード ID を使用して表示するフィードを指定できます: [instagram-feed feed=2]

複数のアカウントからのフィードを表示する場合は、複数のアカウントを接続してから、追加フィードを作成します。ショートコードにはフィード ID を追加します: [instagram-feed feed=3]

以下のように、ショートコードのオプションと割り当てられたフィード ID を使用して、同じページまたは異なるページに好きなだけ異なる Instagram フィードを表示できます。例えば:
[instagram-feed feed=1]
[instagram-feed feed=2]
[instagram-feed feed=3]

WordPressの無料プラグイン Instagram Feed の設定

1) Instagram Feed プラグインをインストールしたら、ダッシュボードメニューの Instagram Feed をクリックします

2) アカウントを接続して最初のフィードを作成するためのオンボーディング手順に従います。

3) 希望通りに表示するためにたくさんの設定やオプションでフィードをカスタマイズします。

4) Instagram Feed をカスタマイズしたら、ショートコード [instagram-feed feed=1] をコピーします。

5) Instagram Feed を表示したいページ、投稿、またはウィジェットに貼り付けます。あるいは、便利なブロックでページに追加することもできます。

6) Instagram Feed ウィジェットを使用して、サイドバーやその他のウィジェットエリアにフィードを表示できます。

FAQ

自分のサイトまたは同じページに複数の Instagram フィードを表示できますか ?

はい。組み込みのフィード作成ツールを使用して、複数の Instagram フィードを表示することができます。例: [instagram-feed feed=2]

1つのフィードに複数の Instagram アカウントの写真を表示できますか ?

はい。複数のアカウントを接続して、フィード作成時にソースとして含めることができます。

プラグインは Instagram oEmbeds で動作しますか ?

はい。バージョン2.5 では、プラグインが Instagram oEmbeds を強化できるようにするためのサポートが追加されました。WordPress コアで公式サポートが利用できなくなったためです。プラグイン内の oEmbeds 設定ページでアカウントを接続するだけで、後はプラグインが行います。開発者アプリやアカウントは必要ありません。

ウィジェット内やブロックでフィードを表示できますか ?

はい。Instagram ウィジェットまたは Instagram ブロックを使用して、サイドバーまたはその他のウィジェット領域にフィードを表示します。

自分の Instagram アカウントをどうやって接続できますか ?

当社はそれを超簡単にしました。オンボーディング時に概要された手順に従って簡単なクリックだけで連携アカウントを取得できます。

フィードが表示されません。なぜですか ?

これには、一般的な原因がいくつかあります。

  • アクセストークンが有効でない可能性があります。プラグインの設定ページにある青い Instagram ログインボタンをもう一度クリックし、表示された Instagram トークンをコピーして、プラグインのアクセストークンのフィールドに貼り付けます。
  • プラグインの JavaScript ファイルがページに含まれていません。 WordPress テーマに、プラグインが JavaScript ファイルを追加するために必要な wp_footer テンプレートタグがない可能性があります。修正するには、テーマの footer.php ファイルを開き、終了タグ の直前に次を追加します: <?php wp_footer(); ?>
  • サイトに JavaScript エラーが発生している可能性があります。これにより JavaScript の実行が妨げられています。プラグインは JavaScript を使用して Instagram の写真をページに読み込むため、動作するには JavaScript を実行する必要があります。プラグインをフィードにロードできるようにするには、サイトで発生している JavaScript エラーを削除する必要があります。

それでもフィードの表示に問題がある場合は、サポートフォーラムでチケットを開いてください。Instagramフィードを表示しようとしているページへのリンクと、可能な場合は Instagram アカウントへのリンクも記載してください。

自分のサイトでアクセストークンを使用することでセキュリティ上の問題はありますか?

いいえ。プラグインで使用されるアクセストークンは「読み取り専用」のトークンです。悪意を持って Instagram アカウントを操作するために使用されることはありません。

フルサイズの写真を表示したり、Instagram の動画を自分のサイトで直接再生したりできますか ?

これは、プロ版の機能です。プロ版ではポップアップライトボックスで写真を表示したり、動画をサポートしたり、キャプションを表示したり、ハッシュタグで写真を表示したりできます。

Instagram フィードを WordPress のテンプレートに直接埋め込むにはどうすればよいですか ?

WordPress の do_shortcode 関数を使用して、Instagram フィードをテンプレートに直接埋め込むことができます: <?php echo do_shortcode('[instagram-feed]'); ?>.

フィードが機能しません – 表示されるのは読み込み中の記号だけです

Instagram の写真が読み込まれず、表示されるのが読み込み中の記号だけの場合は、一般的な原因がいくつかあります。

1)使用している Instagram アクセストークンに問題があります

「接続」ボタンでアカウントに再接続すると、Instagram Feed 設定ページで Instagram アクセストークンを取得できます。

プラグイン内の接続ボタンがアクセストークンを更新できない場合があります。こちらを試していただくこともできます。

2)プラグインの JavaScript ファイルがページに含まれていません

WordPress テーマで、プラグインが JavaScript ファイルをページに追加するために必要な WordPress の wp_footer 関数がないことが原因である可能性があります。これを修正するには、テーマの footer.php ファイルを開き、終了タグの直前に次を追加します:

3)プラグインの JavaScript の実行を妨げている JavaScript エラーがサイトにあります

これが当てはまるかどうかは、ページを右クリックして「要素の検査」を選択し、「コンソール」タブをクリックするか、ブラウザの開発者ツールから「JavaScriptコンソール」オプションを選択することで確認できます。

サイトで JavaScript エラーが発生している場合は、原因となっている JavaScript ファイルが赤で表示されます。

4)表示しようとしているフィードに Instagram の投稿がありません

投稿が行われていない Instagram フィードを表示しようとしている場合は、読み込み記号が Instagram フィードに表示されるすべてであるか、何も表示されない可能性があります。Instagram の投稿を追加すると、Instagramフィードが正常に表示されます。

5) 使用しているショートコードが間違っています

使用している Instagram Feed ショートコードにエラーがあるか、必要な引数が足りない可能性があります。

Instagram フィードのカスタマイズするために、どのようなオプションがありますか ?

フィードをカスタマイズするには、数多くのオプションを使用できます。以下のリストをご覧ください:
* 一般設定
* フィードの幅 – Instagram フィードの幅。
* フィードの高さ – Instagramフィードの高さ。
* 背景色 – フィードの背景色。任意の16進数カラーコード。
*
* 写真オプション
* 並べ替え – Instagram の投稿を新しい順 (none) またはランダム (random) に並べ替えます
* 投稿数 – 最初に表示する Instagram の投稿数。
*
* デスクトップカラム – デスクトップ端末で表示した場合の Instagram フィードのカラム数
* タブレットカラム – タブレット端末で表示した場合の Instagram フィードのカラム数
* モバイルカラム – モバイル端末や携帯で表示した場合の Instagram フィードのカラム数
*
* 画像の間隔 – Instagram 写真の間隔
*
* ヘッダーのオプション
* ヘッダーを表示 – Instagram フィードのヘッダーを表示するかどうか。
* プロフィールを表示 – Instagram フィードのヘッダーでアカウントのプロフィールを表示するかどうか。
* カスタムアバター – ヘッダー用のカスタムのアバター画像の URL (アカウントで使用したい画像)。
*
* ヘッダーの色r – Instagram フィードのヘッダーのテキストの色。
*
* 「さらに読み込む」ボタンのオプション
* さらに読み込むボタンを表示 – 「さらに読み込む」ボタンを表示するかどうか。
* ボタンカラー – ボタンの背景色。任意の hex カラーコード
* bボタンのテキスト色– ボタンのテキストの色。
* ボタンのテキスト – ボタンに使用するテキスト。例: 「写真をさらに読み込む」
*
* 「Instagram でフォロー」ボタンのオプション
* フォローボタンを ** – 「Instagram でフォロー」ボタンを表示するかどうか。
* **フォローカラー
– 「Instagram でフォロー」ボタンの背景色。
* フォローテキスト色 – 「Instagram でフォロー」ボタンのテキストの色。
* フォローテキスト – 「Instagram でフォロー」ボタンで使用するテキスト。例: 「フォローする」

その他のショートコードオプションについては、プロ版 をご覧ください。

Instagram Feed プラグインに関するその他の FAQ は、FAQ セクションをご覧ください。

評価

2024年6月14日 2 replies
Once in a while I’m getting issues with this plugin. I can’t add a source and the feed won’t display.
2024年6月13日
Un PLugin muy bueno que permite que los usuarios puedan ver el feed.
2024年6月10日
I’m using the instagram feed for two pages to accomplish the english and spanish version of the button texts. It works great. I hope they can keep the Instagram API code up to date so it don’t stop working like other plugins because of Instagram changing policies
2024年6月5日
Easy to install, works perfectly.
2024年5月26日
Works as it says it does, amazing that there’s a Thrive Themes integration so I can even use it. But the styling options are very limited and outdated on free, I’m embarassed to have this on any primary pages on my site
4,205件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Smash Balloon Social Photo Feed – Easy Social Feeds Plugin はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Smash Balloon Social Photo Feed – Easy Social Feeds Plugin” は21ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Smash Balloon Social Photo Feed – Easy Social Feeds Plugin” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

6.4.2

  • Fix: PHP fatal error caused by dependencies not being prefixed with the correct namespace.

6.4.1

  • Fix: PHP fatal error that could occur in some circumstances when using the plugin.
  • Fix: JS error that occurred on the frontend.

6.4

  • New: Added a checklist and callout feature to help users get started with all Smash Balloon products installed
  • Tweak: Added some improvements to our onboarding wizard to make it clear what certain steps do.
  • Tweak: Made improvements to our oEmbed connection process.
  • Fix: Fixed AJAX themes not loading jQuery dependency causing the feed to break in some circumstances.
  • Translations: Updated our translation .pot file.

6.3.1

  • Fix: Fixed some admin notices not dismissing as expected.
  • Fix: Fixed an issue that would cause a fatal error when trying to delete the plugin.

6.3

  • New: Updated CSS floats to flexbox and grid for better layout support and compatibility with themes. If you have made customizations in form of CSS, JS, or custom feed templates, make sure your feed looks as expected after updating. If you need time to update your customizations, use the “Legacy CSS” setting on the “Advanced” tab to revert the CSS file to version 6.2.
  • New: Improved how images are displayed to support lazy loading.
  • Fix: Added support for Borlabs Cookie v3.0.

6.2.10

  • New: Added a menu item to easily install our new TikTok Feeds plugin!

6.2.9

  • New: Added Elementor widget and Divi module for Instagram Feed.
  • Tweak: Enhanced the secure custom login tool for the support team to troubleshoot certain API issues on your site.
  • Tweak: Improved and hardened our code base to improve reliability.
  • Fix: Updated settings info to display in the debug report.

6.2.8

  • Fix: Menu items for our other plugins were not working when clicked.

6.2.7

  • Tweak: Improved and hardened our code base to improve reliability.

6.2.6

  • Fix: Resetting optimized images would also reset Instagram Feed settings.

6.2.5

  • Fix: Fixed a problem with our code that would remove admin footer text from other sources.
  • Fix: Fixed an issue causing the minified CSS file to not actually be minified.

6.2.4

  • Fix: Disabled translation for a string that would cause an error in some languages.

6.2.3

  • Fix: Fixed translation bugs that would cause PHP errors on certain settings pages.
  • Fix: Fixed a PHP error that would occur when the database record for translations was corrupted.

6.2.2

  • Translations: Fixed many translation issues and added translation files for German, French, Japanese, and many more.
  • Fix: Fixed an issue that would cause extra slashes to be added to text settings that contained single and double quotes.
  • Fix: Fixed an issue that would cause the customizer to not work the first time it was accessed.

6.2.1

  • Fix: Fixed a deprecation warning that would occur in PHP 8.2+.
  • Fix: Fixed a PHP error that would occur when using PHP 8.0+, legacy feeds, and a shortcode with no arguments.

6.2

  • New: Added an onboarding wizard for new users to easily get started with Instagram Feeds.

6.1.6

  • 修正: 信頼性向上のために、アカウント接続に関連するコードを変更しました。
  • 修正: 設定ページでツールを使用する際に、エクスポート可能なフィードは20フィードのみでした。
  • 修正: PHP8.2の使用時に、PHP エラー “creation of a dynamic property (動的プロパティの作成) “が発生する問題を修正しました。

6.1.5

  • 修正: 個人アカウントが新しいツイートを取得できず、コード100のエラーが表示される問題を修正しました。
  • 修正: Instagram の今後の変更に対応できるよう、ビジネスアカウントの API 呼び出しを更新しました。

6.1.4

  • 修正: 現在のテーマがウィジェットをサポートしていない場合、ウィジェットにフィードを追加するオプションを削除しました。
  • 新規: 当社の新しい Reviews Feed プラグインを簡単にインストールするためのメニュー項目を追加しました !

6.1.3

  • 修正: PHP の警告「strtotime() : Epoch doesn’t fit in a PHP integer (エポックが PHP の整数に収まりません)」を修正しました。
  • 修正: 接続済みの Instagram アカウントのプロフィールの更新時に、ヘッダーのプロフィールは更新されていませんでした。
  • 修正: いくつかのテキスト項目が翻訳できない問題を修正しました。

6.1.2

  • 修正: oEmbed ページから Facebook oEmbeds を有効化する際、Custom Facebook Feed プラグインが有効化されていると Instagram アイコンが表示されていました。
  • 修正: CSS の解析エラーを修正しました。

6.1.1

  • 修正: カスタマイザーを使用して、ヘッダーの「スクロール可能な領域の外側を表示」設定を有効化し、背景色を追加した場合、プレビューには実際のフィードと同じ結果が表示されませんでした。
  • 修正: 「高度な設定」タブで JavaScript の画像読み込みを無効化すると、カスタマイザーのプレビューが歪んで見えていました。
  • 修正: フィードをカスタマイズする際、端末のプレビューを切り替えると「さらに読み込む」ボタンが有効化されていました。
  • 修正: フィードの一括削除時に示される PHP の警告を修正しました。

6.1

  • 新規: フィードの「リール」投稿をフィルタリングできる機能を追加しました。フィードをカスタマイズしたり、モデレーション設定を使用したりする際に、Instagram の「リール」投稿の表示/非表示を選択できるようになりました。
  • 新規: 個人ソースにヘッダー画像とプロフィールテキストを追加しました。設定ページに移動し、歯車のアイコンをクリックして既存のソースに追加します。
  • 新規: Instagram の「リール」oEmbeds のサポートを追加しました。WordPress の埋め込みブロックを使って、ブログ投稿やページに高度な oEmbed リンクを作成できます。
  • 調整: Vue.js のコードは、管理エリアのカスタマイザーで使用するために、外部の CDN ではなくプラグインに付属のローカルファイルから読み込まれるようになりました。

6.0.8

  • 調整: 投稿に対して Instagram から画像が返されなかった場合に、不足している画像を取得するための回避策を追加しました。
  • 修正: カスタムカラーパレットを使用している場合、フォローボタンに割り当てられたカスタムカラーが適用されませんでした。
  • 修正: プラグインの強化を追加しました。
  • 修正: 状況によっては、旧バージョンの PHP と WordPress で致命的なエラーが発生することがありました。

6.0.7

  • 修正: 従来の「モバイルを無効化」設定サポートを削除しました。これは、ユーザーが2.xから更新を行う際に、フィードのカラムの変更が反映されないという混乱を引き起こしていたためです。
  • 修正: フィード CSS ファイルに存在しない画像ファイルへの、フィード CSS ファイル内の参照を削除しました。
  • 修正: アプリの権限問題に対処するための猶予期間が終了すると、すべてのソースが削除されていましたが、単一のソースのみが削除されるようになりました。
  • 修正: モバイル端末でカスタマイザーを使用する場合、フィードプレビューで投稿数が不正確になる問題を修正しました。

6.0.6

  • 調整: Smash Balloon Instagram アプリの認証を解除した後、サイトから Instagram データが完全に削除されるまでの猶予期間を設けることを通知する警告を追加しました。Instagram の要件に従いアプリの認証を解除すると、サイトの Instagram データは、合理的な期間内に削除する必要があります。新しい警告通知では、データの削除を望まない場合にアプリを再認証できる時間を確保するため、7日間の猶予期間を設けています。
  • 調整: アカウントを再接続すると、データベース内の元の接続が削除され、新しい接続が追加されるようになりました。これにより、Redis のようなキャッシュシステムにおける問題を防ぐことができます。
  • 修正: フィードの作成時や、フィードのソースの変更時に、最初の20個のソースしか利用できませんでした。
  • 修正: いくつかのエラーメッセージのリンクが不適切で、クリックすると「アクセスが拒否されました」エラーメッセージが表示されていました。

6.0.5

  • 調整: WordPressの cron が正常に動作しないか、予定より遅れて動作し、それによりバックグラウンドキャッシュが機能しない場合、プラグインはページの読み込み時にフィードを更新します。
  • 修正: Jetpack の “Master Bar” 機能により、カスタマイザーのサイドバーが部分的に非表示になっていました。
  • 修正: すべてのフィード用の “class” ショートコード設定のサポートを再び追加しました。
  • 修正: Font Awesome のアイコンをすべて削除し、Font Awesome CDN の CSS ファイルが組み込まれないようにしました。

6.0.4

  • 修正: フィードで最大10カラムを使用できる機能が再び追加されました。
  • 修正: アカウントにエラーが発生した際に表示される再接続リンクが、connect.smashballoon.com にリダイレクトされていませんでした。

6.0.3

  • 調整: 私たちの新しいサイトに合わせて、プラグイン全体のロゴを一新しました。
  • 調整: テーマの競合を防ぐため、フォローボタンと「もっと読み込む」ボタンのホバー状態の色の適用方法を変更しました。
  • 修正: WebToffee のプラグイン GDPR Cookie Consent を使用する際、JavaScript ファイルがページに追加されていませんでした。
  • 修正: ダッシュボードの通知を無視すると、ページが更新されるまで「新規フィードを追加」ボタンが機能しなくなることがありました。

6.0.2

  • 修正:「AJAX テーマの読み込み」設定を使用すると Instagram フィードの JavaScript ファイルがページから欠落し、その結果、空白の画像が表示される問題を修正しました。
  • 修正: カスタムデータベースのテーブルを最初に作成しようとしたときにエラーが発生した場合、そのテーブルを作成できる機能を追加しました。
  • 修正: 個人アカウントまたは基本アカウントに接続しようとした際にエラーが発生した場合、エラーメッセージが表示されない問題を修正しました。

6.0.1

  • 修正: カスタム HTML テンプレートは新しいフィードに適用されませんでした。
  • 修正: MySQL の特定のバージョンで、一部のカスタムテーブルが作成されませんでした。
  • 修正: ショートコードの設定 “showfollow=false “がレガシーフィードで機能していませんでした。
  • 修正: ショートコード設定の “showheader “と “showbio “がレガシーフィード以外に適用されていたため、カスタマイザーでこれらの設定を変更しようとした際に混乱を招いていました。
  • 修正: GDPR 機能が有効化されている場合、カスタマイザーで画像のサイズ変更が行われず、空白の画像が表示されていました。
  • 修正: PHP 警告 “Undefined array key tagged (タグ付けされた未定義の配列キー)” を修正しました。

6.0

  • 重要: サポート対象の WordPress の最小バージョンは3.5から4.1に引き上げられました。
  • 新規: 今まで最大の更新です ! Instagram フィードをより簡単に作成、管理、カスタマイズできるように、プラグイン設定を根本から再設計しました。
  • 新規: すべてのフィードが「すべてのフィード」ページの1か所にまとめて表示されるようになりました。ページには既存の (レガシー) フィードと、作成した新しいフィードのリストが表示されます。注: v2.8以前のバージョンから更新した場合は、プラグインでフィードが検索され、ここに一覧表示されるように、Web ページでフィードを表示することが必要な場合があります。
  • 新規: 面倒なショートコードオプションの代わりに、新しいフィードの個別のフィード設定を簡単に編集できます。
  • 新規: フィードの作成がより簡単になりました。「新規追加」をクリックし、フィードの種類を選択して、アカウントを接続すれば完了です !
  • 新規: フィードカスタマイザーが一新されました。フィードのカスタマイズを一から再設計され、設定が見つかりやすいように再編成されました。
  • 新規: ライブフィードプレビュー。フィードに加えた変更を、設定ページでリアルタイムに確認できるようになりました。デスクトップ、タブレット、モバイルのサイズで簡単にプレビューできます。
  • 新規: 配色オプション。個別の色設定を調整しなくても、フィード全体の色をこれまで以上に簡単に変更できるようになりました。配色を設定するだけで、フィード全体の色を容易に変更できます。
  • 新規: フィードのカラム数をデスクトップ、タブレット、モバイルすべてで変更できるようになりました。
  • 新規: フィード設定を簡単にインポートおよびエクスポートできるため、サイト間でフィードを容易に移動できます。