Jetpack – WP セキュリティ、バックアップ、高速化、成長

説明

あらゆる機能を備えた最も人気のある WordPress プラグイン。

セキュリティやパフォーマンスからマーケティングやデザインまで、さまざまなツールをご用意。Jetpack は WordPress のエキスパートによって作成された、WP サイトの安全性を高め、高速化し、トラフィックを増やすためのプラグインです。

24時間体制の自動サイトセキュリティ

サイトの監視は私たちに任せて、ビジネスに専念してください。 Jetpack セキュリティは、自動リアルタイムバックアップ、簡単な復元、マルウェアスキャン、スパム保護など、使いやすく総合的な WordPress サイトセキュリティ機能を提供します。 総当たり攻撃からの保護やダウンタイムとアップタイムのモニタリングといった重要な機能を無料で利用できます。

  • サイトをリアルタイムで自動バックアップ。ワンクリックで任意のポイントに復元できます。 バックアップ用ストレージは無制限。 Woo をはじめとする eコマースストアに最適です。
  • ステージングサイトの作成時や新しいホストへの移行時などに、サイトの複製、クローン作成、移行が簡単にできます。
  • アクティビティログでサイトのあらゆる変更や誰が変更したのかを確認。連携、デバッグ、メンテナンス、トラブルシューティングに役立ちます。
  • マルウェアやコードによるその他の脅威を自動スキャン。 ワンクリック修正でサイトをマルウェアから復元します。
  • スパムコメントやフォーム経由のスパムを Akismet 提供のスパム機能でブロック。
  • 総当たり攻撃対策で WordPress のログインページを攻撃から保護。
  • サイトのアップタイムとダウンタイムを監視し、異変があればメールで即通知。
  • 何百万ものサイトで使用されている、WordPress.com 提供の安全なログイン機能。オプションで2要素認証 (2FA) による追加保護も利用できます。
  • 各プラグインを自動アップデートし、サイトのメンテナンスと管理を容易にします。

速度とパフォーマンスを最大に

Jetpack を使ってサイトを超高速化しましょう。Jetpack は、AMP (モバイル端末からサイトを最適化するツール) を利用して構築された WP 公式プラグインです。 Jetpack の無料コンテンツ配信ネットワーク (CDN) は、画像を自動で最適化します。 WordPress.com の強力なグローバルサーバーネットワークから最適化された画像を配信することで、ページの読み込み時間を短縮します。また、モバイルサイトを高速化し、帯域幅の使用量とコストを削減します。

  • Google AMP との提携により、最高かつ最速の WordPress 用のパフォーマンスツールキットをオールインワンで提供。 Jetpack と AMP を併用することで、コードを使わず速く美しくモダンなウェブサイトを構築するためのあらゆる機能が手に入ります。
  • CSS や JavaScript などの画像や静的ファイル用の画像 CDN は、ユーザーではなく WordPress.com のサーバーから配信されるため、コストや帯域幅を節約できます。
  • 画像の遅延読み込みによる超高速表示。モバイルでも快適に閲覧できます。 Jetpack の遅延読み込みでは、投稿やページのメディアの読み込みが、訪問者が表示位置にスクロールダウンするまで行われません。
  • 無制限、高速、広告非表示の動画ホスティングで、コンテンツから関心が逸れません。広告やレコメンデーションにつられて訪問者がサイトを離れるのを防ぎます。
  • カスタムサイト検索は、極めて強力でカスタマイズも自在です。 必要なコンテンツをすばやく検索できるので、訪問者のサイト滞在時間が長くなり、購入機会も増加します。 WooCommerce / eコマースサイトとの互換性に優れ、製品のフィルタリングをサポート。欲しい物がすぐ見つかります。
  • WordPress サイトを最速化するには、WP Super Cache を併用することをお勧めします。

成長を後押しする強力なツール

WordPress サイトを作成してカスタマイズし、訪問者や収益に合わせて最適化することで、統計値の上昇を確認できます。 サイトを構築して共有し、成長を確認しましょう。

  • Advanced site stats and analytics to help you understand your audience.
  • ツールを使って Facebook、Twitter、Linkedin と手軽に連携。ブログ投稿や製品をソーシャルメディアで自動公開できます。
  • Instagram の投稿をページやブログ投稿で簡単に共有。
  • PayPal および Stripe と簡単に連携。支払いや寄付を回収したり、製品やサービス、メンバーシップなどを販売したりできます。
  • Google、Bing、Twitter、Facebook、WordPress.com 用の SEO ツールを使い、トラフィックを増やすことができます。 XML サイトマップは自動作成されます。
  • サイトで宣伝を行い、収益を得られます。 Jetpack の広告ネットワークが質の高い広告を自動検索し、サイトに表示します。
  • Jetpack の機能を、WordPress 公式モバイルアプリを使ってどこからでも管理できます。アプリは Apple iOS (iPhone または iPad) 版および Google Android 版を利用可能です。
  • CRM をお探しの場合は、 Jetpack CRM プラグインをお試しください。Jetpack と連携して機能し、顧客やリードとの関係を簡単かつ実践的に構築できます。

使いやすいデザインツール

サイトをすばやくカスタマイズして目立たせましょう。コードは不要です。

  • テーマ — シンプルなテーマから始めたり、プロフェッショナルなテーマを使ってサイトを目立たせたりできます。
  • 関連記事 — 訪問者が関心を持ちそうな関連コンテンツを自動表示することで、サイトにより長く滞在してもらえます。
  • ギャラリーとスライドショーのツール — WP サイトと WP ストア用の画像ギャラリー、カルーセルスライダー、スライドショー。
  • 購読 — 訪問者が簡単に購読申込を行い、最新の投稿やコメントの通知を受け取れるようにします。
  • お問合せフォーム — コードを使わずに、お問い合わせフォームを簡単に無制限に作成できます。 フォームが送信されるとメールで通知します。 Creative Mail などのメールソリューションと連携させることで、顧客やリードにすばやくリーチできます。 また、Jetpack スパム対策 (Akismet 提供) と連携させ、受信フォームをフィルタリングできます。
  • oEmbed のサポート — Facebook と Instagram の画像、投稿、リンクを簡単に埋め込むことができます。

連携機能

WordPress の主要プラグインやその他のテクノロジー製品とシームレスに連携するため、Jetpack は毎月アップデートされます。

  • WooCommerce 用に構築 : Jetpack と WooCommerce は Automattic のプラグインです。 Woo ストアや eComm ストア向けに統合されたバックアップ、スキャン、スパム対策機能
  • Jetpack は WordPress 用の公式 AMP プラグイン v2.0に完全に準拠しています。
  • 組み込まれた Google アナリティクス (GA) を使うことで、顧客やマーケティングに対する理解が深まります
  • ソーシャルメディアプラットフォーム : Instagram、Facebook、Twitter、LinkedIn
  • シンプルブロックでサイトをカスタマイズ : Pinterest、Whatsapp、ポッドキャストプレイヤー、GIF、地図、タイルギャラリー、スライドショー
  • 支払処理業者 : Stripe および PayPal を使って簡単に支払いや寄付を回収したり商品を販売したりできます。
  • サイトの速度とパフォーマンスに関するプラグイン : WP Super Cache および Cloudflare との連携性に優れています。
  • お問い合わせフォーム : スパム対策 (Akismet 提供) は、Jetpack フォーム、Contact Form 7、Ninja Forms、Gravity Forms、Formidable Forms など多数のフォームプラグインのスパムコメントをブロックします。
  • 他のテクノロジーとの連携 : Instagram、Creative Mail、Mailchimp、Calendly、Whatsapp, Pinterest、Revue など多数。

エキスパートによるサポート

サポートスタッフのグローバルチームが強力にサポートします。 サポートフォーラムで質問いただくか、直接お問い合わせください。

使用方法

Jetpack はわずか数分で、簡単に無料でインストールできます。Jetpack をセットアップしましょう。 有料プランにアップグレードして、サイトセキュリティ、デザイン、成長ツールなどのさらに堅牢な機能を利用しましょう。

スクリーンショット

  • Jetpack セキュリティが、バックアップ、マルウェアスキャン、スパム保護など、使いやすく総合的な WordPress サイトセキュリティ機能を提供します。
  • リアルタイムのバックアップであらゆる変更を保存。ワンクリック復元でオンラインにすばやく戻れます。
  • マルウェアの自動スキャンとワンクリック修正で、サイトをセキュリティの脅威から守ります。
  • 自分のソーシャルメディアチャンネルで最新の投稿、ページ、商品を宣伝しましょう。

インストール

自動インストール

Jetpack はわずか数分で、簡単に無料でインストールできます。Jetpack をセットアップしましょう。

手動による代替手段

別の方法として、プラグインディレクトリから Jetpack をインストールできます。または、ファイルを手動でサーバーにアップロードして画面上の指示に従うという方法もあります。 さらにサポートが必要な場合は、 詳しい手順をお読みください。

FAQ

Jetpack は無料ですか ?

はい。Jetpack のコア機能は無料です。これは今後も変わることはありません。

これらには、サイト統計、画像の高速 CDN、関連記事、ダウンタイムモニタリング、総当たり攻撃からの保護、ソーシャルネットワークへの自動共有、サイドバーのカスタマイズ、その他多数が含まれます。

有料プランを購入するべきですか ?

購入すべきかどうかは、サイトや必要な保護、パフォーマンス、デザインによって異なります。 サイトから収益を得る場合は、ほとんどの場合必要です。 Jetpack の有料サービスには、リアルタイムのバックアップ、セキュリティスキャン、プレミアムテーマ、スパムフィルター、動画ホスティング、サイトの収益化、SEO ツール、検索、優先サポートなどがあります。

Jetpack が提供している重要なセキュリティと WordPress サービスの詳細およびそれらがどのようにサイトを改善するかについては、プランのページ をご覧ください。

どうして WordPress.com アカウントを作る必要があるのですか ?

Jetpack とそのサービスは WordPress.com で提供、ホスティングされるため、Jetpack を機能させるには WordPress.com のアカウントが必要です。

すでに WordPress アカウントを持っていますが、Jetpack が正しく動作しません。どうしてですか ?

WordPress.com アカウントは、インストール型 WordPress にログインする際のアカウントとは別になります。 WordPress.com にログインできる場合は、すでに WordPress.com アカウントをお持ちです。 ログインできない場合は、インストール時に簡単にアカウントを作成できます。

統計情報を表示するには ?

Jetpack をインストールすると、Jetpack ダッシュボードおよび 公式 WordPress モバイルアプリ で統計情報を表示できるようになります。

Jetpack に貢献するには ?

あらゆるレベルの開発者の方々に対し、貢献していただける機会をご用意しています。Jetpack への貢献について詳しく読むか、ベータプログラムへの参加をご検討ください。

Jetpack CRM は Jetpack プラグインに含まれていますか ?

いいえ、Jetpack CRM を使用するには、個別の Jetpack CRM プラグインをダウンロードしてください。

Jetpack には、他に何が含まれていますか ?

Jetpack は、旧エディターおよびブロックエディターのいずれにも使用できる究極の WP ツールキットで、プロフェッショナルなサイトに必要なものがすべて揃っています。 Jetpack には、以下の機能が含まれています。

  • アクティビティログ — デバッグ、トラブルシューティング、メンテナンスに関するサイトの変更を監視します。
  • 広告 — サイトに質の高い広告を表示し、収益を得ることができます。
  • Beautiful Math — 複雑な方程式や数式を入力するのに適したマークアップ言語の LaTeX を使用できます。
  • カルーセルスライダー — コメントと EXIF メタデータ付きのゴージャスな全画面の写真として表示できます。
  • CDN — Jetpack で画像を最適化し、WordPress.com のサーバーのグローバルネットワークから画像と静的ファイル (CSS や JavaScript など) を配信するようにすることで、ページの読み込みを高速化します。
  • コメント — デフォルトのコメントフォームを、ソーシャルメディアへのログインオプションを組み込んだ拡張システムに切り替えます。
  • コメントへの「いいね」 — 読者は、他のコメントに「いいね」を付けて、賛同、承認、好意の気持ちを表すことができます。
  • お問い合わせフォーム — 個人メールアドレスを公表することなく、読者が問い合わせできるようにします。
  • カスタム CSS — 子テーマを作成したり、アップデートによるカスタマイズの上書きを心配したりすることなく、テーマの外観をカスタマイズできます。
  • カスタムコンテンツタイプ — カスタム投稿タイプ (CPT) をサイトに追加します。
  • ダウンタイムモニター — サイトがダウンしたらメールで通知し、サイトを確実に稼働させます。
  • 拡張配信 — コンテンツを公開ブログコンテンツの WordPress.com Firehose に含めることを許可してリーチを広げます。
  • 追加サイドバーウィジェット — RSS リンク、Twitter タイムライン、Facebook の「いいね」ボックスなど、ブログに追加可能な追加ウィジェット。
  • Gravatar ホバーカード — Gravatar プロフィールをブログ閲覧者に表示します。
  • Google アナリティクス (GA) — Google Analytics を使って WordPress のサイト統計を追跡します。
  • 無限スクロール — 読者がページの下の方へ近づくと、自動的に次の投稿を読み込み表示します。
  • JSON API — アプリケーションやサービスの認証を行ってブログに安全に接続し、コンテンツの使用や新機能の提供を許可します。
  • 画像の遅延読み込み — 画面に表示される画像だけを読み込み、他の画像はユーザーのスクロールに合わせて読み込むことで、ページの読み込みを高速化します。
  • いいね — 読者はクリックするだけで投稿への賛同を表すことができます。
  • Markdown — 標準の文字や句読点を使用して、リンク、リスト、およびその他のスタイルを含む投稿やコメントを作成できます。 Markdown を使用すると、キーボードを打つだけでリッチテキストをすばやく簡単に作成することができます。
  • 通知 — 管理バーやモバイルデバイスで、新しいコメントや「いいね」の通知を受け取ります。
  • oEmbed のサポート — Facebook と Instagram の画像、投稿、リンクを簡単に埋め込むことができます。
  • プラグイン管理 — 自動アップデートを行うプラグインを指定し、サイト管理を簡素化します。
  • メール投稿 — 任意のメールクライアントから投稿を公開できます。
  • プロテクト — 総当たりログイン攻撃 (典型的、分散型の両方) からサイトを保護します。
  • パブリサイズ共有 — 新しい投稿を、ソーシャルメディアネットワークで自動共有したり、カスタマイズされたメッセージつきで後で共有されるようにスケジュールしたりします。
  • 関連記事 — 現在表示されている投稿を読んだあとに訪問者が読みそうな、コンテキストに沿った記事を表示します。
  • Secure Auth — 何百万ものサイトで使用されている WordPress.com 提供の安全なログイン機能です。オプションで、2要素認証 (2FA) による追加保護を使用できます。
  • セキュリティスキャン — WordPress サイトのウィルス、マルウェア、脅威を検出し、自動修復を行います。
  • 検索 — WordPress 検索に代わる、WordPress クラウドの Elasticsearch を使った強力な検索機能です。
  • SEO ツール — サイトを検索エンジン向けに最適化します。
  • 共有 — 読者がコンテンツを簡単に共有できるように、ブログ投稿に共有ボタンを追加します。
  • ショートコード埋め込み — YouTube の動画、Twitter のツイート、その他のウェブ上のメディアを埋め込みます。
  • サイトのバックアップ — サイト全体を自動でバックアップします。 複製、クローン、移行、すばやい復元を行います。
  • サイト統計情報 — 日付別および最も人気のあるページや投稿別に、サイト訪問者数を表示します。
  • サイト検証 — Google、Bing、Pinterest およびこれらのプラットフォームのツールの使用について、サイトを検証します。
  • サイトマップ — Google や Bing などの検索エンジンにインデックスされるページのリストを生成します。
  • スパムフィルター — スパムコメント、製品レビュー、お問い合わせフォームの送信を自動でフィルタリングします。
  • 購読 — 訪問者が最新の投稿やコメントの通知を受け取れるようにします。
  • タイルギャラリー — 画像ギャラリーを、長方形モザイク、正方形モザイク、円形グリッドの3つのスタイルで表示します。
  • 動画ホスティング — 動画をアップロードし、WordPress.com で高速かつ信頼性の高いホスティングを行います。
  • WP.me 短縮リンク — wp.me ドメインを使用し、コンテンツへの短くシンプルなリンクを生成します。
  • ウィジェット表示管理 — ウィジェットの設定を行って、特定のページにのみ表示されるようにします。
  • WordPress.com ツールバー — デフォルトの管理バーに代わるもので、Reader、すべてのサイト、WordPress.com プロフィール、通知へすばやくアクセスできるリンクがあります。

Jetpack にはどんなブロックが含まれていますか ?

ブロックとは、ページを構成する個別のセクションです。 ブロックにはさまざまなタイプのものがあります。 各ブロックは、個別に編集や移動ができます。 以下は現在 Jetpack で利用できるすべてのブロックのリストです。

  • 広告ブロック – 投稿やページのコンテンツの任意の位置に Jetpack 広告ユニットを挿入できます。
  • 営業時間ブロック – ビジネスの営業時間をサイトに表示できます。
  • Calendly ブロック – マンツーマンの約束、グループイベント、チームミーティングを訪問者がウェブサイトから直接スケジュールできるようになります。
  • 連絡先情報ブロック – 連絡先情報 (メールアドレス、住所、電話番号) を投稿やページに追加できます。
  • 寄付ブロック – 寄付、チップ、その他の贈与などを Stripe を使って決済できる支払いボタンを投稿やページに追加できます。
  • Eventbrite ブロック – 投稿やページにイベントを埋め込むことができます。
  • フォームブロック – 投稿やページにフォームを追加できます。
  • GIF ブロック – Giphy から GIF アニメーション画像を簡単に検索したり、WordPress サイトの投稿やページに直接埋め込んだりできます。
  • Google カレンダーブロック – Google カレンダーを投稿やページに簡単に埋め込むことができます。
  • 画像の比較ブロック – 2つの画像を表示し、スライダーを左右 (または上下) に動かして比較できます。
  • Instagram の最新の投稿ブロック – Instagram の最新画像をサイトに表示できます。 Instagram に新しい画像を投稿すると、ブロック更新により自動的に更新が行われます。
  • Mailchimp ブロック – 訪問者が Mailchimp リストに参加できるようにします。
  • 地図ブロック – サイトの投稿やページに地図を追加できます。
  • Markdown ブロック – 通常の文字および一部の句読点のみを使用してフォーマット化されたコンテンツを作成できます。
  • OpenTable ブロック – 投稿やページに予約フォームを追加できます。
  • PayPal による支払いブロック – 投稿やページに支払いボタンを追加し、PayPal による物品、デジタル商品、寄付の支払いの受け取りを即座に開始できます。
  • 支払いブロック – Stripe を決済方法とする支払いボタンを追加できます。 一括払いおよび定期支払いに対応しています。
  • Pinterest ブロック – Pinterest のコンテンツ (ボード、プロフィール、ピン) を最も簡単にサイトに埋め込むことができます。
  • ポッドキャストプレイヤーブロック – ポッドキャストの最近のエピソードのリストを訪問者に対して簡単に表示し、ウェブサイト上でこれらのエピソードを再生できます。
  • 関連記事ブロック – 投稿の内容をすべてスキャンして分析し、その結果に基づいて、訪問者が現在の投稿を読み終えた後に関心を持つと考えられる、コンテキストに沿った記事を表示します。
  • 繰り返し訪問するユーザーブロック – 訪問者がページをこれまでに何度訪問したかに応じて、ネストしたブロックの表示状態を制御できます。
  • Revue ブロック – 読者がニュースレターを受け取るようオプトインできるシンプルな登録フォームを作成できます。
  • スライドショーブロック – 画像のスライドショーを投稿やページに挿入できます。
  • Star Rating ブロック – サイト作成者はサイトにレビューを追加できるようになります。
  • 購読フォームブロック – 投稿やページのコンテンツエリアに購読フォームを挿入し、新しい投稿を行った際に読者に通知を送ることができます。
  • タイルギャラリーブロック – 画像ギャラリーをタイルモザイク、円形グリッド、正方形タイル、タイルカラムという4つのスタイルで表示できます。
  • 動画ブロック – 既存の WordPress 動画ブロックの機能が拡張され、コンピューターから、お使いのホスティングサーバーではなく、WordPress.com のサーバーに動画をアップロードできます。
  • WhatsApp ボタンブロック – 顧客が製品やサービスについての問い合わせや、サポートの依頼を送信できるようにするブロックです。 ボタンをクリックすると WhatsApp が開き、電話番号と最初のメッセージが自動入力されます。

また Jetpack は、WordPress のいくつかの主なブロックの拡張機能も作成しました。

  • ツイートスレッドの展開 – Twitter ブロックの拡張機能で、ツイートのスレッド全体をネイティブブロックとしてエディターにインポートできます。
  • ソーシャルメディアの投稿のプレビュー – ブロックエディターの拡張機能で、投稿やページが検索エンジンおよびソーシャルメディアでどのように表示されるかを確認できます。

SSL 証明書は必要ですか ?

SSL 証明書は、Jetpack を WordPress サイトで実行するのに必要ではありません。 ただし、SSL 証明書と Jetpack の両方を総合的なセキュリティ対策に組み入れることをお勧めします。 SSL (Secure Sockets Layer) 証明書は、ウェブサイトとサイト訪問者のブラウザーを安全に接続します。 住所、メールアドレス、電話番号、クレジットカード情報など、サイトで共有されるあらゆるデータを暗号化し、ハッカーからデータを保護します。

SSL 証明書を取得していない場合、ユーザーのブラウザー上にサイトが安全ではないという旨の警告が表示され、訪問者のサイトへの信頼が損なわれる可能性があります。 また、SSL 証明書は検索エンジンの表示順位にも良い影響を与えます。

SSL 証明書のセットアッププロセスは、ホスティングサービスによって異なります。 証明書が無料で提供される場合もあれば、年間使用料がかかる場合もあります。

Jetpack は WP Super Cache とどのように連動しますか ?

WP Super Cache は、すでにキャッシュされたページについては、ページリクエストが WordPress PHP スクリプトで処理されなくてもよいように、WordPress ページを固定 HTML ページとしてキャッシュします。 ユーザー数が増えてもサーバーの処理能力が落ちないよう、大部分のサイト訪問者には通常、キャッシュされた WordPress ページが表示されます。

Jetpack には、WordPress 画像を自社サーバーからグローバルにキャッシュおよび提供する画像 CDN があります。 これらのプラグインはいずれも Automattic が管理し、連携して機能することでサイトを最大限に高速化します。

必要な PHP のバージョンを教えてください。

サイトは PHP 5.6 以上を使って構築する必要がありますが、Jetpack は常に PHP の最新バージョンをサポートしています。

Jetpack は GDPR の準拠に役立ちますか ?

Cookie と Consent Banner は GDPR に適合できるようにします。 欧州連合の e プライバシー指令 (通称「Cookie 法」) と一般データ保護規則 (GDPR) では、サイトの所有者とオペレーターが Cookie の使用法に関する情報を提供し、その使用に対してサイト訪問者の同意を得ることを要求しています。

評価

2020年11月23日
Jetpack is a must have addition to WordPress. I tell all the beginning bloggers I help to install it immediately.
2020年11月18日
Jetpack really makes it easy for me to back up my work and hence a lot of freedom in trying new things on my site that I'm worried might break it
2020年11月15日
The Jetpack slows down websites with LiteSpeed ​​and the traffic options page is blank. All this also happens in new and clean facilities. That is why I give two stars because jetpack has to be pulifo with all the errors and with urgent stability errors because if not the websites where there is something from jetpack the web does not load and makes the server cpu go up and if it is for It is not compatible with LiteSpeed ​​server because making it compatible because it is a necessary plugin almost oblocated depends on which websites you mount.
2020年11月6日
On the whole, Jetpack is pretty good-- when it works. I manage 3 blogs for two distinct businesses, posting to two different FB pages. I set it up so that the two blods for the one business (lets call it "A") were on a Jetpack network, and the other ("B") was standalone. But every time there's an upgrade, the accounts get combined into a network for "B." Which means that the two blogs for "A" get added to the one account for "B", and all posts go to B's FB page. Last time this happened, I finally had to uninstall and reinstall Jetpack, and set it up all over again (3 times, one for each blog). This time... I'm going to uninstall and switch. This is a real PIA. I couldn't find anything on this in the documentation. The support site says to contact them "at the form below," but there's no form below.
1,560件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Jetpack – WP セキュリティ、バックアップ、高速化、成長 はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Jetpack – WP セキュリティ、バックアップ、高速化、成長” は41ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Jetpack – WP セキュリティ、バックアップ、高速化、成長” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

9.1

  • Release date: November 10, 2020
  • Release post: https://wp.me/p1moTy-s0E

改善点

  • Button Block: add a center alignment option to all Jetpack button blocks.
  • Content Options: add new filter to allow theme and plugin authors to disable featured image removal for their Custom Post Types.
  • Dashboard: improve the display of dates in the Jetpack Plan screen and in the Stats graph.
  • Dashboard: improve the display of numbers in all languages.
  • Donations Block: improve the display of the block outside WordPress (in subscription emails, for example).
  • Embeds: update Loom logo.
  • External Media: add feature to the Cover block.
  • Google Calendar Block: improve the display of the block in the editor.
  • Image Compare Block: accessibility improvements.
  • Instant Search: improve accessibility of the Search modal.
  • Likes: remove jQuery dependency where possible.
  • Pay with PayPal Block: improve the styling of the buttons in subscription emails.
  • Pay with PayPal Block: improve the display of currencies.
  • Podcast Player Block: add option to hide the episode title.
  • Podcast Player Block: display more helpful error messages when a podcast cannot be embedded.
  • Publicize: improve the usability of the Twitter thread options.
  • REST API: support needed capabilities in Jetpack REST API endpoints that allow site based authentication.
  • Social Menu & Social Media Icons: add support for Telegram profiles.
  • Synchronization: improve reliability of synchronization of theme changes.
  • WhatsApp Block: add option to change the alignment of the button.
  • Widget Visibility: improve performance on sites with a large number of pages.
  • WordPress.com Block Editor: add option to add metadata to a post indicating the last editor used.
  • WordPress.com REST API: remove outdated code that allowed non-secure requests to the API, as such requests are no longer accepted.

互換性の向上

  • Comments: avoid AMP validation errors when using Jetpack’s Comments feature and the AMP plugin.
  • Dashboard: better support all states available when using one of Jetpack’s Security solutions.
  • Embeds: improve compatibility between Jetpack’s Instagram embed and WordPress’ own embed.
  • Embeds: ensure Facebook Embeds work well with the AMP plugin.
  • External Media: update iconography and improve forward compatibility.
  • General: better detect local development environments.
  • Google Analytics: add support for the AMP plugin to track WooCommerce events.
  • OpenTable Block: ensure full compatibility with the AMP plugin.
  • Pay with PayPal Block: ensure full compatibility with the AMP plugin.
  • Sharing: add support for the Google Web Stories plugin.
  • Slideshow Block: ensure that the block can be displayed using the Full Width alignment setting when using the Gutenberg plugin.
  • Widget Visibility: avoid performance impact it may have on the block editor when used with the Gutenberg plugin.
  • YouTube embeds: ensure that all YouTube video embeds work well when using the AMP plugin.

バグ修正

  • Calendly and Eventbrite Blocks: fix layout issue when selecting block styles in the editor.
  • Contact Form: selection widgets, radio buttons, and checkboxes can now use commas, brackets, and backslashes in the labels and values without breaking the form.
  • Donations / Payments Block: fix visual bug in Stripe connection banner.
  • Embeds: ensure Facebook videos are centered properly with the Twenty Twenty theme.
  • Google Analytics: support updated Google Analytics 4 properties.
  • Image CDN: the CDN will now ignore attempts to specify percentages for width or height in an image tag.
  • Infinite Scroll: ensure the number of posts loaded when using Infinite Scroll respects posts per page settings.
  • Latest Instagram Posts Block: avoid PHP warning when no images can be retrieved from Instagram.
  • Lazy Images: attempt to load all images when printing a post, and inform the user when printing if images haven’t been loaded.
  • Pay with PayPal Block: add default price value.
  • Pay with PayPal Block: ensure currencies are displayed properly in the editor.
  • Protect: fix handling of IPv6 addresses.
  • Publicize: ensure that custom messages can be saved when using the Portfolio Custom Post Type.
  • Publicize: ensure that tweets consisting only of whitespace aren’t added to Twitter threads.
  • Publicize: when generating Twitter threads, allow text to be split at line breaks where appropriate.
  • Security / Contact Form: add additional checks before checking submitted forms for spam.
  • Security / WordPress.com REST API: improve authentication checks when making proxied requests to a site’s API endpoints.
  • Slideshow Block: fix a bug that prevented the first and last images from displaying when the slideshow loops.
  • Stats: no longer incorrectly report a term ID as a post ID in some rare cases.
  • Videos: ensure Jetpack videos use the correct aspect ratio in both the editor and the frontend, even when used within column blocks.
  • WhatsApp Block: fix issue when the text color would not be correct.

これまでの変更履歴についてはこちらを参照してください