LuckyWP Scripts Control

説明

「LuckyWP Scripts Control」プラグインを使用すると、カスタムコードを Web サイトに挿入および管理できます。 たとえば、テーマファイルを編集せずに、Google アナリティクスコード、Google Search Console 検証メタタグ、Facebook ピクセル、カスタムCSS / JS などのコードを挿入できます。

機能

  • 優れたユーザーインターフェイス:シンプルで機能的。
  • </head> タグの前、<body> タグの後ろや </body> の前に、コードを挿入します。
  • 項目の並び替えが可能。
  • Google Analytics コードを追加します。
  • Google Verification メタタグを追加します。
  • Google Tag Manager コードを追加します。
  • Facebook ピクセル コードを追加します。
  • カスタムメタタグを追加します。
  • カスタム JS / CSS / HTML コードを追加します。
  • RTL 対応。

スクリーンショット

  • メインスクリーン
  • 設定画面
  • コードの編集
  • コードの操作

インストール

WordPress 管理画面からのインストール

  1. 「プラグイン > 新規追加」ページに行きます。
  2. 「プラグインの検索…」フィールドに「LuckyWP Scripts Control」という名前を入力します
  3. 検索結果で「LuckyWP Scripts Control」プラグインを見つけ、「今すぐインストール」ボタンをクリックすると、プラグインのインストールプロセスが開始されます。
  4. インストールが完了したら、「有効化」をクリックします。

アーカイブを使用したインストール

  1. WordPress 管理画面の「プラグイン > 新規追加」ページに移動します。
  2. 「プラグインのアップロード」ボタンをクリックすると、アーカイブをアップロードするためのフォームが開きます。
  3. プラグインを含むアーカイブを選択し、「今すぐインストール」をクリックします。
  4. インストールが完了したら、「有効化」ボタンをクリックします。

手動インストール

  1. フォルダ luckywp-scripts-control をプラグインのあるディレクトリにアップロードします。通常は /wp-content/plugins/ です。
  2. WordPress 管理画面の「プラグイン > 新規追加」ページに移動します。
  3. プラグインの一覧で「LuckyWP Scripts Control」を見つけて、「有効化」をクリックします。

有効化後

プラグインが正常にインストールされると、WordPress 管理画面の「設定」メニューに「スクリプト」が表示されます。

評価

2020年6月16日
This plugin works perfect. It is possible to place a code direct after <body>, which is necessary for a custom preloader. This way the preloader loads very early! Would be great if the popup with the input textarea is wider.
24件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

LuckyWP Scripts Control はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“LuckyWP Scripts Control” は16ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“LuckyWP Scripts Control” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

1.2.1 — 2020-03-09

  • Added welcome notice.
  • Remove data on uninstalling plugin.
  • CSS optimization in admin panel.
  • Minor code refactoring.

1.2 — 2020-02-02

  • RTL 対応を追加しました。
  • 修正済み:translate.wordpress.org による翻訳が機能していませんでした。
  • マイナーな修正。

1.1 — 2019-06-02

  • 「wp_body_open フックを使用」オプションを追加

1.0.1 — 2018-10-10

  • translate.wordpress.org の翻訳に対応しました。

1.0.0 — 2018-10-10

  • 初回リリース。