このプラグインは WordPress の最新3回のメジャーリリースに対してテストされていません。もうメンテナンスやサポートがされていないかもしれず、最新バージョンの WordPress で使用した場合は互換性の問題が発生する可能性があります。

LuckyWP Scripts Control

説明

「LuckyWP Scripts Control」プラグインを使用すると、カスタムコードを Web サイトに挿入および管理できます。 たとえば、テーマファイルを編集せずに、Google アナリティクスコード、Google Search Console 検証メタタグ、Facebook ピクセル、カスタムCSS / JS などのコードを挿入できます。

機能

  • 優れたユーザーインターフェイス:シンプルで機能的。
  • </head> タグの前、<body> タグの後ろや </body> の前に、コードを挿入します。
  • 項目の並び替えが可能。
  • Google Analytics コードを追加します。
  • Google Verification メタタグを追加します。
  • Google Tag Manager コードを追加します。
  • Facebook ピクセル コードを追加します。
  • カスタムメタタグを追加します。
  • カスタム JS / CSS / HTML コードを追加します。
  • RTL 対応。

スクリーンショット

  • メインスクリーン
  • 設定画面
  • コードの編集
  • コードの操作

インストール

WordPress 管理画面からのインストール

  1. 「プラグイン > 新規追加」ページに行きます。
  2. 「プラグインの検索…」フィールドに「LuckyWP Scripts Control」という名前を入力します
  3. 検索結果で「LuckyWP Scripts Control」プラグインを見つけ、「今すぐインストール」ボタンをクリックすると、プラグインのインストールプロセスが開始されます。
  4. インストールが完了したら、「有効化」をクリックします。

アーカイブを使用したインストール

  1. WordPress 管理画面の「プラグイン > 新規追加」ページに移動します。
  2. 「プラグインのアップロード」ボタンをクリックすると、アーカイブをアップロードするためのフォームが開きます。
  3. プラグインを含むアーカイブを選択し、「今すぐインストール」をクリックします。
  4. インストールが完了したら、「有効化」ボタンをクリックします。

手動インストール

  1. フォルダ luckywp-scripts-control をプラグインのあるディレクトリにアップロードします。通常は /wp-content/plugins/ です。
  2. WordPress 管理画面の「プラグイン > 新規追加」ページに移動します。
  3. プラグインの一覧で「LuckyWP Scripts Control」を見つけて、「有効化」をクリックします。

有効化後

プラグインが正常にインストールされると、WordPress 管理画面の「設定」メニューに「スクリプト」が表示されます。

評価

2021年11月23日
Без лишних настроек и заморочек. Знал бы про него раньше, выбрал бы раньше. Спасибо разрабам!
30件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

LuckyWP Scripts Control はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“LuckyWP Scripts Control” は16ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“LuckyWP Scripts Control” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

1.2.1 — 2020-03-09

  • Added welcome notice.
  • Remove data on uninstalling plugin.
  • CSS optimization in admin panel.
  • Minor code refactoring.

1.2 — 2020-02-02

  • RTL 対応を追加しました。
  • 修正済み:translate.wordpress.org による翻訳が機能していませんでした。
  • マイナーな修正。

1.1 — 2019-06-02

  • 「wp_body_open フックを使用」オプションを追加

1.0.1 — 2018-10-10

  • translate.wordpress.org の翻訳に対応しました。

1.0.0 — 2018-10-10

  • 初回リリース。