このプラグインは WordPress の最新3回のメジャーリリースに対してテストされていません。もうメンテナンスやサポートがされていないかもしれず、最新バージョンの WordPress で使用した場合は互換性の問題が発生する可能性があります。

P3 (Plugin Performance Profiler)

説明

This plugin creates a profile of your WordPress site’s plugins’ performance by measuring their impact on your site’s load time. Often times, WordPress sites load slowly because of poorly configured plugins or because there are so many of them. By using the P3 plugin, you can narrow down anything causing slowness on your site.

このプラグインは、グラフの描画に canvas エレメントを使用しており、Firefox、Chrome、Opera、Safari、または IE9 以降が必要です。このプラグインは、IE8 以下では動作しません。

スクリーンショット

  • First, profile your site. The scanner generates some traffic on your site and monitors your site's performance on the server, then shows you the results. With this information, you can decide what action to take.
  • プロファイリング後、各プラグインの相対ランタイムの内訳が表示されます。
  • Callouts at the top give you quick information like how much load time (in seconds) is dedicated to plugins and how many database queries your site is running per page.
  • The detailed timeline gives you timing information for every plugin, the theme, and the core for every page during the profile. Find out exactly what's happening on slow loading pages.
  • シリーズごとに ON / OFF の切り替えができるので、必要に応じてタイムラインをカスタマイズすることができます。
  • The query timeline gives you the number of database queries for every page during the profile. Find out which pages generate the most database queries.
  • Keep a history of your performance scans, compare your current performance with your previous performance.
  • 完全なアプリ内ヘルプドキュメント
  • Send a summary of your performance profile via e-mail. If you want to show your developer, site admin, hosting support, or a plugin developer what's going on with your site, this is good way to start the conversation.
  • 詳細設定では、デバッグモードの有効化、キャッシュバスターの制御、一連のIPアドレスへのプロファイリングのロックダウンなどが可能です。
  • P3 が正しく記録されていない場合のトラブルシューティングのためには、ヘルプページのデバッグログをご覧ください。

インストール

自動インストール

  1. WordPress 管理画面にログイン
  2. プラグインをクリック
  3. 新規追加をクリック
  4. P3 を検索
  5. Click Install Now under “P3 (Plugin Performance Profiler)”
  6. プラグインを有効化

手動インストール:

  1. Download the plugin
  2. Extract the contents of the zip file
  3. Zip ファイルの内容を WordPress インストールの wp-content/plugins/ フォルダーにアップロード
  4. プラグインページからプラグインを有効にします。

FAQ

P3をインストールしました。次はどうすればよいですか ?

Open the Tools menu, then open P3 Plugin Profiler then click Scan Now.

usort() に関する警告が表示された場合はどうすればいいですか ?

Warning messages like this: Warning: usort() [function.usort]: Array was modified by the user comparison function are due to a known php bug. See php bug #50688 for more information. This warning does not affect the functionality of your site and it is not visible to your users.

In the e-mail report, why is my theme detected as “unknown?”

Previous version of the plugin (before 1.1.0) did not have theme name detection support. If you performed a scan with a previous version, then upgraded to 1.1.0+ to view the scan, the theme name will show as “unknown.”

助けて ! P3を使っていますが、今サイトがダウンしています !

First, get your site back up! There are two ways to do this. Try the emergency shutoff switch first. If that doesn’t work, delete the plugin files.

Emergency Shutoff Switch

  1. yoursite.com/wordpress/index.php?P3_SHUTOFF=1 を訪問

プラグインファイルの削除

  1. wp-content/plugins/p3-profiler (フォルダ全体) を削除
  2. wp-content/mu-plugins/p3-profiler.php を削除 (存在する場合)

This can happen if P3 hits the memory limit on your server while it’s running. This happens most often on sites with many active plugins or a complex theme. Consider switching to the Twenty Eleven theme or deactivating a few plugins before re-running P3.

“Warning: file_put_contents( …. )” と表示されます

Please check your media settings. This is in Settings -> Media -> Store uploads in this folder. If this folder is not set correctly, P3 won’t know where to read the files.

マルチサイトで P3 をどう使うのですか ?

P3 is available on the Tools menu for each site in the network.

How can I change the list of pages scanned with auto-scan?

You can write a plugin to hook the p3_automatic_scan_urls filter. Here’s some sample code:

function my_p3_auto_scan_pages() {
    return array(
        'http://example.com/',
        'http://example.com/some-cool-post',
        'http://example.com/wp-admin/edit.php',
    );
}
add_filter( 'p3_automatic_scan_urls', 'my_p3_auto_scan_pages' );

評価

2022年3月6日
Deleted the plugin directory via FTP but don't know what happens to database!
2022年3月4日
Warning this plugin crashed my site. It has become very difficult to recover it even in the restaurant... Attention ce plugin à planté mon site. Il es devenu très difficile de le récupérer même en le restaurant...
2021年12月17日
Should be removed! Crashes website. You need to login through via FTP to delete plugin from plugins folder.
408件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

P3 (Plugin Performance Profiler) はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“P3 (Plugin Performance Profiler)” は1ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“P3 (Plugin Performance Profiler)” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

1.5.4

Fix: Compatibility with PHP 7 and fix JavaScript errors (props gabriel-munteanu)
Fix: Deprecated create_function() warning

1.5.3.9

セキュリティ更新: add_query_arg および remove_query_arg によって返される URL をエスケープ

1.5.3.8

ID にスペースを含む HTML 要素に対するバグ修正

1.5.3.7

Ensure HTML element names are distinct. Props mogulbuster

1.5.3.6

新しい CSS/JS がキャッシュされないようにするための内部バージョンバンプ

1.5.3.5

  • JQuery UI ダイアログの CSS 修正。cklosows に感謝

1.5.3.3

  • Fixes a CSS issue with overlays and soem browsers

1.5.3.2

  • 4.1 のスタイルの更新

1.5.3.1

  • Fixed logic bug in determining debug_backtrace arguements

1.5.3

  • スキャナのパフォーマンスを改善 (askapache に感謝)
  • オーバーレイでの CSS 競合を修正

1.5.2

  • エラー検出ロジックで競合状態を修正
  • WordPress SEO と Jetpack に関する通知を追加

1.5.1

  • デバッグモードを壊し、一部のユーザーに対してスキャンが正しく動作しないバグを修正。

1.5.0

  • Fixed a CSS compatibility issue between WordPress 3.8 / MP6 and jQuery UI (props mintfactory)

1.4.2

  • PHP ショートタグを修正。Dean Taylor に感謝
  • E_STRICT 通知を修正。Dean Taylor に感謝
  • Fixed an issue with debug_backtrace that broke with php 5.2.4. Props tobbykanin

1.4.1

  • アンインストール中にログに記録された PHP 通知を修正
  • Fixed a php notice when starting scan. props rrhobbs
  • 見つからないスタイルシートへの参照を削除。zorl-zorl に感謝

1.4

  • トルコ語の翻訳を追加。Hakaner に感謝 ! http://hakanertr.wordpress.com/
  • 長い翻訳テキスト文字列を可能にするため、一部の UI 要素を更新
  • Refreshed UI to be 3.5.x compatible and use standard admin coloring
  • ‘p3_automatic_scan_urls’ フィルターを追加

1.3.1

  • 1.1.x から 1.3.x にアップグレードして、1.2.x アップグレードをスキップする際のエラーを修正。

1.3.0

  • P3 の国際化
  • WordPress 3.4.0 との互換性
  • ヨーロッパの小数化 (0,00 対 0.00) のバグを修正。
  • ベストプラクティスへの準拠、フックの使用数の削減、メモリ消費量の削減を目的とした大規模なリファクタリング
  • メモリ制限オーバーライドを 256M に引き上げ、大きなバックトレースでサイトを強制終了させない
  • キルスイッチを追加しました。P3 が問題を引き起こしている場合は、yoursite.com/wordpress/index.php?P3_SHUTOFF=1 へ移動して P3 を無効化してください
  • Added automatic error detection. If a page fails to load during profiling, the next page load will turn off P3 automatically
  • Removed ajax error alerts; they weren’t helpful
  • Path to the profiles folder is now determined on the init hook

1.2.0

  • Remove .profiling_enabled file, store profiling flag as a WordPress option
  • htaccess ファイルに書き込むコードを削除
  • fix-flag-file ページを削除、もはや必要ない
  • ヘルプページへのリンクを含む「訪問未記録」メッセージ追加
  • Bugfix – with the manual profile “I’m done” button not showing the intended scan
  • アップグレード時に .htaccess auto_prepend_file コードを削除
  • アップグレード時に .profiling_enabled ファイルを削除
  • 詳細チャートに、すべてのプラグインのすべての訪問のデータポイントを含める (データポイントが存在しない場合は、0とマークして、線がつながるようにする)
  • 一部のサイトでスキャンが正しく記録されていないことを診断するためのデバッグログ機能の追加
  • Opcode optimizer detection / documentation
  • Opcode optimizer compatibility
  • スキャンするランダム URL のリストを更新 – 4つのランダムなカテゴリ、4つのランダムなタグ、4つのランダムな投稿、ブログの説明からのランダムな検索ワード、およびホームページを使用します
  • Don’t include the site’s RSS feed in the automated scan, it’s causing problems in some browsers which expect the feed to be loaded as a document
  • HTTP_X_REAL_IP サポート
  • Remove file locking, it’s preventing the profiles from being saved on some hosts
  • Removing calls to filter_var, some 5.2.x builds use –disable-filter so this isn’t reliable
  • バグ修正 – スキャンを一時停止し、「結果を表示」をクリックするとエラーメッセージが表示された
  • バグ修正 – open_basedirとの互換性のため “../” の使用を回避
  • アップグレードルーチンが間違った順序で実行されていた

1.1.3

  • バグ修正 – v 1.1.2 で再び導入されたリグレッションバグ。これをすぐに見つけてくれたユーザー adamf、ありがとう !

1.1.2

  • Don’t show screen options if there is no table
  • 「私たちを評価/ツイート」ボックスを表示
  • ブラウザのキャッシュを回避するオプションを追加
  • バグ修正 – 暗号化プラグインで適切に動作する (eval ベースの難読化)
  • バグ修正 – ini_set / set_time_limit が無効になっている suhosin/safe モードで動作
  • Bugfix – Remove “Options -Indexes” because it’s causing 500 error in some apache setups
  • バグ修正 – テーマがインストールされていない場合にテーマ名検出の警告を修正

1.1.1

  • バグ修正 – アポストロフィを持つプラグイン名が UI を壊す
  • バグ修正 – 参照による callt-ime パスで廃止された警告を修正

1.1.0

  • Including plugin usage percentage / seconds in e-mail report
  • Including theme name in e-mail report. Profiles created in older versions will show “unknown”
  • 文法 / 文言変更
  • オプションテーブルでの「オペコードキャッシュの無効化」の記憶
  • New option for “use my IP.” If this is set, the current user’s IP address will be used, if not, the stored IP pattern will be used
  • IP パターンはオプションとして保存
  • 修正: IP パターンが誤ってエスケープされる
  • 右上にプロファイル名を表示
  • プロフィールが訪問を記録しなかった場合 (間違った IP パターンなど)、エラーが表示されます
  • 履歴ページでのページ割り付けの修正
  • 長い名前のプラグインやプラグインが多いサイトのチャートの凡例を少し広くしました
  • 「詳細タイムライン」チャートにシリーズのオン / オフを切り替える機能を追加
  • Removed network wide activation code – each site will be “activated” when the admin logs in
  • Removed “sync all profile folders whenever a blog is added/deleted” code. Profile folders will be added when admins log in, removed when blogs are removed
  • アンインストールすると、すべてのプロファイルフォルダとオプションを削除します
  • get_plugin_data() を使用してプラグイン名を取得。プラグインが存在しない場合、またはプラグイン名の取得に問題がある場合は、古いフォーマットコードが使用されます

1.0.5

  • セキュリティ – パス漏えいの脆弱性を修正
  • セキュリティ – ユーザーの入力内容がブラウザーに戻る前にサニタイズ
  • Boiteaweb.fr からの Julio Potier に感謝

1.0.4

  • Bugfix – uninstalling the plugin when it hasn’t been activated can result in an error message

1.0.3

  • アクティベーション中に WordPress 3.3 の要件を適用
  • Documented warning about usort() and php bug

1.0.2

  • Fixed an error message when clicking “stop scan” too fast
  • プラグインのバージョンを php ファイルから readme.txt やタグのバージョンに合わせるようにしました

1.0.1

  • readme.txt 変更

1.0

  • 自動サイトプロファイリング
  • 手動サイトプロファイリング
  • プロファイル履歴
  • プロファイルセッションを続行
  • Clear opcode caches (if possible) to improve plugin function detection
  • Limit profiling by IP address (regex pattern)
  • サイト URL によるプロファイリングの制限 (MS 互換性のため)
  • SSL 経由で wp-admin を使用する場合に SSL 警告を回避するために http URL を https に書き換えます
  • プロファイリング時にフロントエンドの管理ツールバーを非表示にして、余分なプラグインのスクリプトやスタイルが読み込まれないようにしました
  • アプリ内ヘルプ / 用語集ページ
  • Activate / deactivate hooks to try different loader methods so the profiler runs as early as possible
  • Uninstall hooks to clean up profiles
  • Hooks add/delete blog to clean up profiles
  • Send profile summary via e-mail