PWA for WordPress

説明

このプラグインについて

WordPress の Web サイトを PWA にするには、二つのファイル、「マニフェスト」と「ServiceWorker」が必要になります。
マニフェストファイルは JSON 形式で Web アプリケーションの構成情報が設定されます。
ServiceWorker は PWA の機能を制御する JavaScript のファイルです。
PWA を始めるために、この二つのファイルを設定します。

このプラグインはキャッシュの有効期限、URL 除外など、細かなキャッシュの制御ができます。
新着情報のような URL、Ajax のデータ取得先など、新鮮でなければならないデータをキャッシュから除外することで、このプラグインは PWA データを新鮮に保つことができます。
キャッシュの有効期限を設定すると、指定した時間後に古いキャッシュが削除、更新されます。

After version 1.1.2,
Multi sites are supported.
You can defer the PWA installation popup shown in browser default and add your own installation button on your sites.

STEP1

Manifest の設定

アイコン用の画像ファイルを用意してください。画像はpng形式である必要があります。
オフライン表示用の固定ページを作成してください。このページはPWAインストールと同時にキャッシュされ、オフラインのときはこのページが表示されます。
Manifest 設定ページからマニフェストファイルの設定をします。
アイコンの画像ファイルは自動的にリサイズされます。

STEP2

ServiceWorker の設定

ServiceWorker の設定ページから ServiceWorker を構成します。

完成 !

スクリーンショット

  • メインパネル: ステータスと使用方法、PWA の再開 / 停止切り替えスイッチ。
  • マニフェストの設定と生成
  • ServiceWorker の設定と生成

インストール

  1. プラグインファイルを /wp-content/plugins/pwa4wp にアップロードするか、プラグイン画面の新規追加から「PWA for WordPress」を検索してインストールを実行してください。
  2. WordPress の「プラグイン」画面からプラグインを有効化してください。
  3. メニューの「PWA for WordPress 」からプラグインの設定をしてください。
  4. メインパネル内の「現在の PWA の状態」が停止中の場合、「開始」ボタンを押します。
  5. 完了!

FAQ

お問い合わせ

こちらのリンク先のフォームから連絡してください。
http://www.compin.jp/contact-pwa4wp/

アップデート情報

開発中のコードは Github で管理しています。
アップデートの情報や不具合への対応の状況はこちらで確認してください。
https://github.com/ryu-compin/pwa4wp

評価

Excellent Solution

I was looking for a PWA plugin for a multisite installation. It had to be compatible with our push notifications plugin and I tried a quite a few before I came across this one. What a great find! An outstanding plugin, easy to setup with lots of very useful features. Many thanks and best wishes to the developers.

Cache control

有効期限やURLでの除外などキャッシュの細かなコントロールができます。 新着情報のリストやajaxでのデータ取得先のURLなどをキャッシュから除外することで、サイトの鮮度を保ちながらPWAの恩恵を受けることができる。
2件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

PWA for WordPress はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“PWA for WordPress” は1ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“PWA for WordPress” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

1.1.5

Fixed issue:
Install popup displayed even though “Defer PWA install” mode.

1.1.4

更新:
プレビューページをデフォルトで除外対象に追加しました。
修正:
プレビューページがキャッシュ除外されていない
管理ページの一部でpwa4wp-admin.cssによる左側マージンが有効になってしまっていた
管理ページで一部の文章が正しく翻訳されていなかった

1.1.3

修正:
pwa4wp-a2hs-controller.jsでイベントが正しくグローバル変数に格納されていなかった点を修正

1.1.2

修正:
a2hs をコントロールするjsのエラーを修正

1.1.0 / 1.1.1

Release Date – 06 December, 2018
更新:
マルチサイト対応
PWAインストールポップアップの保留機能を追加
修正:
除外URL設定の正規表現でエスケープ文字が保存するたびに追加されてしまう事象を修正

1.0.7

Release Date – 22 September, 2018
更新:
ServiceWorker設定の除外URL設定に正規表現テストのフォームを追加
修正:
マニフェストが存在しない状態でPWAを有効にしたときにPHP Worningが表示されてしまう事象を改善
ServiceWorkerが存在しない状態でマニフェストを作成にしたときにPHP Worningが表示されてしまう事象を改善

1.0.5 / 1.0.6

Release Date – 12 September, 2018
修正:
Readme のタイプミスを修正しました。
”online first” モードでフェッチ時に JavaScript でエラーが発生する部分を修正しました。

1.0.4

Release Date – 12 September, 2018
修正:
Readme の誤記を修正
更新:
マニフェストを更新したときに、既にServiceWorkerが存在するときだけServiceWorkerを再構成するようにしました。
寄付ボタンを配置しました。 🙂
CSSを更新しました。

1.0.3

Release Date – 04 September, 2018
修正:
ServiceWorkerのキャッシュ名が正しく設定されない問題を修正しました。

1.0.2

Release Date – 04 September, 2018
修正:
不要なCSSを削除しました。
更新:
PWA の起動・停止ボタンを追加しました。

1.0.1

Release Date – 30 August, 2018
修正:
プラグインを無効にしてもServiceWorkerとマニフェストの状態がアクティブなまま更新されない問題を修正しました。

1.0.0

Release Date – 29 August, 2018
First release.