Qroko Blocks

説明

Qroko Blocks は Gutenberg にカスタムブロックを追加するプラグインです。WordPress 公式プラグインディレクトリに登録されています。

「Gutenberg を使った場合に執筆が快適であること」を主眼として開発。主に、WordPress を headless CMS として使うテーマ「Qroko」での利用を想定していますが、他のテーマでも使えるよう依存性のない設計を心がけています。

モチーフは歌舞伎の黒子です。Web サイト制作の舞台袖で活躍してくれることでしょう。

  • Qroko: https://github.com/qrac/qroko
  • Qroko Blocks: https://github.com/qrac/qroko-blocks

詳細

  • セクション
  • ボックス
  • ブログカード

スクリーンショット

  • ブログカード(エディター)
  • ブログカード(フロント)
  • セクション(エディター)
  • セクション(フロント)
  • ボックス(エディター)
  • ボックス(フロント)

ブロック

このプラグインは4個のブロックを提供します。

  • Qroko Blocks
  • Qroko Blocks
  • Qroko Blocks
  • Qroko Blocks

FAQ

どのテーマでも使えますか?

はい。Gutenberg を有効化しているすべてのテーマで使えます。

評価

このプラグインにはレビューがありません。

貢献者と開発者

Qroko Blocks はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Qroko Blocks” は1ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Qroko Blocks” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

1.4.1

  • WordPress 5.7でテスト

1.4.0

  • セクションブロック:インナーを最大化する設定を追加

1.3.1

  • 修正

1.3.0

  • セクションブロック:背景画像の位置設定を追加

1.2.4

  • ブロックスクリプトをwp_head()からwp_footer()に移動

1.2.3

  • アンカーIDを付与する機能を追加
  • 数値をゼロにできないバグを修正
  • セクションブロック:デフォルト値が無いバグを修正

1.2.2

  • リファクタリング

1.2.1

  • 修正

1.2.0

  • ボックスブロックを追加
  • 【修正】セクションブロック:エディターCSS

1.1.0

  • セクションブロックを追加

1.0.6

  • 修正

1.0.5

  • WordPress 5.5でテスト

1.0.4

  • 【修正】ブログカード:PHPライブラリ依存を除去

1.0.3

  • 【修正】ブログカード:※前のバージョンにダウングレード

1.0.2

  • 【修正】ブログカード:データ取得精度の向上

1.0.1

  • 【修正】ブログカード:Open Graphが取得できなくても動作させる
  • 翻訳機能への対応

1.0.0

  • 最初のリリース