Responsive iframe GoogleMap

説明

ショートコードを使用したレスポンシブでフレンドリーな無料の GoogleMap 埋め込み。

使い方

  1. 投稿画面で、ショートコードを入力します。クラシックエディタの場合、このプラグインが追加する GoogleMap ボタンを使用できます。
  2. 下記のパラメータの値をショートコードに設定してください。
    • width (幅): 地図の幅 (px)
    • height (高さ): 地図の高さ (px)
    • zoom (拡大率): 地図の拡大率 (1〜21)
    • border (枠線): 地図の枠線スタイル (CSS)
    • address (アドレス): 下記の例をご覧ください
    • latitude (緯度): 下記の例をご覧ください
    • longitude (経度): 下記の例をご覧ください
  3. 投稿することで GoogleMap が記事に表示されます。

  • 「address (アドレス)」パラメータで場所を指定します。 [responsive_map width=860 height=500 address="Tokyo Station" zoom=16 border="1px solid #ccc"]
  • 「latitude (緯度)」と「longitude (経度)」のパラメータで位置を設定します。[responsive_map width=860 height=500 latitude=35.681167 longitude=139.767052 zoom=16 border="1px solid #ccc"]

スクリーンショット

インストール

  1. 『respond-iframe-googlemap』フォルダを『/wp-content/plugins/』ディレクトリにアップロードします。
  2. WordPress のプラグインメニューからプラグインを有効にしてください。

貢献者と開発者

Responsive iframe GoogleMap はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Responsive iframe GoogleMap” は1ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Responsive iframe GoogleMap” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

1.0.2

  • 位置設定のバグを修正。

1.0.1

  • ショートコードのバグを修正。

1.0.0

  • 最初のコミット。