Staatic – Static Site Generator

説明

Staatic を使用すると、WordPress サイトの合理化された静的バージョンを作成して展開し、パフォーマンス、SEO、セキュリティを同時に強化できます。

Staatic の機能は次のとおりです:

  • WordPress サイトを素早く変換する強力なクローラー。
  • 複数の展開方法をサポートします。GitHub、Netlify、AWS (アマゾン ウェブ サービス) S3 または S3互換プロバイダ + CloudFront 統合、さらにはローカルサーバー (専用または共有ホスティング)。
  • すぐに使える非常に柔軟な機能 (追加の URL、パス、リダイレクト、除外ルールなどが可能)。
  • HTTP (301、302、307、308) リダイレクト、カスタムの「404 not found」ページ、およびその他の HTTP ヘッダーをサポート。
  • コマンドラインから公開するための CLI コマンド。
  • WordPress マルチサイトインストールとの互換性。
  • WPML (多言語) インストールとの互換性。
  • HTTP ベーシック認証で保護された WordPress インストールをサポート。
  • 人気の WordPress プラグインとの互換性を向上させるためのさまざまな統合。

選択した展開方法に応じて、追加の機能を利用できる場合があります。

Staatic プレミアム

Staatic の継続的な開発をサポートするには、プレミアムへのアップグレードをご検討ください。作成者による Staatic の維持管理を支援するだけでなく、Staatic Premium では追加機能も提供します。

詳細については、Staatic をご覧ください。

スクリーンショット

  • WordPress インストールをプライベート ステージング環境として使用し、必要な変更をすべて加えます。次に、ボタンをクリックするだけで、高度に最適化された消費者向け静的サイトにこれらの変更を公開します。
  • 公開中の公開のステータスを監視し、過去の公開の詳細を確認して、問題を簡単にトラブルシューティングできます。
  • 特定のニーズに合わせて、Staatic がサイトを処理する方法を設定し、調整してください。

インストール

Staatic のインストールは簡単です !

WordPress からインストール

  1. WordPress 管理者ダッシュボード内のプラグインページにアクセスし、「新規追加」を選択します;
  2. 「Staatic」を検索してください;
  3. プラグインページから「Staatic」を有効化します;
  4. 下記の「有効化後」に進んでください。

手動でインストール

  1. 「staatic」フォルダーを /wp-content/plugins/ ディレクトリにアップロードします;
  2. WordPressの「プラグイン」メニューから「Staatic」プラグインを有効化します;
  3. 下記の「有効化後」に進んでください。

有効化後

  1. 左側のナビゲーションメニューにある「Staatic」メニューをクリックしてください;
  2. 設定ページで、関連するビルド & 展開設定を指定します;
  3. 静的サイトへの公開を開始しましょう !

FAQ

Staatic はサイトのパフォーマンスをどのように向上させますか ?

Staatic は、動的な WordPress サイトを合理化された静的サイトに変換します。ホームページまたは指定された URL から開始して、Staatic は Web クローラーを使用してすべてのリンク、投稿、ページを系統的にナビゲートします。サイト内を移動すると、動的に生成されたコンテンツがキャプチャされ、静的 HTML ファイルに変換され、同時に画像やスクリプトなどの関連アセットが取得されます。

配信プロセスから WordPress と PHP の両方を排除することで、オンザフライ生成の遅延を回避し、サイトのページが即座に提供されます。これにより、可能な限り最速の読み込み時間が保証され、最初のバイトまでの時間 (TTFB) が大幅に短縮され、訪問者に比類のないブラウジング体験を提供し、サイトの SEO ポジショニングが向上します。

なぜキャッシュプラグインを使わないのですか ?

キャッシュ プラグインは、より迅速なアクセスのためにデータを保存することでサイトのパフォーマンスを向上させますが、WordPress を完全にバイパスするわけではないため、多少の遅延が発生します。さらに、これらのプラグインは、更新のたびに、最初のリクエストを迅速に処理するためにキャッシュの事前ウォーミングを必要とします。対照的に、静的サイトは常に「ウォームアップ」されているため、一貫して高速な読み込み時間が確保されます。

さらに、Staatic を使用すると、任意のプラットフォームでサイトをホストできる柔軟性が得られます。つまり、超高速のクラウド プロバイダーまたは堅牢なコンテンツデリバリーネットワークを選択できるため、サイトのパフォーマンスがさらに向上し、最適なユーザー体験を確保できます。

サイトの外観は変わりますか ?

いいえ、そうではないはずです。ただし、サイトの静的バージョンに違いがある場合は、元の WordPress サイトに正しく変換できなかった無効な HTML がある可能性があります。このような場合は、W3C マークアップ検証サービスなどのサービスを使用して、HTML の有効性を確認することを検討してください。

Staatic はサイトのセキュリティをどのように向上させますか ?

サイトを静的 HTML ページに変換することで、潜在的な攻撃対象領域を大幅に縮小できます。これにより、サイトのセキュリティが強化され、WordPress、プラグイン、テーマを継続的に更新する必要性が軽減されます。その結果、サイトがほとんどの脅威に対して耐性があることがわかり、より安心感を得ることができます。

Staatic はすべてのプラグインと互換性がありますか ?

完全にはそうではありません。サイトが静的形式に変換されると、動的なサーバー側の機能が利用できなくなります。その結果、フォームの処理や外部データの取得など、これらの機能に依存するプラグインはすぐに機能しなくなるか、まったくサポートされなくなる可能性があります。

このような機能に対応するには、調整や代替手段が必要になる場合があります。あるいは、これらの機能の一部をシームレスに統合する Staatic Premium を選択することもできます。詳しい情報については、staatic.com をご覧ください。

Staatic は共有サーバーや厳しく制限されたサーバーでも機能しますか ?

Staatic は幅広い互換性を提供し、作業ディレクトリへの書き込み権限と、動的な WordPress インストールとの HTTP 接続を開始する権限のみを必要とします。

どこでサポートを受けられますか ?

ご質問や問題がある場合は、まずはドキュメントFAQ をご覧ください。

そこで答えが見つからない場合は、お気軽にサポートフォーラムでトピックを開いてください。

直接ご連絡をご希望ですか ? お気軽にお問い合わせください。できるだけ早くご返信いたします。

評価

2024年6月16日
I’ve been using the Staatic plugin for a while now, and I have to say, it’s awesome! If you’re working with WordPress and looking for a way to speed up your site, this plugin is a game-changer. Setting it up was super easy. The plugin fits right into WordPress without any fuss. The interface is user-friendly, and the documentation is clear, so I had it up and running in no time. What really stands out is how much faster my websites load now. By turning everything into static HTML, Staatic has made my sites lightning-fast. Visitors get a much better experience, and my SEO rankings have improved too. Plus, my server isn’t bogged down anymore, which is great during high traffic times. Staatic is also really flexible. Whether you’re dealing with a small blog or a big, complex site, it handles everything smoothly. I love the customization options that let me tweak how the static site is generated to fit each project perfectly. The integration with deployment platforms like Netlify is fantastic. It saves me a ton of time because everything is automated. My sites stay updated with the latest changes from WordPress without me having to lift a finger. And let’s talk about support – the Staatic team is amazing. Anytime I’ve had a question or needed help, they’ve been quick to respond and super helpful. They keep rolling out updates and new features, which shows they’re dedicated to making the plugin even better. Overall, if you want to boost your WordPress site’s performance and security, Staatic is a must-have. It’s powerful, easy to use, and delivers great results. Highly recommend!
2024年5月7日 1 reply
never seen a plugin that spontaneously broke after X amount of uses, well this one did. it causes a critical error after say 20 uses. I’m pretty sure its a deliberate ploy to get you to sign up to their premium tier upgrade version. well if it doesn’t work as intended with the demo what makes you think I’d actually upgrade? duhhh. should have thought that one through a bit better.
2024年3月9日
Super easy to use and setup to publish to a Github static site. Would recommend for any sites that do not need search, or the usual wordpress server side functions.
16件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Staatic – Static Site Generator はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Staatic – Static Site Generator” は1ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Staatic – Static Site Generator” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

1.10.3

Release date: July 4th, 2024.

Fixes

  • Fixes PHP scoping issue which may cause fatal errors.

1.10.2

Release date: July 4th, 2024.

Improvements

  • Enforces a publication time limit, which is set to four hours by default.
  • No longer automatically retries failed HTTP requests due to time-outs.
  • Shows sensitive publication log details only to users with settings permissions.
  • Halts publication immediately if the entry URL fails during crawling.
  • Updates external dependencies.

1.10.1

Release date: May 14th, 2024.

Improvements

  • Improves XML sitemap recognition.
  • Updates external dependencies.

Fixes

  • Restores global support for the data-srcset HTML attribute.

1.10.0

Release date: April 17th, 2024.

Improvements

  • Enhances the presentation of publication logs.
  • Improves overall compatibility with FlyingPress plugin.
  • The “Netlify” deployment method now waits for deploy to finish and provides deploy URL.
  • Expands HTTP client retry to include 502 Bad Gateway errors alongside 503 and 429 statuses.
  • Introduces staatic_publication_tasks filter hook to customize the publication process.
  • Various performance optimizations.
  • Updates external dependencies.

Fixes

  • Tightens fallback URL extraction to ignore adjacent non-URL characters.
  • Prevents the fallback URL extractor from clearing content upon encountering invalid unicode data.
  • Properly handles unexpected Guzzle HTTP exceptions.

Earlier releases

For the changelog of earlier releases, please refer to the changelog on staatic.com.