WooCommerce

説明

WooCommerce は、WordPress に構築されたフレキシブルかつオープンソースの eコマースソリューションです。ビジネスを始める場合でも、既存のオンラインストアを継承する場合でも、または顧客のサイトを設計する場合でも、すぐに着手し思い通りのストアを開設できます。

新規または既存の WordPress サイトで無料の WooCommerce プラグインを有効化し、オプションのガイドツアーに従って、新しいストアを数分で設定できます。

ベーシックにとどまらず、WooCommerce は次のように全面的にカスタマイズと拡張を行えます。

  • 自分のブランドや業界に合うデザインを選択する。
  • 無料、有料の拡張機能でストアを強化 :機能を追加して、ローカルまたはグローバルな eコマース Web サービスと統合する。
  • プラグインのコアコードの側面を検査、修正する。
  • フックやフィルターを活用して機能を変更する。
  • REST API の最上層と Webhook に基づき構築。

オープンソースの自由とは、コンテンツとデータに対する永続的で包括的な所有権を持つとともに、フレンドリーなグローバルコミュニティから専門知識が得られるということです。

WooCommerce は、Web 開発者がいなくても、ストア管理者が eコマースサイトを自分で運営できるよう構築されました。また、外出中でもストア管理が行えるよう、無料の WooCommerce モバイルアプリ (Android および iOS 向け) も提供されています。

WooCommerce の開発と支援には、個人寄付者とともに Automattic、Jetpack の創業メンバー、WordPress.com が携わっています。公式拡張機能のマーケットプレイスは WooCommerce.com にあります。

サブスクリプションからジムのクラス、高級車まで

WooCommerce を使えば、すべての形状やサイズの商品はもちろんデジタル商品も販売できます。商品バリエーションの提供や複数設定、即時ダウンロードにも対応しており、アフィリエイト商品のオンラインマーケットプレースさえも構築できます。

これらはすべてすぐに使えるオプションです。有料の拡張機能を使用すると、予約受付、会員制の導入、サブスクリプションによる定期支払いの設定、価格変動制の導入、その他多くの機能により WooCommerce ストアを拡張できます。

毎月のワイン定期便を始めることも、クラスに10回以上参加した会員にヨガマットを割り引き価格で提供することも、オーダーメイドのバスケットやジュエリーを販売することも、WooCommerce なら、これらすべてが可能です。

総合的な支払いオプション

WooCommerce は、主要クレジットカードによるお支払いや、それらに代わる支払い方法として、BACS (銀行振込) や、代金引換にも対応できます。

追加オプションとして、WooCommerce は選択肢として人気の高い StripePayPalSquareAmazon Pay など、140を超える地域別の支払いゲートウェイも統合しています。Apple Pay と Google Pay もサポートしています。

公式マーケットプレイスで最適な支払いサービスプロバイダーを検索してください。

国内外に出荷できる

WooCommerce の配送は自由に設定を変更できます。組み込み型の設定を調整することで、無料配送や一律料金配送を設定したり、配送地域を設定して配送先を特定の国に限定または、世界中に向けてストアを開設したりできます。

公式の拡張機能を使うと、Royal MailFedExAustralia Post など国内外の何百もの運送業者が利用できるほか、在庫管理と通販代行業者を統合することもできます。

配送および出荷オプションを追加できる拡張機能も備わっており、「1つ買うともう1つが無料でもらえる」、無料ギフト、アドオンなどの計画もサポートします。WooCommerce Shipping は、リアルタイムの計算や自宅でのラベル印刷をサポートしています。

テーマとブロックでストアをデザインできる

WooCommerce のストアデザインは、テーマを選ぶことから始まります。Automattic社のStorefrontはすべて無料で、ガイドセットアップ中にインストールするかを選べます。他にも何百もの無料、有料のテーマが利用可能です。

Storefront は WooCommerce と深く統合し、速度とアップタイムを優先します。Storefront をご自分でカスタマイズするか、業界をテーマにしたいくつかのStorefront の子テーマから1つを選んで追加することで、ブランドを追加したりスタイルを定義したりすることができます。

WooCommerce ブロック (WooCommerce 3.6以降で利用可能) でストアデザインをより一層カスタマイズします — ブロックを使用して、選択した製品の組み合わせや単一の商品を任意のページに追加し、ストアがコンテンツに自然になじむように掲載します。

ストアを拡張機能でカスタマイズできる

WooCommerce ストアに機能や操作性を追加する最も簡単な方法は、次のように拡張機能を使用することです。

WooCommerce 開発者がレビューした何百もの公式拡張機能は、WooCommerce.com マーケットプレイス、WordPress.org リポジトリの多くの場所、その他 Web 全般から入手できます。

自分のデータを永続的に管理できる

WooCommerce なら税金から在庫レベル、顧客アカウントまで、すべてを管理できます。拡張機能の追加や削除、ストアデザインの変更、テーマ、ホスティングサービス、支払いサービスプロバイダーの切り替えなど、すべてお客様のご希望に添った対応が可能です。

世界でデータ保護の重要性についての認識が高まる中、WooCommerce では、お客様が追跡、保存したものの所有権はすべてお客様に帰属します。お客様が当社との使用データの共有を選択された場合、お客様のデータは匿名化されセキュリティが保護されます。お客様は、引き続き WooCommerce のすべての機能をご利用いただきつつ、随時あらゆる形態の追跡について、選択を取りやめることができます。

WooCommerce なら、あなたのデータはあなたのものです。ホストされた eコマースプラットフォームを使用するリスクの1つは、プロバイダーが閉鎖されるとストアがなくなってしまうことです。WooCommerce のストアデータは、いつまでも失われません。すべてのコンテンツをエクスポートでき、どのような場所でもストアの移行先としてお選びいただけます。

WooCommerce が開発者に選ばれる理由

WooCommerce はもともと開発者向けに作られました。REST API によって構築され、仮想空間でどのようなサービスとも統合できます。ストアデータに、場所や時間を選ばずセキュリティが完全に保護された接続によりアクセスできます。

開発者は WooCommerce を使用して、顧客の仕様を満たすストアを簡単に作成、変更、拡張できるほか、拡張機能やカスタムソリューションによってストアの機能を向上させることができます。

構築しようとするストアの規模によらず、WooCommerce は堅固なフレームワークを備えており、中央に位置する単一の場所にコンテンツとコマースを配置する、ベーシックからエンタープライズのストアまでサポートします。

異なるタイムゾーンで作業に従事する専任の開発者チームが WooCommerce の監査を行い、ありとあらゆるバグの特定とパッチ適用を行っています。内容を網羅し、容易にアクセスできるドキュメントを用意して、各リリースとともに更新しています。これらのドキュメントから、顧客が求めるサイトを作る方法が分かります。

成長を続ける WooCommerce のコミュニティに参加

WooCommerce は、最も急成長を遂げている eコマースコミュニティの1つです。私たちはコミュニティの有用性と、オンラインで豊富に入手できるリソースについて、ユーザーの皆様がしばしば当コミュニティに愛着をお持ちいただく理由として、引き合いに出してくださることを誇りにしています。

世界中の都市で80以上の WooCommerce 勉強会を開催しており、無料でご参加いただけるほか、運営に携わることもできます。WooCommerce は世界中で開催されている WordCamp に定期的に参加しています。皆様にお会いできることを楽しみにしています。

WooCommerce の活動への協力にご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、当社はすでに350名を超える方々にご協力いただいていますが、常にさらに多くの方々の参加を必要としています。WooCommerce GitHub リポジトリに移動し、参加の方法をご確認ください。

現在、WooCommerce はデンマーク語、ウクライナ語、ペルシャ語など、24の言語に完全に翻訳されています。WooCommerce にご自分の言語を追加して翻訳することにご興味がある場合は、translate.wordpress.org のサイトをご覧ください。

寄稿者と開発者

「WooCommerce」は55の言語に翻訳されています。翻訳者の皆様のご協力に感謝いたします。「WooCommerce」をあなたの言語に翻訳してください

開発に関心をお持ちの場合
コードを参照して、SVN リポジトリをご確認いただくか、開発ログRSS からご登録ください。

スクリーンショット

ブロック

このプラグインは9個のブロックを提供します。

woocommerce/featured-category
Featured Category
woocommerce/product-categories
Product Categories List
woocommerce/handpicked-products
Hand-picked Products
woocommerce/product-category
Products by Category
woocommerce/product-best-sellers
Best Selling Products
woocommerce/product-tag
Products by Tag
woocommerce/featured-product
Featured Product
woocommerce/product-on-sale
On Sale Products
woocommerce/product-new
Newest Products

インストール

最小限必須条件

  • PHP 7.2以降推奨
  • MySQL 5.6以降推奨

サーバー要件の詳細なリストについては、WooCommerce のサーバー要件に関するドキュメントを参照してください。

自動インストール

WordPress がファイル転送自体を処理し、Web ブラウザーを終了することなくインストールできる自動インストールが最も簡単な方法です。 WooCommerce を自動インストールするには、WordPress の管理画面のダッシュボードに行き、プラグインメニューで新規登録から行います。

検索フィールドに「WooCommerce」と入力してから、「プラグインの検索」をクリックします。WooCommerce を見つけたら、ポイントリリース、評価、説明などの詳細を表示できます。また最も重要な点ですが、もちろんこちらからもインストールできます。「今すぐインストール」をクリックすると、WordPress がインストールを実行します。

手動インストール

手動インストール方法は、 WooCommerce のプラグインをダウンロードして、お気に入りの FTP アプリケーションを介して Web サーバにアップロードして行ないます。WordPress codex に記載のあるプラグインのインストール方法をご覧ください。

更新

自動更新は円滑に機能しますが、念のためサイトをバックアップするようお勧めします。

もし、アップデート後にショップ/カテゴリーページで問題が発生した場合は、 WordPress > 設定 > パーマリンク設定にて「保存」を押して最新の状態にする必要があります。それで通常の状態に戻るはずです。

サンプルデータ

WooCommerce に付属しているサンプルデータを使用して、商品がどのように表示されるかを確認し、sample_products.xml を WordPress Importer でインポートできます。中核的なツールである CSV Importer または CSV Import Suite の拡張機能を使用して、sample_products.csv をインポートすることもできます。

FAQ

WooCommerce のドキュメントやユーザーガイドはどこで見れますか ?

WooCommerce の設定と構成については、ユーザーガイドを参照してください。

WooCommerce の拡張やテーマについては、Codex を参照してください。

サポートを受けたり、他のユーザーとのコミュニティーはどこですか ?

もし、解決できないことなどがあった場合は WooCommerce プラグインフォーラムに英語で助けを求めることができます。

WooCommerce.com の有料の拡張機能についてサポートが必要な場合は、ヘルプデスクをご利用ください。

私のテーマで WooCommerce は動作しますか ?

はい。WooCommerce はどのようなテーマでも動作しますが、スタイル設定が必要となる場合があります。ご不明点は、Codex を参照してください。WooCommerce 統合を組み込んだテーマをお探しの場合は、Storefront をお勧めします。

新機能やeコマーステーマ、拡張機能のリクエストはどこでできますか ?

WooIdeas の掲示板で新しい機能や拡張機能について、投票やリクエストができます。

どこでバグ報告やプロジェクトへの貢献ができますか ?

WooCommerce GitHub リポジトリのバグを報告してください。サポートフォーラムでもバグを報告いただけます。

Rest API の説明はどこにありますか ?

REST API に関するドキュメントについては、WooCommerce REST API ドキュメントを参照してください。

WooCommerce は素晴らしい ! 私は貢献できますか ?

あなたにもできます。GitHub リポジトリをご利用ください。

評価

2019年9月14日
Thank you for providing a great plugin. However, in version 3.7.0, there is a phenomenon that the email sent automatically when ordering does not arrive. Of course, there may be a problem specific to my site, but since it had arrived before, there is a high possibility that some problem has occurred in the version upgrade. Excuse me for being busy, but if there is a report that other similar phenomena occur, please investigate.
2019年9月12日
Too many redirects??? Error, bricked site... May be linked to ATUM / JETPACK / YOAST... Ahhhh, long night, longer day ahead... Updates seems to get worse and worse for me! Rolling the whole site back a step each time is frustration at is slowest. But when it works, it'll surprise you how good it can really be! Just not today...
3,388件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

WooCommerce はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“WooCommerce” は59ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“WooCommerce” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

3.7.0 – 2019-08-12

  • 機能強化 -デバッグ用にシステムステータスレポートにテーブル ENGINE を追加しました。#23101
  • 機能強化 – 空のカートメッセージを情報通知として書式設定します。#23152
  • 機能強化 – タクソノミー固有のクラスをアクティブなフィルターウィジェットに追加します。#23122
  • 機能強化 – メール設定でメールの Thanks の表現を変更できるようにします。#22927
  • 機能強化 – 税クラスを WordPress オプションから新しい wc_tax_rate_classes テーブルに移動します。#23093
  • 機能強化 – WooCommerce ショップの役割を翻訳可能にします。#23150
  • 機能強化 – カート、チェックアウト、マイアカウントのページが同じページに設定されないようにします。#23479
  • 機能強化 – クーポンページに新しいクーポンコード生成ボタン。#24069
  • 機能強化 – tag パラメータで使用する [products] ショートコードに tag_operator パラメータを追加します。 [products tag=‘tag1,tag2’ tag_operator=‘AND’]。 #24111
  • 微調整 – 商品タイプの変更によるバリエーションをクリーンアップする場合は、ゴミ箱の代わりに強制的に削除します。#23478
  • 微調整 – 住所が既に存在するかどうかを反映するように、住所を変更するには、リンクの文言を変更します。#23532
  • 微調整 – バリエーションに価格が不足している場合は、商品データパネルに通知を表示します。#23133
  • 微調整 – determine_locale() を使用して、カスタム翻訳ファイルを適切にロードします。#23785
  • 微調整 – OBW: 配送ラベルと配送ゾーンの配置を切り替えます。#23781
  • 微調整 – 顧客向けの注文画面で返金された数量を表示します。#23038
  • 微調整 – CSV 商品のインポートでは、公開されたフィールドの true/false の値と、元の 0 (private), -1 (draft), 1 (publish) の値が許可されるようになりました。#23207
  • 微調整 – 商品属性の並べ替えツールチップを更新して、使用状況を明確にします。#23222
  • 微調整 – 注文の税明細に税率を保存します。#23268
  • 微調整 – メールのロゴから左右の余白を削除します。#23360
  • 微調整 – クーポンブロック UI で WP spinner の高解像度バージョンを使用します。#23364
  • 微調整 – ユーザー登録検証メッセージを改善します。#23468
  • 微調整 – ユーザー名が WordPress によってブラックリストに登録されたときに、新しいユーザー名を自動生成します。#23672
  • 微調整 – ゲストカートセッションは、ユーザーがログインしたときに削除され、カートセッションの重複が防止されるようになりました。#23687
  • 微調整 – 注文税を計算する際に、店舗の基本郵便番号と市区町村を含めます。#23695
  • 微調整 – ユーザー名の実際の生成方法を反映するように、ユーザー名の生成設定の説明ラベルを更新します。#23911
  • 微調整 – OBW: プラグインのハイライトコンテナーサイズを調整して、オーバーラップを回避します。#23997
  • 微調整 – 丸め誤差を減らすために小計レベルでのラウンド設定が有効になっている場合、ラウンド税額が遅れます。#24024
  • 微調整 – OBW:WooCommerce Admin が推奨プラグインとして含まれるようになりました。#24058
  • テンプレート – エスケープするすべてのテンプレートファイルを確認および更新します。#23460
  • テンプレート – 配送は必ずしも注文の要件ではないため、 checkout/form-login.php テンプレートから配送セクションの記述を削除します。#23941
  • テンプレート – checkout/thankyou.php テンプレートに新しい woocommerce_before_thankyou フィルタを追加。 #23538
  • テンプレート – 新しい woocommerce_widget_shopping_cart_total フックを追加して、cart/mini-cart.php テンプレートのハードコードされた小計を置き換えます。#24145
  • テンプレート – cart/mini-cart.php テンプレートに新しい woocommerce_widget_shopping_cart_after_buttons フックを追加。 #24145
  • テンプレート – cart/cart.php テンプレートに新しい woocommerce_before_cart_collaterals フックを追加。 #24145
  • テンプレート – loop/result-count.php テンプレートで複数形の使用を修正します。#24005
  • 開発 – 新しい PHP 5.6 最小要件を導入します。#23924
  • 開発 – 新しい WordPress 4.9 最小要件を導入します。#24156
  • 開発 – 設定保存機能を settings_page_init 関数から wp_loaded アクションに移動して、設定ページのレンダリング後に保存されないようにします。#23091
  • 開発 – 数量入力アクションフック woocommerce_before_add_to_cart_quantity および woocommerce_after_add_to_cart_quantity を追加します。 #23166
  • 開発 – $this パラメーターをメールクラスフィルターに追加します。#23250
  • 開発 – 注文のすべてのクーポン品目オブジェクトを返すための新しい WC_Abstract_Order::get_coupons() メソッドを追加します。#23663
  • 開発 – 新しいアクション woocommerce_product_readWC_Product_Data_Store_CPT::read() に追加されました。#23181
  • 開発 – 新しいフィルター woocommerce_admin_order_buyer_nameWC_Admin_List_Table_Orders::render_order_number_column() メソッドに追加して、注文リスト画面でバイヤー名を変更します。#23741
  • 開発 – WooCommerce.com の定期購入商品のステータスがwoocommerce_helper_subscription_activate_success, woocommerce_helper_subscription_activate_error, woocommerce_helper_subscription_deactivate_successおよびwoocommerce_helper_subscription_deactivate_errorを変更した場合の新しいアクションを WC_Helper クラスに追加します。 #23041
  • 開発 – システムステータス、管理者注文、管理者クーポンページに使用状況とイベントトラッキング(オプトインした場合)を拡張します。#23190 #23189 #23883
  • 開発 – woocommerce_after_X_object_save アクションを追加し、 woocommerce_new_x および woocommerce_update_x アクションにオブジェクトを渡します。#23338
  • 開発 – wc_update_new_customer_past_orders() で顧客の注文と全期間の支出の合計を更新して、有料注文のcustomer.updated Webhookをトリガーします。#23402
  • 開発 – [国]ドロップダウンからオプションを選択するときに、[州]フィールドのカスタム css クラスを保持します。#23433
  • 開発 – wc_get_related_products() に新しい woocommerce_product_related_posts_shuffle フィルターを追加して、関連商品のシャッフルを有効/無効にします。デフォルトは true です。#23562
  • 開発 – WC_Abstract_Order::get_coupon_codes() メソッドを廃止し、新しいメソッド WC_Abstract_Order::get_used_coupons() に置き換えます。#23689
  • 開発 – wc_prices_include_tax() 関数に新しい woocommerce_prices_include_tax フィルターを追加します。#23697
  • 開発 – 商品ギャラリーアイテムの後にマークアップを追加するための WC_Meta_Box_Product_Images::output() メソッドに新しい woocommerce_admin_after_product_gallery_item フィルターを追加します。#23743
  • 開発 – 未使用の画像 assets/images/klarna-white.png および assets/images/square-white.png を削除します。#23748
  • 開発 – admin_footer フックを使用して、送料設定方法のJavaScriptコードをすべての送料設定ページでの出力から送料無料ページのみに移動します。#23776
  • 開発 – woocommerce_rest_insert_{post_type}_object フックで例外をスローする際のPHPの致命的なエラーを防止します。#23793
  • 開発 – WC_Frontend_Scripts::get_script_data() メソッドに新しい woocommerce_enforce_password_strength_meter_on_checkout フィルターを追加して、チェックアウト時にパスワード強度メーターを適用できるようにします。#23811
  • 開発 – 商品検索に含める投稿ステータスを制御するための WC_Product_Data_Store_CPT::search_products() メソッドに新しい woocommerce_search_products_post_statuses フィルターを追加します。#23838
  • 開発 – 配送先住所が定義されていない場合でも、 woocommerce_order_formatted_shipping_address のフィルタリングを許可します。#23859
  • 開発 – WC_Product_Data_Store::find_matching_product_variation() メソッドのクエリを変更して、常にバリエーションの順序を尊重します。#23881
  • 開発 – すべての機能プラグイン機能を WooCommerce コードベースから移動し、 composer とオートローダーを利用して、WooCommerce コアに組み込むと、WC REST API と WC ブロックに影響します。#23957
  • 開発 – 登録検証を通じて複数のエラー メッセージを表示できるようにします。#23968
  • 開発 – カート通知のデフォルト通知タイプを変更するための woocommerce_cart_item_removed_notice_typewoocommerce_cart_updated_notice_typewoocommerce_add_to_cart_notice_type フィルター。#24021
  • 開発 – Jetpack 7.5 トラッキング ライブラリの名前空間サポートを追加します。#24140
  • 開発 – マーケットプレイスのブラウズと購入エ体験の改善 WooCommerce.com のサポートを追加します (進行中)。#24075 #24123
  • 開発 – WC_Ajax::add_order_item()woocommerce_ajax_order_item フィルターにパラメーターとして $order および $product を追加しました。#24108
  • 開発 – 商品イメージセパレーターを調整するために、WC_Product_CSV_Importer::parse_images_field() に新しい woocommerce_product_import_image_separator フィルターを追加します。#24120
  • 開発 – woocommerce_widget_shopping_cart_total アクションにフックする新しい woocommerce_widget_shopping_cart_subtotal() テンプレート関数を追加して、ミニカートの小計を出力します。#24145
  • 開発 – 既存の woocommerce_cart_item_removed アクションを優先して、WC_Cart::restore_cart_item()woocommerce_before_cart_item_quantity_zero アクションを廃止します。#23112
  • 開発 – 非推奨 WC_Tax::maybe_remove_tax_class_rates は WP オプションにフックし、新しい関数 WC_Tax::delete_tax_class_by を使用して、新しい税クラステーブルで動作します。#24213
  • 修正 – version_compareを使用して、WooCommerceデータベースの最大バージョン番号を決定します。#23092
  • 修正 – WooCommerce.com 切断メッセージのスペースが不足し、 <strong> タグが閉じています。#24073
  • 修正 – CSV Importer – SKU 列が存在するが値が空の場合は、更新中に行をスキップします。#23262
  • 修正 – WC_Product_Data_Store::find_matching_product_variation()を呼び出すときに、一致する Any 属性を許可します。#23067
  • 修正 – 小数点以下の区切り値の設定に基づいてクーポン金額の検証を切り替えます。#23137
  • 修正 – 並べ替え時に静的ホームページにショートコードの正しい結果を表示します。#23159
  • 修正 – キュー AJAX は、セッションデータの上書きを避けるために、カートイベントに追加します。#23293
  • 修正 – woocommerce_product_get_tax_class フィルターを使用して税クラスを変更すると、間違った小計が表示されます。#23344
  • 修正 – 商品が削除されたプレーンテキスト順のメールで致命的なエラー。#23754
  • 修正 – 注文に出荷可能なアイテムが含まれている場合、PayPalに no_shipping 引数を渡さないでください。#23773
  • 修正 – 商品レビューフォームは、 require_name_email WordPress のコアオプションを尊重 #23786
  • 修正 – 期限切れのセッションをキャッシュしない、負の有効期限は、一部のキャッシュモジュールでエラーを引き起こします。#23863
  • 修正 – WC_Log_Handler_DB ログは、テキストログ Y-m-d H:i:s と同じタイムスタンプ形式を使用するようになりました。 #23863
  • 修正 – メール内の顧客メモの改行と注文の詳細を表示します。#23969
  • 修正 – クラス内の複数形の使用を WC_Admin_Report #24020
  • 修正 – 一部の DB 環境で PHP 通知を投稿するシステム状況データベース情報セクション。#24023
  • 修正 – システムステータスデータベース情報セクションでは、データベースシャーディングプラグインがアクティブな場合、WooCommerce がエラーの代わりにデータベース情報を取得できなかったことをユーザーに知らせるメッセージが表示されます。#24034
  • 修正 – OBW で使用状況とイベント追跡 (オプトインした場合) が正しく動作しませんでした。#24056
  • 修正 – 一部のダウンロードファイルが見つからない場合に、ダウンロードレポートの致命的なエラーが報告されます。#24118
  • 修正 – 注文が管理者で編集できなくなったときに、税列が削除されないようにします。#23884
  • 修正 – wp-admin を使用して注文を保存するときに、空白の値で上書きされた状態フィールド。#24301
  • パフォーマンス – クラスごとに 1 回だけトランジェントを更新することで、管理ダッシュボードの速度を向上させます。#23011
  • パフォーマンス – 投稿キャッシュをプライミングすることで、バリエーションデータの入力に必要なクエリの数を減らします。#23272
  • パフォーマンス – 永続的なカートの改善は、カートアイテムが実際に変更された場合にのみ、永続的なカートを更新します。#23112
  • パフォーマンス – action_log コメントの種類を wp_count_comments から除外する #24071
  • ローカリゼーション – イタリアの郵便番号の検証が追加されました。#23269
  • ローカリゼーション – 代わりに自動税務サービスを促進するため、未使用の税ロケールの既定値を削除します。#23431
  • ローカリゼーション – ウガンダの正しい住所形式を定義します。#23178
  • ローカリゼーション – 郵便番号を非表示にし、モザンビークの州ラベルを 「Province」に更新します。#23764
  • ローカリゼーション – OBW: ロケールデータに基づいて郵便番号を省略します。#23915
  • ローカリゼーション – サン・トメ、プリンシペ・ドブラー、モーリタニア・ウギヤの新しい通貨を追加します。#23950
  • ローカリゼーション – カナダの poscode ラベルを Postal codeに変更する #23740

すべてのバージョンの変更履歴をご覧ください