WooCommerce

説明

WooCommerce は色んな物を販売できる、自由なデザインも可能なECプラグインです。WooCommerce はWordPressとシームレスに統合され、世界で多くのショップオーナーや開発者から支持されている人気のあるECシステムです。

柔軟性があり、数百の機能拡張WordPress プラグインがあり、世界の30%のオンラインショップがWooCommerce を採用されています。– 世界では他のプラットフォームより多く使われています。

何でも、どこでも販売できる

WooCommerce を使えば、さまざまな形状やサイズの商品はもちろんデジタル商品も販売できます。商品バリエーションの提供や複数設定、即時ダウンロードにも対応しており、アフィリエイト商品のオンラインマーケットプレースさえも構築できます。

機能追加プラグインを使うことによって、予約管理や会員制ショップ、定期販売なども行えます。毎月支払いの定期購入や会員制の割引サービスや会員制ダウンロードサービスなども構築可能です。

どこへでも発送可能

無料送料や定額送料の提供、送料の即時算出が可能です。発送先を制限することも、全世界に向けて販売することもできます。送料の高度な設定や、ドロップシッピングにも対応しています。

機能拡張できる決済方法

WooCommerce には PayPal のクレジット決済や代引きなどの主要な決済方法にデフォルトで対応しています。さらにオプションが必要な場合は、Stripe や Amazon ペイメントなどを含む140以上の地域ごとのゲートウェイが WooCommerce と連携済みです。

全てを管理 — 継続的に

WooCommerceはお店(サイト)のコンテンツから、税率、在庫、お客様のアカウントまで管理が出来ます。追加機能を追加したり削除したり、デザインを変更したり設定変更したり、望みのままに出来ます。全てが一括で管理できるのです。

ASPタイプのECシステムでの最大のリスクはお店ごとにやりたいことが制限されてしまうことです。WooCommerceだと、全てが管理でき、自由度の制限はほぼありません。すべてのデータはあなたが管理できます。–世界の多くの開発者によってセキュリティーも保たれています。

Storefront であなたのスタイルを決められます

Storefront は WooCommerce に適したWordPress の公式テーマです。WooCommerce にしっかりと連携しており、Storefront はメジャーバージョンの更新時もテーマとプラグインのトラブルが無いように考慮されています。

いくつかあるStorefront の子テーマを選んで Storefront をカスタマイズすることによってスタイルを決めることが出来ます。あなた次第でスタイルを決められます。

開発者の事を念頭において構築

拡張性があり、適応性が高くオープンソース — WooCommerce は開発者の事を考えて構築されています。その強力で、堅牢なフレームワークでは、あなたのクライアントのお店(無限大を超えて)、基本からハイエンドまで、すべての方法を拡張することができます。

REST APIで作成し、WooCommerceは、事実上すべてのサービスを統合することができます。店のデータにいつでも、100%安全に、どこからでもアクセスすることができます。WooCommerceは、開発者が簡単に自分の仕様を満たしているストアを作成、変更、および成長することができます。

クライアントが希望する様々な規模のオンライショップを WooCommerce では構築することが出来ます。300以上ある機能拡張プラグインなどを利用して、クライアントが希望するニーズの機能を付けることも出来ますし、独自機能を個別に開発もすることが可能です。

セキュリティーに対する心配にも安心出来ます。WooCommerce は開発の専門チームが世界中から常時確認しており、バグを発見したら解決を早急に行ないアップデートする体制が出来ています。

WooCommerce と拡張プラグインに関して簡単にアクセスできる情報(現在、英語メイン)をWEB上に公開しています。そのドキュメントを通して、クライアントのニーズに満足させるサイトを作成する事を学ぶことが出来ます。

豊富や拡張機能

WordPress.org には WooCommerce の色々な機能拡張があります。例えば以下です。:

もちろん、これで全部ではありません。’WooCommerce’ というキーワードで WordPress.org 内を検索してみてください。

もし、 WooCommerce の開発者が承認しメンテナンスをしているプレミアム機能拡張プラグインをご利用できる人気のあるものに以下のようなものがあります。:

他にも数多くの選択肢があります。プレミアム WooCommerce 機能拡張プラグインで実現できるすべての機能を知るには、機能拡張ページ (英語)をご覧ください。

成長を続ける WooCommerce のコミュニティに参加

WooCommerce をご利用になったら、数百万以上のネットショップのオーナーや開発者、およびWordPressの愛好家のコミュニティに参加してほしいです。我々はオンラインで最も急速に成長しているオープンソースコミュニティの一つで、あなたが初心者や忍者(玄人)どちらでも、私たちは心からあなたの参加をお持ちしています!

WooCommerce への貢献に興味をお持ちですか ? すでに、350人以上の貢献者がいます。WooCommerce GitHub リポジトリにアクセスして、協力の方法を探してみてください。

WooCommerce に新しい言語を追加することができます。translate.wordpress.org で翻訳に参加してください。

また、最後に地域の WooCommerce Meetup に参加したり主催することも検討ください。より詳細な情報はこちらにあります。

スクリーンショット

  • The slick WooCommerce settings panel.
  • WooCommerce products admin.
  • Product data panel.
  • WooCommerce sales reports.
  • A single product page.
  • A product archive (grid).

インストール

最小限必須条件

  • PHP バージョン 5.2.4 以上 (PHP 5.6 以上を推奨)
  • MySQL バージョン 5.0 以上 (MySQL 5.6 以上を推奨)
  • 幾つかの決済方法ではfsockopenサポート(IPN accessのために)が必要です。
  • WooCommerce 2.5 は WordPress 4.1 以上が必須
  • WooCommerce 2.6 は WordPress 4.4 以上が必須

サーバー要件の詳細なリストについては、WooCommerceサーバーの要件に関するドキュメント を参照してください。

自動インストール

WordPress がファイル転送自体を処理し、Web ブラウザを終了することなくインストールできる自動インストールが最も簡単な方法です。 WooCommerce を自動インストールするには、WordPress の管理画面のダッシュボードに行き、プラグインメニューで新規登録から行います。

検索フィールドで “WooCommerce” を入力してプラグインを検索します。すると私たちのECプラグインの詳細や評価やリリースが表示されます。“今すぐインストール”をクリックして、簡単にインストールできます。

手動インストール

手動インストール方法は、あなたのeコマースのプラグインをダウンロードして、お気に入りのFTPアプリケーションを介してWebサーバにアップロードして行ないます。WordPress codexに記載のあるプラグインのインストール方法をご覧ください。

更新

自動更新は魅力的で簡単にできます。ですが、バックアップは取るようにして下さい。

もし、アップデート後にショップ/カテゴリーページで問題が発生した場合は、 WordPress > 設定 > パーマリンク設定にて「保存」を押して最新の状態にする必要があります。それで通常の状態に戻るはずです。

ダミーデータ

WooCommerce はダミーデータを使って、商品の見え方などを確認することが出来ます。dummy_data.xml をWordPress importer を利用してインポートしたり、CSV Import Suite pluginのプラグインを利用して dummy_data.csv と dummy_data_variations.csv をインポートします。

FAQ

インストール手順

最小限必須条件

  • PHP バージョン 5.2.4 以上 (PHP 5.6 以上を推奨)
  • MySQL バージョン 5.0 以上 (MySQL 5.6 以上を推奨)
  • 幾つかの決済方法ではfsockopenサポート(IPN accessのために)が必要です。
  • WooCommerce 2.5 は WordPress 4.1 以上が必須
  • WooCommerce 2.6 は WordPress 4.4 以上が必須

サーバー要件の詳細なリストについては、WooCommerceサーバーの要件に関するドキュメント を参照してください。

自動インストール

WordPress がファイル転送自体を処理し、Web ブラウザを終了することなくインストールできる自動インストールが最も簡単な方法です。 WooCommerce を自動インストールするには、WordPress の管理画面のダッシュボードに行き、プラグインメニューで新規登録から行います。

検索フィールドで “WooCommerce” を入力してプラグインを検索します。すると私たちのECプラグインの詳細や評価やリリースが表示されます。“今すぐインストール”をクリックして、簡単にインストールできます。

手動インストール

手動インストール方法は、あなたのeコマースのプラグインをダウンロードして、お気に入りのFTPアプリケーションを介してWebサーバにアップロードして行ないます。WordPress codexに記載のあるプラグインのインストール方法をご覧ください。

更新

自動更新は魅力的で簡単にできます。ですが、バックアップは取るようにして下さい。

もし、アップデート後にショップ/カテゴリーページで問題が発生した場合は、 WordPress > 設定 > パーマリンク設定にて「保存」を押して最新の状態にする必要があります。それで通常の状態に戻るはずです。

ダミーデータ

WooCommerce はダミーデータを使って、商品の見え方などを確認することが出来ます。dummy_data.xml をWordPress importer を利用してインポートしたり、CSV Import Suite pluginのプラグインを利用して dummy_data.csv と dummy_data_variations.csv をインポートします。

WooCommerce のドキュメントやユーザーガイドはどこで見れますか ?

WooCommerceの設定等はユーザーガイド(英語)を御覧ください。

WooCommerceを拡張したりテーマを作る場合はcodex(英語)を御覧ください。

サポートを受けたり、他のユーザーとのコミュニティーはどこですか ?

もし、解決できないことなどがあった場合は WooCommerce プラグインフォーラムに英語で助けを求めることができます。

WooThemes が販売している追加機能に関してはヘルプデスク(英語)にお問合せください。

私のテーマで WooCommerce は動作しますか ?

はい。WooCommerceは幾つかの設定等に合えば、全てのテーマで使えます。詳細はcodexを御覧ください。WooCommerce に適したテーマを探しているようでしたら、Storefrontをお勧めします。

新機能やテーマ、拡張機能のリクエストはどこでできますか ?

WooIdeas ボード (英語) にて、新しい機能や拡張機能のリクエストと投票を受け付けています。

どこでバグ報告やプロジェクトへの貢献ができますか ?

バグはサポートフォーラムまたは WooCommerce GitHub リポジトリ (推奨) にご報告ください。

Rest API の説明はどこにありますか ?

REST API のドキュメントは WooCommerce REST API ドキュメント (英語) にあります。

WooCommerce は素晴らしい ! 私は貢献できますか ?

もちろんです。GitHub リポジトリにご参加ください。

評価

Try to contact them, Ill wait.

I cant link my wordpress to the woocommerce because woocommerce says my wordpress site does not exist. I tried to link the two and woocommerce still says it does not exist. I try to contact woocommerce, yeah thats a joke its a generic email saying contact our forums hope someone else had the issue and they got it resolved.

2,548件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

WooCommerce はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“WooCommerce” has been translated into 48 locales. 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとございます。

“WooCommerce” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

Browse the code, check out the SVN repository, or subscribe to the development log by RSS.

変更履歴

3.1.2 – 2017-08-15

  • Fix – Importer: Prevent multiple placeholders being created when mixing IDs and SKUs.
  • Fix – Importer: correctly set stock management props.
  • Fix – Importer: Allow “unfiltered_html” for name, description and short description fields.
  • Fix – Fix filename image handling.
  • Fix – Rest API: Allow OPTIONS requests.
  • Fix – Fixed missing reviews in product_page shortcode when querying by SKU.
  • Fix – Don’t subtract negative taxes in net sales report.
  • Fix – Sort by order + zone ID as a fallback in shipping zones so the zones always match in the same order.
  • Fix – Corrected subject and heading in customer refunded email.
  • Fix – Corrected handling of custom checkbox fields in checkout get_posted_data method.
  • Fix – Fix admin help videos async property.
  • Fix – Fixed price filters by introducing precision.
  • 修正 – 顧客IPアドレスの検出が改善されました。
  • 修正 – 暗いテーマの可読性を修正しました。
  • 修正 – CLI ツールコマンド。
  • 修正 – 調整された店長の役割は、フィルタリングされていない HTML が使用されないようにします。
  • 修正 – さまざまな通知/警告。
  • 開発 – 注文アイテムを保存した後にキャッシュを正しく無効化します。
  • 開発- woocommerce_data_store_wp_{$this->meta_type}_read_metaフィルターの追加。

3.1.1 – 2017-07-11

  • 修正 – 製品インポーター: 説明文での UTF8 以外の文字の処理を修正。
  • 修正 – 製品インポーター: 日付欄に時刻を含められるようになりました。
  • 修正 – 製品ヘルパー: メタ情報のチェックボックスオプションを修正。
  • 修正 – ヘルパー:英語以外の言語でのスタイル設定と連携ボタン。
  • 修正 – 許可されないショートコードを確認するように利用規約のテンプレートが調整されました。
  • 修正 – before_date と after_date の両方の引数で「paged」の使用の修正とフィルターの使用の修正が行われる際の注文ヘルパークエリーが修正されました。
  • 修正 – ギャラリー: メインの画像が読み込まれるとリサイズがトリガーされ、適切なギャラリーサイズになります。
  • 修正 – CRUD を使用する際、メタ値に余分のスラッシュが追加されるのを防ぎます。
  • 修正 – 通知を防ぐためにコメントフィードに “where” 句が追加されました。
  • 修正 – 変化する製品価格の構造化されたデータ出力が修正されました。
  • 修正 – 3.x の問題:MX ステータスで動作するようにステータス認証ロジックが変更されました。
  • 修正 – 3.x の問題:7日間のレポートの開始は、現在の時刻ではなく、午前0時にする必要があります。
  • 修正 – 3.x の問題:管理者によるステータスの変更は、注文のメモで手動としてマークする必要があります。
  • 修正 – 3.x の問題:REST API 内での製品発送クラスの設定を解除できるようにします。
  • 修正 – 3.x の問題:shippingMethodView ゾーン内でのエラー処理が修正されました。
  • 調整 – 管理内での CloudFlare メールの難読化を防ぎます。
  • 調整 – admin meta box コード内での DOING_AUTOSAVE の検出が強化されました。
  • 調整 – my-account リダイレクトとフォールバックが強化されました。
  • 調整 – cart_subtotal を発送パッケージに追加し、必要に応じて価格を再計算できるようにします。
  • 開発 – search_customers() フィルターを顧客データストアに追加します。
  • 開発 – 製品エクスポーター:woocommerce_product_export_skip_meta_keys フィルターを使用して、エクスポート対象をコントロールします。
  • 開発 – 新しい項目を挿入する際、正しい値を woocommerce_shipping_classes_save_class に渡します

3.1.0 – 2017-06-28

  • 機能 – 商品 CSV インポート及びエクスポート機能。
  • Feature – Display (toggle-able) terms inline on the checkout rather than showing a link.
  • Feature – On the “pay for order” page, if logged out show a login form rather than an error message.
  • Feature – Enabled oembed support for product short descriptions.
  • Feature – Added bulk variation update for stock status.
  • Feature – On customer profiles: added a button to copy billing address to shipping address.
  • Feature – Setup Wizard – Automatic Shipping Zone Creation In Setup Wizard for the base location.
  • Feature – Setup Wizard – Added a new optional Storefront Theme step if you’re using a non-WooCommerce compatible theme.
  • Feature – Made it possible to manage extension licenses purchased from WooCommerce.com on the extensions screen.
  • Tweak – Gallery – Added a data-caption for captions to support both captions and titles for SEO.
  • Tweak – Gallery – Used smoothHeight setting to better support images of different heights.
  • Tweak – UI – Added blank states for API keys & webhooks.
  • 微調整 – UI – 製造された商品のサブメニューには、管理者に一貫性ラベルを付けます。
  • Tweak – UI – Changed street address field label and placeholder to minimize user error on checkout.
  • Tweak – UI – Added a confirmation before deleting log files.
  • Tweak – If prices are the same for all variations, use price not priceSpecification in structured data.
  • Tweak – Added variable so shipping calculator is shown on first row only when showing multiple shipping packages.
  • Tweak – Updated mini-cart HTML to use a list.
  • Tweak – Allow linking to single product additional_information tab from url hash.
  • Tweak – Re-included WooCommerce endpoints on the appearance > menus screens.
  • Tweak – Always sync incorrect titles on variation read regardless of version.
  • Tweak – Standardize rating HTML in all templates.
  • Tweak – When searching, disable WC sort order so results are sorted by relevance.
  • Tweak – Update price sorting code to use min or max for variable products depending on sorting direction.
  • Tweak – Utilize $product method to get thumbnail in loops.
  • Tweak – Check for an existing display name before updating a user on checkout. Adds display_name prop to the CRUD.
  • Tweak – Adapt variable product price used in sorting based on direction of sort.
  • Tweak – Made state validation less strict for keys.
  • Tweak – For COD orders, force payment complete status to be completed.
  • Fix – Use get_max_purchase_quantity in cart template and fix logic when stock management is off.
  • Fix – Added log_id as the secondary sorting column to log list so log entries sort correctly.
  • Fix – Fix shop page when using shop base and UTF8 shop page slug.
  • Fix – Added handles so drag and drop does not break edit on mobile when sorting categories.
  • Fix – Added ABSPATH checks to all files.
  • Fix – Fixed how to flush rewrite rules after saving the shop main page.
  • Fix – Emails sent via admin should switch to global locale.
  • Fix – Set and restore wp_query so product page functions think it’s a real product page.
  • Fix – Variation default value of ‘0’ fails to save on product.
  • Fix – Prevent locations being added to the “Rest Of The World” shipping zone via the API.
  • Dev – Allow date created to be set in wc_create_refund.
  • Dev – Introduced a WC_Order_Query class for finding/searching orders.
  • Dev – Added “restored” webhook.
  • Dev – Support floats for the custom attribute name sorting function.
  • Dev – Updated Emogrifier to version 1.2.
  • Dev – Sort product data tabs by priority in admin screen.
  • Dev – Added new hooks for: dashboard reviews widget, product and category sorting events, woocommerce_add_to_cart_sold_individually_found_in_cart, cart empty messages.
  • Dev – Added filters for zoom / flexslider / photoswipe enabling.
  • Dev – Added filter for cookie name.
  • Dev – Added ability to filter Photoswipe lightbox options.
  • Dev – Added new filter for product thumbnail size.
  • Dev – Added action for displaying custom data for fees in admin.
  • Dev – Changed build_payload from private to public in webhook system.
  • Dev – Added deprecated notice to WC_Order_Item_Meta (deprecated in 3.0).
  • Dev – Added namespace to jQuery events that are removed in VariationForm.
  • Dev – Made WC_Checkout::get_posted_data() public.
  • Dev – Add custom message for custom system status tools.
  • Dev – Added filters to change which order items are created and loaded to support custom item types.
  • 開発 – 更新された jQuery 支払いと serializejson ライブラリ。
  • Localization – Added Bolivian states.
  • 地域対応 – 税の代わりにノルウェーのVATを使用します。

すべてのバージョンの変更履歴をご覧ください