WooCommerce

説明

WooCommerce は色んな物を販売できる、自由なデザインも可能なECプラグインです。WooCommerce はWordPressとシームレスに統合され、世界で多くのショップオーナーや開発者から支持されている人気のあるECシステムです。

柔軟性があり、数百の機能拡張WordPress プラグインがあり、世界の30%のオンラインショップがWooCommerce を採用されています。– 世界では他のプラットフォームより多く使われています。

何でも、どこでも販売できる

WooCommerce を使えば、さまざまな形状やサイズの商品はもちろんデジタル商品も販売できます。商品バリエーションの提供や複数設定、即時ダウンロードにも対応しており、アフィリエイト商品のオンラインマーケットプレースさえも構築できます。

機能追加プラグインを使うことによって、予約管理や会員制ショップ、定期販売なども行えます。毎月支払いの定期購入や会員制の割引サービスや会員制ダウンロードサービスなども構築可能です。

どこへでも発送可能

無料送料や定額送料の提供、送料の即時算出が可能です。発送先を制限することも、全世界に向けて販売することもできます。送料の高度な設定や、ドロップシッピングにも対応しています。

機能拡張できる決済方法

WooCommerce には PayPal のクレジット決済や代引きなどの主要な決済方法にデフォルトで対応しています。さらにオプションが必要な場合は、Stripe や Amazon ペイメントなどを含む140以上の地域ごとのゲートウェイが WooCommerce と連携済みです。

全てを管理 — 継続的に

WooCommerceはお店(サイト)のコンテンツから、税率、在庫、お客様のアカウントまで管理が出来ます。追加機能を追加したり削除したり、デザインを変更したり設定変更したり、望みのままに出来ます。全てが一括で管理できるのです。

ASPタイプのECシステムでの最大のリスクはお店ごとにやりたいことが制限されてしまうことです。WooCommerceだと、全てが管理でき、自由度の制限はほぼありません。すべてのデータはあなたが管理できます。–世界の多くの開発者によってセキュリティーも保たれています。

Storefront であなたのスタイルを決められます

Storefront は WooCommerce に適したWordPress の公式テーマです。WooCommerce にしっかりと連携しており、Storefront はメジャーバージョンの更新時もテーマとプラグインのトラブルが無いように考慮されています。

いくつかあるStorefront の子テーマを選んで Storefront をカスタマイズすることによってスタイルを決めることが出来ます。あなた次第でスタイルを決められます。

開発者の事を念頭において構築

拡張性があり、適応性が高くオープンソース — WooCommerce は開発者の事を考えて構築されています。その強力で、堅牢なフレームワークでは、あなたのクライアントのお店(無限大を超えて)、基本からハイエンドまで、すべての方法を拡張することができます。

REST APIで作成し、WooCommerceは、事実上すべてのサービスを統合することができます。店のデータにいつでも、100%安全に、どこからでもアクセスすることができます。WooCommerceは、開発者が簡単に自分の仕様を満たしているストアを作成、変更、および成長することができます。

クライアントが希望する様々な規模のオンライショップを WooCommerce では構築することが出来ます。300以上ある機能拡張プラグインなどを利用して、クライアントが希望するニーズの機能を付けることも出来ますし、独自機能を個別に開発もすることが可能です。

セキュリティーに対する心配にも安心出来ます。WooCommerce は開発の専門チームが世界中から常時確認しており、バグを発見したら解決を早急に行ないアップデートする体制が出来ています。

WooCommerce と拡張プラグインに関して簡単にアクセスできる情報(現在、英語メイン)をWEB上に公開しています。そのドキュメントを通して、クライアントのニーズに満足させるサイトを作成する事を学ぶことが出来ます。

豊富や拡張機能

WordPress.org には WooCommerce の色々な機能拡張があります。例えば以下です。:

もちろん、これで全部ではありません。’WooCommerce’ というキーワードで WordPress.org 内を検索してみてください。

もし、 WooCommerce の開発者が承認しメンテナンスをしているプレミアム機能拡張プラグインをご利用できる人気のあるものに以下のようなものがあります。:

他にも数多くの選択肢があります。プレミアム WooCommerce 機能拡張プラグインで実現できるすべての機能を知るには、機能拡張ページ (英語)をご覧ください。

成長を続ける WooCommerce のコミュニティに参加

WooCommerce をダウンロードすると、100万以上のストアオーナー、開発者、 WordPress 愛好家のコミュニティに参加できます。 私たちはオンラインで最も急速に成長しているオープンソースコミュニティーのひとつです。あなたのスキルレベルにかかわらず、あなたを歓迎します。

WooCommerce への貢献に興味をお持ちですか ? すでに、350人以上の貢献者がいます。WooCommerce GitHub リポジトリにアクセスして、協力の方法を探してみてください。

WooCommerce に新しい言語を追加することができます。translate.wordpress.org で翻訳に参加してください。

また、最後に地域の WooCommerce Meetup に参加したり主催することも検討ください。より詳細な情報はこちらにあります。

スクリーンショット

  • WooCommerce 基本設定画面
  • WooCommerce 商品管理
  • 商品データ画面
  • WooCommerce の売上レポート。
  • 個別商品の販売ページ。
  • 商品アーカイブ (グリッドタイプ) 。

インストール

最小限必須条件

  • PHP バージョン 5.2.4 以上 (PHP 5.6 以上を推奨)
  • MySQL バージョン 5.0 以上 (MySQL 5.6 以上を推奨)
  • 幾つかの決済方法ではfsockopenサポート(IPN accessのために)が必要です。
  • WooCommerce 2.5 は WordPress 4.1 以上が必須
  • WooCommerce 2.6 は WordPress 4.4 以上が必須

サーバー要件の詳細なリストについては、WooCommerceサーバーの要件に関するドキュメント を参照してください。

自動インストール

WordPress がファイル転送自体を処理し、Web ブラウザを終了することなくインストールできる自動インストールが最も簡単な方法です。 WooCommerce を自動インストールするには、WordPress の管理画面のダッシュボードに行き、プラグインメニューで新規登録から行います。

検索フィールドで “WooCommerce” を入力してプラグインを検索します。すると私たちのECプラグインの詳細や評価やリリースが表示されます。“今すぐインストール”をクリックして、簡単にインストールできます。

手動インストール

手動インストール方法は、あなたのeコマースのプラグインをダウンロードして、お気に入りのFTPアプリケーションを介してWebサーバにアップロードして行ないます。WordPress codexに記載のあるプラグインのインストール方法をご覧ください。

更新

自動更新は魅力的で簡単にできます。ですが、バックアップは取るようにして下さい。

もし、アップデート後にショップ/カテゴリーページで問題が発生した場合は、 WordPress > 設定 > パーマリンク設定にて「保存」を押して最新の状態にする必要があります。それで通常の状態に戻るはずです。

サンプルデータ

WooCommerce には、商品表示を確認するためのサンプルデータが付属しています。
WordPress インポーター
から sample_products.xml をインポートします。 コア CSV インポータまたは CSVインポートスイートプラグインを使用して、 sample_products.csv をインポートすることもできます。

FAQ

インストール手順

最小限必須条件

  • PHP バージョン 5.2.4 以上 (PHP 5.6 以上を推奨)
  • MySQL バージョン 5.0 以上 (MySQL 5.6 以上を推奨)
  • 幾つかの決済方法ではfsockopenサポート(IPN accessのために)が必要です。
  • WooCommerce 2.5 は WordPress 4.1 以上が必須
  • WooCommerce 2.6 は WordPress 4.4 以上が必須

サーバー要件の詳細なリストについては、WooCommerceサーバーの要件に関するドキュメント を参照してください。

自動インストール

WordPress がファイル転送自体を処理し、Web ブラウザを終了することなくインストールできる自動インストールが最も簡単な方法です。 WooCommerce を自動インストールするには、WordPress の管理画面のダッシュボードに行き、プラグインメニューで新規登録から行います。

検索フィールドで “WooCommerce” を入力してプラグインを検索します。すると私たちのECプラグインの詳細や評価やリリースが表示されます。“今すぐインストール”をクリックして、簡単にインストールできます。

手動インストール

手動インストール方法は、あなたのeコマースのプラグインをダウンロードして、お気に入りのFTPアプリケーションを介してWebサーバにアップロードして行ないます。WordPress codexに記載のあるプラグインのインストール方法をご覧ください。

更新

自動更新は魅力的で簡単にできます。ですが、バックアップは取るようにして下さい。

もし、アップデート後にショップ/カテゴリーページで問題が発生した場合は、 WordPress > 設定 > パーマリンク設定にて「保存」を押して最新の状態にする必要があります。それで通常の状態に戻るはずです。

サンプルデータ

WooCommerce には、商品表示を確認するためのサンプルデータが付属しています。
WordPress インポーター
から sample_products.xml をインポートします。 コア CSV インポータまたは CSVインポートスイートプラグインを使用して、 sample_products.csv をインポートすることもできます。

WooCommerce のドキュメントやユーザーガイドはどこで見れますか ?

WooCommerceの設定等はユーザーガイド(英語)を御覧ください。

WooCommerceを拡張したりテーマを作る場合はcodex(英語)を御覧ください。

サポートを受けたり、他のユーザーとのコミュニティーはどこですか ?

もし、解決できないことなどがあった場合は WooCommerce プラグインフォーラムに英語で助けを求めることができます。

WooCommerce.comからのプレミアム拡張機能のヘルプが必要なら、ヘルプデスクをご利用ください。

私のテーマで WooCommerce は動作しますか ?

はい。WooCommerceは幾つかの設定等に合えば、全てのテーマで使えます。詳細はcodexを御覧ください。WooCommerce に適したテーマを探しているようでしたら、Storefrontをお勧めします。

新機能やテーマ、拡張機能のリクエストはどこでできますか ?

WooIdeas ボード (英語) にて、新しい機能や拡張機能のリクエストと投票を受け付けています。

どこでバグ報告やプロジェクトへの貢献ができますか ?

バグはサポートフォーラムまたは WooCommerce GitHub リポジトリ (推奨) にご報告ください。

Rest API の説明はどこにありますか ?

REST API のドキュメントは WooCommerce REST API ドキュメント (英語) にあります。

WooCommerce は素晴らしい ! 私は貢献できますか ?

もちろんです。GitHub リポジトリにご参加ください。

評価

Programa ecommerce no muy completo y con fallos

Los precios de los productos aparecen dos veces. Si desactivo la casilla de impuestos, aparecen una vez pero sn el Iva, por lo que hay que activar la casilla y aparecen dos veces. Es un fallo que nadie me ha soludionado. Tampoco veo que se pueda poner una cantidad mínima de venta.

2,891件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

WooCommerce はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“WooCommerce” は52ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“WooCommerce” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

3.3.5 – 2018-04-10

  • Fix – Shop page notice should not appear when edting the “Hello World!” page.
  • 修正 – 一貫性のない受注明細払い戻しサイン。
  • 修正 – wc_get_price_excluding_tax を戻り値を丸めないように変更して、管理画面で計算が事前に丸められないようにします。
  • 修正 – タームアーカイブで低価格から高価格に変額商品を注文する場合は、最高価格の代わりに最低価格を使用します。
  • 修正 – 店舗ページで書き換えルールを使用する場合は orderorderby
  • 修正 – 21世紀のテーマを使用しているときに Ajax ローディングスピナー。
  • 修正 – 在庫切れの商品は、輸入時に既存の商品を更新するために在庫をバックオーダーに変更します。
  • 修正 – 在庫管理が無効のときのクイック編集での表示のドロップダウンが応答しません。
  • 修正 – REST API の商品エンドポイントの主要なパラメータ。
  • 修正 – 注文アイテムメタの改行。
  • 修正 – 管理者によって更新された場合の商品評価数。
  • 微調整 – 追加しようとする前に配列を定義してください。
  • 微調整 – WC WP-CLI コマンドのデフォルトの per_page 値を100に変更します。
  • 微調整 – バックグラウンドプロセスクラスが配列として data を返すようにします。
  • 微調整 – 小さなデバイスでは、テーブルのチェックボックスの列サイズを大きくします。
  • 微調整 – Jetpack の無限のスクロールをサポートします。

3.3.4 – 2018-03-20

  • Fix – Fixed undefined index after running setup wizard two times on fresh install.
  • Fix – wc_get_loop_class; force columns to be a minimum of 1.
  • Fix – Added loading spinner to WC panels in menu admin.
  • Fix – Use relative scheme for AJAX endpoint to avoid errors when using a mix of HTTP and HTTPS.
  • Fix – Fix SelectWoo templateSelection property.
  • Fix – Layered nav support on unsupported theme archives.
  • Fix – Prevent full refresh when editing store notice in the customizer.
  • Fix – Only append tax label in email content if taxes are enabled.
  • Fix – More reliable Jetpack detection.
  • Fix – Check if product has weight before calculate weight total in cart.
  • Fix – Correctly handle default ordering on the search page.
  • Fix – Fix default product category handling in installer.
  • Fix – Properly check slugs when updating attributes.
  • Fix – Use gallery thumbnail size for variation image switcher.
  • Fix – Clear subcategory cache when updating product categories.
  • Fix – Round fractional cents when out of base.
  • Fix – Inherit ‘is variation’ from existing attribute during csv import.
  • Fix – Set is_shortcode loop prop when outputting subcategories.
  • Fix – Reload gateways after updating the order.
  • Tweak – Use wc_get_default_products_per_row as the default for product shortcodes.
  • Tweak – Add post_excerpt to product search.
  • Tweak – Update the description of the user tracking notice in the onboarding wizard.
  • Tweak – Add extra data in order mobile view (status and date).
  • Tweak – Add profile link to order screen.

3.3.3 – 2018-02-21

  • 修正 – カンマ小数点区切り記号を使用するときに注文小計/合計に影響していた
    is_numeric チェックが修正されました。
  • 修正 – 欠落している直接スクリプトアクセスチェックをループテンプレートに追加します。
  • 修正 – バリエーション画像が正しくスワップされるように、メイン画像に wp-post-image クラスを追加しました。
  • 修正 – API – 商品 shipping_class_id のスキーマを整数に調整しました。
  • 修正 – Product Invoices 拡張機能との競合を避けるため、init ツールチップのイベントをより具体化しました。

3.3.2 – 2018-02-20

  • 修正 – 公開されていない商品を検索および検索する管理者向け商品 SKU を修正しました。
  • 修正 – PHP7.1は、画像の高さが空の場合に注意してください。
  • 修正 – PHP のジャグリングによるページロード時の update_option呼び出しの繰り返しを防ぎます。
  • 修正 – ショップページの他のショートコードとの競合を避けるために、サポートされていないテンプレートレンダリングだけをループ内で実行してください。
  • 修正 – 通常のショートコードにカテゴリを追加しないでください。
  • 修正 – get_catalog_ordering_args を使用している場合 終了したら args を削除してください。
  • 修正 – カスタムタイプが定義されていない限り、デフォルトで属性テーブルの「タイプ」列を削除します。
  • 修正 – 店舗が URL に含まれている場合(カテゴリーを含むショップベースを含む)、404を防ぐために詳細ページルールを使用する。
  • 修正 – woocommerce_hide_invisible_variations を true に設定すると、無効なバリエーション属性が商品ページに表示されなくなります。
  • 修正 – Webhook ステータスのヘルプヒント。
  • 修正 – 配送地域のドキュメントのヘルプリンクが正しく印刷されませんでした。
  • 修正 – フィルタを使用して無効にすると、バックグラウンド処理イメージを停止します。
  • Fix – Only search when a search term is provided. Ignore empty strings.
  • Fix – Fix check for external resources.
  • Fix – Show full date for future orders.
  • Fix – Prevent JS error is ‘orders’ row is disabled on order screen.
  • Fix – Fix save of tax settings when no changes have been made.
  • 修正 – 自分のアカウントページのログアウトリンクにノンスを追加して、アクションを確認する必要はありません。
  • 修正 – 通貨記号が含まれるように、プレーンテキストエンティティの置換を修正しました。
  • 修正 – API – 注文が作成または更新された後のステータスを設定して、トリガーされたメールが最新のものになるようにします。
  • 修正 – API – 単一のWebhookエンドポイントを修正します。
  • 微調整 – 背景画像処理用のヘルプテキストを追加しました。
  • 微調整 – バックグラウンド画像処理が実行されているときにキャンセルボタンで通知が追加されました。
  • 微調整 – 変更を追跡することによって、バックグラウンド画像処理を実行する頻度が少なくなります。
  • 微調整 – バックグラウンドイメージ処理を手動で実行するシステムステータスツールを追加しました。
  • 微調整 – Jetpack Photonを使用する場合は、バックグラウンド画像処理の代わりに使用。
  • 微調整 – 小さい、正方形の切り取った画像を処理するためのギャラリーのサムネイル画像サイズ。
  • 微調整 – ギャラリー画像をレンダリングするためのヘルパー機能(画像テンプレート用のテンプレートバージョンバンプ)
  • 微調整 – 既定のカテゴリのヘルプテキストを使用して説明します。
  • 微調整 – デフォルトの商品カテゴリの変更を許可する。
  • 微調整 – 注文プレビューのモバイルビューを調整して、英語以外のレイアウトを改善します。
  • 微調整 – テキストを選択する場合は、行クリックの順序にリンクしない。
  • ローカライズ – isle of man state を削除

3.3.1 – 2018-02-06

  • 修正 – 時代遅れのテーマテンプレートファイルが店舗のカテゴリやエラーのカテゴリページを出力しないように woocommerce_product_subcategories 機能を置き換える woocommerce_output_product_categories を追加しました。
  • 修正 – 列が1より小さい値に設定されないようにしました。
  • 修正 – Webhooks を削除するときの通知を防ぐために、Webhooks API に余分なエラーチェックを追加しました。
  • 修正 – リスト・テーブル・クラスが複数回ロードされることを防ぎます。 これにより、Smart Coupons 拡張機能との互換性も修正されます。
  • 修正 – 注文のメールテンプレートから迷子のデバッグ文字列を削除し、いくつかのタイプミスを修正しました。
  • 修正 – wc_get_loop_prop を呼び出すときにループを設定します。 いくつかのテーマとの互換性を修正しました。
  • 修正 – フィルタ ‘woocommerce_order_item_product’ の複数のアプリケーションを削除します。
  • 修正 – あまりにも遅く定義されたテーマサポートから保護します。 WooCommerce サポートを正しく定義していないカスタムテーマに関するいくつかの問題を修正しました。
  • 修正 – 改ページテンプレートを取得したテーマにフォールバックを追加します。
  • 修正 – オンザフライイメージ再生を行い、欠落したサイズを再生成します。
  • 修正 – webhook の移行スクリプトで user_id が見つからない問題を修正しました。
  • 修正 – 未分類カテゴリを他のカテゴリと同様に並べ替えることができます。
  • 修正 – テーマのサポートが変更された場合、このフラグに基づいて一部が変更されるため、パーマリンクをフラッシュする必要があります。
  • 修正 – ページネーションが有効になっている場合のみ、ページングのためのファイアフック。
  • 修正 – エンドラッパーテンプレートのデフォルトHTML。
  • 修正 – サポートされていないテーマのアーカイブに表示される定期的な改ページを防止します。
  • 修正 – サポートされていないテーマでホームページとして表示された場合は、ショップを修正します。
  • 修正 – CSV インポート中にプレースホルダの SKU マッピングを修正しました。
  • 修正 – 管理商品テーブルで CRUD 検索ヘルパーを使用すると、部分的な SKU 検索が機能します。
  • 修正 – 一括販売/通常価格パーセンテージ処理を修正しました。
  • 修正 – 列の小画面スタイルの上書きに特化しています。
  • 微調整 – 移動した店舗通知設定の通知を追加します。
  • 微調整 – 編集可能なオーダーのみのクーポンの削除を許可する。
  • 微調整 – バックグラウンド処理ライブラリを拡張して、ライブラリのメソッドを変更しないようにしました。
  • 微調整 – 何かがページあたりの商品数を管理している場合は、行設定を表示しないでください。
  • 微調整 – devs が要素に ‘no-link’ クラスを追加して、行のクリック時にオーダー・ビュー・リンクがトリガーされないようにします。
  • 微調整 – woocommerce_resize_images フィルタを後で呼び出すとより便利になりました。
  • 微調整 – デフォルトの列を4に戻して、3.2と一致するようにします。

3.3.0 – 2018-01-30

  • 機能 – WooCommerce をサポートしていないテーマのデフォルトの外観を改善し、ショップページをショートコードにしました。
  • 機能 – 商品のショートコード ランダムなソートが改善され、キャッシングがいくつかあります。
  • 機能 – 商品のショートコード ページネーションのサポート。
  • 機能 – WordPress Appearance Customizer に新しいオプションを追加。 商品グリッド(行と列)、およびイメージサイズを制御します。
  • 機能 – 画像サイズの定義と計算方法の改善。 アスペクト比(カスタム、1:1 、非画像)を設定すると、画像サイズは自動的に幅に基づいて計算されます。
  • 機能 – 画像サイズを変更すると、バックグラウンドでのサムネイルの自動再生がトリガーされます。
  • 機能 – ダウンロードが製品内にどのように格納されるかを改善し、誰が何をいつダウンロードしたかを追跡するための新しいレポート/ログ機能を追加しました。
  • 機能 – バックエンドオーダーリストの全体的な外観を改善し、オーダーの詳細をすばやく見るための新しい「プレビュー」ボタンを追加しました。
  • 機能 – 新しいデフォルトのサンプルデータとプレースホルダ。
  • 機能 – PayPal の標準データにサンドボックスと本番環境 API の詳細を追加しました。また、現在どのモードにチェックアウトしているかの表示も表示されます。 PayPal IPN 電子メール通知も現在オプションです。
  • 機能 – 導入された商品カテゴリのしきい値フィルタ(woocommerce_product_category_filter_threshold)。 あなたが100以上のカテゴリを持っている場合、AJAX パワードセレクトが起動します。
  • 機能 – アクセシビリティのためにループのカートボタンにadd_to_cart_descriptionメソッドと aria-labels を追加しました。
  • 機能 – データベース・ロガーが使用されているときにログを検索する機能。
  • パフォーマンス – 各ページの読み込み時にロケールを切り替えることを避けるために、パーマリンクを取得して保存する方法を調整しました。
  • パフォーマンス – 商品バリエーション属性を読み込むときにキャッシュを追加しました。
  • 修正 – wc_notice_count ロジックを修正しました。
  • 修正 – 一括編集価格の書式を修正します。
  • 修正 – バリエーションのための Ajax カートに追加ボタンのショートコード修正。
  • 微調整 – アカウントが変更された場合、請求書を更新します。
  • 微調整 – ヘルプセクションからビデオを削除します。
  • 微調整 – 注文日を保存する秒数を保存します。
  • 微調整 – 管理者の数量が1ではなく0になるようにします。
  • 微調整 – アーカイブのない投稿タイプはパンくずリストに表示されません。
  • 微調整 – フロントエンドでセッションハンドラクラスをロードするのは cron 中ではない。
  • 微調整 – 「店舗通知」オプションをカスタマイザに移動しました。
  • 微調整 – 請求先や配送先の設定の際に郵便番号のエラーメッセージが出るようにしました。
  • 微調整 – アイリスカラーピッカーの検証を追加しました。
  • 微調整 – 決済時には scrollIntoView を使用します。
  • 微調整 – 一貫性のために、コードベース全体にわたるボタン送信要素に入力送信要素を変換しました。
  • 微調整 – メールのフッターの代わりに {site_title} が追加されました。
  • 微調整 – 商品に販売があった場合、商品確認の削除が追加されました。
  • 微調整 – カートの合計額に「付加価値税を含む」が表示された場合に改善されました。
  • 微調整 – メールテンプレートのリンクには、ベーステキストの色を使用します。
  • 微調整 – システム状況レポートの wc_get_template フィルターによって行われるテーマの上書きを表示します。
  • 微調整 – 階層化されたナビゲーションに nofollow タグを追加し、重複した索引付きコンテンツを防止しました。
  • 微調整 – 「単一合計」表示モードでレートが定義されていない場合は、「付加価値税を含む」を非表示にします。
  • 微調整 – 払い戻しの再開保護を追加しました。
  • 微調整 – GeoDB 空ファイル処理。
  • 微調整 – wp_signonでメールをユーザー名変換に変換させます。
  • 微調整 – チェックアウト時にメールフィールドを広げました。
  • 微調整 – 複数のパッケージを表示するときに、出荷選択全体を送信します。
  • 開発 – REST API – 注文は、サイトにのみ存在するユーザーに対して作成する必要があります。
  • 開発 – REST API – 注文と払い戻しのエンドポイントで “dp”のデフォルト値を固定しました。
  • 開発 – テーマ関連 – 商品に使用されるイメージサイズを宣言するためのテーマサポート変数が追加されました。
  • 開発 – テーマ関連 – single-product-postname.php テンプレートファイルのサポートが追加されました。
  • 開発 – 計算オーダーの合計と税金と is_vat_excempt サポートの前にアクションを追加しました。
  • 開発 – フィルタ ‘woocommerce_coupon_get_apply_quantity’ を追加します。
  • 開発 – グループ化された商品 カスタム列と値の変更を可能にするフィルタを追加しました。
  • 開発 – WC_Cart オブジェクトのクローン作成を許可する
  • 開発 – registration-error-email-exists エラーにフィルタを適用します。
  • 開発 – woocommerce_cross_sells_order フィルタが追加されました。
  • 開発 – 既存のフックを補完するために、注文の詳細を before フックに追加します。
  • 開発 – readfile 関数を制御するための WC_CHUNK_SIZE 定数。
  • 開発 – 商品の機能を買った顧客に短絡を追加します。
  • 開発 – ロギングに役立つ wc_caught_exception メソッドを追加しました。
  • 開発 – Webhooks を操作するためのデータストアと CRUD が追加されました。
  • 開発 – WP バージョンの最小要件を4.5に引き上げ、従来の API ファイルを削除しました。
  • 開発 – 新しいアクションフック – woocommerce_order_details_before_order_table_items, woocommerce_order_details_after_order_table_itemswoocommerce_order_details_before_order_table
  • 開発 – アクションが条件付きで実行できるように content-widget-product.phpwidget_id を渡され、woocommerce_before_widget_product_listwoocommerce_after_widget_product_list に消毒を追加しました。
  • 開発 – ゲッターとセッターを考慮する is_internal_meta_key チェックを改良しました。
  • 開発 – 注文のお客様詳細テンプレートをクリーンアップ。
  • 開発 – チェックアウト時の JavaScript payment_method_selected イベント。
  • 開発 – 新しい $order->get_edit_order_url() メソッドを追加します。
  • 開発 – ズーム、フレックススライダー、フォトワイプのオプションを通過します。
  • 開発 – 予定された販売の開始と完了の前後にアクションを追加しました。
  • ローカライズ – 通貨出力に文字を追加します。
  • ローカライズ – タンザニアとモルドバのための州を追加。

すべてのバージョンの変更履歴をご覧ください