WooCommerce

説明

WooCommerce は世界で最も人気のあるオープンソースの eコマースソリューションです。

WooCommerce のコアプラットフォームは自由で柔軟性があり、グローバルコミュニティによって強化されています。 オープンソースがもたらす自由により、ストアのコンテンツとデータは将来にわたってお客様所有となります。

起業する場合も、実店舗のある小売店をオンラインに移行する場合も、クライアントのサイトを開発する場合も、コンテンツとコマースが調和するストアには WooCommerce をご利用ください。

  • ブランドや業界に適したテーマで、美しく魅力的な店先を作りましょう。
  • モジュール式の product blocks を使用して、ページを数分でカスタマイズします。
  • 物理およびデジタル商品、商品のバリエーション、カスタム設定、即時ダウンロード、アフィリエイト商品を表示します。追加機能1つで予約会員定期購読変動的な価格設定ルールがご利用いただけます。
  • WordPress’ SEO advantage を活用して、検索結果のトップに躍り出ましょう。

組み込みツールと人気の統合によって営業活動を効率的に管理できます。 オプションの設定ウィザードでクリックを1回するだけで、多くのサービスを自由に追加できます。

  • 支払い方法を選びますWooCommerce Payments を利用すれば、ストアにいながら支払いを快適に管理できます (米国、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、カナダに加え、現在はスペイン、フランス、ドイツ、イタリアで利用可能です)。 StripePayPalSquare をはじめとする100以上の決済方法に対応しており、カード、モバイルウォレット、銀行振込、現金を安全にご利用いただけます。
  • 配送オプションを設定するWooCommerce Shipping を使用すれば、ダッシュボードから直接 USPS ラベルを印刷できるだけでなく、受け取り日時をスケジュールできます (米国のみ)。 UPS、FedEx、ShipStation などの有名な配送業者およびお客様の所在地に適した配送、在庫、フルフィルメントの幅広いソリューションと連携します。
  • 消費税の計算を簡単にするWooCommerce Taxそれに似た統合サービスを追加して自動計算を実現します。

ビジネスを成長させ、機能を追加し、どこにいてもストアをモニタリングする

WooCommerce はビジネスです。 最も重要なパフォーマンスの指標を、強力でカスタマイズ可能なストアのセントラルボードWooCommerce Admin でモニタリングしてください。

Google AdsHubSpotMailchimpFacebook と統合して、マーケティングチャネルとソーシャルチャネルを超えて読者を増やしましょう。 ダッシュボード内のマーケティングハブで新しいアイデアやヒントをいつでもチェックできます。

公式 WooCommerce マーケットプレイスに多数用意された無料および有料の追加機能を使用することで機能を強化できます。 WooCommerce の開発者は各新規拡張機能を精査し、定期的に在庫を確認することでマーケットプレイスの品質基準を維持しています。 WooCommerce はストア構築者がよいストアを作成するのを助ける製品を積極的に探しています

WooCommerce の無料モバイルアプリ (Android および iOS) を利用すれば、どこにいてもストアを管理できます。 耳寄り情報 : 商品が売れるたびに鳴る、ちょっとクセになる通知音 (キャッシュレジスターの効果音) に耳を澄ませてみませんか。

将来にわたって自分のストアデータを所有、管理する

WooCommerce なら、あなたのデータはあなたのものです。 いついかなるときも。

お客様が当社との使用データの共有を選択された場合、お客様のデータは匿名化され安全に保護されますのでご安心ください。 いつでもストアに影響なくオプトアウトできます。

ホストされた eコマースソリューションとは異なり、WooCommerce ストアデータはいつまでも失われません。異なるプラットフォームに移行する場合でも、お客様が選んだプラットフォームにすべてのコンテンツをエクスポートできます。 制限はありません。

WooCommerce が開発者に選ばれる理由

開発者は WooCommerce を利用してストアを作成、カスタマイズ、スケールすることでクライアントの仕様を正確に満たし、追加機能やカスタムソリューションによって強化することができます。

  • フックやフィルターを活用して機能を変更、作成する。
  • 堅牢な REST API と Webhook を使用してあらゆるサービスを仮想的に統合する。
  • React を使用してカスタムコンテンツのブロックを設計、構築する。
  • プラグインのコアコードの側面を検査、修正する。
  • 高速の CLI により開発を加速する。

コアプラットフォームは厳密にテストされ、また多くの場合、複数のタイムゾーンを超えて働く専任の開発チームがいます。 包括的なドキュメントは、リリースごとに更新され、ストアの要件どおりに構築できるようにしています。

成長中の国際的なコミュニティに参加する

WooCommerce には経営者を専任でサポートする大規模で意欲的なコミュニティがあり、このコミュニティは急速に成長しています。

世界中で WooCommerce 勉強会を開催しており、無料で参加できるほか、運営に携わることもできます。 このようなイベントは、周りの人から学んだり、専門知識を紹介したり、同じような興味を持っている人とつながったりするのにぴったりです。

WooCommerce は世界中で開催されている WordCamp に定期的に参加しています。皆様にお会いできることを楽しみにしています。

寄付と翻訳

WooCommerce の開発と支援には Automattic および Jetpack と WordPress.com の創業メンバーが携わっています。 また多くの個人寄付者にもご協力いただいています。あなたもぜひご参加ください。 WooCommerce GitHub リポジトリを訪問いただき、どのような協力方法があるかご確認ください。

現在、WooCommerce はデンマーク語、ウクライナ語、ペルシャ語など、複数の言語に翻訳されています。 ロケールを追加して WooCommerce のローカリゼーション推進をお手伝いいただける場合、translate.wordpress.org のサイトをご覧ください。

スクリーンショット

インストール

最小限必須条件

  • PHP 7.2以降推奨
  • MySQL 5.6以降推奨

サーバー要件の詳細なリストについては、WooCommerce のサーバー要件に関するドキュメントを参照してください。

自動インストール

Automatic installation is the easiest option — WordPress will handle the file transfer, and you won’t need to leave your web browser. To do an automatic install of WooCommerce, log in to your WordPress dashboard, navigate to the Plugins menu, and click “Add New.”

検索フィールドに「WooCommerce」と入力してから、「プラグインの検索」をクリックします。WooCommerce を見つけたら、ポイントリリース、評価、説明などの詳細を表示できます。また最も重要な点ですが、もちろんこちらからもインストールできます。「今すぐインストール」をクリックすると、WordPress がインストールを実行します。

手動インストール

手動インストール方法は、 WooCommerce のプラグインをダウンロードして、お気に入りの FTP アプリケーションを介して Web サーバにアップロードして行ないます。WordPress codex に記載のあるプラグインのインストール方法をご覧ください。

更新

自動更新は円滑に機能しますが、念のためサイトをバックアップするようお勧めします。

もし、アップデート後にショップ/カテゴリーページで問題が発生した場合は、 WordPress > 設定 > パーマリンク設定にて「保存」を押して最新の状態にする必要があります。それで通常の状態に戻るはずです。

サンプルデータ

WooCommerce に付属しているサンプルデータを使用して、商品がどのように表示されるかを確認し、sample_products.xml を WordPress Importer でインポートできます。中核的なツールである CSV Importer または CSV Import Suite の拡張機能を使用して、sample_products.csv をインポートすることもできます。

FAQ

WooCommerce のドキュメントやユーザーガイドはどこで見れますか ?

WooCommerce の設定や構成のヘルプについては、スタートガイドおよび WooCommerce ストアの新規所有者ガイドを参照してください。

WooCommerce の拡張やテーマについては、Codexプラグイン開発者ハンドブックを参照してください。

どこで WooCommerce コアについてサポートしてもらったり、ほかのユーザーと話をしたりできますか ?

行き詰まった場合は、これらのガイドラインに従ってWooCommerce サポートフォーラムでサポートを依頼するか、WooCommerce Community Slackから連絡するか、Facebook のWooCommerce Community グループに投稿してください。

WooCommerce.com で購入した追加機能はどこでサポートしてもらえますか ?

WooCommerce.com Marketplace で購入した有料追加機能のサポート : まず セルフサービストラブルシューティングガイドをご確認ください。 問題が解決しない場合は、お手数ですがサポートチケットをヘルプデスクに送信してください。 専任のサポートスタッフが24時間以内に対応いたします。

WooCommerce.com にログインできません。どうすればよいですか ?

まず、こちらの便利なステップごとのガイドで一般的なログインの問題についてトラブルシューティングしてください。 それでもログインできませんか ? その場合は WooCommerce にお問い合わせください

私のテーマで WooCommerce は動作しますか ?

はい。 WooCommerce ではどのようなテーマでも使えますが、追加のスタイル設定が必要になる場合があります。 WooCommerce と密に連携するテーマをお探しなら、Storefront のご利用をおすすめします。

WooCommerce はどのようにアップデートすればよいですか ?

詳しいガイドは WooCommerce の更新方法にあります。

サイトが壊れてしまいました。どうすればよいですか ?

便利なトラブルシューティングガイドを使用して問題の診断をしてください。

テーマやプラグインを更新した後にエラーが発生した場合、WooCommerce との間に互換性に問題がある可能性があります。 WooCommerce を更新した後に問題が発生した場合、WooCommerce と古いテーマやプラグインが競合している可能性があります。

どちらの場合でも、 訪問者への影響なくテーマやプラグインを無効化できる ヘルスチェックを使用して競合テストを、もしくはステージングサイトを使用して問題のトラブルシューティングを行うことをおすすめします。

どこでバグを報告できますか ?

WooCommerce GitHub リポジトリのバグを報告してください。 サポートフォーラムからも報告できます。フォーラムを検索して、エラーがすでに報告されていないか確認してください。

新機能、テーマ、拡張機能のリクエストはどこでできますか ?

公式のアイデアボードで新しい機能や追加機能をリクエストし、すでにある提案に投票してください。 製品チームが定期的にリクエストを確認し、それが製品計画において有用であるかを検討します。

WooCommerce は素晴らしい ! 私は貢献できますか ?

はい、できます。 GitHub リポジトリを利用し、開発ブログをフォローすればプロジェクトで起きていることすべての最新情報を手に入れることができます。

Rest API のドキュメンテーションはどこにありますか ?

詳細については GitHub に WooCommerce REST API ドキュメントがあります。

この質問リストでは解決できません。 答えはどこで見つけられますか ?

詳細については よくある質問を参照してください。

評価

2022年1月20日
Hello, My website HAS GOT WHITE SCREEN after upgrading to WooCommerce 6.1.0. It's so broken that I have to disable WooCommerce to connect to the dashboard. I have reverted to the previous version.
2022年1月18日
Hello, My site is broken after upgrade to WooCommerce 6.1.0. It's so broken that I have to disable WooCommerce to login to dashboard. I tried to rollback to old version but it's not working. Can someone help, please?
2022年1月17日
Woo 6.1.0 breaks other necessary e-commerce plugins due to this new feature : "The is_ajax function has been deprecated. The WordPress function wp_doing_ajax should be used instead". So Woo may be doing well but your shop is broken, mine was. Revert to Woo 6.0.0 if you need. Must wait until your other plugins become compatible if they do.
3,834件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

“WooCommerce” は65ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“WooCommerce” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

6.1.1 2022-01-20

WooCommerce

  • Enhancement – Add support for 2022 theme shop and product pages. ( #31536 )
  • Enhancement – Add support for 2022 my account pages. ( #31575 )
  • Enhancement – Add support for 2022 checkout page. ( #31630 )
  • Fix – Use inline onload event instead of jQuery load. ( #31623 )
  • Fix – Removes the revert warning about is_ajax. ( #31672 )
  • Tweak – Better styling for checkout form for 2022 theme. ( #31619 )
  • Tweak – Center product cards in the 2022 theme. ( #31626 )
  • Tweak – Fix font sizes in single product tabs area in 2022 theme. ( #31632 )
  • Tweak – Modify background color for mark elements in 2022 theme. ( #31631 )
  • Tweak – Adjusts basis of overlay in 2022 theme checkout. ( #31633 )
  • Tweak – Improve order details table on narrow viewports in 2022 theme. ( #31634 )

WooCommerce Blocks – 6.5.2

  • Fix – Update WooCommerce plugin slug for Block Templates. ( #5519 )

6.1.0 2022-01-11

WooCommerce

  • Fix – Ensure coupon data is stored consistently when created outside of frontend checkout. ( #31338 )
  • Fix – Correct hardcoded template directory email path. ( #31321 )
  • Fix – Update count param consistently to make remote_file param accurate. ( #31227 )
  • Fix – errant stock adjustment on restocked items when saving partially refunded orders. ( #31172 )
  • Fix – REST API now supplies the correct pagination information when fetching tax rates. ( #30890 )
  • Fix – Update block theme checks to work when Gutenberg is not enabled. ( #31523 )
  • Tweak – Adds the image size to the thumbnail gallery nav. ( #31407 )
  • Tweak – Geolocating a specific IP address should not be impacted by request headers. ( #31394 )
  • Tweak – Update shipping base address settings wording. ( #31383 )
  • Tweak – Fix db version inconsistency during updates spanning multiple versions. ( #31373 )
  • Tweak – Add ReturnTypeWillChange attributes to prevent errors in PHP 8.1. ( #31286 )
  • Tweak – Improve accessibility of the variable product add to cart table on product singles. ( #31105 )
  • Update – Change Label of States for Republicana Dominicana & add states. ( #31191 )
  • Update – Change Label of States for Albania & add states. ( #31190 )
  • Update – Change Label of States for Costa Rica & add states. ( #31189 )
  • Update – Change Label of States for Colombia & add states. ( #31188 )
  • Update – Change Label of States for Guatemala & fix iso code for states. ( #31187 )
  • Update – Change Label of States for Ecuador & add states. ( #31186 )
  • Update – Change Label of States for Bolivia & add states. ( #31181 )
  • Update – Change Label of States for Honduras & add states. ( #31180 )
  • Update – Change Label of States for Nicaragua & add states. ( #31179 )
  • Update – Change Label of States for Panama & add states. ( #31178 )
  • Update – Change Label of States for Paraguay. ( #31177 )
  • Update – Change Label of States for El Salvador & add states. ( #31176 )
  • Update – Change Label of States for Venezuela & fix iso code for states. ( #31175 )
  • Update – Change Label of States for Uruguay & add states. ( #31167 )
  • Update – Show fallback message when extensions marketplace cannot connect to WCCOM API. ( #31126 )
  • Update – Add support for Gutenberg 12.1.0 block template naming convention in themes. ( #31522 )
  • Dev – Deprecated is_ajax() in favor of WordPress’s own wp_doing_ajax() function. ( #31113 )

ActionScheduler – 3.4.0

  • Enhancement – Number of items per page can now be set for the Scheduled Actions view (props @ovidiul). ( #771 )
  • Fix – Do not lower the max_execution_time if it is already set to 0 (unlimited) (props @barryhughes). ( #755 )
  • Fix – Avoid triggering autoloaders during the version resolution process (props @olegabr). ( #731 & #776 )
  • Dev – ActionScheduler_wcSystemStatus PHPCS fixes (props @ovidiul). ( #761 )
  • Dev – ActionScheduler_DBLogger.php PHPCS fixes (props @ovidiul). ( #768 )
  • Dev – Fixed phpcs for ActionScheduler_Schedule_Deprecated (props @ovidiul). ( #762 )
  • Dev – Improve actions table indicies (props @glagonikas). ( #774 & #777 )
  • Dev – PHPCS fixes for ActionScheduler_DBStore.php (props @ovidiul). ( #769 & #778 )
  • Dev – PHPCS Fixes for ActionScheduler_Abstract_ListTable (props @ovidiul). ( #763 & #779 )
  • Dev – Adds new filter action_scheduler_claim_actions_order_by to allow tuning of the claim query (props @glagonikas). ( #773 )
  • Dev – PHPCS fixes for ActionScheduler_WpPostStore class (props @ovidiul). ( #780 )

WooCommerce Admin – 3.0.0 & 3.0.1 & 3.0.2 & 3.0.3

  • Fix – Fix an issue with the code that makes use of an invalid parameter with a PHP function. The use of this invalid parameter causes PHP 8 to throw a Fatal Error. ( #7855 )
  • Fix – Fix TaskList UI experiment enablement logic. ( #7930 )
  • Fix – Navigation nudge note and navigation feedback notes will delete themselves if the navigation feature is not available. ( #7914 )
  • Fix – Replace old task list option calls with data store selectors. ( #7820 )
  • Fix – Self-delete NavigationFeedbackFollowUp note when navigation feature is not present. ( #7939 )
  • Fix – Fix PHP Warning on ‘Add new product’ page. ( #7989 )
  • Fix – Fix usage of WordPress DatePicker component. ( #7982 )
  • Fix – Fix shipping task completion status. ( #8031 )
  • Fix – Do not initialize WC Pay promotion if spec is empty. ( #8087 )
  • Fix – Render the activity panel when the experimental tasklist is hidden. ( #8111 )
  • Fix – Fix blank payment gateway method in table when WooCommerce Payments is not supported. ( #8122 )
  • Add – Add option to dismiss promotional payment gateway. ( #7965 )
  • Add – OBW – Add number of employees field. ( #7963 )
  • Add – Add woocommerce_allow_marketplace_suggestions filter to WooCommerce Payments payment method promotion. ( #8117 )
  • Update – Ending wcpay promotion experiment and always displaying in payment methods table.
  • Update – Hide InboxPanel header when it is rendered in the sidebar. ( #7952 )
  • Update – Introduce a 320 character limit for inbox note contents. ( #7958 )
  • Update – Move payments task to extended task list when WC Pay task is shown. ( #7980 )
  • Update – Rename Inbox to Activity from the activity header. ( #7879 )
  • Update – Load both actioned and unactioned notes. ( #7983 )
  • Dev – Explicitly sets the Node version to 14 in .nvmrc to prevent incompatible versions of Node from being used with nvm. ( #7932 )
  • Dev – Remove unused npm package @woocommerce/settings. ( #7949 )
  • Dev – Update payment method recommendation to new woocommerce.com endpoint. ( #7913 )
  • Dev – Use abstraction to add and retrieve task data. ( #7918 )
  • Tweak – Added dismiss all button for inbox notes.
  • Tweak – Implement note read state. ( #7896 )
  • Tweak – Add inbox_panel_view tracks event. ( #8002 )
  • Enhancement – Add tests to Subscriptions inclusion. ( #7804 )

WooCommerce Blocks – 6.4.0 & 6.5.0 & 6.5.1

  • Enhancement – Pass to payment methods a wrapper component that handles the loading state. ( #5135 )
  • Enhancement – Added global styles (text color, link color, line height, and font size) to the Product Title block. ( #5133 )
  • Fix – Gate WC template editing (FSE) to versions of WC 6.0 or higher. ( #5210 )
  • Fix – Fix manual entry within Quantity Inputs in Cart block. ( #5197 )
  • Fix – Correctly align Terms and Conditions block checkbox in Checkout block. ( #5191 )
  • Fix – Add support for decimal and thousand separators in the formatPrice function. ( #5188 )
  • Fix – Reduce the size of the checkbox component label to prevent accidental input. ( #5164 )
  • Fix – Lazy load missing translation files on frontend to ensure that all visible texts are translatable. ( #5112 )
  • Fix – Fixed Featured Product Block search not working for large stores. ( #5156 )
  • Fix – Fixed error reporting block templates do not exist after editing WooCommerce templates on WP 5.8. ( #5425 )
  • Fix – Added By template column value is user friendly for modified WooCommerce block templates. ( #5420 )
  • Fix – Avoid WooCommerce template names being editable. ( #5385 )
  • Fix – Use the themes product archive block template for product category & product tag pages if the theme does not have more specific templates for those. ( #5380 )
  • Fix – Fixed issue with variable products add to cart error, and gallery not updating to show correct product variant image. ( #5346 )
  • Fix – Fix error when reverting WooCommerce templates. ( #5342 )
  • Fix – Fix: WooCommerce block templates loading for WP 5.9 without Gutenberg plugin. ( #5335 )

すべてのバージョンの変更履歴を参照