WooCommerce

説明

WooCommerce は、WordPress に構築されたフレキシブルかつオープンソースの eコマースソリューションです。ビジネスを始める場合でも、既存のオンラインストアを継承する場合でも、または顧客のサイトを設計する場合でも、すぐに着手し思い通りのストアを開設できます。

新規または既存の WordPress サイトで無料の WooCommerce プラグインを有効化し、オプションのガイドツアーに従って、新しいストアを数分で設定できます。

ベーシックにとどまらず、WooCommerce は次のように全面的にカスタマイズと拡張を行えます。

  • 自分のブランドや業界に合うデザインを選択する。
  • 無料、有料の拡張機能でストアを強化 :機能を追加して、ローカルまたはグローバルな eコマース Web サービスと統合する。
  • プラグインのコアコードの側面を検査、修正する。
  • フックやフィルターを活用して機能を変更する。
  • REST API の最上層と Webhook に基づき構築。

オープンソースの自由とは、コンテンツとデータに対する永続的で包括的な所有権を持つとともに、フレンドリーなグローバルコミュニティから専門知識が得られるということです。

WooCommerce は、Web 開発者がいなくても、ストア管理者が eコマースサイトを自分で運営できるよう構築されました。また、外出中でもストア管理が行えるよう、無料の WooCommerce モバイルアプリ (Android および iOS 向け) も提供されています。

WooCommerce の開発と支援には、個人寄付者とともに Automattic、Jetpack の創業メンバー、WordPress.com が携わっています。公式拡張機能のマーケットプレイスは WooCommerce.com にあります。

サブスクリプションからジムのクラス、高級車まで

WooCommerce を使えば、すべての形状やサイズの商品はもちろんデジタル商品も販売できます。商品バリエーションの提供や複数設定、即時ダウンロードにも対応しており、アフィリエイト商品のオンラインマーケットプレースさえも構築できます。

これらはすべてすぐに使えるオプションです。有料の拡張機能を使用すると、予約受付、会員制の導入、サブスクリプションによる定期支払いの設定、価格変動制の導入、その他多くの機能により WooCommerce ストアを拡張できます。

毎月のワイン定期便を始めることも、クラスに10回以上参加した会員にヨガマットを割り引き価格で提供することも、オーダーメイドのバスケットやジュエリーを販売することも、WooCommerce なら、これらすべてが可能です。

総合的な支払いオプション

WooCommerce は、主要クレジットカードによるお支払いや、それらに代わる支払い方法として、BACS (銀行振込) や、代金引換にも対応できます。

追加オプションとして、WooCommerce は選択肢として人気の高い StripePayPalSquareAmazon Pay など、140を超える地域別の支払いゲートウェイも統合しています。Apple Pay と Google Pay もサポートしています。

公式マーケットプレイスで最適な支払いサービスプロバイダーを検索してください。

国内外に出荷できる

WooCommerce の配送は自由に設定を変更できます。組み込み型の設定を調整することで、無料配送や一律料金配送を設定したり、配送地域を設定して配送先を特定の国に限定または、世界中に向けてストアを開設したりできます。

公式の拡張機能を使うと、Royal MailFedExAustralia Post など国内外の何百もの運送業者が利用できるほか、在庫管理と通販代行業者を統合することもできます。

配送および出荷オプションを追加できる拡張機能も備わっており、「1つ買うともう1つが無料でもらえる」、無料ギフト、アドオンなどの計画もサポートします。WooCommerce Shipping は、リアルタイムの計算や自宅でのラベル印刷をサポートしています。

テーマとブロックでストアをデザインできる

WooCommerce のストアデザインは、テーマを選ぶことから始まります。Automattic社のStorefrontはすべて無料で、ガイドセットアップ中にインストールするかを選べます。他にも何百もの無料、有料のテーマが利用可能です。

Storefront は WooCommerce と深く統合し、速度とアップタイムを優先します。Storefront をご自分でカスタマイズするか、業界をテーマにしたいくつかのStorefront の子テーマから1つを選んで追加することで、ブランドを追加したりスタイルを定義したりすることができます。

WooCommerce ブロック (WooCommerce 3.6以降で利用可能) でストアデザインをより一層カスタマイズします — ブロックを使用して、選択した製品の組み合わせや単一の商品を任意のページに追加し、ストアがコンテンツに自然になじむように掲載します。

ストアを拡張機能でカスタマイズできる

WooCommerce ストアに機能や操作性を追加する最も簡単な方法は、次のように拡張機能を使用することです。

WooCommerce 開発者がレビューした何百もの公式拡張機能は、WooCommerce.com マーケットプレイス、WordPress.org リポジトリの多くの場所、その他 Web 全般から入手できます。

自分のデータを永続的に管理できる

WooCommerce なら税金から在庫レベル、顧客アカウントまで、すべてを管理できます。拡張機能の追加や削除、ストアデザインの変更、テーマ、ホスティングサービス、支払いサービスプロバイダーの切り替えなど、すべてお客様のご希望に添った対応が可能です。

世界でデータ保護の重要性についての認識が高まる中、WooCommerce では、お客様が追跡、保存したものの所有権はすべてお客様に帰属します。お客様が当社との使用データの共有を選択された場合、お客様のデータは匿名化されセキュリティが保護されます。お客様は、引き続き WooCommerce のすべての機能をご利用いただきつつ、随時あらゆる形態の追跡について、選択を取りやめることができます。

WooCommerce なら、あなたのデータはあなたのものです。ホストされた eコマースプラットフォームを使用するリスクの1つは、プロバイダーが閉鎖されるとストアがなくなってしまうことです。WooCommerce のストアデータは、いつまでも失われません。すべてのコンテンツをエクスポートでき、どのような場所でもストアの移行先としてお選びいただけます。

WooCommerce が開発者に選ばれる理由

WooCommerce はもともと開発者向けに作られました。REST API によって構築され、仮想空間でどのようなサービスとも統合できます。ストアデータに、場所や時間を選ばずセキュリティが完全に保護された接続によりアクセスできます。

開発者は WooCommerce を使用して、顧客の仕様を満たすストアを簡単に作成、変更、拡張できるほか、拡張機能やカスタムソリューションによってストアの機能を向上させることができます。

構築しようとするストアの規模によらず、WooCommerce は堅固なフレームワークを備えており、中央に位置する単一の場所にコンテンツとコマースを配置する、ベーシックからエンタープライズのストアまでサポートします。

異なるタイムゾーンで作業に従事する専任の開発者チームが WooCommerce の監査を行い、ありとあらゆるバグの特定とパッチ適用を行っています。内容を網羅し、容易にアクセスできるドキュメントを用意して、各リリースとともに更新しています。これらのドキュメントから、顧客が求めるサイトを作る方法が分かります。

成長を続ける WooCommerce のコミュニティに参加

WooCommerce は、最も急成長を遂げている eコマースコミュニティの1つです。私たちはコミュニティの有用性と、オンラインで豊富に入手できるリソースについて、ユーザーの皆様がしばしば当コミュニティに愛着をお持ちいただく理由として、引き合いに出してくださることを誇りにしています。

世界中の都市で80以上の WooCommerce 勉強会を開催しており、無料でご参加いただけるほか、運営に携わることもできます。WooCommerce は世界中で開催されている WordCamp に定期的に参加しています。皆様にお会いできることを楽しみにしています。

WooCommerce の活動への協力にご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、当社はすでに350名を超える方々にご協力いただいていますが、常にさらに多くの方々の参加を必要としています。WooCommerce GitHub リポジトリに移動し、参加の方法をご確認ください。

現在、WooCommerce はデンマーク語、ウクライナ語、ペルシャ語など、24の言語に完全に翻訳されています。WooCommerce にご自分の言語を追加して翻訳することにご興味がある場合は、translate.wordpress.org のサイトをご覧ください。

寄稿者と開発者

「WooCommerce」は55の言語に翻訳されています。翻訳者の皆様のご協力に感謝いたします。「WooCommerce」をあなたの言語に翻訳してください

開発に関心をお持ちの場合
コードを参照して、SVN リポジトリをご確認いただくか、開発ログRSS からご登録ください。

スクリーンショット

ブロック

このプラグインは16個のブロックを提供します。

woocommerce/product-new
Newest Products
woocommerce/product-best-sellers
Best Selling Products
woocommerce/handpicked-products
Hand-picked Products
woocommerce/price-filter
Filter Products by Price
woocommerce/active-filters
Active Product Filters
woocommerce/product-tag
Products by Tag
woocommerce/product-category
Products by Category
woocommerce/product-categories
Product Categories List
woocommerce/product-search
Product Search
woocommerce/attribute-filter
Filter Products by Attribute
woocommerce/featured-product
Featured Product
woocommerce/reviews-by-category
Reviews by Category
woocommerce/reviews-by-product
Reviews by Product
woocommerce/all-reviews
All Reviews
woocommerce/featured-category
Featured Category
woocommerce/product-on-sale
On Sale Products

インストール

最小限必須条件

  • PHP 7.2以降推奨
  • MySQL 5.6以降推奨

サーバー要件の詳細なリストについては、WooCommerce のサーバー要件に関するドキュメントを参照してください。

自動インストール

WordPress がファイル転送自体を処理し、Web ブラウザーを終了することなくインストールできる自動インストールが最も簡単な方法です。 WooCommerce を自動インストールするには、WordPress の管理画面のダッシュボードに行き、プラグインメニューで新規登録から行います。

検索フィールドに「WooCommerce」と入力してから、「プラグインの検索」をクリックします。WooCommerce を見つけたら、ポイントリリース、評価、説明などの詳細を表示できます。また最も重要な点ですが、もちろんこちらからもインストールできます。「今すぐインストール」をクリックすると、WordPress がインストールを実行します。

手動インストール

手動インストール方法は、 WooCommerce のプラグインをダウンロードして、お気に入りの FTP アプリケーションを介して Web サーバにアップロードして行ないます。WordPress codex に記載のあるプラグインのインストール方法をご覧ください。

更新

自動更新は円滑に機能しますが、念のためサイトをバックアップするようお勧めします。

もし、アップデート後にショップ/カテゴリーページで問題が発生した場合は、 WordPress > 設定 > パーマリンク設定にて「保存」を押して最新の状態にする必要があります。それで通常の状態に戻るはずです。

サンプルデータ

WooCommerce に付属しているサンプルデータを使用して、商品がどのように表示されるかを確認し、sample_products.xml を WordPress Importer でインポートできます。中核的なツールである CSV Importer または CSV Import Suite の拡張機能を使用して、sample_products.csv をインポートすることもできます。

FAQ

WooCommerce のドキュメントやユーザーガイドはどこで見れますか ?

WooCommerce の設定と構成については、ユーザーガイドを参照してください。

WooCommerce の拡張やテーマについては、Codex を参照してください。

サポートを受けたり、他のユーザーとのコミュニティーはどこですか ?

もし、解決できないことなどがあった場合は WooCommerce プラグインフォーラムに英語で助けを求めることができます。

WooCommerce.com の有料の拡張機能についてサポートが必要な場合は、ヘルプデスクをご利用ください。

私のテーマで WooCommerce は動作しますか ?

はい。WooCommerce はどのようなテーマでも動作しますが、スタイル設定が必要となる場合があります。ご不明点は、Codex を参照してください。WooCommerce 統合を組み込んだテーマをお探しの場合は、Storefront をお勧めします。

新機能やeコマーステーマ、拡張機能のリクエストはどこでできますか ?

WooIdeas の掲示板で新しい機能や拡張機能について、投票やリクエストができます。

どこでバグ報告やプロジェクトへの貢献ができますか ?

WooCommerce GitHub リポジトリのバグを報告してください。サポートフォーラムでもバグを報告いただけます。

Rest API の説明はどこにありますか ?

REST API に関するドキュメントについては、WooCommerce REST API ドキュメントを参照してください。

WooCommerce は素晴らしい ! 私は貢献できますか ?

あなたにもできます。GitHub リポジトリをご利用ください。

評価

2020年7月9日
After last update i have errors ...ActionScheduler_DBStoreMigrator.php on line 44 W have check version 4.2.2 and 4.3 - the same errors. Please help thank you
2020年7月6日
I owe my profession to this plugin. Thanks you guy!
2020年7月6日
my site is built with woocommerce, elementor and woolementor. they all just work great.
2020年7月3日
You could set up your whole business to utilize this platform and then they will remove features at whim. They do this over and over and never respond to hundreds of people who are unable to update or use woocommerce due to removed features.
2020年7月2日
This is really useful plugin for those who want to take their stores online.
3,588件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

WooCommerce はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“WooCommerce” は63ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“WooCommerce” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

4.3.0 – 2020-07-08

WooCommerce
* Enhancement – Show notice to update to latest PHP if version is < 7.2. #26775
* Enhancement – Add template cache clearing. #26752
* Enhancement – Add 47 Kenya counties. #26728
* Enhancement – Accessibility: add aria-disabled attribute to “Update cart” button on checkout page. #26726
* Enhancement – Update “Subtotal” translation string in wc-template-functions.php. #26706
* Enhancement – Add a new Features settings section, enabling woocommerce_homescreen_enabled for all new stores. #26625
* Enhancement – Add warning in status report if a base database table is missing. #26455
* Enhancement – Updated stock handling to prevent race conditions when orders come in at the same time. #26395
* Tweak – Allow checkout even if reserved table is not present. #26705
* Tweak – Add note to Products Importer description that TXT files are also supported. #26670
* Tweak – Allow set different notice types with WC_Admin_Notices. #26410
* Tweak – Fix redundant setting of object cache when attribute taxonomies are not being used. #26518
* Fix – Encode HTML entities for product attribute name and values. #26754
* Fix – Fix an issue with attribute value escaping in product CSV exports. #26739
* Fix – Fix comment_type value for reviews created with WordPress 5.5. #26729
* Fix – Close unbalanced

<

p> tag in auth “Grant Access” form template file. #26725
* Fix – Remove check for the existing term when parsing category via CSV & instead catch an existing term error when adding a new category to the database. #26720
* Fix – Domain update script now replaces woocommerce-admin domain also in Blocks package. #26690
* Fix – Correct grammar mistake in the help tip of the Connected to WooCommerce.com field of the System Status Report. #26666
* Fix – Allow float value timezone offsets to display the correct float values. #26637
* Fix – Add asterisk to star rating if ‘Star ratings should be required, not optional’ checkbox is enabled. #26596
* Fix – Use calculations similar to cart for orders as well (fixed regression). #26583
* Fix – Fixed data-id of notices in checkout. #26386
* Fix – Fixed password visible toggle in the checkout page. #26292
* Fix – Product description display fix when multiple products shortcodes are present on a page. #26250
* Fix – Using the add-to-cart parameter with a product variant id will now have the variation attributes populated correctly. #26237
* Fix – Better template caching support for multi-server environments. #23971
* Fix – Fix updating the wc_reserve_stock stock_quantity value after making changes to the cart in between checkouts. #26807
* Fix – Put back the remove element for multiselects on selectWoo. #26849
* Dev – Adjusted the WC tested up to check to only apply to major versions. #26685
* Dev – Make shipping calculations more flexible by providing actions. #26542
* Dev – Trigger check_variations with custom values. #26525
* Dev – Add verify_base_db method to check if all base tables are present. #26454
* Dev – Added action before the “Add payment method” save button and a filter to validate manually added fields when adding payment method. #26445
* Dev – wc_get_shipping_method_count() has a new argument ($enabled_only`) which allows restricting the non-legacy shipping methods to the enabled ones. #25753
* Dev – Added pre query filters for WP dashboard WooCommerce status widget. #25321
* Dev – Removed type hints from src folder. #26963

REST API 1.0.10
* Enhancement – Add API tool to clear template cache. woocommerce/woocommerce-rest-api#212
* Enhancement – Add API tool to verify base DB tables. woocommerce/woocommerce-rest-api#188

WooCommerce Admin 1.3.0
* Enhancement – Add Jetpack stats to performance indicatorts / homepage #4291
* Enhancement – New “Store Management” quick links card on WooCommerce home screen. #4350
* Enhancement – Inbox notifications layout updates #4218
* Enhancement – New Home Screen #4303
* Enhancement – Use WordPress Core colors for styling accents. #4558
* Tweak – make revenue report total sales column optional #4397
* Tweak – Adjustments to WooCommerce Payments setup task #4373
* Tweak – Handling of plugin installs in OBW #4411
* Tweak – Update design of Setup Checklist #4434
* Tweak – Add scrollable styling to left side of Table, and keep updated #4179
* Tweak – Add custom autocompleter support to Search component #4518
* Tweak – reduce asset filename length. #4535
* Tweak – Use single dash for country/state dropdown options #4553
* Tweak – Use label tag for toggleable shipping zones #4554
* Tweak – Make it easier to add submenu items to the Marketing menu #4561
* Tweak – Tag remove button style so it is properly centered. #4651
* Tweak – Tweak the embed page CSS so the top content sits better. #4622
* Tweak – Update summary number placeholder styles. #4682
* Fix – misaligned ‘required’ text on selects #4307
* Fix – exception when opening dashboard after selecting extensions to purchase #4357
* Fix – REST API collections schema #4377
* Fix – Monetary Advanced Filters in Customers Report with correct currency object prop. #4356
* Fix – In App purchase “back link” #4301
* Fix – Search results selectable by clicking on item text or icon #4474
* Fix – Filters’ static query parameters #4458
* Fix – The WCPay method not appearing as recommended sometimes #4345
* Fix – Removed URLSearchParams method #4501
* Fix – REST API collections schema. #4484
* Fix – null issue in wpNavMenuClassChange #4513 🎉 gradosevic
* Fix – RTL stylesheet loading for split code chunks. #4542
* Fix – Don’t show store location step in tax and shipping tasks if the address has already been provided #4507
* Fix – Check for enabled methods before payment task completion #4530
* Fix – Solved a problem with the method onChoose in the last onboarding step. #4583
* Fix – Only mark purchase task as complete when products exist #4574
* Fix – WCPay sometimes not appearing on the task list. #4647
* Fix – Fix inbox spacing. #4632
* Fix – Don’t include sourcemaps or unminified JS for “core” builds. #4642
* Fix – Add a bottom border to the Install Jetpack CTA. #4589
* Fix – Style cleanup from components update. #4606
* Fix – Check that the possibly_add_note function exists before calling it. #4680
* Fix – Remove unnecessary rest_api_init action that caused incompatibility issues with other plugins. #4691
* Fix – Fix dashboard task list menu placement. #4664
* Fix – Added styles to the unread notes counter in the inbox panel. #4690
* Fix – Fix spacing between stats overview and store management cards. #4681
* Fix – Added default value to the note icon. #4745
* Fix – Unnecessary REST API usage leading to potential overflow of Jetpack option sizes. #4755
* Dev – Add jest-dom eslint plugin. #4327
* Dev – Migrate onboarding data store to wp.data #4433
* Dev – Remove use of IconButton in favor of Button #4415
* Dev – Fix error handling for plugins on server error #4462
* Dev – update @wordpress/components and @wordpress/base*styles #4427
* Dev – Migrate user store to wp.data #4505
* Dev – Add options data store to wp.data #4144
* Dev – Runtime feature config override #4523
* Dev – Add deprecation notice for install_plugin() #4713
* Dev – Only load non-minified js files when SCRIPT_DEBUG is on, and env is development or plugin. #4747

WooCommerce Admin 1.2.4
* Tweak – reduce asset filename length and remove tilde characters. #4535
* Fix – RTL stylesheet loading for split code chunks. #4542

WooCommerce Blocks 2.7.1
* Fix – Use IE11 friendly code for Dashicon component replacement. #2708
* Fix – Fix PHP warnings produced by StoreAPI endpoints when variations have no prices. #2722
* Fix – Fix missing scoped variable in closure and missing schema definitions. #2724
* Fix – Fix undefined index notice for query_type on the product collection data endpoint. #2723

WooCommerce Blocks 2.7.0
* Enhancement – Filter block font sizes have been adjusted to be in line with other blocks. #2594
* Enhancement – The All Products block and the other product grid blocks now share more styles and the markup is more similar (see release post or docs to learn how to undo this change). #2428 [DN]
* Enhancement – The Cart and Checkout blocks now use the heading styles provided by the theme. #2597
* Enhancement – The Cart block titles have been merged into one. #2615
* Enhancement – The item count badges of the Checkout block have been updated so it looks better in light & dark backgrounds. #2619
* Enhancement – Checkout step progress indicator design has been updated to match the theme headings style. #2649
* Performance – Reduce bundlesize of blocks using @wordpress/components directly. #2664
* Fix – Fix bug in Checkout block preventing a retry of credit card payment when first credit card used fails and a new one is tried. #2655
* Fix – Avoid some theme style properties leaking into the Cart and Checkout select controls. #2647
* Fix – Fixes to the product grid blocks in Twenty Twenty: discounted prices are no longer underlined and the On Sale badge is correctly positioned in the All Products block. #2573
* Fix – Improved alignment of credit card validation error messages. #2662
* Fix – Show the ‘No shipping methods’ placeholder in the editor with the Checkout block if there are shipping methods but all of them are disabled. #2543

WooCommerce Blocks 2.6.1
* Fix – Updated the wc_reserved_stock table for compatibility with versions of MySql < 5.6.5. #2590

WooCommerce Blocks 2.6.0
* Enhancement – Add dropdown display style to Filter Products by Attribute block. #1255
* Enhancement – Add option to display a Filter button to Filter Products by Attribute block. #1332
* Enhancement – Add support for image for product categories block #1739
* Enhancement – An error notice will be shown in All Product if the customer is trying to add a product above stock or sold individually. #2278
* Performance – Improvements to REST API performance #2248
* Performance – Avoid loading Assets API during REST requests #2286
* Fix – Add placeholder to the on-sale products block when no results are found. #1519
* Fix – Added correct ellipsis character in Product Search block #1672
* Fix – If product is changed for featured product block, update the link in the button. #1894
* Fix – Import from @woocommerce/settings in @woocommerce/block-settings #2330
* Dev – Accessibility of the All Products block and filter blocks has been improved. #1656
* Dev – All Products Block: Update sorting labels to match frontend options #2462
* Dev – Change PropType validation for Icon component #1737
* Dev – Changed default rows and columns for product grid blocks to 3×3. #1613
* Dev – Check for instance of WP_Block in render_callback #2258
* Dev – Devs: ENABLE_REVIEW_RATING setting was renamed to REVIEW_RATINGS_ENABLED and now it also verifies reviews are enabled, to better match WooCommerce API. #1374
* Dev – Fix price filtering when stored prices do not match displayed prices (determined by tax settings). #1612
* Dev – HTML editing is no longer supported in several blocks. #1395
* Dev – Implement __experimentalCreateInterpolateElement for translations. #1736
* Dev – Load WooCommerce Core translations for ‘Sale!’ and some other strings if translations are unavailable for WooCommerce Blocks. #1694
* Dev – Prevent data hydration on REST requests #2176
* Dev – Show relationship between terms in the active filters block. #1630
* Dev – Table creation validation for install routine #2287
* Dev – Update the icons used in the blocks. #1644

すべてのバージョンの変更履歴をご覧ください