WooCommerce

説明

WooCommerce は世界で最も人気のあるオープンソースの eコマースソリューションです。

WooCommerce のコアプラットフォームは自由で柔軟性があり、グローバルコミュニティによって強化されています。 オープンソースがもたらす自由により、ストアのコンテンツとデータは将来にわたってお客様所有となります。

起業する場合も、実店舗のある小売店をオンラインに移行する場合も、クライアントのサイトを開発する場合も、コンテンツとコマースが調和するストアには WooCommerce をご利用ください。

  • ブランドや業界に適したテーマで、美しく魅力的な店先を作りましょう。
  • モジュール式の product blocks を使用して、ページを数分でカスタマイズします。
  • 物理およびデジタル商品、商品のバリエーション、カスタム設定、即時ダウンロード、アフィリエイト商品を表示します。追加機能1つで予約会員定期購読変動的な価格設定ルールがご利用いただけます。
  • WordPress’ SEO advantage を活用して、検索結果のトップに躍り出ましょう。

組み込みツールと人気の統合によって営業活動を効率的に管理できます。 オプションの設定ウィザードでクリックを1回するだけで、多くのサービスを自由に追加できます。

  • 支払い方法を選択してください。WooCommerce Payments (米国のみ)を使用して、快適な店舗からの支払いを便利に管理できます。Stripe, PayPalSquareを含む100以上の支払いゲートウェイのおかげで、カード、モバイルウォレット、銀行振込、現金を安全に受け入れることができます。
  • 配送オプションを設定するWooCommerce Shipping を使用すれば、ダッシュボードから直接 USPS ラベルを印刷できるだけでなく、受け取り日時をスケジュールできます (米国のみ)。 UPS、FedEx、ShipStation などの有名な配送業者およびお客様の所在地に適した配送、在庫、フルフィルメントの幅広いソリューションと連携します。
  • 消費税の計算を簡単にするWooCommerce Taxそれに似た統合サービスを追加して自動計算を実現します。

ビジネスを成長させ、機能を追加し、どこにいてもストアをモニタリングする

WooCommerce はビジネスです。 最も重要なパフォーマンスの指標を、強力でカスタマイズ可能なストアのセントラルボードWooCommerce Admin でモニタリングしてください。

Google AdsHubSpotMailchimpFacebook と統合して、マーケティングチャネルとソーシャルチャネルを超えて読者を増やしましょう。 ダッシュボード内のマーケティングハブで新しいアイデアやヒントをいつでもチェックできます。

公式 WooCommerce マーケットプレイスに多数用意された無料および有料の追加機能を使用することで機能を強化できます。 WooCommerce の開発者は各新規拡張機能を精査し、定期的に在庫を確認することでマーケットプレイスの品質基準を維持しています。 WooCommerce はストア構築者がよいストアを作成するのを助ける製品を積極的に探しています

WooCommerce の無料モバイルアプリ (Android および iOS) を利用すれば、どこにいてもストアを管理できます。 耳寄り情報 : 商品が売れるたびに鳴る、ちょっとクセになる通知音 (キャッシュレジスターの効果音) に耳を澄ませてみませんか。

将来にわたって自分のストアデータを所有、管理する

WooCommerce なら、あなたのデータはあなたのものです。 いついかなるときも。

お客様が当社との使用データの共有を選択された場合、お客様のデータは匿名化され安全に保護されますのでご安心ください。 いつでもストアに影響なくオプトアウトできます。

ホストされた eコマースソリューションとは異なり、WooCommerce ストアデータはいつまでも失われません。異なるプラットフォームに移行する場合でも、お客様が選んだプラットフォームにすべてのコンテンツをエクスポートできます。 制限はありません。

WooCommerce が開発者に選ばれる理由

開発者は WooCommerce を利用してストアを作成、カスタマイズ、スケールすることでクライアントの仕様を正確に満たし、追加機能やカスタムソリューションによって強化することができます。

  • フックやフィルターを活用して機能を変更、作成する。
  • 堅牢な REST API と Webhook を使用してあらゆるサービスを仮想的に統合する。
  • React を使用してカスタムコンテンツのブロックを設計、構築する。
  • プラグインのコアコードの側面を検査、修正する。
  • 高速の CLI により開発を加速する。

コアプラットフォームは厳密にテストされ、また多くの場合、複数のタイムゾーンを超えて働く専任の開発チームがいます。 包括的なドキュメントは、リリースごとに更新され、ストアの要件どおりに構築できるようにしています。

成長中の国際的なコミュニティに参加する

WooCommerce には経営者を専任でサポートする大規模で意欲的なコミュニティがあり、このコミュニティは急速に成長しています。

世界中で WooCommerce 勉強会を開催しており、無料で参加できるほか、運営に携わることもできます。 このようなイベントは、周りの人から学んだり、専門知識を紹介したり、同じような興味を持っている人とつながったりするのにぴったりです。

WooCommerce は世界中で開催されている WordCamp に定期的に参加しています。皆様にお会いできることを楽しみにしています。

寄付と翻訳

WooCommerce の開発と支援には Automattic および Jetpack と WordPress.com の創業メンバーが携わっています。 また多くの個人寄付者にもご協力いただいています。あなたもぜひご参加ください。 WooCommerce GitHub リポジトリを訪問いただき、どのような協力方法があるかご確認ください。

現在、WooCommerce はデンマーク語、ウクライナ語、ペルシャ語など、複数の言語に翻訳されています。 ロケールを追加して WooCommerce のローカリゼーション推進をお手伝いいただける場合、translate.wordpress.org のサイトをご覧ください。

スクリーンショット

インストール

最小限必須条件

  • PHP 7.2以降推奨
  • MySQL 5.6以降推奨

サーバー要件の詳細なリストについては、WooCommerce のサーバー要件に関するドキュメントを参照してください。

自動インストール

WordPress がファイル転送自体を処理し、Web ブラウザーを終了することなくインストールできる自動インストールが最も簡単な方法です。 WooCommerce を自動インストールするには、WordPress の管理画面のダッシュボードに行き、プラグインメニューで新規登録から行います。

検索フィールドに「WooCommerce」と入力してから、「プラグインの検索」をクリックします。WooCommerce を見つけたら、ポイントリリース、評価、説明などの詳細を表示できます。また最も重要な点ですが、もちろんこちらからもインストールできます。「今すぐインストール」をクリックすると、WordPress がインストールを実行します。

手動インストール

手動インストール方法は、 WooCommerce のプラグインをダウンロードして、お気に入りの FTP アプリケーションを介して Web サーバにアップロードして行ないます。WordPress codex に記載のあるプラグインのインストール方法をご覧ください。

更新

自動更新は円滑に機能しますが、念のためサイトをバックアップするようお勧めします。

もし、アップデート後にショップ/カテゴリーページで問題が発生した場合は、 WordPress > 設定 > パーマリンク設定にて「保存」を押して最新の状態にする必要があります。それで通常の状態に戻るはずです。

サンプルデータ

WooCommerce に付属しているサンプルデータを使用して、商品がどのように表示されるかを確認し、sample_products.xml を WordPress Importer でインポートできます。中核的なツールである CSV Importer または CSV Import Suite の拡張機能を使用して、sample_products.csv をインポートすることもできます。

FAQ

WooCommerce のドキュメントやユーザーガイドはどこで見れますか ?

WooCommerce の設定や構成のヘルプについては、スタートガイドおよび WooCommerce ストアの新規所有者ガイドを参照してください。

WooCommerce の拡張やテーマについては、Codexプラグイン開発者ハンドブックを参照してください。

どこで WooCommerce コアについてサポートしてもらったり、ほかのユーザーと話をしたりできますか ?

行き詰まった場合は、これらのガイドラインに従ってWooCommerce サポートフォーラムでサポートを依頼するか、WooCommerce Community Slackから連絡するか、Facebook のWooCommerce Community グループに投稿してください。

WooCommerce.com で購入した追加機能はどこでサポートしてもらえますか ?

WooCommerce.com Marketplace で購入した有料追加機能のサポート : まず セルフサービストラブルシューティングガイドをご確認ください。 問題が解決しない場合は、お手数ですがサポートチケットをヘルプデスクに送信してください。 専任のサポートスタッフが24時間以内に対応いたします。

WooCommerce.com にログインできません。どうすればよいですか ?

まず、こちらの便利なステップごとのガイドで一般的なログインの問題についてトラブルシューティングしてください。 それでもログインできませんか ? その場合は WooCommerce にお問い合わせください

私のテーマで WooCommerce は動作しますか ?

はい。 WooCommerce ではどのようなテーマでも使えますが、追加のスタイル設定が必要になる場合があります。 WooCommerce と密に連携するテーマをお探しなら、Storefront のご利用をおすすめします。

WooCommerce はどのようにアップデートすればよいですか ?

詳しいガイドは WooCommerce の更新方法にあります。

サイトが壊れてしまいました。どうすればよいですか ?

便利なトラブルシューティングガイドを使用して問題の診断をしてください。

テーマやプラグインを更新した後にエラーが発生した場合、WooCommerce との間に互換性に問題がある可能性があります。 WooCommerce を更新した後に問題が発生した場合、WooCommerce と古いテーマやプラグインが競合している可能性があります。

どちらの場合でも、 訪問者への影響なくテーマやプラグインを無効化できる ヘルスチェックを使用して競合テストを、もしくはステージングサイトを使用して問題のトラブルシューティングを行うことをおすすめします。

どこでバグを報告できますか ?

WooCommerce GitHub リポジトリのバグを報告してください。 サポートフォーラムからも報告できます。フォーラムを検索して、エラーがすでに報告されていないか確認してください。

新機能、テーマ、拡張機能のリクエストはどこでできますか ?

公式のアイデアボードで新しい機能や追加機能をリクエストし、すでにある提案に投票してください。 製品チームが定期的にリクエストを確認し、それが製品計画において有用であるかを検討します。

WooCommerce は素晴らしい ! 私は貢献できますか ?

はい、できます。 GitHub リポジトリを利用し、開発ブログをフォローすればプロジェクトで起きていることすべての最新情報を手に入れることができます。

Rest API のドキュメンテーションはどこにありますか ?

詳細については GitHub に WooCommerce REST API ドキュメントがあります。

この質問リストでは解決できません。 答えはどこで見つけられますか ?

詳細については よくある質問を参照してください。

評価

3,794件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

“WooCommerce” は65ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“WooCommerce” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

5.8.0 2021-10-12

WooCommerce

  • Add – modified_before and modified_after filtering parameters to REST API for products, orders and coupons. #30585
  • Add – woocommerce_quantity_input_min_admin and woocommerce_quantity_input_step_admin filters. #30705
  • Dev – Action Scheduler updated to 3.3.0. #30719
  • Dev – Add order argument to woocommerce_order_actions filter. #30475
  • Fix – During product quick edit, the featured setting is sometimes not shown correctly as checked. #30639
  • Fix – Offsets not calculated correctly sometimes on select2 dropdowns causing usability issues. #30690
  • Fix – Select2 dropdown search input not getting focus when select2 dropdown element gets focused. #30626
  • Tweak – Add individual item remove notices based on the context of the line item in the order. #30650
  • Tweak – Change the shop page summary which was not relevant to the public. #30573
  • Tweak – Deleted unneeded double spaces in text strings. #30487
  • Tweak – Open Browse all extensions link in a new tab. #30640

** WooCommerce Admin – 2.7.1 & 2.7.2**

  • Fix – Fix analytics crashing on daylight saving. #7763
  • Fix – Allow super admins all capabilities within WooCommerce Admin. #7489
  • Fix – Fix end date for last periods. #6584
  • Fix – Fix up onboarding profiler not working when opted out of tracking. #7490
  • Fix – Making Business Details sticky in onboarding wizard. #7426
  • Fix – Missing RTL for onboarding styles. #7531
  • Fix – Skip scheduling action if Action Scheduler tables have not been set up. #7521
  • Fix – Update country region typeahead for better autofill support. #7497
  • Fix – Use installable extensions for local state versus free extensions. #7585
  • Fix – Fix fatal error and unrelated results in analytics. #7682
  • Fix – Harden the reports directory. #7691
  • Fix – Update task-item logic to only display content when expanded is true. #7611
  • Add – Show Pinterest in installed marketing extensions (if installed). #7417
  • Add – Added MailchimpScheduler that runs daily to subscribe store_email in the profile data. #7579
  • Add – Added shipping plugin recommendations to settings page. #7446
  • Add – Adding endpoint to snooze onboarding task. #7539
  • Add – Adding undo snooze task endpoint. #7560
  • Add – Add task dismissal endpoints. #7538
  • Update – Add HK and SG countries to WC Pay intl support. #7558
  • Update – Create task list REST API endpoint. #7512
  • Update – Deleted OnboardingEmailMarketing note class. #7595
  • Update – Removes the use of the depreciated woocommerce_shared_settings hook. #7480
  • Update – Removes non WooCommerce Admin specific settings from the wc_admin namespace in the wc/data settings store (ex: countries). #7480
  • Update – Updating eway logo in payment suggestions defaults. #7562
  • Update – Update marketing task completion logic. #7586
  • Dev – Add email address field to OBW. #7552
  • Tweak – Add navigation items for the Marketplace menu. #7529
  • Tweak – Change all analytics strings and labels to sentence case. #6501
  • Tweak – Delete unneeded double spaces in text strings. #7502
  • Tweak – Remove the preloaded onboarding options. #7338
  • Tweak – Update analytics card header text styles. #6506
  • Enhancement – Align Table fields with the fallback on isNumeric. #7431

WooCommerce Blocks – 5.7.1 & 5.8.0 & 5.9.0 & 5.9.1

  • Add – Extensibility point for extensions to filter payment methods. #4668
  • Add – “Filter Products by Stock” block. #4145
  • Add – Introduced the __experimental_woocommerce_blocks_checkout_update_order_from_request hook to the Checkout Store API. #4610.
  • Fix – Add label element to <BlockTitle> component. #4585
  • Fix – Disable Cart, Checkout, All Products & filters blocks from the widgets screen.
  • Fix – Infinite recursion when removing an attribute filter from the Active filters block. #4816
  • Fix – Prevent Product Category List from displaying incorrectly when used on the shop page. #4587
  • Fix – Product Search block displaying incorrectly. #4740
  • Tweak – Add Extensibility info to Store API readme. #4605
  • Tweak – Update documentation for the snackbarNoticeVisibility filter. #4508
  • Tweak – Add documentation for extensionCartUpdate method – this allows extensions to update the client-side cart after it has been modified on the server. #4377

Action Scheduler 3.3.0

  • Enhancement – Adds as_has_scheduled_action() to provide a performant way to test for existing actions. #645
  • Dev – Now supports queries that use multiple statuses. #649
  • Dev – Minimum requirements for WordPress and PHP bumped (to 5.2 and 5.6 respectively). #723
  • Fix – Improves compatibility with environments where NO_ZERO_DATE is enabled. #519
  • Fix – Adds safety checks to guard against errors when our database tables cannot be created. #645

すべてのバージョンの変更履歴を参照