WooCommerce

説明

WooCommerce は色んな物を販売できる、自由なデザインも可能なECプラグインです。WooCommerce はWordPressとシームレスに統合され、世界で多くのショップオーナーや開発者から支持されている人気のあるECシステムです。

柔軟性があり、数百の機能拡張WordPress プラグインがあり、世界の30%のオンラインショップがWooCommerce を採用されています。– 世界では他のプラットフォームより多く使われています。

何でも、どこでも販売できる

WooCommerce を使えば、さまざまな形状やサイズの商品はもちろんデジタル商品も販売できます。商品バリエーションの提供や複数設定、即時ダウンロードにも対応しており、アフィリエイト商品のオンラインマーケットプレースさえも構築できます。

機能追加プラグインを使うことによって、予約管理や会員制ショップ、定期販売なども行えます。毎月支払いの定期購入や会員制の割引サービスや会員制ダウンロードサービスなども構築可能です。

どこへでも発送可能

無料送料や定額送料の提供、送料の即時算出が可能です。発送先を制限することも、全世界に向けて販売することもできます。送料の高度な設定や、ドロップシッピングにも対応しています。

機能拡張できる決済方法

WooCommerce には PayPal のクレジット決済や代引きなどの主要な決済方法にデフォルトで対応しています。さらにオプションが必要な場合は、Stripe や Amazon ペイメントなどを含む140以上の地域ごとのゲートウェイが WooCommerce と連携済みです。

全てを管理 — 継続的に

WooCommerceはお店(サイト)のコンテンツから、税率、在庫、お客様のアカウントまで管理が出来ます。追加機能を追加したり削除したり、デザインを変更したり設定変更したり、望みのままに出来ます。全てが一括で管理できるのです。

ASPタイプのECシステムでの最大のリスクはお店ごとにやりたいことが制限されてしまうことです。WooCommerceだと、全てが管理でき、自由度の制限はほぼありません。すべてのデータはあなたが管理できます。–世界の多くの開発者によってセキュリティーも保たれています。

Storefront であなたのスタイルを決められます

Storefront は WooCommerce に適したWordPress の公式テーマです。WooCommerce にしっかりと連携しており、Storefront はメジャーバージョンの更新時もテーマとプラグインのトラブルが無いように考慮されています。

いくつかあるStorefront の子テーマを選んで Storefront をカスタマイズすることによってスタイルを決めることが出来ます。あなた次第でスタイルを決められます。

開発者の事を念頭において構築

拡張性があり、適応性が高くオープンソース — WooCommerce は開発者の事を考えて構築されています。その強力で、堅牢なフレームワークでは、あなたのクライアントのお店(無限大を超えて)、基本からハイエンドまで、すべての方法を拡張することができます。

REST APIで作成し、WooCommerceは、事実上すべてのサービスを統合することができます。店のデータにいつでも、100%安全に、どこからでもアクセスすることができます。WooCommerceは、開発者が簡単に自分の仕様を満たしているストアを作成、変更、および成長することができます。

クライアントが希望する様々な規模のオンライショップを WooCommerce では構築することが出来ます。300以上ある機能拡張プラグインなどを利用して、クライアントが希望するニーズの機能を付けることも出来ますし、独自機能を個別に開発もすることが可能です。

セキュリティーに対する心配にも安心出来ます。WooCommerce は開発の専門チームが世界中から常時確認しており、バグを発見したら解決を早急に行ないアップデートする体制が出来ています。

WooCommerce と拡張プラグインに関して簡単にアクセスできる情報(現在、英語メイン)をWEB上に公開しています。そのドキュメントを通して、クライアントのニーズに満足させるサイトを作成する事を学ぶことが出来ます。

豊富や拡張機能

WordPress.org には WooCommerce の色々な機能拡張があります。例えば以下です。:

もちろん、これで全部ではありません。’WooCommerce’ というキーワードで WordPress.org 内を検索してみてください。

もし、 WooCommerce の開発者が承認しメンテナンスをしているプレミアム機能拡張プラグインをご利用できる人気のあるものに以下のようなものがあります。:

他にも数多くの選択肢があります。プレミアム WooCommerce 機能拡張プラグインで実現できるすべての機能を知るには、機能拡張ページ (英語)をご覧ください。

成長を続けるWooCommerceのコミュニティに参加

WooCommerce をご利用になったら、数百万以上のネットショップのオーナーや開発者、およびWordPressの愛好家のコミュニティに参加してほしいです。我々はオンラインで最も急速に成長しているオープンソースコミュニティの一つで、あなたが初心者や忍者(玄人)どちらでも、私たちは心からあなたの参加をお持ちしています!

WooCommerce への貢献に興味をお持ちですか ? すでに、350人以上の貢献者がいます。WooCommerce GitHub リポジトリにアクセスして、協力の方法を探してみてください。

WooCommerce に新しい言語を追加することができます。translate.wordpress.org で翻訳に参加してください。

また、最後に地域の WooCommerce Meetup に参加したり主催することも検討ください。より詳細な情報はこちらにあります。

スクリーンショット

  • WooCommerce 基本設定画面
  • WooCommerce 商品管理
  • 商品データ画面
  • WooCommerce の売上レポート。
  • 個別商品の販売ページ。
  • 商品アーカイブ (グリッドタイプ) 。

FAQ

WooCommerce のドキュメントやユーザーガイドはどこで見れますか ?

WooCommerceの設定等はユーザーガイド(英語)を御覧ください。

WooCommerceを拡張したりテーマを作る場合はcodex(英語)を御覧ください。

サポートを受けたり、他のユーザーとのコミュニティーはどこですか ?

もし、解決できないことなどがあった場合は WooCommerce プラグインフォーラムに英語で助けを求めることができます。

For help with premium extensions from WooCommerce.com, use our helpdesk.

私のテーマで WooCommerce は動作しますか ?

はい。WooCommerceは幾つかの設定等に合えば、全てのテーマで使えます。詳細はcodexを御覧ください。WooCommerce に適したテーマを探しているようでしたら、Storefrontをお勧めします。

新機能やテーマ、拡張機能のリクエストはどこでできますか ?

WooIdeas ボード (英語) にて、新しい機能や拡張機能のリクエストと投票を受け付けています。

どこでバグ報告やプロジェクトへの貢献ができますか ?

バグはサポートフォーラムまたは WooCommerce GitHub リポジトリ (推奨) にご報告ください。

Rest API の説明はどこにありますか ?

REST API のドキュメントは WooCommerce REST API ドキュメント (英語) にあります。

WooCommerceは素晴らしい!私は貢献できますか?

もちろんです。GitHub リポジトリにご参加ください。

評価

2,190件のレビューをすべて表示

変更履歴

2.6.14 – 2017-02-02

  • Fix – Ensure product exists in wc_update_product_stock.
  • Fix – Send emails using the site language.
  • Fix – Remove tilde typo.
  • Fix – Fixed notice in get_rating_count.
  • Tweak – Define arg and return data types, added extra descriptions, and correctly cast IDs in the Rest API.
  • Tweak – Handle custom error data in WC_REST_Exception.
  • Tweak – Display conflicted product ID when using a duplicate SKU via the API.
  • Localisation – Add Finnish defaults to the installer.

2.6.13 – 2017-01-18

  • Fix – Demo store banner styling in 2017.
  • Fix – Removed default instructions from COD, BACS and Cheque gateways so displayed messages can be unset.
  • Fix – Made variation options update on first load.
  • Localisation – Added Romanian locale to the installer.

2.6.12 – 2017-01-12

  • Fix – Make images shown up on pageload when using ajax variations.
  • Fix – Allow variations options to be deselected in IE11.
  • Fix – Disabled-button and pagination styling in 2017.
  • Fix – PHP 7.1 compatibility issues with non-numeric math operations.
  • Fix – Fix notices in abstract class when price is empty.

2.6.11 – 2016-12-22

  • 修正 – 属性値の引用符でバリエーションフォームの互換性、および特定のコンフィグにフェードイン初期変動画像を。

2.6.10 – 2016-12-22

  • 修正 – 配送クラスが存在しない場合、クラスレートなしの定額料金。
  • 修正 – 返された REST API クーポンの有効期限。
  • 修正 – REST API で reviews_allowed を false に設定。
  • 修正 – 一部のカスタム範囲の連続販売日。
  • 修正 – バリエーションでデフォルトでオプションが選択された場合の属性の不足。 これは、Firefox 50互換性の修正の結果です。 Firefox、Chrome、IE、および Edge をサポートするために、バリエーションをカートのスクリプトにリファクタリングしました。
  • Tweak – Updated Geo IP API services.
  • 開発 – WP VIP / VIP GO GEO IP ヘッダーへのサポートを追加。
  • 開発 – API – 製品イメージIDが有効な WordPress 添付ファイル ID でない場合、エラーメッセージを表示します。

2.6.9 – 2016-12-07

  • Theme – Added support for Twenty Seventeen Theme.
  • Fix – Excluded webhook delivery logs from comments count.
  • Fix – Included password strength meter in “Lost Password” page.
  • Fix – Order fee currency in admin screen.
  • Fix – Variation selection on Firefox 40.
  • Fix – Don’t prevent submission when table is not found on cart.
  • Fix – Improved layered nav counts on attribute archives.
  • Fix – Fixed pagination when removing layered nav items via widget.
  • Fix – Default BE tax rate.
  • Fix – Downloads should store variation ID rather than product if set. Also fixes link on account page.
  • Fix – Use wp_list_sort instead of _usort_terms_by_ID to be compatible with 4.7.
  • Fix – Only return empty string if empty for weight and dimension functions.
  • Fix – Added correct fallbacks for logout/lost password URLs when endpoints are not defined.
  • Security – Wrapped admin tax rate table values in _escape to thwart evil CSVs an admin user could upload. Vulnerability was discovered by Fortinet’s FortiGuard Labs.
  • Dev – API – Only update categories menu order and display if defined.
  • Dev – Fixed when should deliver wp_trash_post webhooks.

2.6.8 – 2016-11-10

  • 修正 – REQUEST_URI は、キャッシュ防止機能で比較されるとき、後続のスラッシュが抜けていました。
  • 修正 – 空の価格を PayPal に送信する問題を防止。
  • 修正 – 無効なメールの確認。
  • 微調整 – 新しい機能拡張の画面。

2.6.7 – 2016-10-26

  • 修正 – FLOOR と CEIL を使用して価格フィルタ値を取得します。 最大価格の上限が99である問題を修正しました。
  • 修正 – view_woocommerce_reports 機能を持たないユーザーのためにダッシュボードウィジェットから “今月の売上” 情報を非表示にします。
  • 修正 – カートで通知を一度削除すると、それ以降の通知で古い通知を削除することはありません。
  • 微調整 – モバイル上でのクレジットカード入力欄のユーザビリティを改善。

2.6.6 – 2016-10-20

  • 修正 – has_shipping_method() の 2.7.x コードによる Local Pickup Plus 拡張プラグインとの競合。
  • 修正 – フロントエンドでの配送方法の表示順序。

2.6.5 – 2016-10-19

  • Fix – Shipping classes URL in admin.
  • Fix – Notice in reports when using custom date ranges.
  • Fix – When checking needs_shipping, ignore anything after : in the method ID.
  • Fix – Allow has_shipping_method to work with instances.
  • Fix – Potential notice in wc_add_to_cart_message().
  • Fix – Prevent notice in wpdb_table_fix if termmeta table is not used.
  • Fix – Payment method box fixes e.g. maintain previously selected payment method after update.
  • Fix – Prevent multiple password validation methods at once on my account page.
  • Fix – Ship to specific counties option had no effect.
  • Fix – Broken Webhook delivery due to use of post_date_gmt which does not exist for drafts.
  • Fix – Use method title in admin shipping dropdown.
  • Fix – Fixed downloadable variable product URL.
  • Fix – Handle object when generate_cart_id is used to prevent notices.
  • Fix – Set header link color in emails.
  • Fix – Rest of the world ID 0 zone handling when using CRUD classes.
  • Fix – Cast prices as decimal when querying prices in price filter widget.
  • Fix – API – Fix coupon description field.
  • Fix – API – ID needs to be capitalized to allow correct sorting.
  • Fix – API – Fixed undefined order ID.
  • Fix – API – Allow API to save refund reason.
  • Fix – API – Resolved encoding issues with attribute and variation slugs.
  • Fix – API – get_attributes should return term name, not slug.
  • Fix – API – Product “filter” and “sku” paramaters.
  • Fix – Handle info notices in cart, not just error messages.
  • Fix – Don’t remove hyphens in attribute labels.
  • Fix – Start sales on variations after they are saved, if applicable.
  • Fix – Made the text showing max variations you can link match the actual filtered value.
  • Fix – Add missing tables to wpmu_drop_tables function.
  • Fix – When syncing variation stock, ensure post is a variation.
  • Fix – Resolved some sales by date sum issues.
  • Fix – Fix cart update in IE when enter key is pressed.
  • Fix – Variation is_on_backorder when parent manages stock.
  • Fix – Fix variation script malfunctioning when show_option_none arg is set to false.
  • Fix – Fire tokenisation event on load for pay page.
  • 修正 – 人気のある属性が空の時のドロップダウン。
  • 修正 – アカウントページでのメール確認部分を修正。
  • 修正 – 保留中で処理移行の際に処理中の電子メールを送信します。
  • 修正 – SQLiteデータベースとの非互換性。
  • 修正 – KGS と ISK 通貨記号。
  • 微調整 – WP 関数を使ったパスワードのリセット。
  • 微調整 – US 9-digit postcodes のフォーマット。

2.6.4 – 2016-07-26

  • 修正 – セキュリティ対応 – REST API を介して MIME タイプの画像のみアップロードを可能にする。
  • 修正 – COD設定に配送方法タイトルを表示。
  • 修正 – エッジブラウザーで注文日の入力。
  • 修正 – show_option_none の設定を空でもサポートするために、バリエーションで確認値が null ではない。
  • 修正 – グループ化されたテンプレートファイル内で get_the_title が escape を必要としません。
  • 修正 – 確定したWC_ROUNDING_PRECISION は wc_get_rounding_precision() の精度の荒い幅として定義され利用されます。
  • 修正 – レスポンスボディは、ウェブフッククラスの文字列でなければなりません。
  • 修正 – h3 ではなく h2 とプロフィール画面のヘッダーで使う。
  • 開発 – API – 商品の meta_key/value フィルターの許可。
  • 開発 – CLI – カンマ区切りで複数の値を許可するようにタグやカテゴリIDを展開。
  • 開発 – woocommerce_admin_order_item_class と woocommerce_admin_html_order_item_class フィルターに $order 配列を追加。

2.6.3 – 2016-07-19

  • 修正 – セキュリティ – 製品のサムネイルおよび製品画像テンプレートのキャプションをエスケープ(テンプレートバージョンが衝突しました)。
  • 修正 – 複数の税クラスを使用する場合に輸送税率の計算方法を修正しました。
  • 修正 – 製品バリエーション、設定タイトル、名前、およびGUIDを複製する場合
  • 修正 – 正規化は「続きを読む」ボタン。
  • 修正 – グループ化された製品のためのカート通知に追加します。
  • 修正 – API設定のパスワードをサニタイズしないでください。
  • Fix – Handle shipping zone location range conversion during update (dashes to …).
  • 修正 – フラットレートコストを処理している間、常にコンマを削除します。
  • 微調整 – アカウントページのレイアウトは、ディスプレイサイズに適用されるようにする。
  • Fix – When getting layered nav counts, take search parameters into consideration.
  • 修正 – 送料無料 JavaScriptで表示/非表示
  • 修正 – レポートを出力するときハッシュ文字を取る。
  • 修正 – 間違った行を削除防止するために、ダウンロードへのアクセスを取り消すためにパーミッションIDを使用してください。
  • 修正 – 製品バリエーション、設定タイトル、名前、およびGUIDを複製する場合
  • 修正 – 通貨の小数点以下の桁数に基づいて,デフォルトの丸め処理の設定します。
  • 修正 – カートが空の際、メッセージスタイルの修正。
  • 修正 – WC_Email_Customer_On_Hold_Order クラスの負荷を修正しました。
  • Fix – Don’t perform cart update on search submit.
  • 開発 – API – URL接頭辞を修正できるWP REST APIのサポートが追加されました。
  • 開発 – API – 変数の製品を削除するときのバリエーションを削除します。
  • 開発 – API – 商品タイプを確認する方法を修正しました。
  • 開発 – woocommerce_cart_id フィルターを追加しました。
  • 開発 – 関数shortcode_attsを呼び出すショートコードネームのparamを追加します。
  • 開発 – AJAX を経由してバリエーションを取得する際にカスタムデータを post するようにしました。
  • Dev – Include child prices in grouped_price_html filter.
  • 開発 – 変動在庫量のフィルタリングを許可します。
  • 開発 – $_product argument に’woocommerce_restock_refunded_item’フックを追加しました。
  • 開発 – wc_ajax endpoint url にフィルターフックが追加しました。
  • 微調整 – 新しい顧客アカウントの電子メールをアカウントページリンクに含める。
  • 微調整 – WooThemes.comからWooCommerce.comにすべてのURLを更新しました。
  • 微調整 – WC_Comments::wp_count_comments() の結果を一時的キャッシュする(パフォーマンスが向上します) 。

2.6.2 – 2016-06-30

  • Fix – Set max index length on woocommerce_payment_tokenmeta table for utf8mb4 support.
  • Fix – is_available check for legacy shipping methods.
  • Fix – wc_add_to_cart_message() when non-array is passed.
  • Fix – Maximum coupon check should allow the ‘maximum’ value.
  • Fix – Product coupon logic to avoid applying non-applicable coupons.
  • Fix – Potential notices when leaving out ‘default’ field for shipping instances.
  • Fix – wp_cache_flush after term meta migration/update.
  • Fix – wc_add_to_cart_message() when non-array is passed.
  • Fix – woocommerce_redirect_single_search_result type check was incorrect.
  • Fix – Javascript show/hide of option in free shipping method.
  • Fix – Convert ellipsis to three periods when saving postcodes.
  • Fix – Prevent get_terms returning duplicates.
  • Fix – Removed non-existent country (Netherlands Antilles) from https://en.wikipedia.org/wiki/ISO_3166-1.
  • Fix – Grouped product range display when child is free.
  • 修正 – 送料無料分の量をチェックする際に割引を削除します。
  • 修正 – カートページに同じ要素を複数回ブロッキングするのを防ぎます。
  • 修正 – メタがまだ存在していない評価する一方、新しいコメント直後の評価同期の防止のため行いません。
  • 修正 – ショップベースを使用している際のproduct RSSフィードを修正しました。
  • Fix – woocommerce_local_pickup_methods comparison by stripping instance IDs before the check.
  • Fix – During password resets, use cookie to store reset key and user login to avoid them being exposed in the URL/referer headers.
  • 製品 – API – 製品レベルでの製品在庫の変数を修正しました。
  • 開発 – CLI – 紹介 woocommerce_cli_get_product_variable_types フィルター.
  • 開発 – 特定のイベントの後にチェックアウト時にグループ化する通知を許可します。
  • Dev – API – Allows save images by ID with product variations.
  • Tweak – Made customer pay link display if order needs_payment() rather than checking pending status.
  • Tweak – Zones – Wording clarifications.
  • Tweak – Zones – Match zones with postcodes but no country.
  • Tweak – Zones – Match zones with no regions as ‘everywhere’.
  • Tweak – Added view_admin_dashboard cap for disabling the admin access restriction in custom roles.
  • Tweak – Revised stock display based on feedback to hide ‘in stock’ message if stock management is off and only show available on backorder if notifying customer.
  • Tweak – Allow external product SKUs.
  • Tweak – PT (Portugal) and JP (Japan) postcode formats.
  • Tweak – Sort products from the [product_category] shortcode by menu order.
  • Tweak – Improve wc_orders_count() performance by running a query to count only posts of the given status.
  • Tweak – To allow my account page tabs to be disabled without code, you can now set the endpoint value to a blank string.

2.6.1 – 2016-06-16

  • Fix – Added missing localized format for line taxes in orders screen to prevent total miscalculation in manual orders.
  • Fix – Improved the hour and time fields validation pattern on the orders screen.
  • Fix – PayPal does not allow free products, but paid shipping. Workaround by sending shipping as a line item if it is the only cost.
  • Fix – SKUs prop on products shortcode.
  • Fix – Layered nav counts when term_id does not match term_taxonomy_id (before splitting).
  • Fix – Fixed referer links from cart messages in WP 4.4.
  • Fix – Fix the showing/hiding of panels when terms do not exist by using wc_get_product_types() for retrieving product types.
  • 開発 – content-product.php と content-product_cat.php は間違ったバージョンを含みました。
  • 開発 – 出荷デバッグモードがオンの時、フロントエンド上で「マッチする地帯」の通知を表示します。
  • サードパーティゲートウェイの潜在的なエラーを防ぐには WC_Settings_API::init_form_fields() メソッドを外してください
  • 開発 – API – 製品イメージ( title から name )から返された一定のデータ。
  • 開発 – API – grouped_productsのための製品スキーマ
  • 開発 – API – , を含むときは製品特質オプションを用意します。
  • 微調整 – 支払い方法を隠せば、メソッドはそれをサポートしません
  • 微調整 – 輸送方法が変化を数えるならば、デフォルトにリセットしてください。
  • Tweak – Avoid normalization of zone postcodes so wildcard matching can be performed on postcodes with spaces. E.g. SP1 *
  • Tweak – Allow max_fee in addition to min_fee in flat rate costs fields.
  • Tweak – Wrap order_schema_markup() output in hidden div in case script tag is stripped.

2.6.0 – 2016-06-14

  • 新機能 – 配送ゾーン機能が導入され、再利用可能なインスタンスベースの配送方法になりました。
  • 新機能 – マイアカウントのページがタブタイプになりました。
  • 新機能 – カート操作を ajax を使うようにしました。(商品数変更/削除、クーポンの登録/削除、配送オプション)
  • 新機能 – レイヤードナビゲーション;評価によってフィルタリングします。
  • 新機能 – 入金待ち(on-hold)状態でメールを送信。
  • 開発 – 全ての REAT API を WP REST API を基準にしました。以前の WC REST API はまだ使えますが、新しい方に置き換わります。
  • 開発 – 注文にメタデータを持てるように配送方法に機能を追加しました。
  • 開発 – 決済方法にTokenization API を追加して、トークンの保存や表示などを標準仕様で使えます。
  • 開発 – WP Term メタにカスタム term メタ実装を移行します。
  • 開発 – wc_get_orders() 関数を追加し、直接 get_posts() を呼び出すこと無しに注文情報を取れるようになりました。
  • 開発 – has_discount() 処理をクーポンオプションとして作成。
  • 開発 – 編集可能なレビューテンプレートを作成。
  • 開発 – 無効な場合は、製品のコンストラクタが例外を無視するのを許可します。
  • 開発 – 形式や置換が出来るように、span で通貨シンボルを囲いました。
  • 修正 – 変更時にユーザとメールアドレスのダウンロード許可を更新。
  • 修正 – 固定された配送方法の登録解除。
  • 修正 – 製品に対して同時に作成および更新のウェブフックの起動を止めました。
  • 修正 – ダウンロード商品の場合、代引きは保留状況に設定を許可。
  • 修正 – PayPal connections で TLS 1.2 を使うために CURL を強制。
  • 微調整 – 消失したパスワードのフローを改善しました。
  • Tweak – Show payment dates on order screen.
  • Tweak – Ignore catalog visibility on products shortcode when specifying IDs or SKUs.
  • Tweak – Added context to checkout error messages.
  • Tweak – Added SKU field to grouped products.
  • Tweak – Moved SKU field to inventory tab.
  • Tweak – Support qty display in cart messages.
  • Tweak – Hide min order amount field when not needed in shipping settings.
  • Tweak – If shipping < 999.99, use ‘shipping’ arg when passing values to PayPal.
  • Tweak – Show net sales on dashboard.
  • Tweak – Replaced credit card icons with SVG.
  • Tweak – Enqueue scripts on pages with checkout shortcodes.
  • Tweak – Color code the manual, system and customer notes.
  • Tweak – Layered Nav Refactoring to improve performance.
  • Tweak – Removed tag/cat classes from loops since WP does the same.
  • Tweak – Added hash check for orders so that if the cart changes before payment, a new order is made.
  • Tweak – Removed unused ‘view mode’ under screen options.
  • Tweak – Added 110 new currencies (including Bitcoin).
  • Tweak – New background updater for data upgrades.
  • Tweak – Blank slates in admin post screens.
  • Tweak – Added blockui when variations are being retrieved via ajax.
  • Tweak – Hide empty taxes by default (filterable).
  • Tweak – Allow failed orders to be edited.
  • Tweak – If there are no shipping methods setup, don’t prompt for shipping at checkout.
  • Tweak – Allowed country exclusion, rather than just inclusion, in ‘sell to’ setting.
  • その他色々。こちらの比較をご覧ください

すべてのバージョンの変更履歴をご覧ください

貢献者と開発者

これはオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

コードを参照