WooCommerce

説明

WooCommerce は色んな物を販売できる、自由なデザインも可能なECプラグインです。WooCommerce はWordPressとシームレスに統合され、世界で多くのショップオーナーや開発者から支持されている人気のあるECシステムです。

無限の柔軟性と、数百の機能拡張 WordPress プラグインがあり、世界の30%のオンラインショップに WooCommerce が採用されています。 — 世界では他のプラットフォームより多く使われています。

何でも、どこでも販売できる

WooCommerce を使えば、さまざまな形状やサイズの商品はもちろんデジタル商品も販売できます。商品バリエーションの提供や複数設定、即時ダウンロードにも対応しており、アフィリエイト商品のオンラインマーケットプレースさえも構築できます。

機能追加プラグインを使うことによって、予約管理や会員制ショップ、定期販売なども行えます。毎月支払いの定期購入や会員制の割引サービスや会員制ダウンロードサービスなども構築可能です。

どこへでも発送可能

無料送料や定額送料の提供、送料の即時算出が可能です。発送先を制限することも、全世界に向けて販売することもできます。送料の高度な設定や、ドロップシッピングにも対応しています。

機能拡張できる決済方法

WooCommerce には PayPal のクレジット決済や代引きなどの主要な決済方法にデフォルトで対応しています。さらにオプションが必要な場合は、Stripe や Amazon ペイメントなどを含む140以上の地域ごとのゲートウェイが WooCommerce と連携済みです。

すべて制御します。 — 永遠に

WooCommerceはお店(サイト)のコンテンツから、税率、在庫、お客様のアカウントまで管理が出来ます。追加機能を追加したり削除したり、デザインを変更したり設定変更したり、望みのままに出来ます。全てが一括で管理できるのです。

ホスティングされた電子商取引プラットフォームを使用する最大のリスクの1つは、プロバイダが店を閉鎖した場合に店舗に何が起こるかです。 WooCommerce を使用すると、完全な制御が可能になるため、心配する理由は一切ありません。 あなたのデータはあなたのものです。 — コントリビューターによる定期的な監査のおかげで、安全性が確保されています。

Storefront であなたのスタイルを決められます

Storefront は WooCommerce に適した WordPress の公式テーマです。WooCommerce にしっかりと連携しており、Storefront はメジャーバージョンの更新時もテーマとプラグインのトラブルが無いように考慮されています。

いくつかあるStorefront の子テーマを選んで Storefront をカスタマイズすることによってスタイルを決めることが出来ます。あなた次第でスタイルを決められます。

開発者の事を念頭において構築

拡張可能で、適応性があり、オープンソースです。 — WooCommerce は開発者を念頭に置いて作成されました。 その強力で堅牢なフレームワークにより、クライアントのストアを基本からハイエンド(無限大およびそれ以上)のすべての方法で拡張できます。

REST APIで作成し、WooCommerceは、事実上すべてのサービスを統合することができます。店のデータにいつでも、100%安全に、どこからでもアクセスすることができます。WooCommerceは、開発者が簡単に自分の仕様を満たしているストアを作成、変更、および成長することができます。

構築したい店舗の規模にかかわらず、WooCommerce はお客様の要件に合わせて拡張します。 300を超える拡張機能のコレクションが増えているため、お客様の固有のニーズに合わせて各店舗の機能を強化することができます。 独自のソリューションを作成することもできます。

セキュリティーに対する心配にも安心出来ます。WooCommerce は開発の専門チームが世界中から常時確認しており、バグを発見したら解決を早急に行ないアップデートする体制が出来ています。

WooCommerce と拡張プラグインに関して簡単にアクセスできる情報(現在、英語メイン)をWEB上に公開しています。そのドキュメントを通して、クライアントのニーズに満足させるサイトを作成する事を学ぶことが出来ます。

豊富や拡張機能

WordPress.org には WooCommerce の色々な機能拡張があります。例えば以下です。:

もちろん、これで全部ではありません。’WooCommerce’ というキーワードで WordPress.org 内を検索してみてください。

もし、 WooCommerce の開発者が承認しメンテナンスをしているプレミアム機能拡張プラグインをご利用できる人気のあるものに以下のようなものがあります。:

他にも数多くの選択肢があります。プレミアム WooCommerce 機能拡張プラグインで実現できるすべての機能を知るには、機能拡張ページ (英語)をご覧ください。

成長を続ける WooCommerce のコミュニティに参加

WooCommerce をダウンロードすると、100万以上のストアオーナー、開発者、 WordPress 愛好家のコミュニティに参加できます。 私たちはオンラインで最も急速に成長しているオープンソースコミュニティーのひとつです。スキルレベルにかかわらず、歓迎します。

WooCommerce への貢献に興味をお持ちですか ? すでに、350人以上の貢献者がいます。WooCommerce GitHub リポジトリにアクセスして、協力の方法を探してみてください。

WooCommerce に新しい言語を追加することができます。translate.wordpress.org で翻訳に参加してください。

また、最後に地域の WooCommerce Meetup に参加したり主催することも検討ください。より詳細な情報はこちらにあります。

スクリーンショット

  • WooCommerce 設定画面
  • WooCommerce 商品管理
  • 商品データ画面
  • WooCommerce の売上レポート。
  • 個別商品の販売ページ。
  • 商品アーカイブ (グリッドタイプ) 。

インストール

最小限必須条件

  • PHP バージョン 5.2.4 以上 (PHP 7.2 以上を推奨)
  • MySQL バージョン 5.0 以上 (MySQL 5.6 以上を推奨)

サーバー要件の詳細なリストについては、WooCommerceサーバーの要件に関するドキュメント を参照してください。

自動インストール

WordPress がファイル転送自体を処理し、Web ブラウザを終了することなくインストールできる自動インストールが最も簡単な方法です。 WooCommerce を自動インストールするには、WordPress の管理画面のダッシュボードに行き、プラグインメニューで新規登録から行います。

検索フィールドで “WooCommerce” を入力してプラグインを検索します。すると私たちのECプラグインの詳細や評価やリリースが表示されます。“今すぐインストール”をクリックして、簡単にインストールできます。

手動インストール

手動インストール方法は、あなたのeコマースのプラグインをダウンロードして、お気に入りのFTPアプリケーションを介してWebサーバにアップロードして行ないます。WordPress codexに記載のあるプラグインのインストール方法をご覧ください。

更新

自動更新は魅力的で簡単にできます。ですが、バックアップは取るようにして下さい。

もし、アップデート後にショップ/カテゴリーページで問題が発生した場合は、 WordPress > 設定 > パーマリンク設定にて「保存」を押して最新の状態にする必要があります。それで通常の状態に戻るはずです。

サンプルデータ

WooCommerceには、製品の見た目を確認するためのサンプルデータが付属しています。 WordPressインポーターから sample_products.xml をインポートします。 コアの CSVインポーターまたは CSVインポートスイートプラグインを使用してsample_products.csvをインポートします。

FAQ

WooCommerce のドキュメントやユーザーガイドはどこで見れますか ?

WooCommerceの設定等はユーザーガイド(英語)を御覧ください。

WooCommerceを拡張したりテーマを作る場合はcodex(英語)を御覧ください。

サポートを受けたり、他のユーザーとのコミュニティーはどこですか ?

もし、解決できないことなどがあった場合は WooCommerce プラグインフォーラムに英語で助けを求めることができます。

WooCommerce.comからのプレミアム拡張機能のヘルプが必要なら、ヘルプデスクをご利用ください。

私のテーマで WooCommerce は動作しますか ?

はい。WooCommerceは幾つかの設定等に合えば、全てのテーマで使えます。詳細はcodexを御覧ください。WooCommerce に適したテーマを探しているようでしたら、Storefrontをお勧めします。

新機能やテーマ、拡張機能のリクエストはどこでできますか ?

WooIdeas ボード (英語) にて、新しい機能や拡張機能のリクエストと投票を受け付けています。

どこでバグ報告やプロジェクトへの貢献ができますか ?

バグはサポートフォーラムまたは WooCommerce GitHub リポジトリ (推奨) にご報告ください。

Rest API の説明はどこにありますか ?

REST API のドキュメントは WooCommerce REST API ドキュメント (英語) にあります。

WooCommerce は素晴らしい ! 私は貢献できますか ?

もちろんです。GitHub リポジトリにご参加ください。

評価

Very good

Very good Online-Shop / eCommerce-Plugin for beginners. I have a lot of fun to build my first small Online-Shop with WooCommerce (+ Woocommerce Germanized). Thanks a lot
3,122件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

WooCommerce はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“WooCommerce” は54ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“WooCommerce” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

3.5.3 – 2018-12-20

  • Fix – Fix orders list in the admin after a change introduced in WordPress 5.0.2. #22273

3.5.2 – 2018-11-29

  • Enhancement – Added compatibility for Twenty Nineteen theme. #21970
  • Update – Prepare WooCommerce for PHP 7.3. #22009
  • Tweak – Updates the signature field type to “password” in PayPal settings for increased security. #21715
  • Tweak – Change the filter name in the /myaccount/lost-password-confirmation.php template to differentiate between other filter with same name and different message. #21829
  • Tweak – Reintroduce Preview button by popular demand with the understanding that the Preview will only work on some product fields. It was removed from pubished products in 3.5.0 to prevent confusion. #21838
  • Tweak – Add tool to systems status tools for running the DB update routine. #21923
  • Tweak – Revert default behavior for woocommerce_formatted_address_force_country_display filter to maintain backwards compatibility. #21865
  • Tweak – Update products block notice for WP 5.0. #21930
  • Tweak – Use wp_kses_post instead of esc_html for sanitizing product titles to allow minimal HTML in product titles. #21936
  • Tweak – Use dedicated woocommerce_add_order_again_cart_item to filter cart item data when ordering again. Prevents issues with applying woocommerce_add_cart_item out of context. #21947
  • Tweak – Remove postal code for Angola, São Tomé and Príncipe since they don’t use postal codes and update locale info. #21984 #21985 #21987
  • Fix – Metadata with array key of 0 can save properly. #21641
  • Fix – Prevent deleting the default product category via REST API. #21696
  • Fix – Fix ‘Table does not exist’ messages on System Status Report in multisite. #21706
  • Fix – Add dynamic SSL check to dashboard SSL notice to prevent misdiagnosing that sites aren’t set up with SSL. #21738
  • Fix – Don’t show escaped HTML in admin order item details for fees. #21769
  • Fix – Don’t include draft variable products in on sale product results. #21778
  • Fix – Add woocommerce_hold_stock_minutes check back to stock check in cart/checkout. #21797 #22050
  • Fix – Fix potential undefined index notice on checkout fields when comparing the sort order. #21801
  • Fix – Throw an error when trying to set a variation as the parent of a variation in the CSV importer. #21810
  • Fix – Make “account erasure request” text translatable. #21812
  • Fix – Display notices on Order Pay page. #21821
  • Fix – Fix tax rate uploading by file path. #21831
  • Fix – Make wc_download_log_permission_id constraint creation work better on multisites and multiple sites using the same DB. #21836 #21940
  • Fix – Don’t render undecoded HTML entities in variations dimensions. #21844
  • Fix – Do not check for stock when not managing stock or have backorders enabled when paying through the order-pay page. #21849
  • Fix – Apply priority field sorting on additional filters to make it apply on the edit address pages as well. #21856
  • Fix – Fix export and edit of attribute labels with html encoded special characters in product CSV exporter. #21864
  • Fix – Prevent fatal error when rendering plaintext customer invoice email. #21879
  • Fix – Prevent fatal error when delivering webhooks using v3 API. #21921
  • Fix – Prevent undefined variable notice in wc_increase_stock_levels. #21928
  • Fix – Fix overescaping image output on product widget. #21929
  • Fix – Croatian Kuna symbol should be lowercase. #21934
  • Fix – Fixed an error when deleting logged entries when using the ‘WC_Log_Handler_DB’ handler. #21949
  • Fix – Update ShipStation plugin info so install works through setup wizard. #21953
  • Fix – Use dynamic DB table name in product list table shipping class query. #21954
  • Fix – Log file date/time should be in UTC and not site timezone as per the +00:00:00 string appended to it. #21981
  • Fix – Set customer’s country to selling country when only selling to one country and default customer location is ‘none’. #21995
  • Fix – Change new account email copy to be compatible with auto-generated accounts. #21999
  • Fix – Correct Aria-Labelledby attribute for quantity selectors. #22000
  • Fix – Show notices on lost password page. #22001
  • Fix – Fix authentication errors when using the REST API with 3rd-party authentication. #22013
  • Fix – Fix issues where potentially not all active plugins were included on the system status report. #22057
  • Fix – Make PDT validation use the same rounding as the IPN validation to prevent erroneous totals mismatch. #21729

3.5.1 – 2018-10-31

  • Fix – Use CRUD method to get product images to fix custom tables missing images. #21608
  • Fix – Use HTML entity for times sign when outputting dimensions to fix RTL support. #21633
  • Fix – Fix India address format to look nice in the shipping calculator. #21647
  • Fix – Don’t default gallery variation images to gallery thumbnail size if flexslider is disabled. #21655
  • Fix – Revert show shipping behavior change to prevent missing shipping line on Cart page. #21658
  • Fix – Removed non-existing WC_Product_Simple->set_date_created_gmt method. #21675
  • Fix – Use correct comment_type when fetching recent reviews for widget. #21689
  • Fix – Do not include strong tags as part of translation string on subscriptions disconnect message. #21690
  • Fix – Make it possible to send webhooks with the v3 API. #21745
  • Fix – Fix get_cart_from_session infinite loop when filters used. #21749
  • Fix – Use array instead of string to define class for address line 2 input on checkout. #21757
  • Fix – Make checkout fields priority work correctly again. #21763
  • Tweak – Remove mentions of deprecated live shipping rates from setup wizard. #21645
  • Tweak- Update product block editor hook for WP 5.0. #21703
  • Tweak – Merged similar strings to reduce number of translateable strings. #21704
  • Tweak – Remove hated “Over to you” text from emails. #21709
  • Tweak – Revert problematiic customer as post author change. #21740

3.5.0 – 2018-10-17

  • 機能 – REST API v3。 #20111
  • 機能 – 商品の編集ページの在庫タブにオプションが追加され、個々の商品の在庫不足のしきい値が設定されました。 #20260
  • 機能 – カテゴリー別に商品を CSV エクスポートする機能を追加する。 #20870
  • 機能 – 店舗のアスペクト比を修正するためにサイズを変更するカスタム商品プレースホルダー画像を定義する機能。 #20644
  • 拡張機能 – cat_operator = AND の場合、商品ショートコードの WP_Query から除外された子カテゴリ。 #20207
  • 拡張機能 – メールテンプレートのプレビューにアンカータグの例を追加します。 #20246
  • 拡張機能 – セットアップウィザードで is_paypal_supported_currency チェックを導入する。 #20244
  • 拡張機能 – 支払い方法テーブルの並べ替えのアクセシビリティ。 #19844
  • 拡張機能 – ロガーによるトランザクションメールのエラーをログに記録します。 #20203
  • 拡張機能 – 配送計算機の経験を改善しました。送り先の国を表示し、配送リンクを計算するためのコンテキストを追加しました。 #20345
  • 拡張機能 – フロントエンドのフライ画像生成で、画像サイズが欠けている場合。 #20011
  • 拡張機能 – SelectWoo は商品カテゴリのドロップダウンウィジェットを有効にしました。 #20617
  • 拡張機能 – 古くなったテンプレート通知を読みやすくして行動することを容易にします。 #20732
  • 拡張機能 – 他のインプットのスタイリングに合わせて、管理者のスタイリングされた日付、時間などの入力。 #21013
  • 拡張機能 – WordPress.org の公式 WooCommerce 拡張機能のシステムステータスページに更新通知を表示します。 #21073
  • 拡張機能 – トランザクション型メールの方が優れています。 #21288
  • 修正 – WC_Cart::check_customer_coupons で使用する前に、請求メールがポストされていることを確認します。 #20180
  • 修正 – 請求先住所のみを掲示する際の配送ポストコードフォーマット。 #20330
  • 修正 – トークン化フォームに保存カードチェックボックスを正しく表示/非表示します。 #20506
  • 修正 – WC_Customer_Download_Log_Data_Store::get_download_logs() の orderby および order パラメータは無視されました。 #20931
  • 修正 – 税設定で二重のエスケープを防ぐために市区町村の名前をスラッシュで区切ります。 #21205
  • 修正 – 電話番号検証ロジックが更新されました。 #21188
  • 修正 – 子どもがこれらのパラメータを持たない場合、変数商品の重みと次元キャッシュを修正しました。 #21244
  • 修正 – woocommerce_uploads フォルダ内のイメージをプレースホルダイメージで正しく置き換えます。 #20848
  • 修正 – バリエーションに出荷クラスがある場合、出荷クラス管理画面に親変数商品を表示します。 #21278
  • 修正 – 「顧客リスト」レポートから管理者を正しく除外しました。 #21304
  • 修正 – クイック編集ロジックを更新して在庫数量とバックアウト項目を表示/非表示にします。 #21301
  • 修正 – 特別な HTML エンティティが「Any %s」文字列内に正しく表示されなかった Layered Nav ウィジェットを修正しました。 #21312
  • 修正 – チェックアウトフィルタまたはショートコードを使用するすべてのページで is_checkout javascript パラメータを設定します。 #21328
  • 修正 – WP_Background_Process で cron_interval プロパティのサポートを修正しました。 #21353
  • 修正 – CSS 設定を変更して、出荷設定ページでテキストフィールドを整列させます。 #21247
  • 修正 – 空白のチェックをプレースホルダとして使用して、選択した支払いフィールドの問題を修正するために追加のヌルチェックを追加しました。 #21391
  • 修正 – 名前で並べ替えるときに属性 orderby を変更しないでください。 #21408
  • 修正 – クイック編集を使用して在庫量0を保存することを許可します。 #21447
  • 修正 – デッドロックから保護するために、セッションデータをデータベースに保存するために使用されたクエリを変更します。 #21455
  • 修正 – イメージ列が無効になっているときに、デフォルトカテゴリのツールチップがレンダリングされていることを確認します。 #21410
  • Fix – Fix warning when using logger instance in woocommerce_logging_class filter. #21448
  • 修正 – 商品クエリを ID でソートするときは、大文字の「ID」を使用します。 #21461
  • 修正 – チェックアウト支払い方法テンプレートのゲートウェイ ID を一貫してエスケープします。 #21439
  • 修正 – Webhooks の失敗として HTTP 301 および 302 コードを扱わないようにします。 #21491
  • Fix – Add address_1 to shipping packages info in WC_Cart:: get_shipping_packages to make it work correctly in address formatting functions. #21493
  • Fix – Don’t fire two of the same action when saving shipping settings. #21494
  • Fix – Remove double condition for address line 2 in WC_Countries::get_default_address_fields. #20629
  • Fix – Correctly handle shorthand values for memory_limit in php.ini. #21557
  • Fix – Product shortcode numeric term slug matching. #21560
  • Fix – Remove the erasure tools links from the descriptions of the erasure settings for users without the manage_privacy_options capability. #21565
  • Fix – Don’t double urldecode posted variation attributes. #21570
  • Fix – Don’t double-sanitize cart images. #21574
  • Fix – Check if ID exists and is not empty before set Product’s download ID in API. #21588
  • Fix – Ensure wp_list_pluck() gets a array and not possibly null in WC_Product_Data_Store_CPT::update_attributes. #21591
  • Fix – Trim CSV header rows to prevent leading/trailing whitespace issues. #21614
  • 修正 – サポートされていないテーマのプレビューで下書き商品を表示します。 #21619
  • 修正/微調整 – ダウンロード後に woocommerce_grant_product_download_access フックにIDが設定します。 #20905
  • 修正/微調整/パフォーマンス – wp_woocommerce_sessions の主キーを session_id に変更します。 #21245
  • 微調整 – 管理者カテゴリフィルタのドロップダウンに空の用語を表示します。 #20324
  • 微調整 – デフォルトでトークンゲートウェイを強制的にアクティブにしないでください。 #20125
  • 微調整 – 通知出力をフックされた機能に移動します。 #19794
  • 微調整 – バルクアクションの順序を時間順に適用します。 #20338
  • 微調整 – Emogrifier を2.0にアップデートしました。 #20547
  • 微調整 – add-to-cart-variation.js で wp.template(eval)を使用しないでください。 #19496
  • 微調整 – ほとんどのフィールドが設定されていないので、新商品を作成するときは、「調整」 – 「プレビュー」ボタンを非表示にします。 #20650
  • 微調整 – ゲストのために、注文の際にすべてのアドレスフィールドをセッションに保存します。 #20665
  • 微調整 – ‘続きを読む’ボタンから ‘ajax_add_to_cart’ クラスを削除しました。 #20690
  • 微調整 – チェックアウトページのロード時に不要なチェックアウトフォーム変更トリガを削除しました。 #20655
  • 微調整 – wc_get_product_attachment_props() に画像サイズフィルタを追加します。 #20722
  • 微調整 – システム状態を表示するときに、マルチサイトインストール用の現在のサイトのテーブルのみを表示します。 #20731
  • 微調整 – 致命的なエラーログに致命的なエラーが発生したファイルパスと行番号を含めます。 #20787
  • 微調整 – コード内でさらに数字として扱うことができるように浮動小数点数を設定します。 #20910
  • 微調整 – アクションスケジューラを使用して webhook を送信します。 #20030
  • 微調整 – 支払いが成功したときに顧客の IP アドレスを更新します。 #21038
  • 微調整 – wc_clean を、ラインアイテムとパスワードの有効な utf8 をチェックするように変更しました。 #20993
  • 微調整 – ショッピングカートに追加する操作(ショッピングカートを表示/買い物を続ける)に、アクセシビリティを向上させるための tabindex 1 が追加されました。 #21108
  • 微調整 – ジオロケーションサービスから icanhazip を削除します。 #21198
  • 微調整 – 不要な aria-required 属性を製品レビューテンプレートから削除します。 #21211
  • 微調整 – チェックアウトアドレス行2入力のスクリーンリーダーに隠れラベルを追加しました。 #21193
  • 微調整 – ミニカートテンプレートの空きスペースを削除します。 #21261
  • 微調整 – 税の表示は、顧客が非課税かどうかによって異なります。 #21292
  • 微調整 – ソートドロップダウンオプション「新しく並べ替え」を「最近の並べ替え」に変更します。 #21311
  • 微調整 – 保存時にエンドポイントのスラグをサニタイズします。 #21355
  • 微調整 – 登録されたポストメタの float メタ値を変換しないようにします。 #21333
  • 微調整 – 複数の再注文を避けるために ‘order_again’ クエリ文字列を削除します。 #21444
  • 微調整 – 北米大陸の定義からオランダ領アンティル諸島を削除する。 #21449
  • 微調整 – フロントエンドの Order Details スタイリングに一致するように、同じ行にラベルとメタを表示します。 #21456
  • 微調整 – geolite DB パスに wp_get_upload_dir を使用します。 #21550
  • パフォーマンス/微調整 – ‘_customer_user’ メタデータの代わりに注文顧客に post_author を使用します。 #17895
  • パフォーマンス – REST API コールからフロントエンドインクルードを除外します。 #20000
  • パフォーマンス – 不要な「ORDER BY」を削除して、バージョンの過渡状態を削除するクエリのパフォーマンスを向上させます。 #21274
  • 開発 – REST API – SSL で oAuth1.0a 認証を許可します。
  • 開発 – REST API – 画像の位置パラメータを修正しました。 #20497
  • 開発 – REST API – タイプに関係なく子商品の削除を処理します。 #20670
  • 開発 – クーポンの拡張性を高めるために、woocommerce_increase_coupon_usage_count アクションとwoocommerce_decrease_coupon_usage_count アクションフックを追加しました。 #19981
  • 開発 – アカウントメニュー項目のフィルタにエンドポイントを追加します。 #19980
  • 開発 – wc_add_to_cart_message フィルタに数値パラメータを追加しました。 #19817
  • 開発 – woocommerce_search_products_ids フィルタを追加しました。 #20160
  • 開発 – woocommerce_cart_calculate_shipping_address フィールドを導入して、カート送料計算のデータを操作できるようにしました。 #20046
  • 開発 – woocommerce_shipping_calculator_enable_country フィルタを導入 #20046
  • 開発 – 商品 ID をバックオーダー通知に渡します。 #20416
  • 開発 – 配送表示を制御する woocommerce_cart_shipping_total フィルタを追加しました。 #20591
  • 開発 – ロジックをより良く分離するために「注文を再処理する」処理をリファクタリングします。 #20606
  • 開発 – 商品リストテーブルのフィルタをより簡単にカスタマイズできるようにするための ‘woocommerce_products_admin_list_table_filters’ フィルタを追加しました。 #20634
  • 開発 -を追加しましたwoocommerce_shipping_method_add_rate_argswoocommerce_shipping_method_add_rate フィルター。 #20633
  • 開発 – woocommerce_coupon_validate_user_usage_limit フィルタを追加しました。 #20630
  • 開発 – 商品カスタムテーブルフィーチャープラグインに必要なフックを追加します。 #20520
  • 開発 – メッセージの「引用符で囲まれたアイテム」翻訳に新しいフィルタを追加しました。 #20714
  • 開発 – リクエストの終了時にエラーが発生したときにトリガーされた ‘woocommerce_shutdown_error’ フックを追加します。 #20787
  • 開発 – 表示されるバリエーションの数をカスタマイズするための新しいフィルタ ‘woocommerce_admin_meta_boxes_variations_count’。 #21067
  • 開発 – ワイルドカード記号 ‘*’を使用して、wc_get_products / WC_Product_Query にフィールドを設定した商品を照会する機能を追加しました。 #21162
  • 開発 – 注文の編集ページの注文合計の再計算の前後に JavaScript イベントを追加しました。 #21181
  • 開発 – をチェックneeds_paymentの代わりに、 has_status( 'pending' )カスタムオーダーステータスのサポートのための PayPal PDT ハンドラで。 #21200
  • 開発 – アカウントとログインテンプレートを編集するためのフォームアクションフックが追加されました。 #21248
  • 開発 – システムツールの実行時にアクションを追加します。 #21270
  • 開発 – Add – woocommerce_restock_refunded_items フィルタを使用して、注文時に商品を払い戻す際の補充オプションのデフォルト状態を制御します。 #21314
  • 開発 – WC_Action_Queue と WC_Queue_Interface を介して、拡張可能/スワップ可能なジョブキューを追加します。 #20030
  • 開発 – WebHook のスケジュールと配信に WC_Action_Queue を使用します。 #20030
  • 開発 – アクションスケジューラ v2.1.0 を含め、デフォルトのジョブキューに使用します。 #21424 / #20030
  • 開発 – レビューを「レビュー」コメントタイプで保存します。 #21305
  • ローカリゼーション – IT 省を更新しました。 #20286
  • ローカリゼーション – Eircode 検証。 #20330
  • ローカリゼーション – バーレーンの郵便番号要件を無効にします。 #21103
  • ローカリゼーション – 郵便番号フィールドをオプションにして、ナイジェリアとラベル州のために非表示にします。 #21056
  • ローカリゼーション – ルーマニアの州選択を必須にする。 #21180
  • ローカリゼーション – シンガポールの住所には市のフィールドをオプションで非表示にします。 #21016

すべてのバージョンの変更履歴をご覧ください