WooCommerce

説明

WooCommerce は色んな物を販売できる、自由なデザインも可能なECプラグインです。WooCommerce はWordPressとシームレスに統合され、世界で多くのショップオーナーや開発者から支持されている人気のあるECシステムです。

柔軟性があり、数百の機能拡張WordPress プラグインがあり、世界の30%のオンラインショップがWooCommerce を採用されています。– 世界では他のプラットフォームより多く使われています。

何でも、どこでも販売できる

WooCommerce を使えば、さまざまな形状やサイズの商品はもちろんデジタル商品も販売できます。商品バリエーションの提供や複数設定、即時ダウンロードにも対応しており、アフィリエイト商品のオンラインマーケットプレースさえも構築できます。

機能追加プラグインを使うことによって、予約管理や会員制ショップ、定期販売なども行えます。毎月支払いの定期購入や会員制の割引サービスや会員制ダウンロードサービスなども構築可能です。

どこへでも発送可能

無料送料や定額送料の提供、送料の即時算出が可能です。発送先を制限することも、全世界に向けて販売することもできます。送料の高度な設定や、ドロップシッピングにも対応しています。

機能拡張できる決済方法

WooCommerce には PayPal のクレジット決済や代引きなどの主要な決済方法にデフォルトで対応しています。さらにオプションが必要な場合は、Stripe や Amazon ペイメントなどを含む140以上の地域ごとのゲートウェイが WooCommerce と連携済みです。

全てを管理 — 継続的に

WooCommerceはお店(サイト)のコンテンツから、税率、在庫、お客様のアカウントまで管理が出来ます。追加機能を追加したり削除したり、デザインを変更したり設定変更したり、望みのままに出来ます。全てが一括で管理できるのです。

ASPタイプのECシステムでの最大のリスクはお店ごとにやりたいことが制限されてしまうことです。WooCommerceだと、全てが管理でき、自由度の制限はほぼありません。すべてのデータはあなたが管理できます。–世界の多くの開発者によってセキュリティーも保たれています。

Storefront であなたのスタイルを決められます

Storefront は WooCommerce に適したWordPress の公式テーマです。WooCommerce にしっかりと連携しており、Storefront はメジャーバージョンの更新時もテーマとプラグインのトラブルが無いように考慮されています。

いくつかあるStorefront の子テーマを選んで Storefront をカスタマイズすることによってスタイルを決めることが出来ます。あなた次第でスタイルを決められます。

開発者の事を念頭において構築

拡張性があり、適応性が高くオープンソース — WooCommerce は開発者の事を考えて構築されています。その強力で、堅牢なフレームワークでは、あなたのクライアントのお店(無限大を超えて)、基本からハイエンドまで、すべての方法を拡張することができます。

REST APIで作成し、WooCommerceは、事実上すべてのサービスを統合することができます。店のデータにいつでも、100%安全に、どこからでもアクセスすることができます。WooCommerceは、開発者が簡単に自分の仕様を満たしているストアを作成、変更、および成長することができます。

クライアントが希望する様々な規模のオンライショップを WooCommerce では構築することが出来ます。300以上ある機能拡張プラグインなどを利用して、クライアントが希望するニーズの機能を付けることも出来ますし、独自機能を個別に開発もすることが可能です。

セキュリティーに対する心配にも安心出来ます。WooCommerce は開発の専門チームが世界中から常時確認しており、バグを発見したら解決を早急に行ないアップデートする体制が出来ています。

WooCommerce と拡張プラグインに関して簡単にアクセスできる情報(現在、英語メイン)をWEB上に公開しています。そのドキュメントを通して、クライアントのニーズに満足させるサイトを作成する事を学ぶことが出来ます。

豊富や拡張機能

WordPress.org には WooCommerce の色々な機能拡張があります。例えば以下です。:

もちろん、これで全部ではありません。’WooCommerce’ というキーワードで WordPress.org 内を検索してみてください。

もし、 WooCommerce の開発者が承認しメンテナンスをしているプレミアム機能拡張プラグインをご利用できる人気のあるものに以下のようなものがあります。:

他にも数多くの選択肢があります。プレミアム WooCommerce 機能拡張プラグインで実現できるすべての機能を知るには、機能拡張ページ (英語)をご覧ください。

成長を続けるWooCommerceのコミュニティに参加

WooCommerce をご利用になったら、数百万以上のネットショップのオーナーや開発者、およびWordPressの愛好家のコミュニティに参加してほしいです。我々はオンラインで最も急速に成長しているオープンソースコミュニティの一つで、あなたが初心者や忍者(玄人)どちらでも、私たちは心からあなたの参加をお持ちしています!

WooCommerce への貢献に興味をお持ちですか ? すでに、350人以上の貢献者がいます。WooCommerce GitHub リポジトリにアクセスして、協力の方法を探してみてください。

WooCommerce に新しい言語を追加することができます。translate.wordpress.org で翻訳に参加してください。

また、最後に地域の WooCommerce Meetup に参加したり主催することも検討ください。より詳細な情報はこちらにあります。

スクリーンショット

  • WooCommerce 基本設定画面
  • WooCommerce 商品管理
  • 商品データ画面
  • WooCommerce の売上レポート。
  • 個別商品の販売ページ。
  • 商品アーカイブ (グリッドタイプ) 。

インストール

最小限必須条件

  • PHP バージョン 5.2.4 以上 (PHP 5.6 以上を推奨)
  • MySQL バージョン 5.0 以上 (MySQL 5.6 以上を推奨)
  • 幾つかの決済方法ではfsockopenサポート(IPN accessのために)が必要です。
  • WooCommerce 2.5 は WordPress 4.1 以上が必須
  • WooCommerce 2.6 は WordPress 4.4 以上が必須

サーバー要件の詳細なリストについては、WooCommerceサーバーの要件に関するドキュメント を参照してください。

自動インストール

WordPress がファイル転送自体を処理し、Web ブラウザを終了することなくインストールできる自動インストールが最も簡単な方法です。 WooCommerce を自動インストールするには、WordPress の管理画面のダッシュボードに行き、プラグインメニューで新規登録から行います。

検索フィールドで “WooCommerce” を入力してプラグインを検索します。すると私たちのECプラグインの詳細や評価やリリースが表示されます。“今すぐインストール”をクリックして、簡単にインストールできます。

手動インストール

手動インストール方法は、あなたのeコマースのプラグインをダウンロードして、お気に入りのFTPアプリケーションを介してWebサーバにアップロードして行ないます。WordPress codexに記載のあるプラグインのインストール方法をご覧ください。

更新

自動更新は魅力的で簡単にできます。ですが、バックアップは取るようにして下さい。

もし、アップデート後にショップ/カテゴリーページで問題が発生した場合は、 WordPress > 設定 > パーマリンク設定にて「保存」を押して最新の状態にする必要があります。それで通常の状態に戻るはずです。

ダミーデータ

WooCommerce はダミーデータを使って、商品の見え方などを確認することが出来ます。dummy_data.xml をWordPress importer を利用してインポートしたり、CSV Import Suite pluginのプラグインを利用して dummy_data.csv と dummy_data_variations.csv をインポートします。

FAQ

インストール手順

最小限必須条件

  • PHP version 5.2.4 以上 ( PHP 5.6 以上を推奨)
  • MySQL version 5.0 以上(MySQL 5.6 以上を推奨)
  • 幾つかの決済方法ではfsockopenサポート(IPN accessのために)が必要です。
  • WooCommerce 2.5 は WordPress 4.1 以上が必須
  • WooCommerce 2.6 は WordPress 4.4 以上が必須

サーバー要件の詳細なリストについては、WooCommerceサーバーの要件に関するドキュメント を参照してください。

自動インストール

WordPress がファイル転送自体を処理し、Web ブラウザを終了することなくインストールできる自動インストールが最も簡単な方法です。 WooCommerce を自動インストールするには、WordPress の管理画面のダッシュボードに行き、プラグインメニューで新規登録から行います。

検索フィールドで “WooCommerce” を入力してプラグインを検索します。すると私たちのECプラグインの詳細や評価やリリースが表示されます。“今すぐインストール”をクリックして、簡単にインストールできます。

手動インストール

手動インストール方法は、あなたのeコマースのプラグインをダウンロードして、お気に入りのFTPアプリケーションを介してWebサーバにアップロードして行ないます。WordPress codexに記載のあるプラグインのインストール方法をご覧ください。

更新

自動更新は魅力的で簡単にできます。ですが、バックアップは取るようにして下さい。

もし、アップデート後にショップ/カテゴリーページで問題が発生した場合は、 WordPress > 設定 > パーマリンク設定にて「保存」を押して最新の状態にする必要があります。それで通常の状態に戻るはずです。

ダミーデータ

WooCommerce はダミーデータを使って、商品の見え方などを確認することが出来ます。dummy_data.xml をWordPress importer を利用してインポートしたり、CSV Import Suite pluginのプラグインを利用して dummy_data.csv と dummy_data_variations.csv をインポートします。

WooCommerce のドキュメントやユーザーガイドはどこで見れますか ?

WooCommerceの設定等はユーザーガイド(英語)を御覧ください。

WooCommerceを拡張したりテーマを作る場合はcodex(英語)を御覧ください。

サポートを受けたり、他のユーザーとのコミュニティーはどこですか ?

もし、解決できないことなどがあった場合は WooCommerce プラグインフォーラムに英語で助けを求めることができます。

WooThemes が販売している追加機能に関してはヘルプデスク(英語)にお問合せください。

私のテーマで WooCommerce は動作しますか ?

はい。WooCommerceは幾つかの設定等に合えば、全てのテーマで使えます。詳細はcodexを御覧ください。WooCommerce に適したテーマを探しているようでしたら、Storefrontをお勧めします。

新機能やテーマ、拡張機能のリクエストはどこでできますか ?

WooIdeas ボード (英語) にて、新しい機能や拡張機能のリクエストと投票を受け付けています。

どこでバグ報告やプロジェクトへの貢献ができますか ?

バグはサポートフォーラムまたは WooCommerce GitHub リポジトリ (推奨) にご報告ください。

Rest API の説明はどこにありますか ?

REST API のドキュメントは WooCommerce REST API ドキュメント (英語) にあります。

WooCommerceは素晴らしい!私は貢献できますか?

もちろんです。GitHub リポジトリにご参加ください。

評価

2,371件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

WooCommerce はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

変更履歴

3.0.7 – 2017-05-16

  • Fix – Display of grouped product permalinks + names.
  • Fix – Ensure wc_get_payment_gateway_by_order has a valid order ID to avoid errors.
  • Fix – Ensure get_plugin_updates exists in API.
  • Fix – Correctly set rating term after updating product visibility.
  • Fix – is_ip_address should be static.
  • Fix – Handle clearing for 3, 4, and 5 columns in the product gallery.
  • Fix – Some added protection against notices/errors in the assets and variation data-store files.
  • Fix – If backorders are enabled, do not make variable products out of stock.
  • Fix – Undefined function in class-wc-embed.php.
  • Fix – Fix ‘base location’ not being returned via the settings API.
  • Fix – When re-filling fields on checkout, only change the empty ones to avoid conflicts with gateway plugins and hidden fields.
  • Fix – Make calculate tax function clear taxes if taxes are disabled on recalculation.
  • Fix – Update all customer session address fields when updating via checkout.
  • Fix – Support customer searches < 3 characters long, but with result limiting.

3.0.6 – 2017-05-09

  • 修正 – 同じ名前のグローバル属性とカスタム属性との競合を修正しました。
  • 修正 – CLI に対応するように、欠落していた “id” を配送ゾーンメソッドの API に追加しました。
  • 修正 – get_price_html_from_to での誤った wc_format_price_range の使用を修正しました。
  • 修正 – オリジナルのメタ stdClass オブジェクトが変更されないように、WC_Data オブジェクトの複製時に各メタオブジェクトを複製するようにしました。
  • 修正 – 一部の注文データの非数値警告を修正しました。
  • 修正 – 州の入力で顧客住所の国が定義されない場合の警告を修正しました。
  • 修正 – 新規注文に正しいデータが渡されるよう、再注文時にタグ名を使用するようにしました。
  • 修正 – wc_display_item_meta での書式設定の問題を修正しました。
  • 修正 – IP アドレスが IP アドレス検出コードで有効かどうかを確認するようにしました。
  • 修正 – 特殊文字の文字化けを防ぐために wc_attribute_taxonomy_id_by_name で wc_sanitize_taxonomy_name を使用することとしました。
  • 修正 – 注文構造化データの変数名を修正しました。
  • 修正 – 新しい項目キーの先頭に $items_key を追加して、一意性を確保しました。
  • 修正 – 空白時に構造化マークアップから提供される内容を非表示にしました。
  • 修正 – 「購入手続き処理」ボタンの色を Twenty Seventeen ダークテーマに修正しました。
  • 修正 – メールアドレスと名前が設定された場合にのみ、返信先を設定するようにしました。
  • 修正 – wc_get_related_products の用語を正しく除外。
  • 修正 – 投稿データをリセットすると、グループ化された商品がショートコードで動作しなくなる現象。
  • 修正 – 最小価格範囲の比較を修正しました。
  • 修正 – 古い REST API に注文アイテムを適切に保存します。
  • 修正 – バリエーション画像に正しいフルサイズを使用します。
  • 修正 – ギャラリーに noscript スタイルを追加します。
  • 修正 – paypal で潜在的な在庫削減を修正/複製します。
  • 微調整 – _wc_term_recount のパフォーマンスを向上。
  • 微調整 – タイムアウトを減らすために、システム状況レポートのプラグイン更新の検出を改善する。
  • 微調整 – WordPress の投稿 / 子ページの動作を再現するために「注文の保存」ボタンを改善する。
  • 微調整 – フランスの郵便番号検証を追加しました。
  • 開発 – woocommerce_shop_order_search_results フィルタを追加しました。

3.0.5 – 2017-04-28

  • Fix – Tooltip display within shipping zone modals.
  • Fix – Fix missing title for actions column on mobile.
  • Fix – Allow forward slash in telephone field.
  • Fix – Sort grouped products by menu order when displaying.
  • Fix – Fix term exclusion in term count queries.
  • Fix – Filter invalid products before returning them for wc_get_products.
  • Fix – Prevent orders being their own parent (causes errors).
  • Fix – Correctly migrate legacy shipping taxes data.
  • Fix – Make sure the meta data cache is not shared among instances.
  • Fix – Correct the stock display notice when a variable product manages stock for it’s children.
  • Fix – On multisite, add user to blog during checkout if not a user to prevent errors.
  • Fix – Correct sale price date handling with some timezone setups.
  • Fix – wc_attribute_taxonomy_id_by_name needs to use lowercase attribute slug to work.
  • Fix – Make changes to the buyer’s company name in the shipping section of checkout persist.
  • Tweak – Add required placeholder for meta fields in backend.
  • Tweak – Don’t strtolower address strings on checkout validation messages.
  • REST API – Prevent password change notification when creating a customer.
  • REST API – Removed duplicated items returned in shipping and checkout endpoints.
  • CLI – Fixed missing shipping zones route.
  • Dev – Make get_price_html handling match 2.6 and pass all values through woocommerce_get_price_html filter.
  • Dev – Legacy customer class missing get_address / get_address_2 functions.
  • Dev – Restored filter woocommerce_checkout_customer_id during checkout validation.
  • Dev – Adds missing $this argument for all woocommerce_payment_complete_order_status filters.

3.0.4 – 2017-04-20

  • Fix – Variations were not inheriting the product image and shipping class ID.
  • Fix – Prevent rating/review counts being duplicated when duplicating products.
  • Fix – Fixed gallery navigation between images with long captions.
  • Fix – Support transparent PNG in the gallery by setting a background color.
  • Fix – Removed name/company from the shipping address Google map links.
  • Fix – Fixed the address field sorting script on the checkout.
  • Fix – Fixed the upgrade routine for grouped products so that parents are unset.
  • Fix – Fixed support for WordPress 4.7 user locale settings.
  • Fix – Fixed default option filter for product types in the product meta box.
  • Fix – Improved the css in Twenty Seventeen for dark color schemes.
  • Fix – Fixed display of refunds in sales report.
  • Fix – Updated single-product/add-to-cart/variable.php template version to 3.0.0 since it had changes since 2.6.
  • Fix – Fixed warnings when product attribute do not exists.
  • Fix – Used a div for comment-form-rating to prevent invalid nested markup.
  • Fix – Fixed some logic that checks if order taxes are compound.
  • Fix – Fixed SKU checks to only exclude products that are trashed.
  • Fix – Fixed display of download permissions in first email sent after checkout.
  • Fix – Hidden the backorder notification stock text when notification is disabled.
  • Fix – Fixed incorrect stock numbers in low stock emails.
  • Tweak – Removed the non-functional order total input box, and combined the recalculation buttons into one working button.
  • Tweak – Updated Guided Tour videos.
  • Tweak – Updated js-cookie.js to 2.1.4.
  • Tweak – Updated schema.org URLs to use HTTPS.
  • Tweak – Status report request timeouts.
  • REST API – Fixed an issue that prevented deleting a term if errors were thrown during creation.
  • REST API – Fixed reports endpoint when querying by date.
  • REST API – Fixed ignored order parameters when changing order status.
  • Dev – Support guest orders in wc_get_orders function.
  • Dev – Fixed downloadable variation filters for download URLs.
  • Dev – Added safeguards to prevent infinite loops while saving coupons, products and orders in admin.
  • Dev – Added a fallback for queue_transactional_email if background sending is disabled.
  • Dev – Added has_shipping_address helper method.
  • Dev – Introduced woocommerce_order_item_get_formatted_meta_data filter.
  • Dev – Made wc_add_order_item pass correct values to woocommerce_new_order_item.
  • Dev – Fixed legacy_posted_data access in checkout class.
  • Dev – Fixed undefined property notice in WC_Order_Item::offsetGet.
  • Dev – Fixed PHP 7.1 warnings when using non-float values to wc_get_weight().
  • Dev – Fixed incorrect variable name in wc_add_order_item().

3.0.3 – 2017-04-13

  • Fix – Fixed an issue with variation tax-classes when set to ‘parent’. This made taxes apply on top of the tax inclusive price in certain setups.
  • Fix – Escaped attribute translations in the cart.php template and bumped the template version to match.
  • Fix – Corrected the display of refund dates on the order screen.
  • Fix – Fixed the grouped product visibility check in the grouped.php template and bumped the template version to match.
  • Fix – Fixed the sale badge display for grouped products.
  • Fix – Added the itemReviewed structured data for product reviews to make it validate.
  • Fix – Made the get_attribute method work on variation objects.
  • Tweak – Turned off the deferred email sending by default which was added in 3.0. Whilst it does improve performance, there were compatibility problems on some servers. It can be enabled with a filter if desired.
  • Dev – Added backtrace information to the deprecation messages to help find problem plugins.

3.0.2 – 2017-04-12

  • 修正 – GP、GF、KW、LB、MQ、RE、およびYT諸国の必須な州を削除しました。
  • 修正 – プラグインからの[products] ショートコードフィルタを尊重したキャッシュ。
  • 修正 – 無くなっていたwoocommerce_cross_sells_columnsフィルターの追加
  • Fix – Fixed shortcode rendering on the shop page.
  • Fix – Fixed incorrect sale dates when bulk editing variations.
  • Fix – Fixed calls to wc_reduce_stock_levels in PayPal and Simplify gateways.
  • Fix – Exclude “location” meta when reading customer meta data.
  • Fix – Updated emails/email-addresses.php, emails/email-order-details.php, content-single-product.php, checkout/form-shipping.php, myaccount/form-add-payment-method.php, myaccount/form-edit-address.php, myaccount/form-lost-password.php, myaccount/form-reset-password.php, myaccount/orders.php and myaccount/view-order.php template version to 3.0.0 since they had changes since 2.6.
  • Fix – Fixed default behavior of variation tax classes when originally set to “parent”.
  • Fix – When duplicating products, do not copy slug, append “(Copy)” to the product name, correctly copy all meta data, and prevent children of grouped products being duplicated too.
  • Fix – Removed duplicated items when outputting cross sells on the cart page.
  • Fix – Fixed output of default “add to cart” text of external products in loops.
  • Fix – Fixed backwards compatibility of guest checkout rules when being altered by plugins directly.
  • Fix – Use correct thumbnail sizes for variation images in the new gallery.
  • Fix – Fixed captions on thumbnails and main image in the new gallery.
  • Fix – Trigger wc_fragments_loaded after add to cart fragment refresh.
  • Fix – Download permissions; Convert dates to timestamp on read so UTC is preserved.
  • Fix – Fixed notices under PHP 7.1 when sorting products by name (numeric).
  • Fix – Added additional checks to ensure objects are read before using class methods to avoid errors.
  • Fix – Removed legacy suggest.js code which was causing JS error on bulk edit.
  • Fix – Fixed warnings on the “Lost password” page and when loading a product with invalid attributes.
  • Fix – Made background emailer update the queue after a successful send so duplicate mails are less likely.
  • Fix – Typo in flexslider_enabled option in new gallery script.
  • Fix – woocommerce_notify_low_stock and woocommerce_notify_no_stock options had no effect.
  • Tweak – For downloadable files, only validate file type when dealing with relative paths.
  • Tweak – Improved automatic variation name generation.
  • Dev – Added product visibility terms to system status report to help debug.
  • Dev – Introduced woocommerce_admin_order_date_format filter to replace missing post_date_column_time.
  • Dev – Introduced woocommerce_update_customer_args filter to prevent updates to user objects if needed.
  • REST API – Fixed saving of variations in legacy REST API v3.
  • REST API – Fixed backwards compatibility of line_items meta in legacy REST API.

3.0.1 – 2017-04-06

  • 修正 – カタログ化された商品をグループ化された商品内に表示する。
  • 修正 – イメージが設定されていないか、カスタムでない場合は、ギャラリーをフェードインします。
  • 修正 – WC_Deprecated_Hooksでwc_deprecated_functionを使用すると、通知はajax要求に出力されません。
  • 修正 – woocommerce_system_status_environment_rows フィルタを使用して、システムステータスに余分な項目を含める機能を追加しました。
  • 修正 – クーポンのカテゴリ制限とバリエーションの制限。
  • 修正 – 2.6のようなバリエーションの説明でショートコードとHTMLを許可します。
  • 修正 – 商品を複製する際に、投稿日の設定を解除します。
  • 修正 – 販売されていて、すべての価格が同じであれば、バリエーション商品に販売価格を表示します。
  • 修正 – 商品に複数のダウンロードがある場合の修正されたダウンロードリンク。
  • 修正 – 保存時に商品タイプが何らかの理由で投稿されなかった場合の潜在的なエラーを防ぎました。
  • 修正 – single-product/up-sells.php, loop/add-to-cart.php, loop/rating.php, checkout/form-billing.php, と content-product.php のテンプレートの3.0.0へのアップデート
  • 修正 – 請求および配送フィールドラッパーにクリアフィックスを含めました。
  • 修正 – いくつかの言語でログテーブルの固定スタイリング。
  • 修正 – 古い注文のバリエーション属性の表示を修正しました。
  • 修正 – 外部リンク商品のプレースホルダーテキストを使用すると、空白のままにするとカートボタンのテキストに追加されます。
  • 修正 – HTTPSのシステム状態のセキュリティチェック用にショップページが設定されていない場合は、ホームURLにフォールバックします。
  • 修正 – バリエーションについては、バリエーションレベルでこれを設定するUIがないため、親から個別に販売された税務ステータスを取得します。
  • 修正 – 複数の送信を避けるために、バックグラウンド処理に cron メールを移動しました。
  • 修正 – メールに追加すると隠された要素の構造化データがラップされました。
  • 修正 – キューに入れられたメールに決済情報がありません。
  • 修正 – “Default customer location”が “Geolocate(ページキャッシュサポートあり)”に設定されていると、ページが永久にリロードされるバグを修正しました。
  • 修正 – 出荷を課金に強制するときは、配送フィールドをオーダー自体に設定します。
  • 修正 – WC_Register_WP_Admin_Settingsの無効なオブジェクトを確認します。
  • 修正 – wc_get_object_termsのエラーオブジェクトを確認します。
  • 修正 – 注文編集画面でメタデータを出荷する際にスラッシュを削除しました。
  • 修正 – 名前のない属性のパーマリンクの書き換えを防止しました。
  • 修正 – 複数の拡張機能が save_post アクションを使用する場合のメタデータの保存を修正しました。
  • 修正 – 検索注文画面でIDで検索顧客を許可する。
  • 修正 – セッションデータがログイン時に顧客データを上書きするのを防ぎます。
  • 修正 – クロスセラー列の表示とバリエーションのサポートを修正しました。
  • 修正 – 保存時に変数のバリエーション在庫を同期させました。
  • 修正 – Select2の問題を防ぐためのtry / catchラッパーが含まれています。
  • 修正 – 商品タイプがバリエーション商品から基本的な商品に変更されたときにすべてのバリエーションを削除したバグを防ぎました。
  • 修正 – 変更のためにタイトルを同期するときにWPDBに切り替えて更新を迅速にします。
  • 修正 – 顧客オブジェクトを読み込むときに廃止予定のプロパティを除外します。
  • 修正 – もう一度注文しようとする際の通知が修正されました。
  • 修正 – $wpdb->prefix が空の場合の通知を修正しました。
  • 修正 – 無効なダウンロードファイルタイプの商品をロードするときのエラーを防止します。
  • REST API – CRUD コントローラでの配列宣言の欠落を修正しました。
  • REST API – 税エンドポイントから余分な exclude, includesearch パラメータを削除しました。
  • REST API – バリエーション記述の書式設定を修正しました。
  • REST API – 以前の REST API の商品エンドポイントで誤った属性チェックを修正しました。
  • REST API – バリエーション画像を未設定にします。

3.0.0 – 2017-04-04

  • PhotoSwipe と Zoom を使用して、より良いモバイルサポートを備えた商品ページの新しい写真ギャラリー。 add_theme_support() – wc-product-gallery-zoom、wc-product-gallery-lightbox、wc-product-gallery-slider でサポートを宣言します。
  • ストア通知をフロントエンドで非表示にできるようにした。
  • バリエーション商品は、販売時に明瞭にするために範囲と組み合わせての価格を表示しなくなりました。
  • 範囲とローカリゼーションの問題の修正、および一貫性のために、価格は 0 ではなく「無料」として表示されなくなりました。
  • inline Microdataではなく JSON-LD を使用して構造化された商品データを改善しました。
  • ダウンロードリストレイアウトの改善 (テンプレートファイル) 。
  • 在庫状況を尊重し、既存の在庫品に影響を与える「在庫切れ」設定を防止します。
  • サブページを許可するショップページ書き換えルールの処理が改善されました。
  • パスワードリセット後にログイン画面に転送。
  • PayPal Standardで即時払いを使用すると、注文が処理/完了すると自動的に資金が回収されます。
  • マルチサイトの場合、アカウントの持っていないサイトに訪問した際には、エラーが出るのではなく、こちらにアカウントを追加しませんかと案内します。
  • 親の値が設定されていない場合でも変数の重さ/長さを表示します。
  • 不規則な手作業による並べ替えを許可するのではなく、自動的に税率を並べ替えます。
  • 税率クラスを削除するときは、その税率を削除します。
  • wc_get_logger 関数を使用してプラグ可能( pluggable )な WC_Logger を作成しました。
  • 評価による商品並び順の為に ‘average rating’ の投稿メタを使います。
  • ナビゲーションメニューのメタボックスに優れたラベルを表示する。
  • 表示の順序は「最近閲覧された」商品に並べ替えます。
  • ログビューアから内部スクロールを削除。
  • 管理者メールに reply-to (返信先) を追加。
  • ゾーン設定フローを改善。
  • 作成されたwc_get_wildcard_postcodesは、ワイルドカードも空文字列と一致する必要があるため、元の郵便番号に * 追加して返します。
  • $customer->get_total_spent() ですべての支払い済みステータスを使用。
  • パスワードマネージャと連携するために請求メールフィールドの場所を移動します。
  • 国によって販売場所を制限するオプション。
  • 孤立したシステムステータスの変化をクリアするためのツールを追加しました。
  • システムステータスツールのチェックボックスオプションを削除し、定数で置き換えます。
  • システムステータスレポートにセキュリティセクションを追加。
  • image_url 設定を PayPal Standard に追加。
  • 固定属性の登録。 属性はデフォルトで非階層的です(親はサポートされていません)。
  • チェックアウトフィールドにソートパラメータを追加して、ロケールごとの並べ替えを支援します。
  • マージされたパーセントとパーセント商品クーポンの種類(同じ割引を提供)。
  • update_checkout イベントの後に支払いの詳細がクリアされないようにします。
  • パフォーマンス – _featured と _visibility のメタデータをより速いカタログクエリの用語に変換しました。 アップグレードルーチンが移行を処理します。 開発者はこの変更を反映するためにクエリを更新する必要があります。
  • 「追加情報」タブに製品属性アーカイブリンクが含まれています。
  • Select2 をバージョン4に更新。
  • エクステンション用にログシステムを改善。
  • 税の接尾辞は、非課税製品では表示されません。
  • グループ化された製品は、子供ではなく親からリンクされています。 子供は複数のグループに属します。
  • クーポンの管理画面でクーポン使用のリンクを削除しました。
  • パフォーマンス – 評価フィルタを可視性の用語に変換しました。
  • パフォーマンス – クエリを高速化するために在庫切れの商品の表示項目を追加しました。
  • パフォーマンス – 商品、受注、顧客、配送地域用の新しいCRUD(作成、読み取り、更新、削除)システムを導入しました。
  • パフォーマンス – 最適化されたバリエーション商品の同期。 上限/下限価格のメタはもはや格納されず、主な価格だけ、子商品が重量を持っている場合、および子商品が大きさを持つ場合。
  • パフォーマンス – up-sells.php と related.php から WP_Query を削除し、PHP foreachループに置き換えました(既に製品IDがあるので)。
  • パフォーマンス – 古い注文が編集中の新しいダウンロード商品アクセスする機能を削除しました。この機能は注文が多くある場合、ループを起こし、時には予期せぬ処理がされます。編集済み更新商品には対応します。
  • パフォーマンス – 余分なデータが読み込まれたため、注文画面の ‘items’ 列を削除しました。
  • パフォーマンス – より高速チェックアウトのための電子メールの送信を延期。 CRONを使用します。
  • API – とりわけ meta_data をサポートする新しい Rest API v2
  • API – パフォーマンスに関する懸念から、APIの顧客の一部からの最後の注文を削除しました。代わりに注文エンドポイントを使用します。 エンドポイント上の他の注文データが一時的にキャッシュされるようになりました。
  • API – ヘッダーを使用して oAuth1.0a 認証を許可します。
  • API – 新しい配送地域のエンドポイント。
  • API – 新しいバリエーションのエンドポイント。
  • API – 新しい設定エンドポイント。
  • API – 決済ゲートウェイと配送方法のエンドポイント。
  • API – 商品のエンドポイントで直接バリエーションを操作する(壊れた)機能を防止しました。
  • CLI – 独自の機能ではなく REST API エンドポイントを使用する新しいCLIの実装。
  • ローカライゼーション – RTL サポートの改善。
  • ローカライゼーション – 言語に依存しないパーマリンク設定関数を追加。
  • 地域対応 – プレースホルダ文字列のインラインコメントが追加されました。
  • 国際対応 – ナイジェリアとパキスタンの州を i18n/state に追加しました。
  • 地域対応 – 米国とポーランドの郵便番号の検証。
  • このリリースの詳細については、開発者のブログのお知らせをご覧ください: http://wp.me/p6wtcw-Uo

すべてのバージョンの変更履歴をご覧ください