WordPress Popular Posts

説明

WordPress Popular Posts はサイト上の投稿を表示するカスタマイズ豊富なウィジェットです。

メインの機能

  • マルチウィジェット対応 – 同時に異なる設定の WordPress Popular Posts ウィジェットを複数使うことが可能です。
  • 時間範囲 – 特定の時間範囲 (例:過去24時間、過去7日間、過去30日間など) 内での人気のブログの投稿を一覧表示します。
  • カスタム投稿タイプをサポート – 投稿 / 固定ページ以外も表示できます。
  • サムネイル – 投稿のサムネイルを表示します。(技術要件は FAQ を参照してください)
  • Statistics dashboard – See how your popular posts are doing directly from your admin area.
  • Sorting options – Order your popular list by comments, views (default) or average views per day!
  • 独自のレイアウトを使う – WPP は人気記事の外観と雰囲気を詳細にカスタマイズできる柔軟性を備えています。(詳しくは WPP の HTML マークアップをカスタマイズスタイリングリスト などを参照してください)
  • Disqus support – Sort your popular posts by Disqus comments count!
  • Polylang & WPML 3.2+ support!
  • WordPress Multisite support – Each site on the network can have its own popular posts!

その他の機能

  • ショートコードをサポート – [wpp] ショートコードを使って投稿 / 固定ページに人気記事一覧を表示することが出来ます。詳しい使い方や説明は インストールセクション を参照してください。
  • テンプレートタグ – ウィジェットを使う気にならなくても大丈夫です。wpp_get_mostpopular() タグを使ってテーマへ人気記事一覧を埋め込むことが出来ます。さらに、wpp_get_views() タグを使うことで投稿の閲覧数を出力できます。詳しい使い方や説明は インストールセクション を参照してください。
  • ローカライズ – WPP をあなたの言語へ翻訳 (詳しくは、FAQ を参照してください)
  • WP-PostRatings をサポート – 読者へ投稿記事を評価する機能を提供します。

WordPress Popular PostsGitHub にてソースを参照できます。

クレジット

  • フレームグラフィック(freevector/Vecteezy.com)

スクリーンショット

  • ウィジェット管理画面。
  • WordPress Popular Posts ウィジェット。
  • テーマのサイドバー内の WordPress Popular Posts ウィジェット。
  • WordPress Popular Posts 統計画面。

インストール

この操作の前にサイトが 最小要件 に合致しているか確認してください。

自動インストール

  1. WordPress ダッシュボードにログイン。
  2. プラグイン > 新規追加 と進みます。
  3. 「プログラムの検索」フィールドで WordPress Popular Posts と入力してエンターキーを押します。
  4. 検索結果一覧でプラグインを探し、「今すぐインストール」ボタンをクリックします。

手動インストール

  1. プラグインをダウンロードしてファイルを解凍してください。
  2. wordpress-popular-posts フォルダを /wp-content/plugins/ ディレクトリにアップロードする。
  3. WordPress Popular Posts を WordPress 内のプラグインメニューから有効化してください。

完了しました! 次は何をしますか?

  1. 外観 > ウィジェット と進み、WordPress Popular Posts ウィジェットをサイドバーにドラッグアンドドロップしてください。
  2. もしキャッシュ化プラグインをインストールしているのであれば、WPP のトラッキングを開始させるためにそのキャッシュをクリアしてください。
  3. 外観 > テーマの編集と進み、header.phpを選択し、<?php wp_head(); ?>タグがコード内に存在していることを確認してください。(</head> タグのすぐあとにあるはずです。)
  4. (任意、ただし大きいトラフィックのサイトには強く推奨)データサンプリングの有効化やキャッシュ化は良いアイデアとなるでしょう。詳しくはここ を参照してください。

それだけです!

使い方

WordPress Popular Posts は3つの異なった使い方が出来ます:

  1. ウィジェット:簡単にドラッグアンドドロップでテーマのサイドバーへ設置できカスタマイズできます。
  2. テンプレートタグ:wpp_get_mostpopular()を を使って、人気記事一覧をどこでもあなたのテーマ上に表示させることが出来ます。
  3. ショートコードを使い、投稿ページ / 固定ページ内に埋め込むことが出来ます。

更に多くの情報を得るために、Wiki も訪れてください。

FAQ

FAQ はここに移動しました。

Installation Instructions

この操作の前にサイトが 最小要件 に合致しているか確認してください。

自動インストール

  1. WordPress ダッシュボードにログイン。
  2. プラグイン > 新規追加 と進みます。
  3. 「プログラムの検索」フィールドで WordPress Popular Posts と入力してエンターキーを押します。
  4. 検索結果一覧でプラグインを探し、「今すぐインストール」ボタンをクリックします。

手動インストール

  1. プラグインをダウンロードしてファイルを解凍してください。
  2. wordpress-popular-posts フォルダを /wp-content/plugins/ ディレクトリにアップロードする。
  3. WordPress Popular Posts を WordPress 内のプラグインメニューから有効化してください。

完了しました! 次は何をしますか?

  1. 外観 > ウィジェット と進み、WordPress Popular Posts ウィジェットをサイドバーにドラッグアンドドロップしてください。
  2. もしキャッシュ化プラグインをインストールしているのであれば、WPP のトラッキングを開始させるためにそのキャッシュをクリアしてください。
  3. 外観 > テーマの編集と進み、header.phpを選択し、<?php wp_head(); ?>タグがコード内に存在していることを確認してください。(</head> タグのすぐあとにあるはずです。)
  4. (任意、ただし大きいトラフィックのサイトには強く推奨)データサンプリングの有効化やキャッシュ化は良いアイデアとなるでしょう。詳しくはここ を参照してください。

それだけです!

使い方

WordPress Popular Posts は3つの異なった使い方が出来ます:

  1. ウィジェット:簡単にドラッグアンドドロップでテーマのサイドバーへ設置できカスタマイズできます。
  2. テンプレートタグ:wpp_get_mostpopular()を を使って、人気記事一覧をどこでもあなたのテーマ上に表示させることが出来ます。
  3. ショートコードを使い、投稿ページ / 固定ページ内に埋め込むことが出来ます。

更に多くの情報を得るために、Wiki も訪れてください。

評価

165件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

WordPress Popular Posts はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“WordPress Popular Posts” は4ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“WordPress Popular Posts” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

4.0.12

  • Fixes bug where WPP didn’t return the right URL when using Polylang / WPML.
  • Fixes a compatibility issue with Yoast SEO (and potentially other plugins as well).
  • Improves compatibility with MySQL 5.7+.
  • Other minor fixes and improvements.

4.0.11

If you’re using a caching plugin, flushing its cache after installing / upgrading to this version is highly recommended.

  • Fixes reference to tracking script.

4.0.10

If you’re using a caching plugin, flushing its cache after installing / upgrading to this version is highly recommended.

  • Renames tracking script to prevent issues with ad blockers (props @Damienov).
  • Widget: fixes caching (props @zu2).
  • Exposes offset parameter to wpp shortcode / wpp_get_mostpopular template tag.

4.0.9

  • Widget: fixes Author ID field not saving/updating.
  • Fixes WPP data caching (props @zu2).
  • Dashboard: updates Content Tags’ documentation.
  • Main POT file updated.
  • Other minor bug fixes & improvements.

4.0.8

  • Multisite: plugin can now be installed individually on each site.
  • Multisite: improved upgrade process.
  • Dashboard: adds multisite check to Debug screen.
  • Dashboard: have the Debug screen display active plugins only.
  • Improves compatibility with Beaver Builder.
  • Adds onload event to ajax widget (props @cawa-93).
  • Other minor bug fixes.

4.0.6

  • Improves compatibility with Multisite.
  • Fixes a bug that prevented upgrade process from running on MU (props Greg Sullivan!)
  • Improves compatibility with Beaver Builder.

4.0.5

  • Fixes the taxonomy filter for Custom Post Types.
  • Updates summary table structure and indexes.
  • Adds back ability to use custom wpp.css from theme.
  • Dashboard: adds a Debug screen to help with support inquiries.
  • Other minor bug fixes and improvements.

4.0.3

This is a hotfix release.

  • Dashboard: escapes post titles to prevent potential XSS (props Delta!)
  • Restores ability to use a custom default thumbnail.

4.0.2

This is a hotfix release.

  • Dashboard: fixes thumbnail picker on HTTPS.
  • Adds the wpp_custom_html filter back.

4.0.1

This is a hotfix release.

  • Fixes a warning message triggered on old PHP versions.
  • Fixes undefined default_thumbnail_sizes warning message.
  • Removes a hardcoded table prefix causing issues on sites that uses a different prefix than the stock one.

4.0.0

If you’re using a caching plugin, flushing its cache after installing / upgrading to this version is highly recommended.

  • Plugin code refactored!
  • Dashboard section redesigned (now mobile-friendly, too!)
  • New Statistics chart and other goodies.
  • Adds ability to pick a Custom Time Range!
  • Adds ability to filter posts by other taxonomies than just categories!
  • Adds Relative Date Format.
  • Fixes broken views tracking caused by changeset 41508 https://core.trac.wordpress.org/changeset/41508 (props hykw!)
  • Improves PHP7+ compatibility.
  • Improves compatibility with WP-SpamShield, WooCommerce, Polylang and WPML.
  • Drops qTranslate support (that plugin has been long removed from WordPress.org anyways.)
  • New content tags added: {img_url}, {taxonomy}.
  • New filters: wpp_post_class, wpp_post_exclude_terms.
  • French and German translation files became too outdated and so support has been dropped for now (want to help? Contact me!)
  • Tons of minor bug fixes and improvements.

Also, see Release notes.

3.3.4

  • Attempt to convert tables to InnoDB during upgrade if other engine is being used.
  • Adds a check to prevent the upgrade process from running too many times.
  • Minor improvements and bug fixes.
  • Documentation updated.

すべての更新履歴を表示