WordPress.org

Plugin Directory

Display Posts – Easy lists, grids, navigation, and more

Display Posts – Easy lists, grids, navigation, and more

説明

投稿を表示を使用すると、ウェブサイト全体のコンテンツを簡単に一覧表示できます。まず、コンテンツエディタにこのショートコードを追加して、最新の投稿のリストを表示します:

[display-posts]

カテゴリでフィルター

特定のカテゴリ内の投稿のみを表示するには、category パラメーターを使用します:

[display-posts category="news"]

投稿グリッドとして表示

見栄えの良い列ベースの投稿グリッドを、少しのスタイル設定で作成できます。 その方法は次のとおりです。

人気の投稿を一覧表示
人気のあるコンテンツは、複数の方法で強調表示できます。コメント数が最も多い投稿を紹介する場合は、以下を使用します:

[display-posts orderby="comment_count"]

最も人気のある投稿をソーシャルシェア別に一覧表示することもできます。

サムネイル、抜粋などを含める
表示パラメータ を使用すると、各投稿に表示する情報を制御できます。画像と概要を含めるには、以下を使用します:

[display-posts include_excerpt="true" image_size="thumbnail"]

WordPress によって追加された任意の画像サイズ (サムネイル、ミディアム、medium_large、大) またはテーマまたは他のプラグインによって追加されたカスタム画像サイズを使用できます。

好きなようにリストを並べ替える
既定では、リストには最新のコンテンツが最初に一覧表示されますが、タイトル、メニューの順序、関連性、コンテンツ タイプ、メタデータなどで並べ替えることができます。

今後のイベントを一覧表示
任意のイベントカレンダーから今後のイベントを簡単に一覧表示できます。各プラグインはわずかに異なるコードを必要とします。

ここでは、 一般的なイベントカレンダープラグインのチュートリアルがあります。あなたのプラグインがここにリストされていない場合は、サポートリクエストを送信してください、そして、私はそれを追加します!

チュートリアル
私たちのチュートリアルは、一般的なカスタマイズ要求をカバーし、頻繁に更新されます。

完全なドキュメント

  • どの投稿を一覧表示するかをカスタマイズするためのクエリパラメータ (カテゴリ、タグ、日付でフィルタリング…)
  • 表示パラメータ は、投稿の表示方法 (タイトル、抜粋、画像など) を決定します。
  • テーマの投稿リストと完全に一致する投稿を表示するためのテンプレートパーツ
  • サイト上でのリスティングの外観を完全に制御するための出力フィルタ
  • 開発者向けのさらに強力なカスタマイズのためのフィルター

拡張機能

インストール

  1. /wp-content/plugins/ ディレクトリに display-posts-shortcode をアップロード。
  2. WordPress の プラグイン メニューからプラグインをアクティブにします。
  3. [display-posts] ショートコードを投稿またはページに追加します。

評価

2023年12月20日
Themes often override page layout/template options when designating them to built in posts archive page – this plugin allowed a simple display of posts just as I required using a shortcode, allowing me to have full control over the environment it was placed in.Will require CSS knowledge to adjust appearance. If that is not for you then purchase a plugin that offers those adjustments via GUI.
2023年9月11日
This plug is very easy to use and the best solution we have found to display lists of posts. We did do a bit of CSS/customization work to display the posts just the way we wanted (Small image, title only, etc), but there are out-of-the-box customization options that are very good. We have added their shortcodes on hundreds of pages to automatically display related posts that have the same tag (at the end of each post). You will need to spend at least 10-15 minutes to review their documentation on “Display settings” or “Filter settings” to understand how the shortcodes work. Overall: A+
2023年6月2日
I have used this more then once when the Query block can not handle it.
163件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Display Posts – Easy lists, grids, navigation, and more はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Display Posts – Easy lists, grids, navigation, and more” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

バージョン 3.0.2
* 一時的なキャッシュに使用されるショートコード実行前の pre_display_posts_shortcode_output フィルタを追加、#210を参照してください
* コーディング標準に合格するためにプラグインを更新、#214を参照してください
* アンケート管理者の通知を削除、#213を参照してください
* 空のタームリストを表示しない、#208を参照してください

バージョン 3.0.1
* 空の空のパラメータがクエリに追加されないようにする、#207を参照してください

バージョン 3.0.0
* author_id パラメータを追加、 #195 を参照
* has_password パラメータを追加
* サイト検索を実行するための s パラメータを追加、 #184 を参照
* date_format=”relative” フォーマットオプションを追加 (例: 2 日前)、#194 を参照
* post_parent__in と post_parent__not_in パラメータを追加、#193を参照
* 抜粋のダッシュを無効にする excerpt_dash=”false” オプションを追加 #204 参照
* フィルタに追加パラメータ display_posts_shortcode_output を追加
* フィルタに追加パラメータ display_posts_shortcode_category_display を追加、#185を参照
* $dps_list ループがグローバルにアクセスできるようになりました、 #198 を参照
* $dps_listing ループがオープン/クローズフィルタでアクセス可能になりました
* より多くのテキストを抜粋するために .excerpt-more クラスを追加、#205 を参照
* excerpt_more テキストは常に抜粋の末尾に追加されるようになりました、 #197 を参照。
* 複数のタームをサポートするパラメータでは、カンマまたはコンマスペースで区切ることができるようになりました #183 を参照

バージョン 2.9.0
* 特定の投稿 ID を除外するための新しい exclude パラメータ、 #154を参照
* ID でカテゴリを指定するための新しい category_id パラメータ (注: 単一の ID のみを受け入れます)、 #156 を参照
* 投稿が最後に更新された日付を表示するための新しい include_date_modified パラメータ、 #150 を参照
* ショートコードのタイトルがラッパー (ul/ol/div) の上に表示されるようになり、無効なマークアップを修正、 #165 を参照
* 読み取り可能な投稿に可視性を制限

バージョン 2.8.0
* 投稿のタイトルと画像からリンクを削除するために include_link=”false” を追加、 #137 を参照。
* 複数の投稿タイプを使用する場合の固定カテゴリ表示、#143を参照
* 複数のタクソノミーを組み合わせる問題を修正、 #131 を参照

バージョン 2.7.0
* 共著者プラスアドオンのサポートを追加。
* tax クエリで子タームを除外するパラメータを追加、 詳細情報
* excerpt_length に関係なく、手動抜粋のフルバージョンを表示するフィルタを追加、 詳細情報
* カスタム抜粋からショートコードを削除、 詳細情報
* プライベートポストの可視性を修正、 詳細情報

バージョン 2.6.2
* 抜粋のさらなる改善、#110 を参照
* content_class パラメータを追加
* 日付クエリのバグを修正、#108 を参照
* include_title=”false” の場合の未定義変数通知を修正

バージョン 2.6.1
* 手動で指定された抜粋の問題を修正

バージョン 2.6

  • author=”current” のサポートを追加
  • 複数のラッパークラスのサポートを追加
  • excerpt_length パラメーターのサポートを追加
  • excerpt_more パラメーターのサポートを追加

バージョン 2.5.1

  • 手動で指定した抜粋の問題を修正

バージョン 2.5

  • 日付クエリのサポートを追加
  • post_parent=”0″ の子ページを除外
  • 現在のタクソノミータームでクエリします。例: [display-posts taxonomy=”category” tax_term=”current”]
  • 投稿のカテゴリを [display-posts category_display=”true”] で表示
  • さらに多くの修正。変更点の完全なリストについては、GitHub を参照してください。

バージョン 2.4

  • ‘include_author’ パラメータを追加
  • 結果から現在の投稿を除外するための ‘exclude_current’ パラメータを追加
  • 結果の完全なコンテンツを表示すると、それらの投稿内のショートコードの追加使用が無効になります
  • その他のマイナーな改善点

バージョン 2.3

  • ラッパーフィルターにショートコード属性を含める
  • 投稿が見つからない場合に表示されるコンテンツを指定する ‘no_posts_message’ パラメータを追加
  • タイトルとパーマリンクにフィルターを追加
  • 非公開投稿をログインユーザーに制限
  • スティッキー投稿を除外するためのサポートを追加
  • meta_key による順番のサポートを追加

バージョン 2.2

  • フィルターに元の属性を使用
  • 複数のタクソノミークエリのサポートを追加
  • 投稿クラスのフィルターを追加
  • 投稿ループでの投稿コンテンツのサポートの追加

バージョン 2.1

  • 投稿ステータスのサポートを追加する
  • 投稿作成者のサポートを追加
  • 投稿オフセットのサポートを追加

バージョン 2.0

  • 引数を明示的に宣言、danielbachhuber に感謝
  • セキュリティのために各ショートコード属性をサニタイズ、danielbachhuber に感謝

バージョン 1.9

  • 日付の表示方法をカスタマイズできるように ‘date_format’ パラメータを追加
  • CSS を使用してダッシュを削除できるように、.excerpt-dash のクラスを追加
  • WordPress のコーディング標準に従ってコードベースをクリーンアップ

バージョン 1.8

  • 現在のクエリに一致する投稿がない場合にコンテンツを表示するための display_posts_shortcode_no_results フィルターを追加。
  • 複数の投稿タイプのサポートを追加。 [display-posts post_type=”page, post”]

バージョン 1.7

  • 特定の投稿 ID を指定する id 引数を追加
  • 必要な引数がショートコードにまだ含まれていない場合に備えて、 display_posts_shortcode_args フィルターを追加。例を参照してください: http://www.billerickson.net/code/display-posts-shortcode-exclude-posts/

バージョン 1.6

  • ID で親を指定できる post_parent、または現在のページのIDを使用すると言う post_parent=current を追加。
  • 投稿が順序なしリスト、順序付きリスト、またはdivのものかどうか決定できる wrapper を追加
  • 複数のタクソノミーターム (コンマ区切り) とタクソノミーオペレータ (IN、NOT IN、または AND) のサポートを追加。

バージョン 1.5
* 明確にするために、バージョン番号を変更しています。機能の変更なし

バージョン 0.1.5
* フィルタ (display_posts_shortcode_output) を追加したので、個々の投稿の出力を好きなように変更できます。

バージョン 0.1.4

  • post_type、taxonomy、tax_term、include_excerpt を追加
  • リストの各部分 (画像、タイトル、日付、抜粋) にクラスを追加し、CSS を使用して外観を簡単に変更できるようにした

バージョン 0.1.3

  • Readme を更新

バージョン 0.1.2

  • image_size オプションを追加

バージョン 0.1.1

  • プラグインの間隔の問題を修正

バージョン 0.1

  • これはバージョン 0.1 です。 すべてが新しいです!