Flamingo

説明

Flamingo は、元々は Contact Form 7 (単体では送信されたメッセージを保存する機能を持ちません) のために作成されたメッセージ保存プラグインです。

プラグインを有効化すると WordPress 管理画面に Flamingo のメニューが追加されます。コンタクトフォームを通るすべてのメッセージがそこにリスト化され、また検索が可能になります。Flamingo があれば、メールサーバーのトラブルやメール設定のミスのために重要なメッセージを失う心配から解放されます。

より詳しい情報は Contact Form 7 のドキュメントを参照してください。

プライバシーについて

このプラグインはコンタクトフォームを介して収集される送信データを、ウェブサイトをホストするサーバー上のデータベースに保存します。保存されるデータには送信者の個人情報が含まれる可能性があります。

インストール

  1. flamingo フォルダ全体を /wp-content/plugins/ ディレクトリにアップロードします。
  2. 「プラグイン」メニューからプラグインを有効化します。

評価

2022年6月13日
In my last company we are using this plugin on more then 200 of sites and it is working fine.
2022年4月28日
Is this plugin going to be updated to keep up with the latest Wordpress version? Warning: This plugin has not been tested with your current version of WordPress.
2022年8月10日
This is a utility for the Contact Forms 7 plugin, and as such should insert settings and other menus UNDERNEATH the Contact Forms menu for the CF7 plugin. Instead, it inserts a menu at the top-level, taking up space that degrades menu accessibility and increases cognitive load on users with no benefit at all.
112件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Flamingo はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Flamingo” は43ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Flamingo” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

2.3

  • データを復旧する際には以前のステータスに設定する。

2.2.3

  • 修正済み: プラグインを停止する際にクリーンアップを行うクローンジョブが正しく機能しなかった問題。

2.2.2

  • アドレス帳: 利用可能なフィルターがない場合はフィルターボタンを隠す。

2.2.1

  • CSV エクスポートファイルにローカルタイムゾーンの日付を出力する。
  • load_plugin_textdomain() の呼び出しを削除。
  • $_wp_last_object_menu への参照を削除。
  • set-screen-option フィルターを削除。
  • 一つ前の管理ページから post_status を継承する。
  • MySQL DATETIME 値に対する wp_date() の使用を避ける。
  • WordPress 5.6 に対して検証済み。

2.2

  • 送信のタイムスタンプに基づいて受信メッセージの post_date を設定する。
  • 「スパム」サブグループ内のメッセージの検索やフィルタリングを可能にする。
  • $found_items プロパティのアクセス権を private に変更し、代わりとして count() メソッドを導入する。
  • $id プロパティのアクセス権を private に変更し、代わりとして id() メソッドを導入する。
  • 受信メッセージ表示スクリーンに送信結果を導入する。
  • posted_data_hash の値を検索用に保存する。