Gutenberg

説明

Gutenberg は単なるエディターではありません。現在はエディターに注力していますが、このプロジェクトはパブリッシング体験全体に影響を与えるものです。今後はカスタマイズに注力していく予定です。

このプロジェクトについて詳しく知る

編集機能へのフォーカス

このエディターは、リッチな投稿や固定ページの作成を簡単にする、新たな執筆体験を生み出します。また「ブロック」によって、今日のショートコード、カスタム HTML や得体の知れない埋め込みが実現していることをより簡単にします。— マット・マレンウェッグ

WordPress が他のシステムと異なる点は、思い描いたとおりのリッチな投稿レイアウトが作成可能な点です。ただし、HTML や CSS の知識があり、カスタムテーマを作成できる場合に限ります。エディターを、リッチな投稿と美しいレイアウト作成ツールとして考えるなら、他の人も使っているから WordPress を使うのではなく、ユーザーが好きで WordPress を使うことになるでしょう。

Gutenberg はエディターを単なる入力欄と考えるのではなく、10年ほぼ大きな変更がなかったレイアウトを見直します。これによって、今どきの編集体験を全体的にデザインし、未来への基礎を築きます。

単なる入力欄ではなく、編集画面全体を考慮している理由は以下のとおりです:

  1. ブロックは複数のインターフェイスを統一します。既存のインターフェイスの上にブロックを追加すれば複雑さを取り除くどころか、逆に増やすことになります。
  2. インターフェイスを見直し、使いやすさとシンプルさにこだわり、新旧双方のユーザーに利益をもたらすことにより、執筆、編集、公開の体験を現代的にします。
  3. 単一ブロックインターフェイスが中心になれば、開発者にはショートコードやウィジェットよりも優れた素晴らしいブロックを開発する明確なパスが提示されます。
  4. インターフェイス全体を考慮することは、次に注力する領域 (サイト全体のカスタマイズ) への確固たる基礎につながります。
  5. 全体の編集画面を考慮することは、ベースから大幅に現代化し、WordPress REST API をフル活用した、より流動的で JavaScript に富んだ未来への一歩を踏み出すことができます。

ブロック

ブロックは、今まで異なる方法でカバーされていた「ショートコード」「埋め込み」「ウィジェット」「投稿フォーマット」「カスタム投稿タイプ」「テーマオプション」「メタボックス」その他のフォーマット要素などを統一的に進化させたものです。 ユーザーは、WordPress でできる幅広い機能を、明快で一貫した方法で利用できます。

例えば「従業員」というカスタムブロックを想像してください。アバウトページにドラッグすると、自動的に写真、氏名、プロフィールを表示できるとします。この世のすべてのプラグインが、同じ方法で WordPress を拡張することができ、メニューやウィジェットもシンプルになります。ユーザーは簡単に WordPress と大方のプラグインを理解して使用することができます。これによって簡単にサンプルのような美しい投稿を作成できます。

Check out the FAQ for answers to the most common questions about the project.

互換性

投稿には後方互換性があります。ショートコードもそのまま動くはずです。高度にカスタマイズされたメタボックスについては継続して調査中で、単純に Gutenberg を無効化するプラグインから、Gutenberg のロードの可否を自動で検出するソリューションまで幅広く検討しています。執筆から公開に至る新しい編集体験を確実にユーザーフレンドリーなものにしたいと考えている一方、高度にカスタマイズされた既存サイトに対しても、良いソリューションを見つけることをお約束します。

Gutenberg のステージ

Gutenberg では3つのステージが計画されています。WordPress 5.0 への同梱を予定している最初のステージの目標は投稿の編集体験とブロックの実装で、このフェーズではコンテンツ第一主義を唱えています。ブロックを使用することで、既に述べたようにユーザーはコンテンツがどのように表示されるかに集中でき、その他の構成オプションを気にする必要はありません。結果的に、すべてのユーザーがコンテンツを魅力的に、直接、ビジュアルに伝えられるようになるでしょう。

これら基本的な要素が来年に予定されている2番目、3番目のステージへの道を開き、最終的にはページテンプレート内での投稿を超えた、完全なサイトカスタマイズへとつながります。

Gutenberg は大きな変化です。ショートコードやメタボックスなど既存の機能が引き続き動作することを確認できるよう、開発者には効率的な移行に必要な時間と経路が与えられています。最終的にプラグインやテーマ開発者は、コアのサポートするツール群の利点を活かした魅力的で、ビジュアルな体験をこれまで以上にユーザーに届けることができるでしょう。

貢献者

Gutenberg は多くのボランティア貢献者により開発されています。CONTRIBUTORS.md にて参加者のリストをご覧ください。

FAQ

フィードバックやバグ報告をするには ?

バグ報告、機能の提案、あらゆるご意見をぜひお寄せ下さい。GitHub issues ページで既存のイシューを検索するか、新しく作成して下さい。プラグインフォーラムでの報告をイシューとして分類しているため、GitHub リポジトリのほうがより早く回答が得られますし、無駄な手間も省けます。

貢献するには ?

このエディタープロジェクトは巨大な事業のため「Gutenberg」と呼ばれています。毎日 GitHub 内で作業が行われており、常に一緒に開発してくれる方を募集しています。フィードバックも歓迎します。まずは
Slack #core-editor チャネルに参加してみてください。

また CONTRIBUTING.md も参照してください。

Gutenberg 関連のドキュメントはどこにありますか?

評価

Please don’t force me to use Gutenbeg

I downloaded the plugin to give it a try.
It’s supposed to be wonderful and easy to use.

I found it very difficult to use. I downloaded the plugin because I understand there will be a learning curve. I’ve done a few posts with Gutenberg expecting it to get easier as I use it more. I still cant find features that used to be on the side bar.

For some reason I can’t even edit my post URL. If I copy a post it copies the URL and won’t let me change it.

I’m beginning to think about my options to move off of WordPress.

I’m not a coder. I don’t know HTML. WordPress is a tool to do things not something I want to become an expert in.

Unnecessary

As a plug-in, it’s fine, but this is more a comment on the new editor itself.

For folks who use the existing visual editor, this may have some advantages, I just don’t know. But for those of us who want to just crack on and get some text in, it’s an unnecessary complication. I liked the pop-up calendar for scheduling, as (at last) we don’t have the stupid US month-day-year format imposed on us, but at the same time the clock seems to have changed to AM/PM, so if you put in “18” by accident, assuming a 24-hour clock, it changes it to “2” (why?) but doesn’t highlight the fact. Meanwhile, on the “All Posts” listing, if you want to use “Quick Edit”, we’re still on the 24-hour clock.

And the “Preview” function takes forever to generate the preview; what’s happened?

Very bad idea

It’s the end of free choice. We have enough plugin to choose if we want another editor. Plugin that work very well. The current version of Gutenberg is a disaster, I do not see how you will solve the problems by the version 5.0 of WordPress. Gutenberg is a hell ;-), stop this wacky project !

Tried it and now deleted

Tried it and now deleted…

Not easy to use or intuitive. sends me around in circles, just to do something basic

I guess it may be easier once plugin writers add their own blocks

Please leave Gutenberg as a Plugin option, as the original WordPress editor is far more productive

Gutenberg needs more time

Gutenberg is going to be a great editor, but it still needs a hell of a lot of work to become the editor for Word Press. In my opinion it should remain as a plugin.
Biggest issue I found for a 2018 product, the editor in a lot of places you do not get what you see using the editor, you still have to preview then touch up to get the main publishing display correct.
Added some images then added caption which does not have any editing options for font size or color, these have to be added by editing HTML, not a problem if you edit code. But not for beginners there are 3rd party plugins that do all this for you in the editor.
Add some columns then add buttons there are no options for buttons, one shape roundish that’s it. Add one button with text of say 3 characters, then add second button more characters the button size changes to follow the number of characters. Again HTML spaces are required to get a reasonable desktop result, then try it in mobile its crap.
I got to the stage that I could not publish the results for my customers.
Have gone back to a working solution with PootlePress Page Builder.
Adding sections or blocks can work and is simple once you realize that to delete the section or block it must have at least one character typed into it.

Believe me this editor is not ready and should not be released in Word Press 5.0 as the main editor.

1,282件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Gutenberg はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Gutenberg” は39ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Gutenberg” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

Latest

  • 🏗 Add support for creating reusable blocks out of multi-selected groups of blocks not just individual blocks. This means the ability to easily save templates out of an existing set of blocks.
  • 🚀 Add support for importing and exporting reusable blocks (using a JSON file transport). Note that locality of resources can be a problem if importing on a separate WordPress site.
  • 🔍 Allow to visually show differences between conversion options when a block is detected as invalid.
  • Add a clear drag handle next to the block arrow controls to drag and move a block. Also further polishes the drag and drop experience.
  • Instrument collapsible groups for the block toolbar. It allows to display groups of options as a dropdown and reduce the length and imposition of the toolbar as a whole.
  • Allow conversion from Cover Image to Image and back, using caption if it exists as the main text.
  • Move the reusable block UI options to the top of the block or block group.
  • Focus the title when loading the editor if it’s empty.
  • Adjust margin rules for nested blocks.
  • Preserve aspect ratio on embedded content at different alignments and widths.
  • Unselect blocks and disable inserter when switching to Code Editor.
  • Add new default block icon (used when no icon is defined).
  • Avoid showing stacked icon group on parent blocks if all of its children are meant to be hidden from the inserter.
  • Add dark editor style support.
  • Add a figure wrapper to Pullquote block.
  • Add needed attributes to kses allowed tags for the Gallery block.
  • Improve visual display of Classic block toolbar.
  • Adjust unified block toolbar padding at medium breakpoints.
  • Better align the close, chevrons, and ellipsis icons in the sidebar panel.
  • Improve cropping of galleries in IE11.
  • Adjust gallery caption flex alignment.
  • Include Caption Styles in Video Block.
  • Update RichText usage to avoid inline elements.
  • Add shortcut aria label for unreadable shortcuts.
  • Avoid triggering invalid block mechanisms on empty HTML content.
  • Rename the Speaker block to Speaker Deck.
  • Disable inserter on Column block and avoid showing stacked icon on columns.
  • Send post_id to the REST API in the ServerSideRender component within the editor. This ensures the global $post object is set properly.
  • Use pseudo element to prevent inspector tab width from changing when selected.
  • Apply consistent spacing on the post visibility menu.
  • Fix notice styling regression.
  • Fix ability to select small table cells.
  • Fix issue with drag and drop in Chrome when the document has iframes.
  • Fix HTML validation issues.
  • Fix margin style regression with block appender.
  • Fix link source for outreach/articles.
  • Fix Archives block alignment and issue with custom classes.
  • Fix error when a taxonomy has no attached post type.
  • Fix invalid block scrim overflowing toolbar on mobile.
  • Fix block settings menu appearance in non wp-admin contexts.
  • Fix incorrect unlink shortcut.
  • Fix placeholder text contrast.
  • Fix issue with shortcut inserter on invalid paragraphs.
  • Fix camelCase and cross-component class name.
  • Fix qs dependency typo.
  • Pluralize “kind” to fix typo.
  • Remove isButton prop.
  • Remove wrapper div from Categories block.
  • Remove prop-type-like check in Popover component.
  • Remove unnecessary duplicated class from Embed placeholder.
  • Flatten BlockListLayout into base BlockList.
  • Add isEmptyElement utility function under wp.Element.
  • Use HTML Document for finding iframe in embed previews.
  • Add wp-polyfill as central polyfill.
  • Update docke-compose setup order to create MySQL container before WordPress container.
  • Improve comments in transforms object of Quote block.
  • Do not assume that singular form in _n() is used just for single item.
  • Update examples for components to look according to guidelines.
  • Update release docs to include process for RC.
  • Add simplified block grammar spec to the handbook.
  • Add lint rule for path on Lodash property functions.
  • Add user for cli image in docker-compose.
  • Show lint errors when there are lint problems.
  • Minor updates and improvements to documents and code references.
  • Improve docs build to consider memoized selectors.
  • Add Heading toolbar for changing heading sizes.
  • Save level to heading block attributes for parsing.
  • Add onEnter callback and function placeholder to RichText implementation.
  • Add Image block placeholder.
  • Avoid propagating eventCount to components.
  • Parser: Output freeform content before void blocks.
  • Fix export block as JSON in IE11 and Firefox.
  • Update demo content to avoid invalidations or automated post updates.