Gutenberg

説明

Gutenberg は単なるエディターではありません。現在はエディターに注力していますが、このプロジェクトはパブリッシング体験全体に影響を与えるものです。今後はカスタマイズに注力していく予定です。

このプロジェクトについて詳しく知る

編集機能へのフォーカス

このエディターは、リッチな投稿や固定ページの作成を簡単にする、新たな執筆体験を生み出します。また「ブロック」によって、今日のショートコード、カスタム HTML や得体の知れない埋め込みが実現していることをより簡単にします。— マット・マレンウェッグ

WordPress が他のシステムと異なる点は、思い描いたとおりのリッチな投稿レイアウトが作成可能な点です。ただし、HTML や CSS の知識があり、カスタムテーマを作成できる場合に限ります。エディターを、リッチな投稿と美しいレイアウト作成ツールとして考えるなら、他の人も使っているから WordPress を使うのではなく、ユーザーが好きで WordPress を使うことになるでしょう。

Gutenberg はエディターを単なる入力欄と考えるのではなく、10年ほぼ大きな変更がなかったレイアウトを見直します。これによって、今どきの編集体験を全体的にデザインし、未来への基礎を築きます。

単なる入力欄ではなく、編集画面全体を考慮している理由は以下のとおりです:

  1. ブロックは複数のインターフェイスを統一します。既存のインターフェイスの上にブロックを追加すれば複雑さを取り除くどころか、逆に増やすことになります。
  2. インターフェイスを見直し、使いやすさとシンプルさにこだわり、新旧双方のユーザーに利益をもたらすことにより、執筆、編集、公開の体験を現代的にします。
  3. 単一ブロックインターフェイスが中心になれば、開発者にはショートコードやウィジェットよりも優れた素晴らしいブロックを開発する明確なパスが提示されます。
  4. インターフェイス全体を考慮することは、次に注力する領域 (サイト全体のカスタマイズ) への確固たる基礎につながります。
  5. 全体の編集画面を考慮することは、ベースから大幅に現代化し、WordPress REST API をフル活用した、より流動的で JavaScript に富んだ未来への一歩を踏み出すことができます。

ブロック

ブロックは、今まで異なる方法でカバーされていた「ショートコード」「埋め込み」「ウィジェット」「投稿フォーマット」「カスタム投稿タイプ」「テーマオプション」「メタボックス」その他のフォーマット要素などを統一的に進化させたものです。 ユーザーは、WordPress でできる幅広い機能を、明快で一貫した方法で利用できます。

例えば「従業員」というカスタムブロックを想像してください。アバウトページにドラッグすると、自動的に写真、氏名、プロフィールを表示できるとします。この世のすべてのプラグインが、同じ方法で WordPress を拡張することができ、メニューやウィジェットもシンプルになります。ユーザーは簡単に WordPress と大方のプラグインを理解して使用することができます。これによって簡単にサンプルのような美しい投稿を作成できます。

Check out the FAQ for answers to the most common questions about the project.

互換性

投稿には後方互換性があります。ショートコードもそのまま動くはずです。高度にカスタマイズされたメタボックスについては継続して調査中で、単純に Gutenberg を無効化するプラグインから、Gutenberg のロードの可否を自動で検出するソリューションまで幅広く検討しています。執筆から公開に至る新しい編集体験を確実にユーザーフレンドリーなものにしたいと考えている一方、高度にカスタマイズされた既存サイトに対しても、良いソリューションを見つけることをお約束します。

Gutenberg のステージ

Gutenberg では3つのステージが計画されています。WordPress 5.0 への同梱を予定している最初のステージの目標は投稿の編集体験とブロックの実装で、このフェーズではコンテンツ第一主義を唱えています。ブロックを使用することで、既に述べたようにユーザーはコンテンツがどのように表示されるかに集中でき、その他の構成オプションを気にする必要はありません。結果的に、すべてのユーザーがコンテンツを魅力的に、直接、ビジュアルに伝えられるようになるでしょう。

これら基本的な要素が来年に予定されている2番目、3番目のステージへの道を開き、最終的にはページテンプレート内での投稿を超えた、完全なサイトカスタマイズへとつながります。

Gutenberg は大きな変化です。ショートコードやメタボックスなど既存の機能が引き続き動作することを確認できるよう、開発者には効率的な移行に必要な時間と経路が与えられています。最終的にプラグインやテーマ開発者は、コアのサポートするツール群の利点を活かした魅力的で、ビジュアルな体験をこれまで以上にユーザーに届けることができるでしょう。

貢献者

Gutenberg は多くのボランティア貢献者により開発されています。CONTRIBUTORS.md にて参加者のリストをご覧ください。

FAQ

フィードバックやバグ報告をするには ?

バグ報告、機能の提案、あらゆるご意見をぜひお寄せ下さい。GitHub issues ページで既存のイシューを検索するか、新しく作成して下さい。プラグインフォーラムでの報告をイシューとして分類しているため、GitHub リポジトリのほうがより早く回答が得られますし、無駄な手間も省けます。

貢献するには ?

このエディタープロジェクトは巨大な事業のため「Gutenberg」と呼ばれています。毎日 GitHub 内で作業が行われており、常に一緒に開発してくれる方を募集しています。フィードバックも歓迎します。まずは
Slack #core-editor チャネルに参加してみてください。

また CONTRIBUTING.md も参照してください。

Gutenberg 関連のドキュメントはどこにありますか?

評価

Suggest to add or improvement

I can not find post or page (permalink) option in Gutenberg Editor. Please add this option like classical editor where the user can copy the permalink easily.

(Note That, I also recommend to add new editor in WordPress when WordPress wants to survey from users.)

Thank You.

HORRIBLE

absolutely horrible!
nothing works properly, the blocks are almost impossible to see on the page, you never which setting are for each block, or row or who knows what for !??!

NEVER!

Take this catastrophe out!

Breaks my workflow

Gutenberg completely breaks my established workflow as I can no longer easily extract the HTML from my posts without a lot of non-standard code.

989件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Gutenberg はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Gutenberg” は33ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Gutenberg” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

Latest

  • Add an edit button to embed blocks to modify the source.
  • Improve margin collapse within column blocks.
  • De-emphasize inline tokens within the inserter for a better user experience.
  • Polish focus and active styles around buttons and inputs.
  • Polish styles for checkbox component, update usages of toggle to checkbox where appropriate. Update documentation.
  • Improve pre-publish panel styling and textual copy.
  • Prevent duplicate DotTips from appearing.
  • Integrate “queries data” into the entities abstraction for data module.
  • Hide block movers if there are no blocks before and after.
  • Initial improvements for responsive image handling in galleries.
  • Use correct color for primary button bottom border.
  • Allow transitioning post status from scheduled to draft.
  • Improvements for auto-completer keyboard interactions.
  • Place strikethrough formatting button after link as it’s less important.
  • Resolve issue with preview sometimes opening redundant tabs.
  • Align timepicker with calendar on pre-publish panel.
  • Expand date filter select box width within media library.
  • Constrain media blocks to content area width in front-end.
  • Reapply box-sizing to slider thumbs.
  • Avoid showing line separator in block settings menu when it’s the last item.
  • Introduce additional keyboard shortcuts to navigate through the navigateRegions component.
  • shift+alt+n to go to the next region.
  • shift+alt+p to go to the previous region.
  • Replace all withAPIData usage and deprecate the higher-order component.
  • Add persistence via data plugin interface.
  • Introduce new redux-routine package for synchronous generator in data module.
  • Move embed API call out of block and into data module.
  • Remove no longer needed workaround targeted at resolving a TinyMCE error.
  • Abort selection range set on unset range target. Resolves an issue when merging two empty paragraph blocks created while at the end of an inline boundary.
  • Removing or merging RichText should only trigger if the selection is collapsed:
  • Fix issue with backspace not working as expected when deleting text content from the first block.
  • Fix case where paragraph content could move to previous paragraph when deleted.
  • Remove provisional block behaviour to improve reliability of various interactions.
  • Restore horizontal edge traversal implementation to address issue where pressing Backspace may not place the caret in the correct position if within or after a RichText field.
  • Ensure Gutenberg is disabled when editing the assigned blog posts page.
  • Initialize the Autosaves controller even if revisions are disabled. Fixes several bugs around saving with revisions turned off.
  • Display warning when Cloudflare blocks REST API requests.
  • Improve validation for attribute names in serializer.
  • Add Slot to block menu settings for extensibility.
  • Fix File Block center align behavior.
  • Fix behaviours when deleting on an empty RichText field.
  • Fix parent-dropdown missing for custom post-types.
  • Fix import style statements in ColorIndicator.
  • Fix height of used-once block warning.
  • Fix link for innerBlocks docs.
  • Fix link to server-side-render component.
  • Fix race condition with DomReady.
  • Fix awkward capitalisation in demo post content.
  • Fix warning for unrecognised forwardedRef prop.
  • Fix regression with URL input focus box.
  • Fix error in custom HTML preview when block is empty.
  • Fix colspan bug in table block for tables with thead tags.
  • Fix issue with image inspector controls disappearing once an image block is set to wide/full alignment.
  • Fix issue when image size remains blurry if manually set to a smaller size (i.e., medium) and then changed alignment to wide/full.
  • Fix issue with meta boxes being absent when script enqueued in head depends on wp-edit-post.
  • Resolve an issue where removing all text from a Button block by backspace would cause subsequent text changes to not be accurately reflected. Broader issue with TinyMCE inline elements as containers.
  • Avoid using remove() because it’s unavailable in IE11.
  • Address further feedback on duplicated DotTips implementation.
  • Update re-resizable to version 4.7.1 — fix image & spacer blocks resizing on IE.
  • Use a unique querystring package instead of three different ones.
  • Introduce filters to allow developers the ability to customize the Taxonomy Selector UI for custom taxonomies.
  • Introduce RichText component for mobile native and implement the Paragraph Block with it.
  • Use standard label for Alt Text input.
  • Consolidate similar i18n strings.
  • Remove title attributes from the Classic Editor warning.
  • Remove unused code in taxonomies panel.
  • Remove oEmbed fixture files.
  • Remove jQuery dependency from @wordpress/api-fetch.
  • Remove filler spaces from empty constructs.
  • Remove REST API shims for code introduced in WP 4.9.8.
  • Remove unused terms, taxonomies, and categories code.
  • Replace the apiRequest module with api-fetch module.
  • Add inline comment that explains a stopPropagation() within tips implementation.
  • Add gutenberg_can_edit_post filter.
  • Add watch support for stylesheets in packages.
  • Add JSDoc comment to Popover’s focus() method.
  • Add readme docs for all components.
  • Autogenerate documentation from readme files.
  • Add doc note about automatically applied attributes in save.
  • Add test for block mover.
  • Allow demo content to be translatable.
  • Update CSS selectors from :before to ::before.
  • Export the description for server-registered blocks.
  • Export getBlockTypes on react native interface.
  • Expose redux-routine to react native.
  • Expose unknown-type handler methods for mobile.
  • Specify missing wp-url dependencies.
  • Improve JS packages descriptions.
  • Downgrade Docker image version for WordPress for test validation.
  • Move CI back to latest WordPress version and bump minimum version to 4.9.8
  • @wordpress/components の代わりに @wordpress/compose を使用。
  • Update docs for Button component.
  • Update package-lock.json.
  • Updated dependencies: jest, npm-package-json-lint and read-pkg-up.
  • Add Babel runtime dependency to redux routine.
  • Prevent Travis from running when changes are only made to .md files.
  • Add stylelint for SCSS linting.
  • Set babel dependencies to fixed version and add core-js2 support.
  • Trigger E2E test failure on console logging.
  • Update doc links to resources moved to packages folder.
  • api-fetch パッケージのドキュメンテーションを更新。
  • Lerna を3.0.0-rc.0に更新。
  • Generate source maps and read those from the webpack build.
  • Rewrite e2e tests using jest-puppeter preset.
  • Introduce a new Extending Editor document specific to editor filters.
  • テスト構成とモッキング戦略を改善。