Gutenberg

説明

Gutenberg は単なるエディターではありません。現在はエディターに注力していますが、このプロジェクトはパブリッシング体験全体に影響を与えるものです。今後はカスタマイズに注力していく予定です。

このプロジェクトについて詳しく知る

編集機能へのフォーカス

このエディターは、リッチな投稿や固定ページの作成を簡単にする、新たな執筆体験を生み出します。また「ブロック」によって、今日のショートコード、カスタム HTML や得体の知れない埋め込みが実現していることをより簡単にします。— マット・マレンウェッグ

WordPress が他のシステムと異なる点は、思い描いたとおりのリッチな投稿レイアウトが作成可能な点です。ただし、HTML や CSS の知識があり、カスタムテーマを作成できる場合に限ります。エディターを、リッチな投稿と美しいレイアウト作成ツールとして考えるなら、他の人も使っているから WordPress を使うのではなく、ユーザーが好きで WordPress を使うことになるでしょう。

Gutenberg はエディターを単なる入力欄と考えるのではなく、10年ほぼ大きな変更がなかったレイアウトを見直します。これによって、今どきの編集体験を全体的にデザインし、未来への基礎を築きます。

単なる入力欄ではなく、編集画面全体を考慮している理由は以下のとおりです:

  1. ブロックは複数のインターフェイスを統一します。既存のインターフェイスの上にブロックを追加すれば複雑さを取り除くどころか、逆に増やすことになります。
  2. インターフェイスを見直し、使いやすさとシンプルさにこだわり、新旧双方のユーザーに利益をもたらすことにより、執筆、編集、公開の体験を現代的にします。
  3. 単一ブロックインターフェイスが中心になれば、開発者にはショートコードやウィジェットよりも優れた素晴らしいブロックを開発する明確なパスが提示されます。
  4. インターフェイス全体を考慮することは、次に注力する領域 (サイト全体のカスタマイズ) への確固たる基礎につながります。
  5. 全体の編集画面を考慮することは、ベースから大幅に現代化し、WordPress REST API をフル活用した、より流動的で JavaScript に富んだ未来への一歩を踏み出すことができます。

ブロック

ブロックは、今まで異なる方法でカバーされていた「ショートコード」「埋め込み」「ウィジェット」「投稿フォーマット」「カスタム投稿タイプ」「テーマオプション」「メタボックス」その他のフォーマット要素などを統一的に進化させたものです。 ユーザーは、WordPress でできる幅広い機能を、明快で一貫した方法で利用できます。

例えば「従業員」というカスタムブロックを想像してください。アバウトページにドラッグすると、自動的に写真、氏名、プロフィールを表示できるとします。この世のすべてのプラグインが、同じ方法で WordPress を拡張することができ、メニューやウィジェットもシンプルになります。ユーザーは簡単に WordPress と大方のプラグインを理解して使用することができます。これによって簡単にサンプルのような美しい投稿を作成できます。

FAQ にて、プロジェクトについてのよくあるご質問と回答をご覧ください。

互換性

投稿には後方互換性があります。ショートコードもそのまま動くはずです。高度にカスタマイズされたメタボックスについては継続して調査中で、単純に Gutenberg を無効化するプラグインから、Gutenberg のロードの可否を自動で検出するソリューションまで幅広く検討しています。執筆から公開に至る新しい編集体験を確実にユーザーフレンドリーなものにしたいと考えている一方、高度にカスタマイズされた既存サイトに対しても、良いソリューションを見つけることをお約束します。

Gutenberg のステージ

Gutenberg では3つのステージが計画されています。WordPress 5.0 への同梱を予定している最初のステージの目標は投稿の編集体験とブロックの実装で、このフェーズではコンテンツ第一主義を唱えています。ブロックを使用することで、既に述べたようにユーザーはコンテンツがどのように表示されるかに集中でき、その他の構成オプションを気にする必要はありません。結果的に、すべてのユーザーがコンテンツを魅力的に、直接、ビジュアルに伝えられるようになるでしょう。

これら基本的な要素が来年に予定されている2番目、3番目のステージへの道を開き、最終的にはページテンプレート内での投稿を超えた、完全なサイトカスタマイズへとつながります。

Gutenberg は大きな変化です。ショートコードやメタボックスなど既存の機能が引き続き動作することを確認できるよう、開発者には効率的な移行に必要な時間と経路が与えられています。最終的にプラグインやテーマ開発者は、コアのサポートするツール群の利点を活かした魅力的で、ビジュアルな体験をこれまで以上にユーザーに届けることができるでしょう。

貢献者

Gutenberg は多くのボランティア貢献者により開発されています。CONTRIBUTORS.md にて参加者のリストをご覧ください。

FAQ

フィードバックやバグ報告をするには ?

バグ報告、機能の提案、あらゆるご意見をぜひお寄せ下さい。GitHub issues ページで既存のイシューを検索するか、新しく作成して下さい。プラグインフォーラムでの報告をイシューとして分類しているため、GitHub リポジトリのほうがより早く回答が得られますし、無駄な手間も省けます。

貢献するには ?

このエディタープロジェクトは巨大な事業のため「Gutenberg」と呼ばれています。毎日 GitHub 内で作業が行われており、常に一緒に開発してくれる方を募集しています。フィードバックも歓迎します。まずは
Slack #core-editor チャネルに参加してみてください。

また CONTRIBUTING.md も参照してください。

Gutenberg 関連のドキュメントはどこにありますか?

評価

What a shame !!

How can you release that s**t, when we have such editors like Visual Composer, Elementor, Divi Builder….

Every Website Toolbox does work better

The whole thing looks and works lousy, even the development has an unseen goal… Maybe it takes some years to be a good tool, while every state of the art Cloud Website Builder is far better already today…
It seems WordPress makes a success story the other way round… trying to get a new software should work different.
Maybe the walk to a new software base is the only way, but there is no hope as other software seems have the features, which wordpress is trying to get…
A whole universe of themes and plugins maybe has reached its time..

Heading into wrong direction

Gutenberg makes posting much more complicated and has on the other side no advantage. Usability seems to be totally unknow to the developers.

None of the Gutenberg-developments in the last month has corrected any of the disadvantages or brought in any new advantages.

With this editor in the current state, WordPress is heading in the wrong direction.

Can’t center Text in the blocks

Looks like it will be a very easy to use and creative update but still needs some more editing features.

I wasn’t able to center text in the blocks. Didn’t try any pictures. They may be the same way.

Keep up the good work!

1,543件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Gutenberg はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Gutenberg” は41ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Gutenberg” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

Latest

Changelog

  • Improves discoverability of permalinks by adding permalink panel to the document sidebar.
  • Improves margins, column child block, and mobile display of columns.
  • Allow for programmatically removing editor document panels.
  • Replaces the uploading indicator of images and galleries with a spinner and faded out image.
  • Toolbar for floats was a little offset beyond the mobile breakpoint, now fixed.
  • Text and code editing blocks did not have width set, now set to fill the space.
  • Correctly align URL input autocomplete.
  • Improve animations: new, consistent naming convention, adds editor prefix, and moves keyframe animations (which don’t work well with mixins) into the edit post style.
  • Hover styles were showing on mobile, where hover is not available – now disabled.
  • Click and drag was incorrectly triggering a selection event in the block list under the popover, resulting in the popover dismissing. This was causing blocks to be selected when trying to set links to open in a new tab, for example. Fixed by preventing the mouse down event from propagating.
  • Adds some padding to the block inserter so that it never overlaps text in nested contexts or mobile views.
  • Better handle images larger than the editor by allowing a 2.5x buffer. Allows images inserted in TwentyNineteen and other themes that have a wider than 580px editor width, to look as expected, but prevents infinite resizing of images.
  • Stop mousedown event propagating through the toolbar, fixing problem of unexpectedly selecting blocks.
  • Improve the way that long words are broken on multiple lines, using word-break: keep-all;
  • Preserve the ratio of video backgrounds in cover blocks, videos may be cropped to fit but will keep their original ratio.
  • It was not possible to scroll a long menu on first load of Gutenberg, fixed by removing sticky-menu.
  • Properly check for allowed types of Media in Media Placeholder components.
  • “Resolve” and “Convert to HTML” buttons were not clickable (regression), now resolved.
  • Exclude HTML editing from Columns and Column blocks.
  • Better handle links without href, which were showing as undefined.
  • Renders block appender after the template is processed, to prevent incorrectly inserting new paragraphs.
  • Parent pages were being lost when draft pages were autosaved, fixed by removing parent pages from autosave requests and refactoring to stop using “parent” as the path argument name.
  • Adding line breaks in formatted content in quote blocks were not working correctly, fixed by persisting formats when new lines are added.
  • Prevent users in the contributor role from using blocks that require upload privileges.
  • Fix block selection in removing blocks, correct typo in comparison.
  • Japanese text (double byte characters) was not usable in the list block, fixed by changing handling of composition events.
  • Better handles different text encodings (e.g. emoji) within a block in block validation.
  • Use a query argument instead of data to prevent error being thrown on post refresh.
  • Keyboard navigation was not working as expected in Firefox, added extra key binding.
  • Adds missing alt values to images when editing.
  • Better communicate block nesting level by using unordered lists.
  • Fix sidebar icons being incorrectly announced in NVDA by adding a span with aria-hidden=”true”.
  • Fixes block toolbar aria label to announce “block tools toolbar” rather than “block toolbar (a11y).
  • Adjusts focus on media and text blocks to select the overall block, not the child paragraph block.
  • Refactors i18n module to replaces Jed with Tannin for significant performance improvements.
  • Replace getSelectedBlock and getMultiSelectedBlocks with more performant getSelectedBlockClientId and a getBlocks selectors in copy handler.
  • Replace getBlock selector in favor of the more performant getBlockName.
  • Replace getSelectedBlock with more performant getSelectedBlockClientId and new isBlockValid selectors in the BlockToolbar.
  • Replace getSelectedBlock with more performant getSelectedBlockClientId and new isBlockValid selectors in the Block Inspector.
  • Replaces getInserterItems with a new hasInserterItems selector which is more performant, and makes some adjustments to memorization.
  • Avoid using the getSelectedBlock selector in autocompleters.
  • Remove use of getBlock selector in the DefaultBlockAppender and EditorKeyboardShortcuts components.
  • Move undo handling out of TinyMCE and into the RichText component.
  • is_gutenberg_page incorrectly assumes get_current_screen exists, add check.
  • Brings code inline with CSS standards by switching font weight to numeric values.
  • Wrapped component would not the most up-to-date store values if it incurred a store state change during its own mount (e.g. dispatching during its own constructor), resolved by rerunning selection.
  • Display an error message if Javascript is disabled.
  • Update to React 16.6.3.
  • Adds missing components dependency for RichText.
  • Refactors list block to remove previously exposed RichText/TinyMCE logic.
  • Removes focusOnMount prop from NavigableToolbar components, which was generating a warning.
  • Refactor checks for upload permissions, removing unnecessary checks for store permissions.
  • Use the large image size when inserting images in both galleries and image blocks.
  • Fixes dependency of wp-polyfill which needs to be registered before React and React-Dom when plugins (like Yoast) rely on Gutenberg’s React.
  • Mark onSplit as unstable as it is pending refactor.
  • Remove 4.4 deprecated features.
  • Fix SCSS syntax error.
  • Remove export of previously removed function.
  • Add an E2E test for unsupported blocks.
  • Refactor E2E utility functions.
  • Formatting updates to copy guidelines.
  • Makes headings consistent in the dropdown documentation.
  • Removes outdated documentation referring to function support in registerBlockType.
  • Fixes some typos and line breaks in block design documentation.
  • Fixes some typos and improves readability of README.
  • Adds toolbar to the editing block, and edit button.
  • Passes the isSelected prop down to the implementation of RichText components to make them respond properly to focus changes.